【代替サービスの提案あり】そらエネでんきの評判や口コミは?料金やメリット・デメリットを解説

そらエネでんき

※2022年7月現在、そらエネでんきは申し込み多数のため、新規受付を一時的に中止しています。

これからそらエネでんきを契約しようと思っていた場合、他の電力会社と契約する必要があります。

「そらエネでんき」以外におすすめの電力会社

そらエネでんき以外におすすめの電力会社を紹介します。

電気はスマホとセットで契約するとお得です。

 

← スクロールできます →

使っているスマホ選ぶ電力会社
公式サイト提供エリア(電力会社)料金メリット
ドコモ
ahamo
ドコモでんきhttps://
nttdocomo.co.jp/denki
全国従来の電力会社と同じ
(ドコモでんき Greenは基本料金が+500円/月)
・dポイントが最大10%還元
au・povo
UQモバイル
auでんき ロゴhttps://
au.com/electricity
全国従来の電力会社と同じ・auスマホ利用者はPontaポイントが最大5%還元
・UQモバイル利用者はスマホ代が638円〜858円/月割引
ソフトバンクおうちでんきhttps://
softbank-denki
全国
(北海道、東北、を除く)
従来の電力会社から1%OFF
(※関西電力エリアを除く)
・ソフトバンク、ワイモバイル利用者は
 スマホ代がスマホ1台あたり110円/月割引(3年目以降は55円/月割引)

1.そらエネでんきとは?こんな人におすすめ

そらエネでんき

そらエネでんきは、株式会社スマートテックが提供している新電力サービスです。環境に配慮した太陽光のでんきを主に使用しています。基本情報をサクッと確認しましょう。

そらエネでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)東京・東北・中部・関西・中国・九州
月額料金料金プランを参照
初期費用0円
支払い方法クレジットカード
開通までにかかる日数申し込みから2週間〜1ヶ月半程度
解約手数料0円
メリット・従来の電力会社より電気料金が安くなる
環境に配慮した電力を使える
・共感する団体に寄付ができる
デメリット・相対的に割高になる場合がある
・提供エリアが限定される

そらエネでんきは、従来の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約していて、電気代を安くしたい人におすすめのサービスです!

2.そらエネでんきの料金プラン

そらエネでんき プラン

そらエネでんきは、3つのプランがあります。

そらエネでんき プラン一覧表
サービス名特徴
得するプラン電気代をとことん抑えたい人向け
寄付するプラン支援したい団体に寄付ができ、電気代も安くなるプラン
そらエネでんき for REエナジー再生可能エネルギー100%の電気を使えるプラン

電気代を安くしたい「得するプラン」を中心に、寄付ができるプランなど、ユニークなプランを展開しています。

この章では、もっとも多くの人にお得な「得するプラン」の料金を見てみましょう。

得するプラン

そらエネでんき プラン

もっとも一般的な「得するプラン」の、エリア別料金を比較します。

電気代の計算をざっくり説明すると、「基本料金+電気使用量(従量料金)の合計」です。

※基本料金はA(アンペア)制がある地域と、そうでない地域があります。
A(アンペア)制の設定がある電力会社:北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力
A(アンペア)制の設定がない電力会社:関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力

↓タブをクリックすると開きます

東北電力東京電力中部電力関西電力中国電力九州電力
基本料金東北電力そらエネでんき
10A330.00円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円450.00円
40A1,320.00円600.00円
50A1,650.00円750.00円
60A1,980.00円900.00円
電気使用量(従量料金)東北電力そらエネでんき
最初の120kWhまで18.58円22.80円
120kWh超過300kWhまで25.33円
300kWh超過分29.28円
基本料金東京電力そらエネでんき
10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円660.00円
40A1,144.00円880.00円
50A1,430.00円1,100.00円
60A1,716.00円1,320.00円
電気使用量(従量料金)東京電力そらエネでんき
最初の120kWhまで19.88円21.50円
120kWh超過300kWhまで26.48円
300kWh超過分30.57円
基本料金中部電力そらエネでんき
10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円600.00円
40A1,144.00円800.00円
50A1,430.00円1,000.00円
60A1,716.00円1,200.00円
電気使用量(従量料金)中部電力そらエネでんき
最初の120kWhまで21.04円20.20円
120kWh超過300kWhまで25.51円
300kWh超過分28.46円
電力会社関西電力そらエネでんき
基本料金0円0円
電気使用量(従量料金)関西電力そらエネでんき
最初の120kWhまで20.31円20.00円
120kWh超過300kWhまで25.71円
300kWh超過分28.70円
電力会社中国電力そらエネでんき
基本料金0円0円
電気使用量(従量料金)中国電力そらエネでんき
最初の120kWhまで20.76円21.00円
120kWh超過300kWhまで27.44円
300kWh超過分29.56円
基本料金九州電力そらエネでんき
10A297.00円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円660.00円
40A1,188.00円880.00円
50A1,485.00円1,100.00円
60A1,782.00円1,320.00円
電気使用量(従量料金)九州電力そらエネでんき
最初の120kWhまで17.46円19.10円
120kWh超過300kWhまで23.06円
300kWh超過分24.96円

そらエネでんき|料金メニュー

そらエネでんきは、30A以上の契約が必要です。従来の電力会社は、電気の使用量によって電気料金が異なります。

一方、そらエネでんきはどの電気使用量でも一律の料金だとわかるでしょう。

そらエネでんきに変えても、品質は大手電力会社と変わらない

そらエネでんきに切り替えても、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりすることはありません

理由は、万が一そらエネでんき電力の供給がストップした場合でも、地域の一般送配電事業者のバックアップが整っているからです。

今までどおりの品質で電気を利用できるのは安心ですね。

3.そらエネでんき3つのメリット

そらエネでんきのメリットは3つあります。

  • 従来の電力会社より電気料金が安くなる
  • 環境に配慮した電力を使える
  • 共感する団体に寄付ができる

順番に確認しましょう。

メリット1.従来の電力会社より電気料金が安くなる

エバーグリーン電気 安くなる

得するプランで見たとおり、従来の電力会社からそらエネでんきに切り替えると、電気料金が安くなります

たとえば、平均的な4人暮らしの人が従来の電力会社からそらエネでんきに変えると、年間で約20,000円以上も安くなりました!(そらエネでんき調べ|2022年1月現在)

そらエネでんきは「燃料費調整単価」がない!

燃料費調整単価

そらエネでんきは、「燃料費調整単価」が電気料金に含まれていない、数少ない電力会社です。

逆にいうと、一般的な電力会社は、燃料費調整単価が含まれています。近年は燃料価格の高騰により、電気料金が高くなっています

ほかの電力会社の電気料金が高くなる局面で、燃料費調整単価がないそらエネでんきは、相対的にお得になるわけです。

燃料費調整単価とは?

燃料費調整単価とは、原油・LNG(液化天然ガス)・石炭の燃料価格の変動により、毎月自動的に決まる単価のことです。

ほとんどの電力会社は、東京電力や関西電力と同じ燃料費調整単価を採用しているため、電気料金を計算する際はあまり考慮していません。

くわしく知りたい人は、資源エネルギー庁の「燃料費調整制度とは」をご確認ください。

メリット2.環境に配慮した電力を使える

そらエネでんき

近年はSDGsの流れもあり、「環境に配慮した電力会社を選びたい」という人もいるでしょう。

そらエネでんきは、環境に配慮した太陽光発電の電力を中心に使用しています

電源の50%以上を太陽光発電からまかなっています。以前から電力の買取・販売を行っているスマートテックならではといえるでしょう。

「そらエネでんき for REエナジー」は再生可能エネルギー100%

そらエネでんき for REエナジー」は、実質的に再生可能エネルギー100%の電気を使えるプランです。

環境に配慮した電力を選ぶことは、私たちひとりひとりができる環境への貢献といえるでしょう。

メリット3.共感する団体に寄付ができる

そらエネでんき

そらエネでんきの「寄付するプラン」では、使用した電気料金の一部を共感する団体に寄付ができます

金額は大きくなくとも、思いのこもった活動といえるでしょう。

支援団体は、海外教育支援や子どもに関する支援など、申し込み時に支援先を選べます。寄付金額は「得するプラン」の電気使用量に「+1円」をすることで利用可能です。

4.そらエネでんき2つのデメリット

ここまで聞くとそらエネでんきはメリットが多く、すぐにでも使ってみたくなります。

しかし、そらエネでんきにも気になるデメリットが見つかりました。

  • 相対的に割高になる場合がある
  • 提供エリアが限定される

順番に解説します。

デメリット1.相対的に割高になる場合がある

電気代 高い

そらエネでんきは、電気料金が相対的に割高になる場合があります

メリット1のそらエネでんきは「燃料費調整単価」がない!で見たとおり、そらエネでんきは燃料費調整単価がありません。

燃料費が高騰している状況では、ほかの電力と比較して割安です。しかし、燃料費が下がった際は、相対的に割高となります

「燃料費調整単価がない」ということは、デメリットにもなりうることを念頭に置いておきましょう。

デメリット2.提供エリアが限定される

そらエネでんき エリア

そらエネでんきは、対応エリアは全国ではありません。

北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアは対象外です。

提供エリア外だった人は、全国に対応しているお得な電力会社を検討しましょう。

5.評判・口コミまとめ

評判

そらエネでんきには、どのような評判や口コミが寄せられているのでしょうか?

調査した結果、電気料金に対する好意的な意見が見つかりました。

評判の集め方

調査媒体:Twitter、価格ドットコム

調査対象:そらエネでんきのサービス開始以降、すべての評判をチェック

電気料金の評判・口コミ

「燃料費調整単価」に関する好意的な意見が見つかりました。

そらエネでんきは、最近サービス提供を開始しました。ほかの口コミが集まり次第、加筆していきます。

6.結論!そらエネでんきはこんな人におすすめ

まとめると、そらエネでんきは以下にメリットを感じる人におすすめです。

  • 従来の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約していて、電気代を安くしたい
  • 環境に配慮した電力を使いたい
  • 共感できる団体に寄付がしたい

デメリットはあるものの、メリットが多いそらエネでんきはおすすめの電力会社です。

7.申し込みから開通までの3つの手順

そらエネでんき

ここからは、そらエネでんきの申し込み方法を解説します。

2022年5月現在、そらエネでんきはキャンペーンを実施していません公式サイトから申し込みましょう。

申し込みは5分程度でとても簡単です。

申し込みに必要なもの

  • 東京電力 検針票検針票(電力会社から渡される「電気使用量のお知らせ」)
  • クレジットカード

手順1.申し込み

そらエネでんき

申し込みは公式サイトから

「お申込みはこちら」のボタンを押しましょう。

契約内容の選択

今回は、「得するプラン」の申し込みをします。「寄付するプラン」を選択しても、基本的な流れは同じです。

手順2.確認事項にチェックを入れる

そらエネでんき 確認事項

約款などの確認事項に目を通し、チェックを入れます。

すべてチェックを入れたら、「次へ」のボタンを押しましょう。

手順3.申し込み情報の入力

そらエネでんき

申し込み情報を入力します。検針票をもとに、現在の電力会社も入力しましょう。

入力が終われば、「確認」のボタンを押して次に進みます。

最終確認&開通を待つ

そらエネでんき 申込み

最終確認をします。間違いがないか、しっかり確認しましょう。

問題がなければ、「送信」のボタンを押します。

あとはそらエネでんきからの連絡を待つだけ。基本的には申し込みから1ヶ月後の検針日に開通です。

8.そらエネでんきに関するよくある質問

質問.そらエネでんきの解約方法は?

そらエネでんきの解約方法は、以下の2パターンが考えられます。

同じ住所で別の電力会社に切り替える場合

ご自身の解約手続きは不要です。

同じ住所で、そらエネでんきからほかの電力会社へ切り替える場合は、切り替え先の電力会社がそらエネでんきの解約手続きを行います。

引越しの場合

このままそらエネでんきを使うなら

ご自身でそらエネでんきに連絡し、住所変更の手続きをしましょう。

そらエネでんき以外の電力会社を使うなら
  1. 引越し先の電力会社を選び、契約をする
  2. そらエネでんきの解約手続きをする

解約は、そらエネでんきへご自身で行う必要があります。

引越し日が決まり次第、余裕をもってそらエネでんきへ連絡をしましょう。

そらエネでんき 問い合わせ先

電話番号:0120-030-317

受付時間:9時〜18時

まとめ

そらエネでんき まとめ

そらエネでんきのメリットとデメリットをまとめました。

そらエネでんきを利用して、お得な新電力ライフを過ごしてくださいね。 

そらエネでんき以外におすすめの電力会社

そらエネでんき以外におすすめの電力会社を紹介します。気になる人はぜひご確認ください。

↓画像をクリックすると解説記事に飛びます

料金を安くしたい人向け|ENEOSでんき
ENEOSでんき
  • とくに2人暮らし以上で料金が安い
  • Tポイントがたまる
  • ガソリン、灯油が安くなる

おすすめの電力会社をランキング形式で発表しています。気になる人は 新電力会社25社を徹底比較!おすすめをランキング形式で発表を参考にしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト