ヨドバシカメラWiMAXキャンペーンの3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
IMG_0837

ヨドバシカメラでWiMAXを契約しようかなと考え中ですか?

ヨドバシカメラに行くと、WiMAXの「5万円分還元」キャンペーンの広告が目に飛び込んできますよね。5万円もあれば、ずっと欲しかったパソコンやiPad、PS4などが買えそうです。

でも、ちょっと待ってください!

実はヨドバシカメラでWiMAXを契約しても、5万円安くなりません!一体どうしてかというと、ヨドバシカメラのキャンペーンには以下3つの落とし穴があるからなんです。

  • 約4万円の余分な支払いが発生
  • 2年以内に解約すると高額な解約金がかかる
  • 商品券をすぐにもらえない

今回は、ヨドバシカメラでWiMAXを契約する時の注意点についてくわしく解説します。

さらに、他のプロバイダと比較し、ヨドバシカメラより安く契約できる方法も紹介するので、契約前の参考にしてくださいね。

1.ヨドバシカメラのWiMAXとは

2016-06-14 20.06.28

ヨドバシカメラは、家電・カメラ・パソコンなどを扱う全国規模の家電量販店です。インターネットでも商品を購入でき、「全国送料無料」や「最短即日配達」とかなり力を入れています。

そんなヨドバシカメラでは、「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+(以下:ヨドバシWiMAX)」という通信サービスを契約できます。これは、WiMAXと全国のカフェや駅でインターネットが使える公衆無線LAN「ワイヤレスゲートWi-Fi」のサービスがセットになったものです。

最近はWiMAX契約にかなり力を入れているようで、専用カウンターには多くの派遣スタッフが常駐し、頻繁にお客にお声をかけていました。

そもそもWiMAXは、家でも外出先でも利用できる通信サービスで、ヨドバシカメラを含めて20社以上の会社(プロバイダと呼ばれる)がサービスを提供しています。

通信回線はすべてUQコミュニケーション株式会社が管理しているので、以下の点については、どのプロバイダを選んでも変わりません。

  • 料金プラン:月7GB使えるプランと、容量制限のないプラン
  • 通信速度:下り最大220〜440Mbps
  • 速度制限のルール:WiMAX2通信で3日3GB以上利用すると翌日にかけて6〜10Mbps
    (youtubeの標準画質が視聴できる通信速度)に制限される
  • 契約期間:2年間
  • 通信エリア:全国(都市部に強く、山岳地域に弱い)

では、どこでWiMAXを契約するかによって、何が違うのでしょうか。それは、「サービス内容」と「実際に支払う料金」です。

ヨドバシWiMAXで契約すると、分からないことはスタッフに聞け、契約直後からWiMAXが使える公衆無線LANが無料で使えるというメリットがあります。

でも、「5万円分還元」というキャンペーンには気をつけてください。お店に行くと、いたるところで大きく宣伝しているので、あなたも気になっているのではないでしょうか?

2.5万円キャンペーンに隠された3つの注意点

IMG_0828

ヨドバシWiMAXの「5万円分還元」キャンペーンは、ヨドバシカメラで使える5万円分の商品券(クーポン)をもらえるというものです。ヨドバシカメラの品揃えは豊富で、5万円分もあればずっと欲しかったものを買いたくなりますよね。

でも、実際には以下3つの落とし穴が隠されています。

2-1.約4万円の余分な支払いが発生

5万円分の商品券をもらうには、WiMAXの契約時に「まとめてプランL8」に加入しなければなりません。このプランは月額1,670円必要で、しかも契約期間は24カ月も続きます。

【WiMAX2+まとめてプランとは】
WiMAXのご契約時、パソコンなど接続機器購入について分割契約をすることで、通常よりもお求めやすい費用で商品がご購入いただけるオプションサービスです。

つまり、WiMAXの月額料金とは別に、24カ月間で総額40,080円支払う必要があるんです。5万円分の商品券をもらうために40,080円支払うということは・・・実質9,920円しか得にならないことになります。

5万円分もらえると思っていたのに、なんだか騙された気分になりませんか?

2-2.2年以内に解約すると高額な解約金がかかる

また、ヨドバシWiMAXを2年以内に解約すると、下記2つの契約解除料が必要になるので、他プロバイダよりも高額になります。

WiMAX契約解除料

これは、どのプロバイダでWiMAXを契約しても必要です。

1〜12カ月目:20,520円
13カ月目〜24カ月目:15,120円
25カ月目(更新月):0円
26カ月目以降:10,260円
※全て税込

まとめてプランL8の解除料

加えて、ヨドバシWiMAXだけに発生する解除料です。

まとめてプランの契約期間終了前にWiMAX2+のプランを解約した場合、
ご解約月の料金やWiMAXの違約金とは別に、以下の[まとめてプラン解除料]が発生いたします。
[まとめてプラン解除料]=[WiMAXまとめてプラン月額料金(税込金額) × 残月数]
まとめてプランの解除料:ワイヤレスゲート

実際にどれくらいの解除料になるかというと、たとえば8カ月で解約した場合、以下のようになります。

WiMAX契約解除料 = 20,520円
まとめてプラン解除料(16カ月分) = 26,720円
合計 47,240円

WiMAXは通信サービスとして安定しているので、2年以内に解約することはあまりないと思います。

ただ、通信エリア外への引っ越しのように、やむを得ない事情で解約する場合、ヨドバシWiMAXは他プロバイダよりも高額な支払いが発生するということに注意してください。

2-3.商品券をすぐにもらえない

いますぐ買いたいものがあるから、たとえ約1万円しかお得にならなくても良いと考える人もいるかもしれません。

でも、店舗の広告には、重要なことが2つ小さな文字で記載されていました。

・クーポン引換券の有効期限はお申込日から15日以降、3カ月までとなります。
・クーポン引換券から本クーポン券への引き換えは、ご契約店のみに限定させて頂きます。

→商品券は、契約の15日以降にWiMAXを契約した店舗まで受け取りに行かなければなりません。

なので、WiMAXの契約と同時に、欲しいものを商品券で買うことはできず、わざわざ取りに行くのも面倒なことですよね。

徹底比較!ヨドバシWiMAXよりもお得なプロバイダとは

結論をいうと、GMOとくとくBBなら、ヨドバシWiMAXよりも約2万円も安く契約できます

どうしてそう言い切れるのか、ヨドバシWiMAXと他のWiMAXプロバイダを、料金とサービス内容で比較していきましょう。

長年通信サービスの仕事に携わっている私が、比較対象として選んだのは以下3つのプロバイダです。

・GMOとくとくBB(業界最高額キャッシュバック)
・@nifty(ヨドバシWiMAXと同じく公衆無線LANが無料)
・UQ WiMAX(回線元のサービス)

料金で比較

ヨドバシと他社比較12月 ※全て税込価格
※料金プランは、月間容量制限のない「ギガ放題プラン」で比較

月額料金

ヨドバシWiMAXの月額料金は「ギガ放題プラン」で4,730円です。しかし、5万円の商品券をもらうには「WiMAX2+まとめてプラン(月額1,670円)」に加入しなければなりません。トータルすると、他のプロバイダに比べて月額1,500円以上高くなります

他のプロバイダは、月額料金に大きな差はありません。

キャンペーン

ヨドバシWiMAXのキャンペーンは「5万円分の商品券」ですが、すでにお話ししたとおり、現金換算で実質9,920円しかお得になりません。

GMOとくとくBBは、WiMAX業界で常に最高額のキャッシュバックを行っており、2016年12月は現金最大33,000円を受け取れます

端末受け取り月の月額料金

ヨドバシWiMAXとUQ WiMAXは、端末を受け取った月の月額料金が日割り計算となります。

それに比べてGMOとくとくBBと@niftyでは、端末受け取り月は無料で利用できます。

2年間の支払い総額

上記の3点を踏まえて2年間の支払い総額を計算すると、ヨドバシWiMAXよりもGMOとくとくBBのほうが2万円以上安くなります

サービス内容で比較

ヨドバシサービス

公衆無線LAN

ヨドバシWiMAX・@nifty・UQ WiMAXは、公衆無線LANを無料で利用できます。公衆無線LANとは、カフェや駅で使えるインターネットサービスのことで、WiMAXの通信容量を一切消費しません。

GMOとくとくBBでも有料オプション(月額410円)として、公衆無線LANサービスを利用できます。仮に、GMOとくとくBBでこのオプションを申し込んでも2年間の支払い額で最安になります。

ちなみに、WiMAXのギガ放題プランなら、容量を気にせずにネットが使えるので、公衆無線LANを使う機会はほとんどないかもしれません。私含め、周りのWiMAXユーザー数名に聞いたところ、一度も使ったことがないとのことでした。

支払い方法

ヨドバシWiMAXとGMOとくとくBBは、支払い方法がクレジットカード払いのみです。

@niftyとUQ WiMAXはクレジットカードと口座振替が利用できます。ただし、口座振替の場合は振込手数料100〜200円/月(税抜)がかかります。

サービス開始日

ヨドバシWiMAXなら、店頭で契約すればすぐにWiMAXを利用できるようになります。この点は、ヨドバシカメラで契約する大きなメリットです。

他のプロバイダでは端末が郵送されるので、サービスを利用できるまでに、契約してから最短でも2日はかかります。

いまスグにWiMAXを使いたい場合は、ヨドバシWiMAXは良い選択肢です。

結論!WiMAXを契約するならGMOとくとくBBの方が安い

gmo%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%8fbb12%e6%9c%88

ヨドバシWiMAXと他のプロバイダを比較した結果、ヨドバシWiMAXには、料金面でのメリットが全くありませんでした。GMOとくとくBBなら、ヨドバシWiMAXよりも2万円以上安く使えます

GMOとくとくBBを提供しているのは、GMOインターネットグループという会社。1991年に設立以来、インターネットプロバイダ、インターネット証券、モバイルゲームなど、さまざま分野で事業を展開しています。常に最高額のキャッシュバックを実施しており、WiMAXプロバイダとしても最も人気です。

ひとつだけ、GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取るのを忘れやすいという注意点があります。とはいえ、正しく申請すれば、必ずキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックの受け取りに関する詳しい情報は、「知らないと損!WiMAXで最もキャシュバックを得る1つの方法」をご覧ください。

まとめ

今回は、ヨドバシカメラで契約できるWiMAXについて解説しました。
店頭には、「5万円分還元」と大きく書かれていますが、このキャンペーンには以下の注意点があります。

  • 約4万円の余分な支払いが発生
  • 2年以内に解約すると高額な解約金がかかる
  • 商品券をすぐにもらえない

以上の点から、ヨドバシカメラでのWiMAX契約は、当日中にWiMAXを使いたい人以外オススメしません。

GMOとくとくBBなら、ヨドバシWiMAXよりも2万円以上安く利用できます。

WiMAXは、自宅でも外出先でも容量制限を気にすることなくインターネットができるサービスです。ぜひ、あなたにって一番お得なプロバイダを選んでください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、あなたにぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことでお困りではないですか?

・スマホの速度制限によくひっかかる
・引っ越しなどでインターネット回線を引きたい
・どうせなら1番安くインターネット回線を契約したい
・通信費を今よりもっと安くしたい

これらのお悩みは、あなたの状況・用途に合わせたインターネット回線を選ぶことで解決できます。
以下の診断で、あなたにとって最も安くて、満足できるインターネット回線を見つけましょう!

SNSでもご購読できます。