コミュファ光でIPv6対応のプロバイダはドコ?速さの仕組みも徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コミュファ光 IPv6

「ネットを快適に使うならIPv6がいい」

よく聞く言葉ですが、そもそもコミュファ光はIPv6に対応しているのか、また手間なく使えるのか気になりますよね。

結論をいうと、コミュファ光はIPv6に対応していますしかし、プロバイダによっては未対応の場合があるので注意が必要です・・・

この記事では、コミュファ光のIPv6接続の仕組みや、IPv6対応のおすすめプロバイダをわかりやすく紹介していきます

1.そもそもIPv6とは

まず始めに、「IPv6」にするとどうして速くなるのかをサクッと解説します。すでに知っている人は、こちらから読み進めてください!

  • IPv6とは、IPアドレスの規格のこと
  • 「IPv6だと速い」のはフレッツ光や光コラボの話
  • コミュファ光はデュアルスタック方式でどんなサイトにも対応

IPv6とは、IPアドレスの規格のこと

そもそもIPv6とは、IPアドレスの新しい規格のこと。インターネット・プロトコル・バージョン6の略です。

IPv4とIPv6の違い

IPアドレスとは、ネットにつなぐときの住所のようなもので、「12.34.56.78」などのように数字で表されます。そしてIPアドレスの規格には、新しいIPv6と、旧来のIPv4があります。

上記のようにIPv6のほうがアドレスが長く、よりたくさんの人が余裕をもって使うことができます。パスワードと同じで、長くてややこしい分、セキュリティ面でもIPv6は強いです。

ですが、IPv4とIPv6はあくまで規格の違い。それだけで、速度が変わるわけではありません

「IPv6だと速い」のはフレッツ光や光コラボだけ。コミュファ光の接続方式は元から速い!

じつは、「IPv6だと速い」と言われているのは、フレッツ光や光コラボなど、NTTの設備を使った光回線の話。

その場合はIPv6にすると、IPoE方式という速い通信方式が使えるので、速度が落ちにくいのです。

コミュファ光 IPv6

ですがコミュファ光の場合、そもそもフレッツ光の設備を使っていないので、遅くなりやすい「PPPoE方式」速い「IPoE方式」などの接続方式は関係ありません

コミュファ光は独自の接続方式を使っているので、IPv4でもIPv6でも速度はほとんど一緒です。

コミュファ光の速度はIPv4でもIPv6でもほとんど同じ!

実際に、コミュファ光を使っている人の速度を見てみましょう。

上記のように、IPv4でもIPv6どちらでも800Mbps以上の速度が出ているのでかなり速いことがわかります。

つまり、コミュファ光はIPv6だから速いのではなく、そもそもNTTとは違う、独自の回線を使っているから速いのです。

コミュファ光は、デュアルスタック方式でどんなサイトにも対応している!

ちなみにコミュファ光は、デュアルスタック方式」といってIPv4とIPv6のどちらでも通信可能な技術を採用しています

コミュファ光 デュアルスタック

たとえばYouTubeなどIPv6に対応したサイトをみる時にはIPv6で通信をして、IPv4にしか対応していないサイトやゲーム機を使うときはIPv4に、自動で切り替えてくれます。

なので、IPv6にすることで一部のサイトやゲームが見られなくなる心配はありません

よく聞く「v6プラス」との違いは?

ちなみに、IPv6の話をすると出てくる「v6プラス」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社が提供している高速通信サービスの名称。フレッツ光やドコモ光などの光コラボで使え、IPv4とIPv6を自動で切り替えてくれます。

コミュファ光はNTTの通信設備を使っていないためv6プラスは使えませんが、ほぼ同様の高速通信ができるので安心してください

2.コミュファ光でIPv6を利用するには・・・

コミュファ光のプロバイダとIPv6対応状況をまとめました。

契約形態利用プロバイダIPv6対応状況
プロバイダ一体型コミュファ標準対応
プロバイダ選択型So-net標準対応
@nifty未対応
BIGLOBE未対応
au one net未対応
ODN未対応
TNC未対応
MediaCat未対応
IIJ未対応
エディオン未対応
hi-ho未対応

そもそもコミュファ光には、回線+プロバイダがセットになった「プロバイダ一体型」と、プロバイダ10社から自分で選んで契約することができる「プロバイダ選択型」があります。

その中でIPv6に対応しているのは、「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」のSo-netだけで、他のプロバイダはIPv6に対応していません。

なので、「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」のSo-net以外のプロバイダを選ぶことは、基本的にはメリットがないのでおすすめしません。

IPv6対応のホームゲートウェイか確認しよう

外観型番IPv6対応
AtermWH842X(CT)AtermWH842X(CT)対応
AtermWH862A/O(CT)AtermWH862A/O(CT)対応
AtermWH832A(CT)AtermWH832A(CT)対応
AtermWH822N(CT)AtermWH822N(CT)対応
AtermWH802S(CT)AtermWH802S(CT)未対応 

コミュファ光が提供しているホームゲートウェイには、IPv6に未対応のものがあります。型番を確認して、「AtermWH802S(CT)」だった場合は、IPv6には対応していません。無料で交換してもらえるので、サポートセンターに問い合わせをして交換してもらいましょう

「AtermWH802S(CT)」以外のホームゲートウェイは、何も設定する必要はなく標準でIPv6に対応しています。

IPv6で接続できているか確認しよう

次に自分が今IPv6で接続できているのか確認してみましょう。コミュファ光の公式サイトで簡単に確認できます。

コミュファ光 IPv6

コミュファ光の公式サイトを開くと上の方に「IPv6対応 via IPv6」か「IPv6対応 via IPv4」という文字が出てきます。「IPv6対応 via IPv6」が出てきた場合は、IPv6ネットワーク経由でつながっています。「IPv6対応 via IPv4」が出てきた場合は、IPv4ネットワーク経由でつながっています。

IPv6にならなかった場合の設定方法は?

IPv4接続だとわかった場合、IPv6接続に変更するには、ホームゲートウェイの設定しなおす必要があります。

その手順を簡単に説明すると、

  1. Webブラウザを起動し、アドレスバーに「http://web.setup」と入力して、クイック設定Webを開く
  2. ユーザー名に「admin」、パスワードに「管理者パスワード」を入力し [OK] をクリック
  3. [基本設定]→[接続先設定]で、「IPv6機能」の[使用する] にチェックを入れ、[設定]をクリック

この手順で、IPv6接続に変更されます。くわしくは、公式ホームページをご確認ください。

※IPv6未対応のプロバイダを利用している場合は、この手順で設定してもIPv6機能を使うことはできません。

3.もっともお得な申し込み窓口はこれだ!

ここまで、コミュファ光のIPv6について説明してきました。ここからは、まさに今コミュファ光の契約を考えている人に向けて、もっともお得な申し込み窓口を紹介します

コミュファ光を申し込める6つ窓口を比較した以下の表をみてください。

申し込み窓口特典・キャッシュバック額
公式サイト現金10,000円(他社違約金があれば35,000円)
株式会社ネクスト現金30,000円(他社違約金があれば50,000円)
価格ドットコム現金23,000円
ヤマダ電機現金18,000円 
ビックカメラ現金5,000円+商品券10,000円 
エディオンエディオンポイント20,000円

もっともお得なのは株式会社ネクストという代理店からの申し込みです。他の窓口よりも1万円以上お得ですし、「プロバイダ一体型」(プロバイダはコミュファ)の代理店なのでIPv6も標準対応しています。

コミュファ光はどこから申し込んでも月額料金に差はないので、キャッシュバックが多くもらえる窓口を選びましょう。

 

コミュファ光の評判や申し込み手順など、さらにくわしく確認したい人は、以下の記事もぜひ参考にしてください!
徹底検証!コミュファ光の良い口コミ・悪い評判からわかったこと

まとめ

コミュファ光でIPv6に対応しているのは、「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」のSo-netだけで、他のプロバイダ8社はIPv6未対応です

どうせ選べるのなら、最新規格であるIPv6対応の「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」のSo-netを選ぶようにしましょう。

コミュファ光に申し込むときは、株式会社ネクストという代理店からの申し込むと、もっともお得に契約することができます!かしこく選んで、お得なネットライフを過ごしてくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト