フレッツ光でテレビを見る2つの方法!テレビをお得に契約するには?

フレッツ光 テレビ

フレッツ光には2つのテレビサービスがあります。

  • フレッツ・テレビ
  • ひかりTV

両方とも、ネット回線を利用したサービスですが、「どちらを選んだらいいの?」と疑問に思いますよね…。

そこでこの記事では、光回線の元販売員が、それぞれのテレビサービスがどのような人に向いているのか、やさしく解説します!

フレッツ光のテレビサービスを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

そもそもフレッツ光よりもお得で、テレビサービスも充実している光回線があります。この機会に乗り換えてみようかな…と思っている人はこちらから読み進めてください。(ページ内を移動します)

1.フレッツ光には2つのテレビサービスがある

フレッツ・テレビ

フレッツ光には、以下の2つのテレビサービスがあります。

  • フレッツ・テレビ
  • ひかりTV

どちらもフレッツ光のネット回線を利用したテレビなので、従来のようにアンテナなどを設置する必要はありません

それぞれのサービスの特徴を、簡単に比較してみました。(以下、すべて税込み表記)

 フレッツ・テレビひかりTV
チャンネル地デジ/BS地デジ/BS/CS/専門ch
月額料金825円1,650円~4,400円
初期費用11,330円〜なし
工事ありなし
提供エリア32都道府県の一部地域全国どこでも※

※地デジは20都道府県にのみ対応

先に簡単な使い分け方を紹介すると、以下のようになります。

  • 地デジやBSなど、最低限だけテレビを楽しみたい⇒フレッツ・テレビ
  • 専門チャンネルなどがっつりテレビを楽しみたい⇒ひかりTV(お値うちプラン)

それでは、各サービスの対応エリアや料金など具体的な内容を紹介します。

2.フレッツ・テレビのサービス概要

フレッツ・テレビ

1つ目は、オプティキャストが運営している「フレッツ・テレビ」です。

スカパー!などの有料チャンネルも契約できます。基本的には地デジやBSといった最低限のテレビサービスを、低価格で楽しみたい人におすすめです

フレッツ光の回線を使ったサービスですが、フレッツ光が契約できたからといって、必ず契約できるわけではありません。

フレッツ・テレビは32都道府県に対応

フレッツ・テレビは、現在全国32都道府県に対応しています。

東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、北海道の各一部地域
西日本エリア大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県の各一部地域

ただし、対応エリア内であっても、以下の条件のいずれかに当てはまる人は、フレッツ・テレビを契約できません。

  • 西日本エリアで集合住宅に住んでいる
  • 宮城県・山形県・岩手県の集合住宅に住んでいる
  • 東日本エリアの「光配線方式」以外の集合住宅に住んでいる

基本は集合住宅に住んでいる人が対象なので、しっかりと確認してから申し込みましょう。

フレッツ・テレビに必要な初期費用と月額料金

フレッツ・テレビには、導入するために必要な「初期費用」と毎月必要な「月額料金」の2つがあります。

フレッツ・テレビの初期費用は最低1万1,330円~

フレッツ・テレビの初期費用は、フレッツ光と同時に契約するか、テレビ接続の依頼をするかによって、1万1,330~4万8,840円かかってきます。

具体的な料金は以下の通りです。

 フレッツ光と同時フレッツ光と別
フレッツ光契約料880円0円
フレッツ光初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
テレビ視聴サービス登録料3,080円3,080円
伝送サービス工事費3,300円8,250円
テレビ接続工事1台:7,150円
4台以下:21,780円
頼まない:0円
1台:7,150円
4台以下:21,780円
頼まない:0円
合計23,760~48,840円11,330~33,110円

また、5台目以降のテレビ接続工事やテレビの映りが悪い時のブースター設置なども、別の追加工事として用意されています。

このあたりは、公式サイトの料金シミュレーターで料金を計算できるので、フレッツ・テレビを検討している人はチェックしましょう。

テレビ接続工事についてテレビ接続工事は、自分で行うことも可能です。
より細かい作業は、フレッツ・テレビの導入参考資料に記載されています。資料を読んで、自分でできそうな人はトライしてみるといいでしょう。
とは言え、自分で作業をすると、「配線はちゃんとしたはずなのにテレビがつかない…」となる可能性があるので、基本的には業者にお願いする方がおすすめです。

