【2021年10月】 新電力会社25社を徹底比較!おすすめをランキング形式で発表

電力会社 比較 アイキャッチ

2016年4月の電力自由化によって、多くの電力会社が電力小売り事業に参入しました。その数なんと、約700社!

「結局どこがおすすめなの?」「何を基準にどのように選べばいいのだろう・・・」など、どこを選べばいいか迷いますよね。

そこでこの記事では、元新電力の販売員である私が、忖度なしでおすすめの電力会社をランキングにしました。

従来の電力会社からおすすめの電力会社に乗り換えると、年間で20,000円以上も得するかもしれません

知らずに選ぶと損してしまう情報もあるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事の監修者

株式会社イーアンドエス 新電力担当|中飯隆太

元新電力の販売員。自身でも電力会社の乗り換え経験は5社に及びます。家族や友人の電力関係の相談に乗ることもしばしば。これまでの販売経験を生かし、あなたにベストな電力会社をご提案します。

目次

1.結論!おすすめの新電力会社

総合ランキングTOP10を発表

まずは結論から!ユーザーに人気がある25社の中から、10社に絞り込みました。新電力会社のおすすめ総合ランキングTOP10を発表します。

電力会社を選んだ基準

← スクロールできます →

            電力会社別 総合ランキングTOP10
順位   電力会社  公式サイト電力会社
プラン
提供エリア
(電力会社)
年間料金の安さ
(1人暮らし)
年間料金の安さ
(2人暮らし)
年間料金の安さ
(3人以上)

セット割ポイント還元解約違約金環境への配慮
(FIT電気の割合)
特徴
1位あしたでんき ロゴhttps://
ashita-denki.jp
あしたでんき
標準プラン
東京、東北、中部、
関西、中国、九州
★★★★★★★★★★★★★★不明・提供エリア内の人にとって、料金がとにかく安い
・基本料金が0円でシンプル
2位エルピオでんき ロゴhttps://
lpio.jp/electrical
エルピオでんき
スタンダードプランS
全国
(沖縄を除く)
★★★★★★★★★★★★★★ガス不明・料金が安い
・ガスもセットでさらにお得
3位Looopでんきロゴhttps://
looop-denki.com
Looopでんき
おうちプラン
全国★★★★★★★★★★★★★★ガス25%・基本料金が0円でシンプル
・各種プランの選択肢が豊富で、環境への配慮も◎
4位HTBエナジー 画像https://
htb-energy.com
HTBエナジー(HISでんき)
ウルトラシリーズ
全国
(北海道を除く)
★★★★★★★★★★★★ガス2,200円※不明・1人暮らしの人は最安クラス
※解約違約金は、お客様都合による1年未満の解約時に発生
5位楽天でんき ロゴhttps://
rakuten-e.co.jp
楽天でんき
プランS
全国★★★★★★★★★★★ガス楽天ポイント不明・基本料金が0円でシンプル
・「楽天経済圏」の人にとっては最有力候補
6位シン・エナジーhttps://
symenergy.co.jp
シン・エナジー
きほんプラン
全国
(北海道を除く)
★★★★★★★★★★★★JALマイル不明・在宅ワークや夜間の使用など生活スタイルにあったプラン
・JALのマイルが貯まる
7位まちエネ ロゴhttps://
machi-ene.jp
まちエネ
きほんプラン
東京、東北、中部、
関西、四国
★★★★★★★★★Pontaポイント不明・ローソンの無料クーポンがもらえる
・Pontaポイントがたまる
・EVの充電プランなど、生活スタイルにあったプランがある
8位丸紅新電力https://
denki.marubeni.jp
丸紅新電力
プランS
全国
(沖縄を除く)
★★★★★★★★★★★★21%・料金が安い
・Huluを無料で見られるプランがある
9位ENEOSでんきhttps://
eneos-denki.com
ENEOSでんき
(一般家庭向けのプラン)
全国
(沖縄を除く)
★★★★★★★★★Tポイント1,100円※0.3%・ガソリン、灯油が安くなる
・Tポイントがたまる
※解約違約金は「にねんとくとく割」プランのみ発生
10位スマ電https://
smaden.com
スマ電
ホームプラン
全国
(北海道、沖縄を除く)
★★★★★★★★★1.0%・LINEで電気代の通知が受けられる
・提携スーパーでの特典がある

電力会社は、上記の10社のうちから選んでおけば間違いありません。

しかし、厳密に電力会社のおすすめは、世帯数や個々の重視するもの(ガスなどのセット割、ポイント還元、環境への配慮)によって変わります。

次の章からは、世帯別におすすめの電力会社をくわしく見ていきましょう。

世帯別|電気料金が安くなる!おすすめの電力会社

電力会社 比較

続いて、電気料金を安くしたい人に、世帯別のおすすめ電力会社を見ていきましょう。

1人暮らしの人におすすめの電力会社TOP3

← スクロールできます →

         1人暮らしにおすすめの電力会社TOP3
順位   電力会社  公式サイト電力会社
プラン
提供エリア
(電力会社)
特徴
1位HTBエナジー 画像https://
htb-energy.com
HTBエナジー(HISでんき)
ウルトラシリーズ
全国
(北海道を除く)
・1人暮らしの人は最安クラス
2位あしたでんき ロゴhttps://
ashita-denki.jp
あしたでんき
標準プラン
東京、東北、中部、
関西、中国、九州
・提供エリア内の人にとって、料金がとにかく安い
・基本料金が0円でシンプル
3位シン・エナジーhttps://
symenergy.co.jp
シン・エナジー
きほんプラン
全国
(北海道を除く)
・在宅ワークや夜間の使用など生活スタイルにあったプラン
・JALのマイルがたまる

とくにHTBエナジーは、電気使用量が少なくても確実に安くなります

1人暮らしで電気使用量が少ない人は、電力会社によっては逆に高くなる可能性があるでしょう。1人暮らしでも安くなる、上記の3社から選ぶことをおすすめします。

2人暮らしの人におすすめの電力会社TOP3

← スクロールできます →

         2人暮らしにおすすめの電力会社TOP3
順位   電力会社  公式サイト電力会社
プラン
提供エリア
(電力会社)
特徴
1位あしたでんき ロゴhttps://
ashita-denki.jp
あしたでんき
標準プラン
東京、東北、中部、
関西、中国、九州
・提供エリア内の人にとって、料金がとにかく安い
・基本料金が0円でシンプル
2位エルピオでんき ロゴhttps://
lpio.jp/electrical
エルピオでんき
スタンダードプランS
全国
(沖縄を除く)
・料金が安い
・ガスもセットでさらにお得
3位Looopでんきロゴhttps://
looop-denki.com
Looopでんき
おうちプラン
全国・基本料金が0円でシンプル
・各種プランの選択肢が豊富で、環境への配慮も◎

あしたでんきは、提供エリアが限定されるものの、対象エリア内の人はしっかり安くなります。

2人暮らしの人は上記の電力会社から選ぶと、しっかりと節約効果を得られるでしょう。

3人暮らし以上のファミリーにおすすめの電力会社TOP3

← スクロールできます →

         3人暮らし以上のファミリーにおすすめの電力会社TOP3
順位   電力会社ロゴ  公式サイト電力会社
プラン
提供エリア
(電力会社)
特徴
1位あしたでんき ロゴhttps://
ashita-denki.jp
あしたでんき
標準プラン
東京、東北、中部、
関西、中国、九州
・提供エリア内の人にとって、料金がとにかく安い
・基本料金が0円でシンプル
2位エルピオでんき ロゴhttps://
lpio.jp/electrical
エルピオでんき
スタンダードプランS
全国
(沖縄を除く)
・料金が安い
・ガスもセットでさらにお得
3位Looopでんきロゴhttps://
looop-denki.com
Looopでんき
おうちプラン
全国・基本料金が0円でシンプル
・各種プランの選択肢が豊富で、環境への配慮も◎

結果的に、2人暮らしにおすすめの電力会社と同じになりました!

たとえば4人暮らしの場合、上記の電力会社に切り替えると、年間20,000円以上の節約効果も十分期待できます。

目的別|おすすめの電力会社

電力会社 選び方

続いて、目的別におすすめの電力会社を見ていきましょう。

← スクロールできます →

        目的別|おすすめの電力会社   
目的   電力会社  公式サイト電力会社(プラン)提供エリア(電力会社)特徴
楽天をよく使う楽天でんき ロゴhttps://
rakuten-e.co.jp
楽天でんき
プランS
全国・楽天ポイントがたまる、使える
・基本料金が0円
・電気+ガスのセットでさらにお得
生活スタイルに
あったプラン
シン・エナジーhttps://
symenergy.co.jp
シン・エナジー全国
(北海道を除く)
・在宅ワークや夜間の使用など生活スタイルにあったプラン
・JALのマイルがたまる
環境に配慮
した電力会社
ミツウロコでんきhttps://
mitsuuroko-e.jp
ミツウロコでんき全国・環境に配慮したFIT電気を20%調達

目的にあうプランがあれば、上記の中から検討してみましょう。

使っているスマホや光回線とのセット割

使っているスマホや光回線とセットで契約することで、お得になる電力会社があります。おすすめは以下の3社です。

← スクロールできます →

        使っているスマホや光回線とのセット割
   電力会社   電力会社(プラン)
公式サイト提供エリア(電力会社)概要
auでんき ロゴauでんき
でんきMプラン
https://
au.com/electricity
全国・auスマホ利用者はPontaポイントが最大5%還元
ソフトバンクおうちでんきソフトバンクでんき
おうちでんき
https://
softbank-denki
全国
(北海道、東北、を除く)
・ソフトバンク、ワイモバイル利用者はスマホ1台あたり110円/月割引
・従量料金が1%割引
eo電気eoでんき
スタンダードプラン
https://
eonet.jp/denki
関西・eo光とセットで契約するとネットの料金が550円/月割引

これらのサービスを利用している人は、電気をセットで契約するとお得です。積極的に検討してみましょう。

2.おすすめの電力会社10社をくわしく解説

第1章でご案内した、おすすめの電力会社をご紹介します。

1位|あしたでんき

あしたでんき

あしたでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)東北、東京、中部、関西、中国、九州
キャンペーンなし
おすすめポイント・電気代がとにかく安い
・基本料金が0円で、プランがわかりやすい
・マイページで、電気の使用量がひと目でわかる

あしたでんきは、とにかく電気料金を安くしたい人におすすめ基本料金が0円と、電気料金がとてもお得なことに加え、マイページの使い勝手も申し分なしです。

従来の電力会社とあしたでんきの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

東北電力東京電力中部電力関西電力中国電力九州電力
基本料金東北電力あしたでんき
10A330.00円0円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円
40A1,320.00円
50A1,650.00円
60A1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力あしたでんき
最初の120kWhまで18.58円26.0円
120kWh超過300kWhまで25.33円
300kWh超過分29.28円
基本料金東京電力あしたでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力あしたでんき
最初の120kWhまで19.88円0円
120kWh超過300kWhまで26.48円
300kWh超過分30.57円
基本料金中部電力あしたでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力あしたでんき
最初の120kWhまで21.04円0円
120kWh超過300kWhまで25.51円
300kWh超過分28.46円
電力会社関西電力あしたでんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力あしたでんき
最初の120kWhまで20.31円22.0円
120kWh超過300kWhまで25.71円
300kWh超過分28.70円
電力会社中国電力あしたでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力あしたでんき
最初の120kWhまで20.76円24.0円
120kWh超過300kWhまで27.44円
300kWh超過分29.56円
基本料金九州電力あしたでんき
10A297.00円0円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円
40A1,188.00円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力あしたでんき
最初の120kWhまで17.46円23.0円
120kWh超過300kWhまで23.06円
300kWh超過分24.96円

あしたでんき |標準プラン

あしたでんきのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。さらにくわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

2位|エルピオでんき

エルピオでんき

エルピオでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(北海道や沖縄、一部地域を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・「安心駆けつけサービス」のサポートが充実
・「エルピオクラブ」で生活補償と施設割引がある
・電気使用量を細かくチェックできる

エルピオでんきは、電気料金が安いことに加え、ガスとのセット契約でさらにお得に契約できます。

エルピオでんきは「安心駆けつけサービス」が充実。24時間365日、電気のトラブルに駆けつけてくれる安心感があります。

従来の電力会社とエルピオでんきの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力
基本料金東北電力エルピオでんき
10A330.00円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円743.52円
40A1,320.00円937.04円
50A1,650.00円1,171.29円
60A1,980.00円1,497.22円
電気量料金(従量料金)東北電力エルピオでんき
最初の120kWhまで18.58円23.42円
120kWh超過300kWhまで25.33円
300kWh超過分29.28円
基本料金東京電力エルピオでんき
10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円1,086.6円
50A1,430.00円1,344.2円
60A1,716.00円1,613.04円
電気量料金(従量料金)東京電力エルピオでんき
最初の120kWhまで19.88円18.84円
120kWh超過300kWhまで26.48円23.03円
300kWh超過分30.57円25.78円
基本料金中部電力エルピオでんき
10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円743.52円
40A1,144.00円937.04円
50A1,430.00円1,171.29円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力エルピオでんき
最初の120kWhまで21.04円23.62円
120kWh超過300kWhまで25.51円
300kWh超過分28.46円
基本料金北陸電力エルピオでんき
10A242.00円
15A363.50円
20A484.00円
30A726.00円0円
40A968.00円
50A1,210.00円
60A1,452.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力エルピオでんき
最初の120kWhまで17.84円21.30円
120kWh超過300kWhまで21.73円
300kWh超過分23.44円
電力会社関西電力エルピオでんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力エルピオでんき
最初の120kWhまで20.31円22.20円
120kWh超過300kWhまで25.71円
300kWh超過分28.70円
電力会社中国電力エルピオでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力エルピオでんき
最初の120kWhまで20.76円23.58円
120kWh超過300kWhまで27.44円
300kWh超過分29.56円
電力会社四国電力エルピオでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力エルピオでんき
最初の120kWhまで20.37円23.94円
120kWh超過300kWhまで26.99円
300kWh超過分30.50円
基本料金九州電力エルピオでんき
10A297.00円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円0円
40A1,188.00円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力エルピオでんき
最初の120kWhまで17.46円22.91円
120kWh超過300kWhまで23.06円
300kWh超過分24.96円

エルピオでんき |スタンダードS、使った分だけS

エルピオでんきのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。さらにくわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

3位|Looopでんき

Looopでんき

Looopでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(一部地域を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・基本料金が0円で、プランがわかりやすい
・アプリやマイページが使いやすい
・サービス対応エリアが広い

Looopでんきは基本料金が0円と、電気料金がお得です。さらに、専用アプリの使い勝手がよいと評判です。

オール電化やガスとのセット割など、プランが豊富にあります。きっとピッタリのプランが見つかるはず。

従来の電力会社とLooopでんきの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力
基本料金北海道電力Looopでんき
10A341.00円0円
15A511.00円
20A682.00円
30A1,023.00円
40A1,364.00円
50A1,750.00円
60A2,046.00円
電気量料金(従量料金)北海道電力Looopでんき
最初の120kWhまで23,97円29.5円
120kWh超過300kWhまで30.26円
300kWh超過分33.98円
基本料金東北電力Looopでんき
10A330.00円0円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円
40A1,320.00円
50A1,650.00円
60A1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力Looopでんき
最初の120kWhまで18.58円26.4円
120kWh超過300kWhまで25.33円
300kWh超過分29.28円
基本料金東京電力Looopでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力Looopでんき
最初の120kWhまで19.88円26.4円
120kWh超過300kWhまで26.48円
300kWh超過分30.57円
基本料金中部電力Looopでんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力Looopでんき
最初の120kWhまで21.04円26.4円
120kWh超過300kWhまで25.51円
300kWh超過分28.46円
基本料金北陸電力Looopでんき
10A242.00円0円
15A363.50円
20A484.00円
30A726.00円
40A968.00円
50A1,210.00円
60A1,452.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力Looopでんき
最初の120kWhまで17.84円21.3円
120kWh超過300kWhまで21.73円
300kWh超過分23.44円
電力会社関西電力Looopでんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力Looopでんき
最初の120kWhまで20.31円22.4円
120kWh超過300kWhまで25.71円
300kWh超過分28.70円
電力会社中国電力Looopでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力Looopでんき
最初の120kWhまで20.76円24.4円
120kWh超過300kWhまで27.44円
300kWh超過分29.56円
電力会社四国電力Looopでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力Looopでんき
最初の120kWhまで20.37円24.4円
120kWh超過300kWhまで26.99円
300kWh超過分30.50円
基本料金九州電力Looopでんき
10A297.00円0円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円
40A1,188.00円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力Looopでんき
最初の120kWhまで17.46円23.4円
120kWh超過300kWhまで23.06円
300kWh超過分24.96円
電力会社沖縄電力Looopでんき
基本料金0円0円
電気使用量
(従量料金)
沖縄電力Looopでんき
最初の120kWhまで22.95円27.0円
120kWh超過300kWhまで28.49円
300kWh超過分30.47円

※Looopでんきのおうちプランより

Looopでんきのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。くわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

4位|HTBエナジー(HISでんき) 

HTBエナジー

HTBエナジーの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(一部地域を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・とくに1人暮らしで料金が安い
・電気とガスのセットでさらに安い
・オール電化のプランがある

HTBエナジーは、2人暮らし以上でも安定して安くなります。とくに1人暮らしの人にとって料金がお得です。

電気料金が無料の時間を選べるプランや、オール電化のプランも充実。

従来の電力会社とHTBエナジーの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力
基本料金北海道電力HTBエナジー
30A1,023.00円961.62円
電気量料金(従量料金)北海道電力HTBエナジー
最初の120kWhまで23.97円22.54円
120kWh超過300kWhまで30.26円28.46円
300kWh超過分33.98円31.96円
基本料金東北電力HTBエナジー
30A990.00円940.50円
電気量料金(従量料金)東北電力HTBエナジー
最初の120kWhまで18.58円17.66円
120kWh超過300kWhまで25.33円24.07円
300kWh超過分29.28円27.82円
基本料金東京電力HTBエナジー
30A858.00円815.10円
電気量料金(従量料金)東京電力HTBエナジー
最初の120kWhまで19.88円18.99円
120kWh超過300kWhまで26.48円25.16円
300kWh超過分30.57円29.04円
電力会社中部電力HTBエナジー
基本料金858.00円806.521円
電気量料金(従量料金)中部電力HTBエナジー
最初の120kWhまで21.04円19.81円
120kWh超過300kWhまで25.51円24.01円
300kWh超過分28.46円26.79円
基本料金北陸電力HTBエナジー
30A726.00円689.70円
電気量料金(従量料金)北陸電力HTBエナジー
最初の120kWhまで17.84円16.96円
120kWh超過300kWhまで21.73円20.66円
300kWh超過分23.44円22.28円
電力会社関西電力HTBエナジー
基本料金341.01円310.33円
電気量料金(従量料金)関西電力HTBエナジー
最初の120kWhまで20.31円18.49円
120kWh超過300kWhまで25.71円23.47円
300kWh超過分28.70円26.65円
電力会社中国電力HTBエナジー
基本料金0円310.38円
電気量料金(従量料金)中国電力HTBエナジー
最初の120kWhまで20.76円19.13円
120kWh超過300kWhまで27.44円25.27円
300kWh超過分29.56円27.23円
電力会社四国電力HTBエナジー
基本料金0円386.72円
電気量料金(従量料金)四国電力HTBエナジー
最初の120kWhまで20.37円19.15円
120kWh超過300kWhまで26.99円25.38円
300kWh超過分30.50円28.68円
基本料金九州電力HTBエナジー
30A891.00円837.54円
電気量料金(従量料金)九州電力HTBエナジー
最初の120kWhまで17.46円16.41円
120kWh超過300kWhまで23.06円21.68円
300kWh超過分24.96円24.50円
電力会社沖縄電力HTBエナジー
基本料金0円390.33円
電気量料金(従量料金)沖縄電力HTBエナジー
最初の120kWhまで22.95円22.26円
120kWh超過300kWhまで28.49円27.64円
300kWh超過分30.47円29.56円

HTBエナジー |ウルトラ30、従量電灯A

HTBエナジー(HISでんき)のメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。くわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

5位|楽天でんき

楽天でんき

楽天でんきの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(一部地域を除く)
キャンペーンでんき単体の申し込みで2,000ポイント
おすすめポイント・楽天ポイントがたまる、使える
・基本料金が0円
・電気+ガスのセットでさらにお得

楽天をよく使う「楽天経済圏」の人は、楽天でんきをおすすめします。

楽天でんきは、基本料金が0円!電気料金が安いです。さらに、楽天ポイントがたまったり使えたり、楽天ユーザーにとってメリットが大きい電力会社といえます。

従来の電力会社と楽天でんきの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力
基本料金北海道電力楽天でんき
10A341.00円0円
15A511.00円
20A682.00円
30A1,023.00円
40A1,364.00円
50A1,750.00円
60A2,046.00円
電気量料金(従量料金)北海道電力楽天でんき
最初の120kWhまで23,97円30.00円
120kWh超過300kWhまで30.26円
300kWh超過分33.98円
基本料金東北電力楽天でんき
10A330.00円0円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円
40A1,320.00円
50A1,650.00円
60A1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力楽天でんき
最初の120kWhまで18.58円26.5円
120kWh超過300kWhまで25.33円
300kWh超過分29.28円
基本料金東京電力楽天でんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力楽天でんき
最初の120kWhまで19.88円26.5円
120kWh超過300kWhまで26.48円
300kWh超過分30.57円
基本料金中部電力楽天でんき
10A286.00円0円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力楽天でんき
最初の120kWhまで21.04円26.5円
120kWh超過300kWhまで25.51円
300kWh超過分28.46円
基本料金北陸電力楽天でんき
10A242.00円0円
15A363.50円
20A484.00円
30A726.00円
40A968.00円
50A1,210.00円
60A1,452.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力楽天でんき
最初の120kWhまで17.84円22.00円
120kWh超過300kWhまで21.73円
300kWh超過分23.44円
電力会社関西電力楽天でんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力楽天でんき
最初の120kWhまで20.31円22.50円
120kWh超過300kWhまで25.71円
300kWh超過分28.70円
電力会社中国電力楽天でんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力楽天でんき
最初の120kWhまで20.76円24.50円
120kWh超過300kWhまで27.44円
300kWh超過分29.56円
電力会社四国電力楽天でんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力楽天でんき
最初の120kWhまで20.37円24.50円
120kWh超過300kWhまで26.99円
300kWh超過分30.50円
基本料金九州電力楽天でんき
10A297.00円0円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円
40A1,188.00円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力楽天でんき
最初の120kWhまで17.46円23.50円
120kWh超過300kWhまで23.06円
300kWh超過分24.96円
電力会社沖縄電力楽天でんき
基本料金0円0円
電気使用量(従量料金)沖縄電力楽天でんき
最初の120kWhまで22.95円27.0円
120kWh超過300kWhまで28.49円
300kWh超過分30.47円

楽天でんき|プランS

楽天でんきのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。くわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

6位|シン・エナジー

シン・エナジー

シン・エナジーの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(北海道や一部地域を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・在宅ワークや夜間の使用など生活スタイルにあったプラン
・JALのマイルがたまる

シン・エナジーは、料金が安いことに加え、生活スタイルにあったプランが選べたり、JALのマイルがたまったりします。

在宅ワークや子育てなど、平日の昼間に電気をよく使う人や、オール電化などで夜間に電力を使う人など、電気を使う時間帯がはっきりしている人におすすめです。

従来の電力会社とシン・エナジーの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力
基本料金東北電力シン・エナジー
30A990.00円980.83円
40A1,320.00円1,307.78円
50A1,650.00円1,633.70円
60A1,980.00円1,960.65円
電気量料金(従量料金)東北電力シン・エナジー
最初の120kWhまで18.58円18.31円
120kWh超過300kWhまで25.33円24.42円
300kWh超過分29.28円26.79円
基本料金東京電力シン・エナジー
30A858.00円768.34円
40A1,144.00円1,024.45円
50A1,430.00円1,280.56円
60A1,716.00円1,536.68円
電気量料金(従量料金)東京電力シン・エナジー
最初の120kWhまで19.88円18.99円
120kWh超過300kWhまで26.48円25.16円
300kWh超過分30.57円29.04円
基本料金中部電力シン・エナジー
30A858.00円824.95円
40A1,144.00円1,101.59円
50A1,430.00円1,375.25円
60A1,716.00円1,649.91円
電気量料金(従量料金)中部電力シン・エナジー
最初の120kWhまで21.04円20.40円
120kWh超過300kWhまで25.51円23.87円
300kWh超過分28.46円25.24円
基本料金北陸電力シン・エナジー
30A726.00円704.22円
40A968.00円938.96円
50A1,210.00円1,173.70円
60A1,452.00円1,408.44円
電気量料金(従量料金)北陸電力シン・エナジー
最初の120kWhまで17.84円17.30円
120kWh超過300kWhまで21.73円20.78円
300kWh超過分23.44円22.74円
電力会社関西電力シン・エナジー
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力シン・エナジー
最初の120kWhまで20.31円19.81円
120kWh超過300kWhまで25.71円23.83円
300kWh超過分28.70円27.30円
電力会社中国電力シン・エナジー
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力シン・エナジー
最初の120kWhまで20.76円20.72円
120kWh超過300kWhまで27.44円24.95円
300kWh超過分29.56円27.70円
電力会社四国電力シン・エナジー
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力シン・エナジー
最初の120kWhまで20.37円20.37円
120kWh超過300kWhまで26.99円26.48円
300kWh超過分30.50円27.81円
基本料金九州電力シン・エナジー
30A891.00円882.09円
40A1,188.00円1,152.36円
50A1,485.00円1,410.75円
60A1,782.00円1,603.80円
電気量料金(従量料金)九州電力シン・エナジー
最初の120kWhまで17.46円17.26円
120kWh超過300kWhまで23.06円21.39円
300kWh超過分24.96円23.43円
電力会社沖縄電力シン・エナジー
基本料金0円0円
電気使用量(従量料金)沖縄電力シン・エナジー
最初の120kWhまで22.95円22.92円
120kWh超過300kWhまで28.49円27.50円
300kWh超過分30.47円28.52円

シン・エナジー|きほんプラン

シン・エナジーのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。くわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

7位|まちエネ

まちエネ

まちエネの基本情報
提供エリア(電力会社)東京、東北、中部、関西、四国
キャンペーンなし
おすすめポイント・ローソンの無料クーポンが毎月もらえる
・Pontaポイントが毎月たまる
・EVを「毎晩充電し放題プラン」などプランが豊富

まちエネは、料金が安いことに加え、Pontaポイントがたまります

さらに、毎月ローソンの無料クーポンでお菓子がもらえるなど、普段ローソンをよく使う人にとってお得なサービスです。

従来の電力会社とまちエネの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

東北電力東京電力中部電力関西電力四国電力
基本料金東北電力まちエネ
30A990.00円990.00円
40A1,320.00円1,320.00円
50A1,650.00円1,650.00円
60A1,980.00円1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力まちエネ
最初の120kWhまで18.58円18.50円
120kWh超過300kWhまで25.33円24.17円
300kWh超過分29.28円25.35円
基本料金東京電力まちエネ
30A858.00円858.00円
40A1,144.00円1,144.00円
50A1,430.00円1,430.00円
60A1,716.00円1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力まちエネ
最初の120kWhまで19.88円19.79円
120kWh超過300kWhまで26.48円25.27円
300kWh超過分30.57円26.47円
基本料金中部電力まちエネ
30A858.00円858.00円
40A1,144.00円1,144.00円
50A1,430.00円1,430.00円
60A1,716.00円1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力まちエネ
最初の120kWhまで21.04円20.97円
120kWh超過300kWhまで25.51円24.37円
300kWh超過分28.46円24.67円
電力会社関西電力まちエネ
基本料金341.01円341.01円
電気量料金(従量料金)関西電力まちエネ
最初の120kWhまで20.31円20.23円
120kWh超過300kWhまで25.71円24.62円
300kWh超過分28.70円25.36円
電力会社四国電力まちエネ
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力まちエネ
最初の120kWhまで20.37円20.28円
120kWh超過300kWhまで26.99円25.76円
300kWh超過分30.50円26.41円

まちエネ|きほんプラン

まちエネのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。くわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

8位|丸紅新電力

丸紅新電力

丸紅新電力の基本情報
提供エリア(電力会社)全国(沖縄や一部離島を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・電気料金の安さはトップクラス
・生活スタイルにあったプランが豊富
・電力会社に信頼性がある

丸紅新電力はポイントなどの付与がないものの、電気料金の安さはトップクラスです。

Huluが無料で見られるプランなど、生活スタイルにあったプランが豊富なことも特徴。総合商社で有名な「丸紅グループ」の提供なので、安心感もありますね。

従来の電力会社と丸紅新電力の、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力
基本料金北海道電力丸紅新電力
10A341.00円968.00円
15A511.00円
20A682.00円
30A1,023.00円
40A1,364.00円1,309.00円
50A1,750.00円1,650.00円
60A2,046.00円1,991.00円
電気量料金(従量料金)北海道電力丸紅新電力
最初の120kWhまで23,97円23.96円
120kWh超過300kWhまで30.26円28.15円
300kWh超過分33.98円30.58円
基本料金東北電力丸紅新電力
10A330.00円935.00円
15A495.00円
20A660.00円
30A990.00円
40A1,320.00円1,265.00円
50A1,650.00円1,595.00円
60A1,980.00円1,925.00円
電気量料金(従量料金)東北電力丸紅新電力
最初の120kWhまで18.58円18.57円
120kWh超過300kWhまで25.33円25.33円
300kWh超過分29.28円26.38円
基本料金東京電力丸紅新電力
10A286.00円803.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円1,089.00円
50A1,430.00円1,375.00円
60A1,716.00円1,661.00円
電気量料金(従量料金)東京電力丸紅新電力
最初の120kWhまで19.88円19.78円
120kWh超過300kWhまで26.48円26.38円
300kWh超過分30.57円26.38円
基本料金中部電力丸紅新電力
10A286.00円1,089.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円1,375.00円
60A1,716.00円1,661.00円
電気量料金(従量料金)中部電力丸紅新電力
最初の120kWhまで21.04円21.02円
120kWh超過300kWhまで25.51円25.49円
300kWh超過分28.46円26.15円
基本料金北陸電力丸紅新電力
10A242.00円671.00円
15A363.50円
20A484.00円
30A726.00円
40A968.00円913.00円
50A1,210.00円1,155.00円
60A1,452.00円1,397.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力丸紅新電力
最初の120kWhまで17.84円17.81円
120kWh超過300kWhまで21.73円20.62円
300kWh超過分23.44円21.23円
電力会社関西電力丸紅新電力
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力丸紅新電力
最初の120kWhまで20.31円20.29円
120kWh超過300kWhまで25.71円24.59円
300kWh超過分28.70円24.85円
電力会社中国電力丸紅新電力
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力丸紅新電力
最初の120kWhまで20.76円20.74円
120kWh超過300kWhまで27.44円24.75円
300kWh超過分29.56円26.95円
電力会社四国電力丸紅新電力
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力丸紅新電力
最初の120kWhまで20.37円20.36円
120kWh超過300kWhまで26.99円24.79円
300kWh超過分30.50円28.30円
基本料金九州電力丸紅新電力
10A297.00円891.00円
15A445.50円
20A594.00円
30A891.00円
40A1,188.00円1,133.00円
50A1,485.00円1,430.00円
60A1,782.00円1,727.00円
電気量料金(従量料金)九州電力丸紅新電力
最初の120kWhまで17.46円17.44円
120kWh超過300kWhまで23.06円22.76円
300kWh超過分24.96円23.60円

丸紅新電力|プランS

丸紅新電力のメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。よりくわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

9位|ENEOSでんき

ENEOSでんき

ENEOSでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)全国(沖縄や一部離島を除く)
キャンペーンなし
おすすめポイント・ガソリン、灯油を安くしたい人
・Tポイントをためたい人

ENEOSでんきは、ガソリンや灯油の割引特典があります。

また、電気使用量に応じてTポイントがたまります。これらにメリットを感じる人にとって、ENEOSでんきはおすすめです。

従来の電力会社とENEOSでんきの、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力
基本料金北海道電力ENEOSでんき
10A341.00円341.00円
15A511.00円511.00円
20A682.00円682.00円
30A1,023.00円1,023.00円
40A1,364.00円1,309.00円
50A1,750.00円1,650.00円
60A2,046.00円1,991.00円
電気量料金(従量料金)北海道電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで23,97円23.26円
120kWh超過300kWhまで30.26円28.54円
300kWh超過分33.98円30.93円
基本料金東北電力ENEOSでんき
10A330.00円330.00円
15A495.00円495.00円
20A660.00円660.00円
30A990.00円990.00円
40A1,320.00円1,320.00円
50A1,650.00円1,650.00円
60A1,980.00円1,980.00円
電気量料金(従量料金)東北電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで18.58円18.38円
120kWh超過300kWhまで25.33円24.43円
300kWh超過分29.28円27.23円
基本料金東京電力ENEOSでんき
10A286.00円286.00円
15A429.00円429.00円
20A572.00円572.00円
30A858.00円858.00円
40A1,144.00円1,144.00円
50A1,430.00円1,430.00円
60A1,716.00円1,716.00円
電気量料金(従量料金)東京電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで19.88円19.88円
120kWh超過300kWhまで26.48円24.54円
300kWh超過分30.57円26.22円
基本料金中部電力ENEOSでんき
10A286.00円286.00円
15A429.00円429.00円
20A572.00円572.00円
30A858.00円858.00円
40A1,144.00円1,144.00円
50A1,430.00円1,430.00円
60A1,716.00円1,716.00円
電気量料金(従量料金)中部電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで21.04円20.85円
120kWh超過300kWhまで25.51円24.77円
300kWh超過分28.46円26.49円
基本料金北陸電力ENEOSでんき
10A242.00円286.00円
15A363.50円429.00円
20A484.00円572.00円
30A726.00円858.00円
40A968.00円1,144.00円
50A1,210.00円1,430.00円
60A1,452.00円1,716.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで17.84円17.67円
120kWh超過300kWhまで21.73円20.96円
300kWh超過分23.44円21.69円
電力会社関西電力ENEOSでんき
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで20.31円20.31円
120kWh超過300kWhまで25.71円23.99円
300kWh超過分28.70円26.80円
電力会社中国電力ENEOSでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで20.76円20.58円
120kWh超過300kWhまで27.44円26.50円
300kWh超過分29.56円27.51円
電力会社四国電力ENEOSでんき
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで20.37円20.36円
120kWh超過300kWhまで26.99円25.92円
300kWh超過分30.50円27.91円
基本料金九州電力ENEOSでんき
10A297.00円297.00円
15A445.50円445.50円
20A594.00円594.00円
30A891.00円891.00円
40A1,188.00円1,188.00円
50A1,485.00円1,485.00円
60A1,782.00円1,782.00円
電気量料金(従量料金)九州電力ENEOSでんき
最初の120kWhまで17.46円17.28円
120kWh超過300kWhまで23.06円22.25円
300kWh超過分24.96円23.97円

ENEOSでんき|一般家庭向けのプラン

ENEOSでんきのメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。よりくわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

10位|スマ電

スマ電

スマ電の基本情報
提供エリア(電力会社)全国(北海道や東北、沖縄、一部離島を除く)
キャンペーン電気料金3ヶ月連続1,000円割引
おすすめポイント・電気使用量が一定を超えると、定額で割引
・LINEで電気代を通知してくれる
・提携スーパーで特典を受けられる

スマ電は電気使用量が一定を超えると、定額で割引されることに加え、提携スーパーで特典を受けられます。

LINEで電気料金を通知してくれる機能があり、スマホで確実にチェックできるのもうれしいポイントです。

従来の電力会社とスマ電の、料金を比較した表は以下のとおり。

↓タブをクリックすると開きます

東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力
基本料金東京電力スマ電
30A858.00円858.00円
40A1,144.00円894.00円
50A1,430.00円930.00円
60A1,716.00円1,216.00円
電気量料金(従量料金)東京電力スマ電
最初の120kWhまで19.88円19.76円
120kWh超過300kWhまで26.48円25.87円
300kWh超過分30.57円25.97円
基本料金中部電力スマ電
30A858.00円558.00円
40A1,144.00円844.00円
50A1,430.00円1,130.00円
60A1,716.00円1,416.00円
電気量料金(従量料金)中部電力スマ電
最初の120kWhまで21.04円20.95円
120kWh超過300kWhまで25.51円25.13円
300kWh超過分28.46円26.76円
基本料金北陸電力スマ電
30A726.00円426.00円
40A968.00円668.00円
50A1,210.00円910.00円
60A1,452.00円1,152.00円
電気量料金(従量料金)北陸電力スマ電
最初の120kWhまで17.84円17.87円
120kWh超過300kWhまで21.73円21.73円
300kWh超過分23.44円23.44円
電力会社関西電力スマ電
基本料金341.01円0円
電気量料金(従量料金)関西電力スマ電
最初の120kWhまで20.31円20.31円
120kWh超過300kWhまで25.71円25.71円
300kWh超過分28.70円28.70円
電力会社中国電力スマ電
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)中国電力スマ電
最初の120kWhまで20.76円20.76円
120kWh超過300kWhまで27.44円27.44円
300kWh超過分29.56円29.56円
電力会社四国電力スマ電
基本料金0円0円
電気量料金(従量料金)四国電力スマ電
最初の120kWhまで20.37円20.37円
120kWh超過300kWhまで26.99円26.99円
300kWh超過分30.50円30.50円
基本料金九州電力スマ電
30A891.00円741.00円
40A1,188.00円1,038.00円
50A1,485.00円1,335.00円
60A1,782.00円1,632.00円
電気量料金(従量料金)九州電力スマ電
最初の120kWhまで17.46円17.46円
120kWh超過300kWhまで23.06円23.06円
300kWh超過分24.96円24.96円

スマ電|ホームプラン

スマ電のメリット・デメリット、評判や口コミを別の記事にまとめています。よりくわしく知りたい人は、ぜひご確認ください。

3.新電力会社を選ぶ8つのポイント

電力会社 選び方

電力会社を契約する際は、何を基準に選べばいいのでしょうか?

この章では、第1章の結論の判断基準にした、電力会社の選ぶポイントをご紹介します。

電力会社を選ぶポイントは、以下の8つです。

  1. 年間料金の安さ
  2. ポイント還元やその他の特典があるか
  3. 市場連動型でないか
  4. 対応エリア
順番に見ていきましょう。

ポイント1.年間料金の安さ

電気代 安い

一番重要なポイントは、年間料金の安さです。

電気料金はどのように決まるのでしょうか?

電力会社の料金が決まる要素は大きく3つあります。図と表で確認しましょう。

電力会社 料金

出典:経済産業省 資源エネルギー庁より

電気料金の仕組み
基本料金契約容量で決まる
従量制料金(電力料料金)使用した電気料で決まる
再生可能エネルギー発電促進賦課金
(再エネ賦課金)
全世帯が負担
(どの電力会社を契約しても同じ料金)

基本料金と従量制料金(電力料料金)が安い電力会社を選ぼう

電気料金が決まる仕組みって、何だか複雑ですよね・・・。

電気料金を抑えるコツは、基本料金と従量制料金(電力料料金)が安い電力会社を選ぶことです。
再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は、どの電力会社を選んでも、負担する料金は同じになります。気にする必要はありません。

ポイント2.ポイント還元やその他の特典があるか

電力会社 ポイント

ポイントの2つ目は「ポイント還元やその他の特典があるか」という点です。

電力会社には、各社ポイントのたまるプランがあります。順番に見てきましょう。

ポイント還元がある電力会社

ポイントがたまる、主な電力会社をご紹介します。

↓ロゴをクリックすると各サイトの紹介に飛びます

電力会社別 ポイントがたまるプラン
   電力会社   提供エリア
(電力会社)
たまるポイントとポイント数
楽天でんき ロゴ全国楽天ポイント
電気料金200円につき1ポイント
ENEOSでんき ロゴ全国
(沖縄や一部地域を除く)
Tポイント
電気料金200円につき1ポイント
auでんき ロゴ全国Pontaポイント
電気料金により1〜5%
シン・エナジー全国
(北海道や一部地域を除く)
JALのマイル
電気料金200円につき1マイル
まちエネ ロゴ東京、東北、
中部、関西、四国
Pontaポイント
電気料金1,000円につき10ポイント
九電みらいエナジー ロゴ東京電力エリアのみJALマイルプラン|電気料金100円につき1マイル
WAONプラン|電気料金100円につき2ポイント
dポイントプラン|電気料金100円につき2ポイント

たとえば、楽天でんきの場合。平均的な4人家族では、年間2,168円の楽天ポイントがたまります。

普段利用しているポイントがあれば、電力会社を選ぶ基準の1つとして考えましょう。

その他の特典がある電力会社

暮らしに関するお得なサービスを提供している電力会社があります。

サービスを提供している電力会社はこちら。

↓ロゴをクリックすると各サイトの紹介に飛びます

暮らしのサービスを提供している電力会社一覧
   電力会社   サービス名提供エリア特徴
Looopでんきロゴかけつけるーぷ東京電力電気がつかない、停電、コンセントが焦げ臭い
などのトラブルに、24時間365日担当者が駆けつけ
エルピオでんき ロゴエルピオでんき
駆けつけサービス
全国電気がつかない、停電、コンセントが焦げ臭い
などのトラブルに、24時間365日担当者が駆けつけ
ソフトバンクおうちでんきおうちレスキュー北海道、東北、
沖縄を除く全国
急な水漏れや、カギの紛失など
暮らしのトラブルに24時間365日担当者が駆けつけ
スマ電 ロゴスーパーの特典北海道、東北、
沖縄を除く全国
Aプライスやアピタなど
対象スーパーで特典が受けられる
まちエネ ロゴローソンの
無料クーポン
東京、東北、
中部、関西、四国
毎月、ローソンのクーポンが無料でもらえる
アイスやお菓子が中心
九電みらいエナジー ロゴ九州親孝行
サポート
東京電力九州のご家族や財産を、訪問や電話で見守るサービス
対象は親御さんが九州電力を契約、かつ九州在住の人

電気代が安くなることはもちろん、何かあった時のサポートや、お得なサービスが充実しているのはうれしいポイントです。

気になるサービスがある人はチェックしておきましょう。

ポイント3.市場連動型でないか

電気 市場連動型

これから電力会社を選ぶ際、契約しようとしているプランが「市場連動型でない」ことは重要です。

市場連動型とはどういったプランなのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

市場連動型とは?

市場連動型プランとは、日本卸電力取引所(JEPX)の取引価格に連動して、電気料金が決まります。

電気料金が通常より安くなる場合もあります。逆にいうと、電気料金が高騰する可能性もあるので注意が必要です。

市場連動型

出典:経済産業省より

上記のとおり、経済産業省からも注意喚起が出ております。

2021年1月に市場連動型プランの料金が大暴騰

2021年1月に電気需要が増えたことで、市場連動型プランの料金が大暴騰しました。

自然電力 市場連動型 暴騰出典:電力・ガス取引監視等委員会「スポット市場価格の動向について」

需要が増えた理由は主に以下の2つです。

  • 2020年末から続いた厳しい寒さのため、暖房使用が増加したこと
  • コロナ感染の影響で家にいる人が増えたこと

電気代が10倍になったとの報告も受けています。加入する新電力が市場連動型プランかどうかは注意してチェックしましょう。

本記事で取り上げている電力会社のプランは市場連動型でない

本記事でおすすめしている電力会社に、市場連動型のプランはないので安心してください。

記事にある電力会社に切り替えることで、これまでどおり安心して電気を利用できます。

ポイント4.対応エリア

電力会社

意外と忘れがちなのが、電力会社の対応エリアです。

契約を考えている電力会社が、お住いの地域に対応していない場合があります。サービス対象外のエリアだと、そもそも契約ができません。

契約前に対応エリアをしっかり確認しておきましょう。

東京電力、関西電力、中部電力エリアの都市圏であれば、多くの電力会社がサービスを提供しています。これらの都市圏に住んでいる人は、電力会社選びにそれほど困ることはないでしょう。

一方、北海道電力、東北電力、沖縄電力エリアなど人口が比較的少ない地域は、サービスを提供していない電力会社もあります。とく地方に住んでいる人は、契約前に電力会社の提供エリアをしっかり確認する必要があります。

ポイント5.使いやすさ

電気代 安心

どの電力会社を選んでも、電気の品質に差はありません。

しかし、電力会社によってマイページの使い勝手が違います

大手電力会社の場合、専用アプリのサービスを提供している場合があります。専用アプリがあれば、いつでもどこでも電気の利用状況が確認できるのでとても便利です。

電気の使いすぎを通知してくれる電力会社もあります。通知機能を使えば、電気料金の節約に一役買ってくれるでしょう。

ポイント6.決済方法

決済方法

電力会社における決済方法の多くは、クレジットカードか口座振替のどちらかです。

中にはクレジットカードしか支払い方法がない電力会社もあります。クレジットカードを持っていない人は、契約できる電力会社の選択肢が少し減ります。事前にチェックしておきましょう。

注意!支払い方法がクレジットカードのみの電力会社

  • 楽天でんき(楽天ポイントは可能)
  • Looopでんき
  • あしたでんき
  • ピタでん

ポイント7.解約違約金の有無

解約金

解約違約金のかかならない電力会社は多いですが、中には発生する電力会社もあります。

ライフスタイルの変化で、同居や別居、引越しをする可能性がある人はとくにチェックしておきましょう。

←スクロールできます →

解約違約金がかかる主な電力会社
電力会社サービス名解約違約金備考
ENEOSでんきにねんとくとく割1,100円通常のプランは発生しない
HTBエナジーすべてのプラン2,200円お客様都合による1年未満の解約時に発生
(引越しに伴う解約は発生せず)
ソフトバンクでんきおうちでんき550円
※関西は5,550円
関西は2年契約の自動更新
(更新月の2ヶ月間に解約すれば550円)
スマ電プレミアムオプション1,200円通常のプランは発生しない
ピタでんすべてのプラン2,200円契約をしてから1年未満の解約の場合に発生
(1年経過以降は発生しない)

ポイント8.環境への配慮

環境への配慮

近年は、SDGsの流れもあり、環境に配慮した電力会社を選びたい人もいるでしょう。

電気をどうやって調達しているのか、電力会社によって電源構成の割合は異なります。

ほとんどの電力会社は、電源構成を明示していません。電源構成をしっかり明示し、環境に配慮した電力会社を選ぶことは、私たちひとりひとりができる地球環境への貢献です。

「FIT電気」の割合が高い電力会社を選ぼう

fit電気

環境に配慮した電力会社を選びたい場合、「FIT電気」の割合が高い電力会社をおすすめします。

FIT電気とは?

FIT(Feed-in Tariff)電気とは、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスの再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、電力会社が買い取る制度のこと。

日本は諸外国と比べて、再生可能エネルギーの利用率が少ないです。FIT電気の比率を高めることが、国の課題とされています。

4.新電力会社に切り替える3つのメリット

メリット

「電力会社が切り替えられることはわかったけど、実際にどういったメリットがあるの?」など、疑問に思いますよね。

新電力会社に切り替えるメリットを3つ、ピックアップしました。

  • 電気料金が安くなる
  • 好きな電力会社が選べる
  • ポイント還元や、その他の特典がある

順番に見ていきましょう。

メリット1.電気料金が安くなる

電気代 安くなる

一番のメリットは、電気料金が安くなります。

PR TIMESのアンケート結果によると、電力会社を切り替えた人は、平均で年間5,000円以上も安くなったとの調査結果が出ています。

人気の電力会社が必ずしも安いとは限らない

アンケートで人気の電力会社が安いかというと、必ずしもそうではありません

現状、知名度がある電力会社の人気が先行しています。しかし、知名度がある電力会社は、CMや広告で多くの予算を費やしているため、電気料金にあまり還元できていない印象です。

知名度はなくとも、お得な電力会社を選べば、4人家族以上だと年間20,000円以上も節約することは十分可能です。

お得な電力会社に関して、くわしくは第1章をご確認ください。

切り替えの手続きはかなりカンタン!

「でも、電力会社の切り替えって面倒くさいな・・・」と思いますよね。

実際のところ、切り替えの手続きはかなりカンタンです。私自身、電力会社を何社も切り替えてきました。本当に5〜10分程度で手続きが完了します。

契約している電力会社の解約手続きが不要ですし、面倒な立ち合いも必要ありません。

電力会社の切り替えに必要なもの

  • 検針票(電力会社から渡される「電気使用量のお知らせ」)

検針票

  • クレジットカード(口座振替の人は通帳など口座情報がわかるもの)

メリット2.好きな電力会社が選べる

好きな電力会社

好きな電力会社を選べるのはメリットの1つです。

2016年以前は、電力を販売できるのは地域の大手電力会社のみでした。

現在は「電気料金をとにかく安くしたい」「ポイントをためたい」「地元の電力会社を応援したい」など、多種多様な理由で電力会社を選ぶことが可能。

あなたにライスタイルにピッタリの電力会社を選んでくださいね。

メリット3.ポイント還元や、その他の特典がある

電力会社 ポイント

電力会社によっては、各種ポイント還元や、その他特典があるのはうれしいところ。

ポイント還元や、その他暮らしのサービスで年間数千円相当はお得になるケースもあります。くわしくは、「電力会社を選ぶポイント2」をご確認ください。

5.新電力会社に切り替える3つのデメリット

デメリット

ここまで聞くと電力会社の切り替えはメリットが多く、すぐにでも使ってみたくなりますよね。

しかし、気になるデメリットも見つかりました。

  • プランによっては高くなる場合がある
  • 解約違約金が発生することもある
  • マンションやアパートでは切り替えできない場合がある

順番に見ていきましょう。

デメリット1.プランによっては高くなる場合がある

電気料金 高い

従来の電力会社(東京電力や関西電力)から、新電力に切り替えると確実に安くなるかというと、必ずしもそうではありません。どのくらい安くなるのかは、現在の契約プランや使用量によって異なります。

とくに、1人暮らしで電気使用量の少ない人や、オール電化の人はプランによっては高くなる可能性があります。

切り替え前にはシミュレーションをしよう

ENEOSでんき シミュレーター

たいていの電力会社は、公式サイトにシミュレーターがあります。

切り替えようと思っている電力会社のシミュレーターで、事前にしっかりとシミュレーションをしてから切り替えるようにしましょう。

電力会社から届く検針票があれば、ひとまずシミュレーションが可能です。

さらに、Webサイトから毎月の電気使用量がわかる人は、より正確なシミュレーション結果を算出できます。

デメリット2.解約違約金が発生することもある

解約金

電力会社によっては解約違約金が発生します。

とはいえ、多くの電力会社では解約違約金が発生しませんし、発生したとしても1,000〜2,000円代がほとんど。光回線やひと昔前のスマホ業界とは違い、電力会社の解約違約金は比較的やさしい料金設定ですね。

解約違約金がかかる電力会社に関して、くわしくは「電力会社を選ぶポイント7」をご確認ください。

デメリット3.マンションやアパートでは切り替えできない場合がある

マンション

マンションやアパートによっては、電力会社と高圧一択受信契約を結んでいます。その場合は、電力の切り替えができません。

高圧一択受信契約とは?

