現役販売員が教える!一番おトクにWiMAXを乗り換える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXの乗り換えを検討されてますね。

結論から言うと、最低契約期間(2年または3年)以上WiMAXを使用している人は、絶対に他の機種に乗り換えるべきです!

なぜなら、乗り換えによって高額キャッシュバックがもらえ、さらに最新の端末を使えるようになるからです。

ただし、乗り換えるタイミングを間違えてしまうと、無駄に料金が発生してしまうことがあります。

ここでは、長らく家電量販店で販売員をしていた私が、お得にWiMAXを乗り換える方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。(2018年11月現在)

1.WiMAXは最低利用期間で乗り換えるべき3つの理由

WiMAXは、2年または3年の更新月(解約金がかからない月)がきたら乗り換えるべきです!

なぜなら、WiMAXを使い続けるメリットがなく、逆に乗り換えた方がおトクになるからです。

具体的には、以下の3つの理由で、WiMAXを乗り換える方がおトクになります。

理由1.キャッシュバックがもらえる
理由2.月額料金が安くなる
理由3.最新端末が使える

順番に見ていきましょう。

理由1.キャッシュバックがもらえる

WiMAXのプロバイダを乗り換えることで、新規契約のキャンペーンを受けることができます。

現在、1番高額なキャッシュバックキャンペーンをしているのは、GMOとくとくBBです。新規申し込みをすると最大42,000円のキャッシュバックがもらえます。

理由2.月額料金が安くなる

契約しているプロバイダによっては、2年目以降(25ヶ月)の月額料金が高くなることがあります。

それならば、乗り換えてまた月額料金の割引を受けはじめる方が良いでしょう。

理由3.最新端末が使える

WiMAXは、毎年新しい端末が発売されています。

2年前に発売された端末(W02)と最新の端末(W05)を比較しても、通信速度・通信時間が格段に進化しているので、より快適に使えます。

更新月をすぎた人も乗り換えた方がおトク

「いま解約すると、解約金がかかるから乗り換えない方が良いかな…」と考えている人も、2年経過しているならば、乗り換えた方がおトクです。

なぜなら、更新月以外でも、利用開始から2年を過ぎていれば解約金は9,500円。乗り換えると解約金以上の高額キャッシュバックがもらえるのでトータルでお得になります

2.乗り換えならGMOとくとくBBがおすすめ!

WiMAXを乗り換えるなら、キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンが充実しているプロバイダをえらびましょう。

WiMAXプロバイダの3年間にかかるトータル費用(初期費用・月額料金・キャンペーン金額などをすべて含めた費用)をランキング表にまとめました。

※2018年からほとんどのプロバイダの契約期間は2年から3年に。

もっともお得なキャンペーンを実施しているのは、GMOとくとくBBです

GMOとくとくBBは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダ。

安いだけではなく、カスタマーサービスもしっかりしていることも特徴です。

実際に、「常にキャッシュバック業界最高額」「端末を最短で即日発送」「20日以内なら解約金0円」というサービスを行っている数少ないプロバイダなので、サポート体制が充実している会社であると言えるでしょう。

過去にGMOとくとくBBのキャッシュバックをもらってる人はこちら

過去にGMOとくとくBBのキャシュバックキャンペーンを利用したことがある人は、もう一度キャッシュバックキャンペーンを選ぶことはできません。

その場合、同じGMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンで申し込むことをおすすめします。このキャンペーンなら、過去にキャッシュバックキャンペーンを利用していても申し込みができます。

月額割引キャンペーンを行っているプロバイダとしては、他にBroad WiMAXがあります。

しかし、それぞれの1ヵ月当たりの費用を計算してみると、GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンの方が安いです。

3.スムーズにWiMAXを乗り換える方法

WiMAXをスムーズに乗り換えるために、現在契約しているプロバイダの解約から新しいプロバイダの申し込みまで順番に見ていきましょう。

手順1.更新月を確認し、解約する

ほとんどのプロバイダは、端末発送月の37ヵ月目を更新月としていて、その月以外に解約すると以下の解約金が発生します。

1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月:0円

例外:「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るプランを申し込んだ場合、1〜24ヶ月目までに解約すると24,800円かかります。また「BIGLOBE」では、2年以内に解約した場合、キャンペーン違約金という解約金とは別の料金が15,000円かかります。詳しくは各プロバイダに問い合わせましょう。

更新月は、以下3つの方法で確認できます。

  1. 契約時に送られてくるメール
  2. 会員ページにアクセス
  3. プロバイダへの問い合わせ

更新月を忘れないための対策

更新月を確認したら、忘れないように手帳などにメモしておきましょう。Googleカレンダーならアラート通知を設定できるので、忘れにくいです。

これから更新月を迎える場合には、忘れずに解約の手続きを行ってください。詳しくは、WiMAXの解約方法まとめ|解約金がかからない3つの方法

手順2.申し込む

解約手続きができたら、新たにGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

過去に、GMOとくとくBBでキャッシュバックを申し込んでいる場合は、月額割引キャンペーンから申し込みましょう。

申し込みの際には以下の4つの項目を選択します。

  1. 端末を選ぶ
  2. 契約期間を選ぶ
  3. クレードルの有無
  4. プランを選ぶ

1. 端末を選ぶ

端末は最新のW05をおすすめします。

W05は、通信速度が最速・バッテリーの持ち時間がもっとも長いです。間違いなく今もっともおすすめできる端末です。

WX05はどうなの?

2018年11月に最新端末WX05が発売されました。私も使ってみましたが、コンパクトでポケットにすっぽり入る大きさでした。ただし、W05のほうがトータルの性能は良いので、サイズにこだわりがなければW05をおすすめします。

2.クレードルの有無

クレードルと呼ばれる台型の充電器の有無ですが、基本的には必要ないです。

クレードルが無くても充電自体は可能で、またクレードルを有りにしてしまうとキャッシュバックの金額も下がってしまうのでおすすめしません。

3.プランを選ぶ

最後にプランを選択します。

プランはギガ放題というプランと通常プランの二つです。

通常プランは、データ量が月間7GBを超えると128kbpsとネットサーフィンなどの普段使いにもストレスのかかる速度制限がかかります。

ギガ放題プランは、データ量の月間制限がないためたっぷり動画などを観ることができます。

手順3. キャッシュバックの予定と更新月をスケジュール帳に書き込む

申し込みが完了したら、すぐにキャッシュバックの予定と契約更新月をスケジュール帳に入れましょう。

GMOとくとくBBでは、11か月目にキャッシュバックの案内メールが届きます。このメールに自分の口座情報を記入して返信することで、キャッシュバックを受け取ることができます。

また、37ヶ月目の更新月も記入しておきましょう。今回の乗り換えと同様に、3年ごとの更新月でまた新しく乗り換えることで、お得にWiMAXを利用することができます。

まとめ

WiMAXを最低利用期間以上使用したら乗り換えることをおすすめします。

1番おトクなWiMAXの乗り換えは、解約金の発生しない更新月にGMOとくとくBBへ乗り換えることです。

これからもWiMAXの最新端末で快適なネットライフを送ってくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。