フレッツ・テレビの月額料金は825円

初期費用は少し複雑ですが、月額料金はかなりシンプルです。

フレッツ・テレビ伝送サービス利用料495円/月
テレビ視聴サービス利用料330円
合計825円

内訳を記載していますが、とりあえず825円月と覚えておけば間違いありません。

スカパー!を契約する場合は、この料金にプラスして追加の費用がかかります。(837〜4,567円/月)

フレッツ・テレビで見られるチャンネル

フレッツ・テレビ

フレッツ・テレビの基本利用料(825円)で見られるチャンネルは、地上デジタル/BS(無料枠)の2つだけになります

地上デジタル放送は、地域によって見られるチャンネルが異なるので、細かいエリアごとの対応番組は公式サイトで確認してください。

フレッツ・テレビにプラスして、スカパー!を契約する場合は、「好きなチャンネルだけを契約する」もしくは「プレミアムサービス光で契約する」 のどちらかを選択できます。

スカパー!で好きなチャンネルだけを契約する

好きなチャンネルだけを契約する場合、基本の月額料金にプラスして以下の料金が別途かかってきます。

スカパー!基本料429円
チャンネル料金408円~
合計837円~

契約するチャンネルの料金にもよります。5~6チャンネル契約するのであれば、次に紹介するプレミアム光サービスを利用した方がお得になります。

なので、せっかくスカパー!を利用するのであれば、プレミアムサービス光がおすすめです。

スカパー!でプレミアムサービス光を契約する

プレミアムサービス光で契約する場合、基本の月額料金にプラスして以下の料金が必要になります。

スカパー!プレミアムサービス光基本料429円/月
スカパー!光パックHD視聴料4,138円/月
合計4,567円/月

プレミアムサービス光では、計140のさまざまなジャンルのチャンネルが見られます

多ジャンルのチャンネルを見たい人におすすめです。

3.ひかりTVのサービス概要

ひかりTV

続いて、NTTぷららが運営している「ひかりTV」についてです。

ひかりTVは、80を超える専門チャンネルと12万を超えるビデオコンテンツが用意されており、コスパよく多くの番組を見たい人におすすめのサービスになります

ひかりTVは基本全国対応!地デジのみ20都道府県に対応

提供エリアに制限があったフレッツ・テレビに対して、ひかりTVは基本的にエリアの制限がありません。

ただし、地デジ放送は、以下の20都道府県にしか対応していません

東日本エリア北海道、宮城県、新潟県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
西日本エリア石川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県 

対応している都道府県内でも、地域によっては地デジが見られないこともあります。地デジが見たい人は申し込み時に確認しましょう。

ひかりTVに必要な初期費用と月額料金

高額な初期費用が必要であったフレッツ・テレビに対して、ひかりTVは初期費用が一切必要ありません。そのため、導入のハードルはかなり低いです。

一方で、月額料金はフレッツ・テレビの倍以上高くなっています

ひかりTV月額基本料金1,100~3,850円
対応チューナーレンタル料金550円
合計1,650~4,400円

月額基本料金は、ひかりTVで選べる4つのプランによって異なります。

プランによって閲覧できるコンテンツが変わってくるので、次の項目でくわしく見ていきましょう。

ひかりTVで見られるチャンネル

ひかりTVでは、4つのプランが用意されています。

  • お値うちプラン:3,850円
  • テレビざんまいプラン:2,750円
  • ビデオざんまいプラン:2,750円
  • 基本放送プラン:1,100円

どのプランでも地デジ/BS放送を見られますが、プランごとに追加で見られるチャンネルが異なります。

 ベーシックch※1基本放送※2ビデオ見放題※3
お値うちプラン
テレビおすすめプラン×
ビデオざんまいプラン××
基本放送プラン×××

※1 ベーシックchはドラマやアニメなどの専門チャンネル
※2 基本放送はテレビショッピングなどのチャンネル
※3 ビデオ見放題は、映画やドラマなどのコンテンツが見放題

ひかりTVでは、ビデオやテレビに特化しており、多くのニーズに対応できるプランがあります。くわしくは、公式サイトを確認して、自分に合ったものを見つけてください。

4.フレッツ・テレビとひかりTVどっちを選べばいい?

テレビの使い分け

ここまで、フレッツ・テレビとひかりTVのサービス概要を紹介しました。

それぞれの特徴を考えると、以下のように使い分けることをおすすめします。

  • 地デジやBSなど、最低限だけテレビを楽しみたい⇒フレッツ・テレビ
  • 専門チャンネルなどがっつりテレビを楽しみたい⇒ひかりTV(お値うちプラン)

基本的には、料金に対してのチャンネル数が多い「ひかりTV」がおすすめです。

とくに、ひかりTVのお値うちプランは、コンテンツの量に対してのコスパがかなりいいサービスになっているので、テレビをよく見る人は満足な契約ができるでしょう。

逆に、テレビをあまり見ない人は、フレッツ・テレビでも十分です

5.実は損している?フレッツ光の人は回線乗り換えもアリ

実は、自分のスマホと合わせて光回線を選ぶことで、毎月の料金がフレッツ光よりも550円以上安くなります。なぜなら、フレッツ光にはない「スマホ割」を受けられるから

スマホ割とは、自分の使っているスマホと合わせて光回線を選ぶことで、スマホ1台につき毎月550〜1,100円割引される制度です。たとえば、ドコモのスマホを使っている人は、ドコモ光を使えば割引が適用されます。

もちろん、フレッツ光と同じようなテレビサービスのオプションもあるので、テレビが見たい人も安心して契約できます

スマホの種類おすすめの光回線
au携帯・スマホauひかり
ドコモ携帯・スマホドコモ光
ソフトバンク携帯・スマホソフトバンク光

※クリックすると解説記事に飛びます

表にある各光回線をクリックすると、その光回線のテレビサービスをくわしく解説しています。フレッツ光から乗り換えてもいいなと思っている人は、参考にしてくださいね。

フレッツ光からの乗り換えはスムーズにできるフレッツ光からの乗り換えは「転用」と呼ばれ、スムーズに乗り換えることが可能です。auひかりやNURO光の独自配線を持った回線の場合はそうはなりませんが、ドコモ光やソフトバンク光はかなりスムーズに切り替えられます。

6.補足|フレッツ光とテレビのよくある疑問

最後にフレッツ光とテレビサービスによくある疑問をまとめてみました。

気になる内容がある人はチェックしてみてください。

Q1.フレッツ光はテレビのみの契約はできる?

テレビのみの契約はできません。

フレッツ光のテレビサービスはフレッツ光のネット回線を利用してサービスを提供しています。そのため、おおもとのフレッツ光を解約してしまうと、テレビサービスも解約になります。

Q2.フレッツ光のテレビサービスが見られない?

フレッツ光のテレビが頻繁に切断される人は、フレッツ光も同時に接続できなくなっているかを確認してみてください。

テレビと当時にネット回線が使えなくなる場合は、回線元に問題がある可能性が高いです。

一方で、ネットが正常に使える場合は、自分の環境が原因の可能性が高くなります。

その場合、コードの指し直しや機器の再起動で改善されることがよくあるため、まずは再起動などで対応して、どうしても厳しい場合はサポートに連絡してみるといいでしょう。

【フレッツ・テレビのサポート】
TEL:0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時(年末年始の休業)

【ひかりTVのサポート】
TEL:0120-001144
受付時間:午前10時~午後7時(年中無休)

まとめ

フレッツ光のテレビサービスを解説しました。

フレッツ光には「フレッツ・テレビ」と「ひかりTV」という2つのテレビサービスが用意されており、以下のように使い分けることをおすすめします。

  • 地デジやBSなど、最低限だけテレビを楽しみたい⇒フレッツ・テレビ
  • 専門チャンネルなどがっつりテレビを楽しみたいひかりTV(お値うちプラン)

フレッツ光についてさらに知りたい人は、「フレッツ光って何?契約すべきでない3つの理由を徹底解説【2021年版】」の記事を参考にしてくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト