ワイモバイルはテザリングが無料!利用方法やできない時の対処法を解説

ワイモバイルは、テザリングが無料で利用できます。

大手キャリアでは月額500円など、有料であることが多いので嬉しいですよね。

とはいえ、「そもそもテザリングってなに?」「どうやって使えばいいの?」などなど・・・。

テザリングという言葉を聞いたことがあるものの、どのようなものなのかよくわかっていない人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ワイモバイルのテザリング機能を使ってできることや、使い方をやさしく解説します

1.ワイモバイルのテザリング機能でできること

ワイモバイル テザリング

テザリングを使えば、スマホ自体が「WiFiルーター」となり、自宅でも外出先でもパソコンやタブレットをネットに接続できます

仮にワイモバイルのシンプルSプラン(2GB)を契約した場合、スマホ自体の通信量も込みで、月に2GBまでテザリングを使えるんです。

こんな便利な機能が無料で使えるのはうれしいですよね。申し込みも不要なので、とくに手続きもなく使いはじめられますよ。

2.【機種別】ワイモバイルでテザリングを利用する方法

テザリングの使い方ですが、まずは3つの接続方法があることを知っておいてください。

←スマホの人はスクロールできます→

接続方法WiFiテザリングBluetoothテザリングUSBテザリング
概要スマホと機器を
WiFiで接続する方法
スマホと機器を
Bluetoothで接続する方法
スマホと機器を
USBで接続する方法
メリット・速度が速い(15〜25Mbpsほど)
・複数の端末を接続できる
・充電が減りにくい・充電が減りにくい
・速度が速い(20Mbps〜25Mbpsほど)
・セキュリティが強い
デメリット・充電が減りやすい・速度が遅い(10Mbpsほど)
・複数の端末を接続できない
・1台だけしか接続できない
・USBケーブルが必要

状況によって3つの接続方法を使い分けられるとベストですが、手間がかかります。なので、基本的にはWiFiテザリングの方法だけ知っておけばOKです

充電の減りが気になる人のみ、Bluetoothテザリング・USBテザリングの方法もチェックしてください。

それでは、iPhoneでテザリングする場合と、Androidでテザリングする場合に分けて、利用方法を見ていきましょう。

※Androidでテザリングしたい場合は、こちらをタップしてください。

iPhoneでテザリングする場合

まずは、iPhoneでテザリングする手順をお教えします。

WiFiテザリングの方法

WiFiテザリング

  1. iPhone側で「設定」アプリを開く
  2. 「インターネット共有」をクリック
  3. 「ほかの人の接続を許可」の右のボタンをオンにする
  4. パスワードを設定する
  5. 接続したい機器側でWiFiネットワークからiPhoneを選ぶ

利用時はパスワードを設定しよう

テザリングをする際は、なるべくパスワードを設定しましょう。

もしパスワードを設定せずに使っていると、勝手に他人に接続され、以下のようなトラブルが起こるかもしれません。

・エリア外での利用時にデータ容量を消費される
・スマホや接続機器などの情報が流出し、悪用される

Bluetoothテザリングの方法

Bluetoothテザリング

  1. iPhone側で「設定」アプリを開く
  2. 「インターネット共有」をクリック
  3. 「ほかの人の接続を許可」の右のボタンをオンにする
  4. 設定画面に戻り「Bluetooth」をオンにする
  5. 接続したい機器側でBluetoothをオンにし、iPhoneを選ぶ

USBテザリングの方法

USBテザリング

  1. 接続したい機器側で「iTunes」をインストールする
  2. iPhoneと機器をUSBケーブルで接続する
  3. iPhoneで「設定」アプリを開く
  4. 「インターネット共有」をクリック
  5. 「ほかの人の接続を許可」の右ボタンをオンにする
  6. 「このコンピュータを信頼しますか?」との表示で「信頼する」をクリック

Androidでテザリングする場合

次に、Androidでテザリングを利用する方法です。ただ、Androidはさまざまな機種があり、機種ごとに利用方法が異なります。

ここでは、「AQUOS sense3 lite」を例に解説するので、あくまでも流れを参考にしてください。

WiFiテザリングの方法

WiFiテザリング2

  1. Android側で「設定」アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリック
  3. 「テザリング」をクリック
  4. 「WiFiテザリング」をクリック
  5. ボタンをクリックしてオンにする
  6. 接続したい機器側でWiFiネットワークからAndroid端末を選ぶ

Bluetoothテザリングの方法

Bluetoothテザリング2

  1. Android側で「設定」アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリック
  3. 「テザリング」をクリック
  4. 「Bluetoothテザリング」をクリックしてオンにする
  5. 接続したい機器側でBluetoothをオンにし、Androidを選ぶ

USBテザリングの方法

USBテザリング2

  1. 接続したい機器とAndroidをUSBケーブルで接続する
  2. Android側で「設定」アプリを開く
  3. 「ネットワークとインターネット」をクリック
  4. 「テザリング」をクリック
  5. 「USBテザリング」をクリックしてオンにする

3.ワイモバイルでテザリングを利用する際の注意点2つ

かなり便利なテザリングですが、利用する際は以下2つの注意点を知っておいてください。

  • スマホ単体で使う場合よりも速度が遅い
  • テザリングに対応していない機種がある

それぞれ解説します。

注意点1.スマホ単体で使う場合よりも速度が遅い

テザリング 速度が遅い

※数字が大きいほど速度が速い

上の画像は、私が大阪の都心部でワイモバイルの速度を測ったものです。スマホ単体で使った時の速度は35.5Mbpsでしたが、テザリング時の速度は24.9Mbpsに落ちてしまいました。

混雑するお昼ごろだったとはいえ、ワイモバイルにしては少し物足りなく感じます。

ワイモバイルのテザリング利用時の速度は、15〜25Mbpsほどだと考えておいてください。

注意点2.テザリングに対応していない機種がある

ワイモバイル テザリング 対応機種

ワイモバイルでは、テザリングが利用できる機種とできない機種があります。

ワイモバイル公式サイトで販売されている機種はもちろん、iPhoneも5s以降の機種であれば問題なく利用できますが、それ以外の機種でテザリングをしたい人は、以下の手順で対応状況をチェックしてください

  1. ワイモバイル動作確認端末の一覧ページにアクセス
  2. 利用したい機種のテザリング項目をチェック

4.ワイモバイルでテザリングができない時の対処法5つ

「ワイモバイルでテザリングを利用したいけれど、うまくネットにつながらない・・・」などのトラブルには、以下5つの対処法があります。

  1. モバイルデータ通信がつながっているかを確認する
  2. スマホ・接続機器の両方でWiFi・Bluetoothを接続しなおす
  3. スマホ・接続機器の両方を再起動する
  4. 接続している機器を減らす
  5. テザリングに対応したプランかを見なおす

それぞれ解説していきます。

その1.モバイルデータ通信がつながっているかを確認する

ワイモバイル テザリング できない

そもそも、スマホのデータ通信が圏外だと、テザリングが使えません。

画面右上の電波マークがきちんと付いているかどうかを確認してみてください。

圏外の場合は、ワイモバイルがつながるエリアに移動しましょう。

その2.スマホ・接続機器の両方でWiFi・Bluetoothを接続しなおす

接続したタイミングが悪いなどの原因で、ワイモバイル端末と機器(パソコンやタブレットなど)がうまく接続できていないかもしれません。

スマホと機器の両方でWiFiやBluetoothを一度オフにし、接続しなおしてみてください。

その3.スマホ・機器の両方を再起動する

WiFiやBluetoothを接続しなおしてもうまくいかない場合は、スマホと機器の両方を再起動してみましょう。

何かしらのトラブルが起こった時には、再起動で解決することが多いです。

その4.接続している機器を減らす

テザリング 接続台数

接続している機器が多ければ多いほど、速度が遅くなったり、接続が切れてしまうリスクも大きくなります。

使っていない機器の接続を切ってみてください。

その5.テザリングに対応したプランかを見なおす

「4G-Sプラン」のみ、テザリングを使いたい場合は申し込みが必要です。

その他の以下のプランの場合は、申し込み不要で使えます

  • 「シンプルS/M/L」
  • 「スマホプラン」
  • 「スマホベーシックプラン」
  • 「データプラン」
  • 「データベーシックプラン」
  • 「シェアプラン」
  • 「ケータイプランSS」
  • 「ケータイベーシックプランSS」

まとめ

最後に、この記事のポイントをまとめます。

ワイモバイルでテザリングを利用する方法
ワイモバイルでテザリングを利用する際の注意点
・スマホ単体で使う場合よりも速度が遅い
・テザリングに対応していない機種がある
ワイモバイルでテザリングができない時の対処法
・モバイルデータ通信がつながっているかを確認する
・スマホ・接続機器の両方でWiFi・Bluetoothを接続しなおす
・スマホ・機器の両方を再起動する
・接続している機器を減らす
・テザリングに対応したプランかを見なおす

無料・申し込み不要でテザリングが利用できるワイモバイル。

月額料金が1ヶ月無料のキャンペーンが行われている今のうちに申し込むのがおすすめです!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト