ドコモ光の工事費無料キャンペーン・工事内容をやさしく解説!2018版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドコモ光の工事費用や内容について気になっていますね。

ドコモ光は、ドコモユーザーやdポイントを貯めている人にお得な光回線です。 

しかし、いざ使うとなると「工事費っていくらするの?」「簡単にすぐ終わるのかなぁ?」など不安もあると思います。

そこで今回は、ドコモ光の工事料金や内容、お得な契約方法をわかりやすくまとめました。ぜひ参考にしてください。

目次

1.ドコモ光の工事費について
2.ドコモ光の工事内容について
3.工事する前に知っておきたい3つの注意点
4.ドコモ光は、よりお得なプロバイダから申し込もう
5.申し込み手順と開通までの流れ

1.ドコモ光の工事費について

もっとも気になるのは、「工事費がいくらかかるのか」ですよね。まずは、ドコモ光の工事費について見ていきましょう。

現在、ドコモ光はキャンペーンで工事費無料!

現在、ドコモ光は「工事費無料キャンペーン」を行っています。(2018年6月29日から9月30日まで)

通常なら最大18,000円かかる工事費が、なんと無料になるキャンペーンです!これは、新規申し込みの人も、乗り換えの人も誰でも受けることができます。

期間が限られているので、この機会の申し込みがおすすめです!

「ドコモ光の工事費無料キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/
他の申し込み窓口では、キャンペーンが受けられない場合があります。必ず上記の公式ページから申し込みをしましょう。

ドコモ光の工事費

ただし、キャンペーンが終わってしまうと、以下の通常の工事費がかかります

状況 工事内容 料金(税抜)
1.光回線を初めて契約する  派遣工事【戸建】  18,000円
 派遣工事【マンション】  15,000円
2.申し込み時に工事不要と言われた  無派遣工事  2,000円
3.フレッツ光から乗り換え(転用)  工事なし  0円

ドコモ光の工事費は、3つの状況によって変わってきますが、最大18,000円ほどかかってしまいます。

光回線をこれから初めて契約する人は、とくに工事費がかかってしまうので、無料キャンペーン期間中に工事を済ませておくのが良いでしょう。

※支払い方法は、一括もしくは分割払い(12回~60回)から選べます。分割の場合、解約時に残っていれば一括請求されます。

2.ドコモ光の工事内容について

費用のほかにも、工事はどのようなことをするのかなと気になりますよね。

工事内容も人によって違いがあります。

1.光回線を初めて契約する場合
2.申し込み時に工事不要と言われた場合
3.フレッツ光から乗り換える場合

それぞれのパターンを見ていきましょう。

パターン1.光回線を初めて契約する場合

光回線を、自宅に初めて導入する場合、屋外・宅内の両方で1~2時間ほどかかります。

その間、立会いが必要なので、当日は時間を空けておくようにしましょう。

「壁に穴が開くのでは」と不安な人もいるかもしれません。でも大丈夫です。壁に穴を開けることは99%ありません。万が一、穴を開ける場合も、事前に確認してもらえます。

※マンションの場合、共用部分までは既に光ファイバーが引かれていることが多いので、基本的に作業が少なく、料金も安く済みます。

パターン2.申し込み時に工事不要と言われた場合

ドコモから申し込みの際に、「工事不要」と言われた場合は、業者さんが自宅に来ない無派遣工事になります。

引用元:フレッツ光 開通工事レポート  | NTT東日本 

以前にOCN光・ソフトバンク光など「光コラボ」のインターネットを使っていて、上の画像のような光コンセント(LAN差込口)が家にあれば、無派遣工事になる可能性があります。

無派遣工事は自分で機器の取り付けをする

無派遣工事では、自分で機器の取り付けをする必要があります。

取り付けといっても、自宅に届いた機器を光コンセントにつなぐだけです。手順書が同封されているので、10分もかかりません。

もし、その際に分からないことがあっても、ドコモの「ネットトータルサポート」を利用すれば安心です。

※ネットトータルサポートでは光回線のつなぎ方などを、オペレーターさんが電話でサポートしてくれます。通常は月額500円かかりますが、ドコモ光の契約から31日間は無料で利用できます。

パターン3.フレッツ光から乗り換える場合

フレッツ光から乗り換える場合は、工事をする必要がありません。

ドコモ光への乗り換えは自動的に行われるので、手間なくドコモ光を使い始められます。

3.工事する前に知っておきたい3つの注意点

ここからは、ドコモ光で回線工事をする際の注意点を3つお伝えします。

1.土日祝は追加料金がかかる
2.特殊工事が発生する可能性もある
3.引っ越しシーズンはできるだけ早く申し込みを

安心してドコモ光を始めるためにも、順番にみていきましょう。

注意1.土日祝は追加料金がかかる

土日や祝日の工事には、追加料金3,000円(税抜)がかかります。工事費がかからないと言われた工事でも、土日工事の追加料金は負担する必要があります

安く済ませたい人は、できるだけ平日の工事日を指定しましょう。

注意2.特殊工事が発生する可能性もある

また、次のような特殊工事がまれに発生する可能性もあります。

・光ケーブルを引き込む場所がなく、壁に穴をあける
・家から電柱が遠いため、電柱の増設が必要

実際に、どのような工事をするのか、現場を見ないとわからないこともあるので、当日になって工事の内容が変わったり、延期になることもあります。

注意3.引っ越しシーズンはできるだけ早く申し込みを

ドコモ光に限らず光回線の工事は、3~4月の引っ越しシーズンにとても混みあいます。申し込みから工事の完了まで最低1ヶ月、長ければ3ヶ月ほどかかるケースも…。

ドコモ光の利用が決まったら、出来るだけ早めに申し込むようにしましょう。

4.ドコモ光は、よりお得なプロバイダから申し込もう

ドコモ光を申し込むなら、どのプロバイダがお得かをお伝えします。

ドコモ光はOCN、So-netなど様々なプロバイダがあります。選ぶプロバイダによって、月額料金やサービス、速度の安定感が違います

結論からいうと、一番おすすめなのは「GMOとくとくBB」から申し込むことです。

GMOとくとくBBがおすすめする3つの理由

「GMOとくとくBB」がおすすめな理由は、次の3つです。

・月額料金が安い
・通信速度が速い
・Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

上から順番に解説していきます。

理由1.月額料金が安い

一つ目の理由として、GMOとくとくBBは月額料金が安いです。

ドコモ光では契約プランが2タイプあり、それぞれ月額料金が違います。

契約プラン タイプA タイプB
月額料金 5,200円 5,400円
プロバイダ ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、アンドライン、ビービ―エキサイト、タイガースドットコム、ウーパ、ビッグローブ、ディーティーアイ、エディオンネット、シナプス、ティキティキインターネット、楽天ブロードバンド、ネスク、01光コアラ、アイシーネット、ハイホー OCN、@TCOM、@nifty、ティーエヌシー、アサヒネット、ワクワク、ちゃんぷるネット

GMOとくとくBBは、もっとも安いAタイプの月額5,200円。Bタイプのプロバイダと比べると、月々200円安く使えます。

とくにプロバイダにこだわりがなければ、月額の安いAタイプから選びましょう。

理由2.通信速度が速い

GMOとくとくBBには「v6プラス」という、ネットに速くつながる新技術が使われています。なので、他のプロバイダよりも速い通信速度が期待できます。

また、GMOとくとくBBは実際のユーザーの通信速度も公開しています。プロバイダの中でも、通信速度を公開しているのはGMOとくとくBBだけです。

つまり、それだけ速度に自信があるということ。ネットを快適に使うなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

理由3.Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

さらに、GMOとくとくBBで申し込むと、家電量販店で買うと10,000円はする高性能なWi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

WiFiルーターは自分で買うとなると、種類がたくさんあって「どれを買えば良いんだろう」と迷ってしまいますよね。

もしもv6プラスに対応していない機器を買ってしまうと、ネットの通信速度が遅くなってしまうことも…。

GMOとくとくBBなら、1番おすすめするWiFiルーターをレンタルしてくれるので安心です!

5.申し込み手順と開通までの流れ

ここからは、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込む流れをお伝えします。

この手順で申し込めば、安心してお得にドコモ光を使いはじめることができます。

手順1.申し込み

お申し込みはこちらをクリック。

上記のページが開いたら、ページ中央にある黄色い「お申込み」ボタンを押します。

手順2.アンケートに回答

申し込みの前にかんたんなアンケートが表示されます。それぞれの質問に答え、「申し込む」をクリック。

手順3.名前や連絡先を記入

案内にしたがって、名前や電話番号、住所などを入力します。「NTTドコモの契約電話番号」とは、ドコモ携帯またはスマホの電話番号のことです。

ここで、GMOとくとくBBのプロバイダから連絡を希望する日時を指定します。土日も含め、10~19時の間で1時間単位で指定できます。

手順4.電話で内容の確認

GMOとくとくBBからの電話が当日~1週間以内にあるので、申し込み内容の確認をします。

この確認の電話をもって、申し込みは完了となります。

手順5.サービスセンターに電話をして工事日を決める

申し込みが完了したら、自分で「ドコモ光サービスセンター」に電話をし、工事日の調整をする必要があります。

ドコモ光サービスセンター(9時~21時:365日受付)
・0120-766-156
・ドコモ携帯からは15715

すると、工事日までに「開通のご案内」が書面で送られてきます。

もし工事のキャンセルや変更をしたい場合は、工事前々日の21時までにサービスセンターに電話しましょう。

手順6.回線工事をする

工事が終わったら、インターネット開通です!

まとめ

ドコモ光の工事費用や内容、注意点についてまとめました。工事は無料キャンペーンが受けられる期間にしてしまいましょう。

またプロバイダ選びは、月額料金も安くて、通信速度が速く、Wi-Fiルーターが無料で使える「GMOとくとくBB」にしておけばまちがいありません。

面倒な工事はささっと済ませて、お得に快適にインターネットを楽しんでくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。