楽天ひかりはひかり電話を利用できる!メリットや申し込み方法を解説

楽天ひかり 電話

光回線を利用して通話ができる「ひかり電話」。加入電話よりも通話料が安いため、人気のサービスです

しかし、「楽天ひかりでもひかり電話は使えるの?」「申し込み方法は?」このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか

結論からお伝えすると、楽天ひかりでも、ひかり電話は利用できます

この記事では、楽天ひかりのひかり電話のメリットや、利用するまでの流れ、知っておきたい注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

1.結論!楽天ひかりでひかり電話は利用できる

楽天ひかり

楽天ひかりでは、ひかり電話を利用できます

しかし、楽天ひかりではひかり電話を提供していないため、NTTが提供しているひかり電話との契約が必要です。

他の光回線を見ると、オプションとしてひかり電話を提供していますが、光回線の提供するひかり電話とNTTが提供するひかり電話に品質の差はありません。

また、申し込み方法も簡単で、楽天ひかりを申し込む際に光回線とまとめて申し込めます

すでに楽天ひかりを契約している場合もNTTへ申し込みの電話をするだけで契約できるため、難しい手順はありません。

※申し込み方法は、後ほど楽天ひかりのひかり電話を申し込む方法で詳しく解説しています。(ページ内を移動します)

2.楽天ひかりでひかり電話を利用するメリット5つ

楽天ひかりでひかり電話を利用したいと考えている人の多くは、通話料金の安さを求めているのではないでしょうか。

ひかり電話には次のとおりさまざまなメリットがあるため、通話料金の安さを含めた主なメリットを確認してから契約しましょう。

メリット1.加入電話よりも料金が安い

楽天ひかりでひかり電話を利用すると、加入電話よりも安い料金で通話できます

※加入電話とは、いわゆる固定電話のことで、電話回線を利用して通話します。

ひかり電話と加入電話の月額料金や通話料金を比較し、違いを確認しましょう。

 ひかり電話加入電話
月額料金550円1,870円
固定電話への
通話料
8.8円/3分9.35円〜44円/3分
携帯電話への
通話料
17.6円/1分17.6円/1分

※料金はすべて税込み

上記のとおり、月額料金を比較するとひかり電話の方が1,320円安く利用できます

また、携帯電話への通話料は同じですが、ひかり電話から固定電話への通話料は、最大5分の1の料金で通話可能です

頻繁に固定電話へ通話する人は、ひかり電話の契約を検討しましょう。

メリット2.初期費用が安い

ひかり電話は、初期費用が安いです

固定電話を利用したいものの、初期費用がかかるため避けている人にとっては、大きなメリットではないでしょうか。

ひかり電話と加入電話の初期費用を比較すると、次のとおりです。

 ひかり電話加入電話
電話加入権0円39,600円
契約料0円880円
工事費1,100円
〜4,950円
0円

※料金はすべて税込み

※電話加入権とは、NTT東日本や西日本で加入電話を契約する際に必要な権利です。

上記のとおり、加入電話は初期費用として約40,000円かかりますが、ひかり電話は高くても約5,000円の初期費用で契約できます

加入電話の初期費用が高いと感じている人は、ひかり電話を契約しましょう。

メリット3.現在利用している電話番号を引き継げる

ひかり電話は、NTTで発番したひかり電話や加入電話の電話番号を引き継げます。電話番号を変更せずにひかり電話を契約したい人にとっては、大きなメリットです。

また、NTTで発番したひかり電話の電話番号であれば、無料で引き継げます。一方、加入電話の電話番号を引き継ぐ際は次の費用が発生する点に注意してください。

  • ひかり電話交換機器等工事費:3,300円
  • 加入電話の利用休止工事費:1,100円

上記のとおり、合計で4,400円かかります。

現在利用している加入電話や、NTTで発番した光コラボのひかり電話の電話番号を引き継ぎたい人は、楽天ひかりのひかり電話で引き続き利用しましょう

メリット4.豊富なオプションが利用できる

ひかり電話は、豊富なオプションを提供しています

楽天ひかりのひかり電話で利用できるオプションの一例は、次のとおりです。

 オプション内容月額料金
ナンバー・ディスプレイ相手の電話番号がわかる440円
ナンバー・リクエスト非通知からの着信を拒否220円
キャッチホン通話中の着信を受けられる330円
着信お知らせメール不在時の着信をメールでお知らせ110円
テレビ電話チョイス定額2つの登録した電話番号は
30分以内のテレビ電話であれば無料
550円

※料金はすべて税込み

加入電話のオプションは種類も少なく、ひかり電話の方が便利に利用できます。

自分なりにオプションを追加して快適に利用したい人は、ひかり電話がおすすめです。

※上記以外のオプションは、NTTの公式サイトで確認できます。

メリット5.楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンがお得

楽天ひかり

2023年2月現在、楽天ひかりは月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。たとえば、戸建ての場合は月額5,280円なので、年間で63,360円もお得です。

このキャンペーンの適用条件は、下記の2つです。

  • 楽天モバイルを契約する
  • 楽天ひかりを申しこむ

このように、本キャンペーンは楽天モバイルと楽天ひかりを契約すると適用できるキャンペーンです。難しい条件がないため、多くの人が適用できます

すでに楽天モバイルを契約している人も、これから楽天モバイルを契約する人も対象です。

1年間無料で利用できるキャンペーンを実施している光回線は、他にはありません。できるだけ安く光回線を利用したい人は、お得なこの機会に申し込みましょう!

※楽天モバイルの月額料金や特徴、評判は「楽天モバイルの評判・口コミからわかったメリット10つとデメリット5つ」の記事で紹介しています。

3.楽天ひかりでひかり電話を利用する際の注意点3つ

楽天ひかりでひかり電話を利用する際は、次の3つの注意点に気をつけて利用してください。

注意1.電話番号を引き継げない場合がある

先ほど、楽天ひかりでひかり電話を利用する際は電話番号を引き継げる(ページ内を移動します)とお伝えしました。

しかし、中には引き継げない電話番号があります

引っ越しで市区町村が変わる場合は引き継げない

引っ越しで市区町村が変わる場合は、現在の電話番号を引き継げません

たとえば、仕事の関係で隣の市や他県へ引っ越す場合は、新しく電話番号を発番する必要があります。

引っ越しで市区町村が変わる人は、ひかり電話の電話番号を引き継げないと理解しておきましょう。

NTT以外のひかり電話で発番した電話番号は引き継げない

NTT以外のひかり電話で発番した電話番号も引き継げません

NTTではなく光コラボのオプションのひかり電話で発番した電話番号を利用している人は、注意しましょう。

楽天ひかりでNTTのひかり電話を利用し、発番した電話番号は今後乗り換える際も引き継げるため、安心してください。

注意2.通話できない電話番号がある

ひかり電話では、通話できない電話番号があります

かけられない電話番号の一例は、次のとおりです。

  • 114
  • 0170
  • 0570

上記の番号で始まる電話番号には発信できません。中にはデメリットに感じる人もいるでしょう。

しかし「114」や「0170」などの番号で始まる電話番号は、フリーダイヤルで発信できる場合が多いため、必ずしも発信できないわけではありません

自分にとってデメリットになるか考えてみてください。

注意3.申し込み後にオプションを追加すると工事費が高額になる

先ほど、ひかり電話には豊富なオプションがある(ページ内を移動します)とお伝えしました。

しかし、申し込み後にオプションを追加すると、場合によっては高額な工事費が発生します

工事費の一例を紹介すると、次のとおりです。

 追加工事費
マイナンバー770円
ナンバー・ディスプレイ1,100円
ナンバー・リクエスト1,100円
キャッチホン1,100円
着信お知らせメール1,100円

※料金はすべて税込み
※参照:NTT公式サイト

1つのオプションを追加するごとに表の工事費が発生するため、オプションを追加するほど工事費は高額になります。

なのでオプションを申し込む予定のある人は、ひかり電話と同時に申し込む方がお得です!

4.楽天ひかりのひかり電話を申し込む方法

ここからは、楽天ひかりのひかり電話を申し込む方法を紹介します

申し込み方法は、次の場合によって異なるため、自分にあてはまる方を参考にしてください。

すでに楽天ひかりを契約している場合

すでに楽天ひかりを契約している場合の申し込み方法は、次のとおりです。

  1. 電話かWebからNTTにひかり電話を申し込む
  2. ひかり電話対応機器が届く
  3. ひかり電話対応機器を設置して利用開始

順番に解説します。

1.電話かWebからNTTにひかり電話を申し込む

NTTにひかり電話を申し込む方法は、電話とWebの2通りあります。電話の場合は、次の電話番号に電話しましょう

  • 電話番号:0120-166-166
  • 受付時間:9:00〜17:00(12月29日~1月3日は対応外)

Webから申し込む場合は、NTT東日本か西日本の公式サイトから申し込めます

※自分がNTT東日本か西日本どちらのエリアに住んでいるのかわからない人は、NTT東日本NTT西日本のページで確認しましょう。

一例として、NTT東日本の場合の申し込み手順を詳しく確認します。

楽天ひかり ひかり電話

NTT東日本公式サイトへアクセスすると、上記画像の画面が現れます。楽天ひかりは光コラボ回線のため、「光コラボ回線をご利用中の方」内の「ひかり電話を申し込む」を選択してください

 

楽天ひかり 電話

上記の画面が現れるため、郵便番号を入力し「郵便番号から確認」を選択してください。住所が表示されるため、自分の住んでいる住所を選択し「次へ」を選択しましょう。

楽天ひかり ひかり電話建物形態を選択する画面が現れるため、該当する形態を選択し「次へ」をクリックしてください。建物名がいくつか表示されるため、該当する建物名を選択し「次へ」をクリックしましょう。

楽天ひかり ひかり電話

すると、上記の画像のように、住んでいる住所でひかり電話が利用できるか表示されます

「お申し込み」を選択すると、お客さまIDや名前などの必要事項を入力する画面が現れるため、正確な情報を入力し、申し込みを完了してください。

2.ひかり電話対応機器が届く

ひかり電話の申し込みが完了すると、数日でひかり電話対応機器が届きます。ひかり電話対応機器の詳細はNTTの公式サイトで確認可能です。

3.ひかり電話対応機器を設置して利用開始

ひかり電話対応機器が手元に届いたら、設置して利用開始です。設置のイメージは、次のURLから確認できます

設定の必要はなく、接続するだけで自動的に設定が完了します。

これから楽天ひかりを契約する場合

これから楽天ひかりを契約する場合の申し込み方法は、次のとおりです。

  1. 楽天ひかりを申し込む
  2. 開通工事日を調整してひかり電話を申し込む
  3. 楽天ひかりの開通工事をおこなう
  4. 通信機器を接続し利用開始

順番に解説します。

1.楽天ひかりを申し込む

楽天ひかり ひかり電話

楽天ひかりの公式サイトへアクセスし、上記画像の「楽天ひかりにお申し込み」から楽天ひかりを申し込みましょう。

楽天ひかり ひかり電話

「楽天ひかりにお申し込み」をクリックすると、現在利用しているインターネットサービスと設置先の都道府県を選択する画面が現れます。

該当する項目を選択し「楽天会員ログイン・新規登録」をクリックしてください。

楽天ひかり ひかり電話

上記の画面が現れるため「同意する」をクリックしましょう。楽天会員になっていない人は、上記の画面ではなく、会員登録画面に移動します。

必要な情報を入力して会員登録をしないと申し込めないため、楽天会員ではない人は会員登録を済ませてください

楽天ひかり ひかり電話

最後に上記の画面へ移動するため、名前やメールアドレス、住所などの必要な情報を入力し、申し込みを完了しましょう。

2.開通工事日を調整してひかり電話を申し込む

楽天ひかりの申し込みが完了した2〜3日後に、メールか電話で開通日・工事日に関する連絡がきます。そのときに、ひかり電話を申し込みたい旨を伝えましょう

ひかり電話を申し込む際は口頭で伝えると楽天ひかりと一緒に申し込めるため、忘れずに伝えてください。

3.楽天ひかりの開通工事をおこなう

開通工事当日は、工事に立ち会う必要があります。

楽天ひかりの開通日までに、NTTからひかり電話対応機器が届くため、すぐに設置できるように手元に準備しておきましょう。

4.通信機器を接続し利用開始

最後に、ONU(回線終端装置)とひかり電話対応機器を接続すると、電話が利用できるようになります

ONU(回線終端装置)ってなに?

ONUとは、自宅内に引き込んだ光ケーブルと接続してインターネットを利用するための機器です。ひかり電話やWiFiルーターは、このONUにつないで初めて使えるようになります!

開通工事のスタッフがONU(回線終端装置)を設置してくれる場合は、頼むと一緒にやってもらえます。

もし、転用や事業者変更などでの乗り換えで工事のスタッフが来ない場合は、下記のページを参考に自分で接続しましょう。

ちなみに、このONUだけでは、有線接続しか使えません。パソコンやスマホでWiFiを利用したい人は、ひかり電話と一緒にWiFiルーターもつなぎましょう。

WiFiルーターの設置方法

WiFiルーターのおおまかな設置方法は、次のとおりです。

  1. WiFiルーターとONUをLANケーブルでつなぐ
  2. WiFiルーターの電源をつける
  3. パソコンやスマホをWiFiルーターに接続する
  4. WiFiルーターのパスワードを端末のWiFi設定画面で入力する
  5. WiFiが利用できているか確認する

WiFiルーターのパスワードは、WiFiルーターの側面や底に記載されているため、確認しましょう。

5.楽天ひかりでひかり電話を利用する際によくある質問

最後に、楽天ひかりでひかり電話を利用する際によくある質問に回答します。

Q1.楽天ひかりのひかり電話がつながらない場合の対処法は?

楽天ひかりのひかり電話がつながらない場合は、ひかり電話対応機器の電源を切りましょう。数分待ち、再度電源をつけてください。

ひかり電話対応機器の不具合が原因の場合は、上記の方法で改善できます。

それでも通話できない場合は、次の連絡先へ電話しましょう

  • NTT東日本:0120-000-113
  • NTT西日本:0120-444-113
  • 受付時間:24時間

問い合わせ先は、NTT東日本と西日本で異なります。

Q2.楽天ひかりでひかり電話を利用する際のルーターの設置方法は?

楽天ひかり ひかり電話

楽天ひかりでひかり電話を利用する際は、ひかり電話対応機器にWiFiルーターを接続する必要があります。

ひかり電話対応機器は、ONU(回線終端装置)と接続するだけで自動的に設定完了するため、自分で設定する必要がありません。WiFiルーターもONUと接続しましょう。

接続手順については、こちら(ページ内を移動します)で詳しく紹介しています。

Q3.楽天ひかりのひかり電話を解約する方法は?

楽天ひかりのひかり電話は、次の電話番号に電話すると解約できます

  • 電話番号:0120-116-116
  • 受付時間:9:00〜17:00

NTT西日本と東日本共通の解約の問い合わせ先です。

まとめ

今回は、楽天ひかりでひかり電話を利用する方法やメリット、注意点などについて解説しました

楽天ひかりはひかり電話を提供していないため、NTTのひかり電話を契約する必要があります。ひかり電話の申し込み方法は、楽天ひかりの利用状況によって次のように異なります。

利用状況申し込み方法
すでに
楽天ひかりを
契約している
  1. 電話かWeb上からNTTにひかり電話を申し込む
  2. ひかり電話対応機器が届く
  3. ひかり電話対応機器を設置して利用開始
これから
楽天ひかりを
契約する
  1. 楽天ひかりを申し込む
  2. 開通工事日を調整してひかり電話を申し込む
  3. 楽天ひかりの開通工事をおこなう
  4. 通信機器を接続し利用開始

自分にあてはまる申し込み方法を参考に、お得にひかり電話を使いましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

ツナガル – 最適な生活インフラが見つかる情報サイト
error: Content is protected !!