マンション高圧

高圧一択受信契約とは、マンションやアパートの管理組合が電力会社と高圧で契約し、各部屋の低圧に変換して電力を供給する仕組みのこと。管理組合にとってもハードルが高いため、普及率はあまり高くないです。

多くのマンションやアパートでは電力会社の切り替えができる!

しかし、多くのマンションやアパートでは切り替えができます。

実際に私自身、これまで4回も賃貸マンションの引越しをしたところ、すべてのマンションで新電力の切り替えができました!

新電力に切り替えできるかどうかの確認方法として、検針票が自宅に届いている人は、新電力に切り替えが可能です。

6.新電力会社の切り替えでよくある質問

  1. オール電化を契約しています。電力会社を切り替えて安くなるの?
  2. 1人暮らしでも、電力会社を切り替えて安くなるの?
  3. 電力自由化とは?
  4. 東京(関西、愛知、福岡etc…)に住んでいます。おすすめの電力会社はありますか?
  5. 契約している電力会社が倒産したらどうなるの?

質問1.オール電化を契約しています。電力会社を切り替えて安くなるの?

オール電化

東日本大震災(2011年3月)以降にオール電化のプランに加入した人は、新電力に切り替えることで安くなる可能性があります。

一方、東日本大震災以前からオール電化に加入している人は、基本的に現状のプランが安いです。

理由は発電方法の違い

東日本大震災前後でオール電化の料金が違う理由は、発電方法の違いによります。

東日本大震災以前は、原子力発電が中心でした。しかし、東日本大震災を受けて、多くの原子力発電所は停止を余儀なくされました。

そこで、代わりとなったのが火力発電です。火力発電にかかるコストは原子力発電よりも多く、東日本大震災後で電気料金は値上がりしています。

質問2.1人暮らしでも、電力会社を切り替えて安くなるの?

一人暮らし

はい。従来の電力会社(東京電力や関西電力など)を契約している人は、電力会社を切り替えると安くなります。

くわしくは第1章をご確認ください。

ただし、家を空けがちで電気使用量が少ない人は、安くならない場合があります。検針票をもとに、実際にどのくらい安くなるのかシミュレーションをしてみましょう。

質問3.電力自由化とは?

電力自由化とは

最近は、電力販売会社を見る機会が増えたのではないでしょうか。

2016年4月に一般家庭向けに電力の自由化がスタート。それ以前は、地域に根ざした電力会社(関東なら東京電力、関西なら関西電力など)しか契約できませんでした。

現在は、約700社が電力の小売事業に参入。電力自由化のメリットとして、多くの事業者が参入することで競争が活性化し、私たち消費者はよりよいサービスを受けられます。くわしくは、資源エネルギー庁の公式サイトをご確認ください。

質問4.東京(関西、愛知、福岡etc…)に住んでいます。おすすめの電力会社はありますか?

限られたエリアのみ、電力を提供している電力会社があることは確かです。しかし、基本的におすすめの電力会社は全エリア共通です。

おすすめの電力会社は第1章の「結論!おすすめの新電力会社」をご確認ください。

質問5.契約している電力会社が倒産したらどうなるの?

電気が止まることはないので安心してください。従来の電力会社(東京電力や関西電力など)がバックアップする体制を整えているからです。

looopでんき バックアップ

引用:Looopでんきより

しかし、場合によっては、電力会社を乗り換える手間がかかるかもしれません。この点は認識しておきましょう。

まとめ

最後に、総合ランキング全25社をまとめました!

↓ロゴをクリックすると各サイトの紹介に飛びます

            電力会社別 総合ランキングTOP10
順位   電力会社  公式サイト電力会社
プラン
提供エリア
(電力会社)
1位あしたでんき ロゴhttps://
ashita-denki.jp
あしたでんき
標準プラン
東京、東北、中部、
関西、中国、九州
2位エルピオでんき ロゴhttps://
lpio.jp/electrical
エルピオでんき
スタンダードプランS
全国
(沖縄を除く)
3位Looopでんきロゴhttps://
looop-denki.com
Looopでんき
おうちプラン
全国
4位HTBエナジー 画像https://
htb-energy.com
HTBエナジー(HISでんき)
ウルトラシリーズ
全国
(北海道を除く)
5位楽天でんき ロゴhttps://
rakuten-e.co.jp
楽天でんき
プランS
全国
6位シン・エナジーhttps://
symenergy.co.jp
シン・エナジー
きほんプラン
全国
(北海道を除く)
7位まちエネ ロゴhttps://
machi-ene.jp
まちエネ
きほんプラン
東京、東北、中部、
関西、四国
8位丸紅新電力https://
denki.marubeni.jp
丸紅新電力
プランS
全国
(沖縄を除く)
9位ENEOSでんきhttps://
eneos-denki.com
ENEOSでんき
(一般家庭向けのプラン)
全国
(沖縄を除く)
10位スマ電https://
smaden.com
スマ電
ホームプラン
全国
(北海道、沖縄を除く)
11位 ミツウロコでんきhttps://
mitsuuroko-e.jp
 
 ミツウロコでんき全国 
12位親指でんきhttps:://
oya-ub.com
親指でんき
いいねプランA、B
全国
(北陸、沖縄を除く)
13位CDエナジーダイレクト https://
cdedirect.co.jp
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんきプラン
東京電力
14位auでんき ロゴhttps://
au.com/electricity
auでんき
でんきMプラン
全国
15位東急でんきhttps://
tokyu-ps.jp
東急でんき
従量電灯B
東京電力
16位ピタでんhttps://
pitaden.jp
ピタでん
使った分だけプラン
全国
(沖縄を除く)
17位eo電気https://
eonet.jp/denki
eoでんき
スタンダードプラン
関西
18位ソフトバンクおうちでんきhttps://
softbank-denki
ソフトバンク
おうちでんき
全国
(北海道、東北、を除く)
19位J:COM電力https://
jcom-ele.com
J:COM電力
従量メニュー
北海道、東北、東京
関西、中国、九州
20位九電みらいエナジーhttps://
q-mirai.co.jp
九電みらいエナジー
基本プラン
東京電力
21位イデックスでんきhttps://
idexdenki.co.jp
イデックスでんき
ファミリープラン
九州電力
22位ナンワエナジーhttps://
e-nanwa.co.jp
ナンワエナジー
スタンダードMプラン
九州電力
23位自然電力https://
shizendenryoku.jp
自然電力
Tree
全国
(沖縄を除く)
24位みんな電力https://
minden.co.jp
みんな電力
ご家庭向けサービス
全国
(北海道、北陸、沖縄を除く)
25位ジニーエナジーhttps://
genie-energy.co.jp
ジニーエナジー 
あおプラン
全国
(沖縄を除く)

あなたにピッタリな電力会社を選んで、お得な新電力ライフを過ごしてくださいね。 

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト