実際どうなの?楽天モバイルでiPhoneはありなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
楽天モバイル iPhone ロゴ

「楽天モバイルでiPhoneを使っても大丈夫?」

実は楽天モバイルでは、iPhoneの動作保証は一切行っていないんです。にもかかわらず、楽天モバイルの公式サイトにiPhoneの使い方を掲載したり、iOS版「Rakuten Link」アプリを出したりしています。

正直混乱してしまいますよね・・・。

結論から言うと、楽天モバイルでiPhoneを使う事はできますが、おすすめはしません

そこで今回は、楽天モバイルでiPhoneを使う上での1番の問題点と、4つの注意点を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

1.ぶっちゃけ楽天モバイルでiPhoneを使うのはどうなの?

結論から言うと、楽天モバイルでiPhoneを使う事はできますが、おすすめはしません

なぜそう言えるのか、その理由をみていきましょう。

楽天モバイルでiPhoneは使える!

以下の画像は、楽天モバイルでiPhoneが使えることがわかる楽天モバイルの公式ページです。

楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを購入できませんが、公式サイトにて使い方やAPN設定方法など手厚くiPhoneについて記載されています。

今のところ楽天モバイルでiPhoneを使っても、とくに問題なく普通に使うことができます。

ただし、これだけ紹介しているからといって、安易にiPhoneを使いたいと思っていはいけません。

しっかりと楽天モバイルをおすすめできない理由があるんです。

iPhoneは「動作保証対象外」だからおすすめできない

実は、公式サイトのiPhoneのページにてサポートしないことを小さく記載されています。

楽天モバイル

公式ページにて記載されている内容

「お持ちのiPhoneが動作確認済製品であったとしても、当社の動作保証対象外になります。」

ここが1番の問題点で、すべてのiPhoneは「動作保証対象外」であるため、楽天モバイルではサポートしてくれないんです。

実際にiOSのバージョンアップなどで使えなくなったとしても、とくに楽天モバイル側から何かしてもらえるわけではありません。

そのため、楽天モバイルでiPhoneを使うなら、結局のところ自己責任になってしまうんです

なので現状に関しては、iPhoneを使っても正式にサポートがないので、楽天モバイルでiPhoneを使うことはおすすめできません

個人的には「Rakuten Link」アプリのiOS版が登場しているため、楽天側からAppleに協力を得るなどして、iPhoneも正式に対応されると考えています。 

2.iPhoneを使う上での4つの注意点

それでも楽天モバイルでiPhoneを使いたい!という人は、今から紹介する4つの注意点に気をつけて使う必要があります。

楽天モバイルでiPhoneを使う上で、とくに大きなデメリットはありませんが、Androidと比べると一部の機能が使えなかったりしています。

楽天モバイルに契約してから「AndroidでできるからiPhoneでもできると思っていた!」と勘違いを起こさないように、しっかり見ていきましょう。

注意点1.iPhoneXより前は使えない

楽天モバイルで使用できるiPhoneは比較的新しい端末だけで、iPhoneXより前の端末は使えないんです。

どのiPhoneが利用できるのか、以下の表にまとめました。

利用できる◯
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
利用できない×iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE (第 1 世代)
—以下省略—

iPhoneを使おうと考えている人は、利用できる種類のiPhoneなのか必ず確認してから契約してください

注意点2.パートナー回線から楽天回線に自動で切り替わらない

現在楽天モバイルでは、楽天回線ではカバーしきれないエリアをパートナー回線でカバーしています。そのため楽天回線とパートナー回線は自動で切り替わる仕様になっています。

しかし、iPhoneの場合のみパートナー回線から楽天回線に自動では切り替わらないんです

わかりやすいように表にまとめました。

接続回線の自動切替楽天回線 → パートナー回線パートナー回線 → 楽天回線
Android
iPhone×

自動で切り替わらないデメリットは、楽天回線エリアでもパートナー回線エリアのデータ容量5GB/月を消費してしまうこと。

それだけは避けたいですよね。

ただ解決策としてあげるなら、機内モードのオンオフを手動ですれば、パートナー回線から楽天回線に切り替わります

めんどくさいとは思いますが、これで回線の切替が可能です。

注意点3.海外では使えない

楽天モバイルでは、楽天回線・パートナー回線の国内とは別に、海外でのデータ通信を月に2GBまで使えます。

しかし、iPhoneの場合は海外でデータ通信ができないんです。

エリアデータ通信
楽天回線エリア無制限
パートナーエリア5GB/月
海外66ヶ国2GB/月

基本的に海外に行かない人であればデメリットにならないので、頭の片隅に入れておけばとくに問題ありません。

注意点4.APN設定がめんどくさい

APN設定とは、スマホでインターネットを利用できるようにするための設定です。

楽天モバイルで購入できるスマホは、あらかじめAPN設定が済んでいます。

しかし、iPhoneの場合は自分で用意することになるため、APN設定を自分でする必要があるんです

楽天モバイル

ただ楽天モバイルの公式ページでは、iPhoneの初期設定・APN設定について、動画を使って解説をしています。

そのため、少しめんどくさいとは思いますが、誰でもAPN設定をすることは可能です。

まとめ

楽天モバイルでiPhoneを使うなら、4つの注意点さえ抑えていればとくに問題はありません。

ただし何度もいいますが、あくまで自己責任ということを忘れないでくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト