ポケットWiFiの月額料金を比較!コスパが高いのはコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは通信費をどのくらいで抑えたいですか?

「テレワークのお供に」「動画を快適に観たい」新型コロナウイルスの発生以降、そういった目的でポケットWiFiを契約する人が増えています。

ネット生活を快適にしたい!とはいえ料金は無視できないポイントです

そこで色んなサイトで料金を比較しても、サイトによって書いてある数字はバラバラでどれが本当の料金なのか分かりづらいですよね。

任せてください!今回は、公式サイトの広告に載っている料金ではなく実際に支払うことになる料金を忖度なしで暴いてみました!

今どんなポケットWiFiを契約しようか迷っているあなたにピッタリなものを紹介していきます!

0.実質月額料金で比較しよう!

ポケットWiFiの料金をチェックする際には注意してください!

実質月額料金(実際に契約期間にかかるトータル料金を月額料金に直したもの)で比較することが重要です!

公式サイトで宣伝されている月額料金をただ並べて比較するだけでは本当にお得なポケットWiFiを見つけることは難しいんです。

その理由としては、以下の3つがあります。

  • ある期間を超えると月額料金が変動する場合がある
  • キャッシュバックなどのキャンペーンで安くなる場合がある
  • 初期費用の料金体系が各社バラバラ

※初期費用=事務手数料・端末代・初月料金
事務手数料や端末代の有無、初月料金を日割り計算するかしないか等の違いがある

これらを見落として選んでしまうと損してしまうケースがあるので、契約期間内に支払う総額を算出します。

そして各社の契約期間はバラバラなので、公平に比較するために総額から月額になおしたものが実質月額料金です。

実質月額料金で比較しないと損をする

実質月額料金で比較することではじめてポケットWiFi各社の料金体系を明らかにすることができます。例を出してみましょう。

 WiMAX GMOとくとくBBカシモWiMAXY!mobileギガゴリWiFiワールドプランSoftBank
月額料金3,609円
“3ヶ月目以降
4,263円”
1,380円
“2〜24ヵ月目
3,589円
25ヵ月目以降
4,079円”
4,380円3,460円6,980円
契約期間3年3年なし2年2年
初月料金日割り1,380円日割り日割り日割り
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円
端末代無料無料10,800円無料25,000円
キャッシュバック27,000円なしなしなしなし
実質月額料金3,513円3,704円5,348円3,511円8,050円

※実質月額=総額(初期費用+月額料金×契約期間)÷契約期間
※初月の日割り計算は15日目から使った設定にし、全て月額料金の半額で計算しています。

実質月額料金の算出に使うさまざまな料金はざっとこれだけあります。このように並べてみないと本当の支払額は見えてこないですよね。

たとえば、「とくとくBB WiMAX」はキャッシュバックキャンペーンをしていて実際には広告の料金よりも安く使えたり、反対に「カシモWiMAX」は初月料金だけを安くして広告にのせたり・・・

とっても分かりづらいです!

他のポケットWiFiも同様に、月額料金が変動したり、初期費用が高かったりと、ただ「月額料金」で比較するだけでは見えてこないポイントです

いい加減な料金比較サイトに騙されないでください!

全てのポケットWiFiの実質月額を徹底比較し、この記事であなたにピッタリなポケットWiFiを見つけましょう!

1.料金の目安と、料金別おすすめのポケットWiFiはこれ

ポケットWiFiの料金は、WiMAXの実質月額料金を目安にしましょう!「WiMAXか、WiMAX以外か」という基準で決めて行くのがベストです。

結論から言うと、料金別にポケットWiFiを見ていくと以下のような結果になりました!

各料金の範囲で「WiMAXよりすぐれた条件のものはないか?」という目安で比較していくと、「縛りなしWiFi」「ギガゴリWiFi」は目的によってはオススメできるポケットWiFiです。

  • 縛りなしWiFi→解約のしやすいポケットWiFiが欲しい人
  • ギガゴリWiFiワールドプラン→データ容量無制限で使えるポケットWiFiが欲しい人→本日(5/13)新規受付停止しました。

現在、コロナウイルスの影響のため多くのポケットWiFiは発送が遅れていたり、新規受付を停止しています。

くわしくは、ポケットWiFi業界激変!2020年5月に選ぶべきはこの一択の記事にまとめたので、こちらを読んでください!

実質月額料金3,500円を目安にしよう

ポケットWiFiの料金は各社バラバラなので、どのくらいが目安なのかを分かっておくと自分にピッタリなものを選びやすくなります。

まず、ポケットWiFiの料金の目安としては「3,500円(実質月額料金)」だと思っておいて下さい。

これは、CMや広告で目にすることがある大人気のポケットWiFi「WiMAX」を一番おトクに契約した場合の実質月額料金です。(くわしくはこちらで後ほど紹介します)

有名なサービスは目安として分かりやすいですし、WiMAXはただ有名なだけじゃありません。実際にこれだけのユーザーがWiMAXを契約しています。

UQ WiMAX契約者数を参考に作成

2009年にスタートしたWiMAXのサービスは、2020年には契約者数が3,400万人を突破しています。日本人の4人に1人以上がWiMAXを使っていることになります。

また、ユーザーは9年間増え続けています。これは安定して良いサービスの運営を続けてきているからです。

「3,500円よりも料金は高いけどこのくらい性能が上がるならアリだな」とか、反対に「3,500円よりも高いのに性能はそんなに変わらないからあまり良いポケットWiFiとは言えないな」なんて判断がベストなんです!

また、この記事を読んでもらえば分かりますが、3,500円以上のポケットWiFiは買うメリットが無いんです。ポケットWiFiは、高ければ高いほど性能が良いという訳ではない商品だからです。

まずは、これを頭に入れておいて下さい。では、ポケットWiFi各社の実質月額を比較していきます!

2.ポケットWiFiの実質月額料金一覧

まず、現在発売中のポケットWiFi全32社の「実質月額料金」を比較しました!

各社、様々な料金でサービスを提供していることが分かりますね。

しっかり整理するために、実質月額料金で比較した全ポケットWiFiを以下4つのパターンに分けて紹介したいと思います。

  • WiMAXプロバイダ比較
  • 4,000円〜
  • 4000円〜3,500円
  • 〜3,500円

それぞれ解説していきます。

「クラウドSIM系ポケットWiFi」について

2020年5月現在、データ容量無制限のポケットWiFiはオススメすることができません。

どんなときもWiFiの通信障害をはじめとして、無制限を実現させていた「クラウドSIM」の問題点が見つかったからです。

信頼できる運営会社が運営しているかどうかが重要なポイントとなっていて、唯一オススメできる無制限WiFiはGMOインターネットが運営する「ギガゴリWiFiワールドプラン」のみとなっています。

それ以外のクラウドSIM系ポケットWiFiは運営会社に資金力が無かったり、実績がないので現状ではオススメできないんです。くわしくはこちら:実は一番重要!?ポケットWiFi各社のサポート体制を徹底比較!

なので、以下のクラウドSIM系ポケットWiFiはここでは比較しません。

・ZEUS WiFi
・Mugen WiFi
・hi-ho GoGo WiFi
・どんなときもWiFi
・めっちゃWiFi
・クラウドWiFi
・THE WiFi
・hy-fy
・FUJI WiFi
・よくばりWiFi
・どこよりもWiFi
・大容量WiFi
・STAR WiFi
・Chat WiFi

4,000円〜

ポケットWiFiは高ければ高いほど性能が良くて快適だと思ってませんか?実はそんなことはないんです。

まずは、実質月額4,000円以上のポケットWiFiを並べてみましょう。

 実質月額料金データ容量
WiMAX GMOとくとくBB3,513円月間制限なし(3日10GB)
au5,206円月間制限なし(3日10GB)
Y!mobile5,348円月間制限なし(3日10GB)
J WiFi5,940円月間制限なし(1日3GB)
docomo7,728円月間30GB
SoftBank8,050円月間50GB

携帯キャリアをはじめとするこれらは「データ容量」が少ないうえに料金がかなり高い部類のポケットWiFiとなっています。

そして、実質月額4,000円以上であるこれらのポケットWiFiを買う必要はありません。そう言い切れます!

例えばキャリアのポケットWiFiは、店頭でスマホと一緒にお客さんに売るのが手法なので、WiMAXなど他のポケットWiFiと比べられません。

他のポケットWiFiで、もっとすぐれたものがあることを知らないので彼らにしてみれば料金を下げる必要が無いのです。

この記事を読んでいる皆さんは4,000円以上のポケットWiFiを契約しないようにしてください!

WiMAXのプロバイダ比較

今回の比較の目安となるWiMAXの料金について紹介します。

ポケットWiFiの目安料金は3,513円だと紹介しましたが、これはWiMAXを最安値で契約した場合の実質月額料金です。以下の表をご覧ください。

 WiMAX GMOとくとくBBBroad WiMAXカシモBIGLOBE WiMAXUQ WiMAX
実質月額3,513円3,594円3,704円4,228円4,522円

WiMAXは、「WiMAX」という1つのサービスをプロバイダ(販売代理店)が料金などのキャンペーンだけを独自で変えて販売しています。

なので、どのプロバイダで契約してもエリアや速度、通信容量などの基本的なスペックは変わりません。

つまり、実質月額料金が一番安いプロバイダが一番オススメなんです。それが「WiMAX GMOとくとくBB」で、料金は約3,513円となっています。

4000円〜3,500円

WiMAXと同じくらい、またはWiMAXよりも高いポケットWiFi2つを紹介します。

 WiMAX GMOとくとくBBギガゴリWiFiワールドプランハッピーWiFi
実質月額料金3,513円3,511円3,980円
データ容量月間無制限(3日10GB)完全無制限300GB

まず触れておきたいのは、ギガゴリWiFiワールドプランです。完全無制限で使えるポケットWiFiとなっています。

実は「ギガゴリWiFi」と「WiMAX GMOとくとくBB」は同じ東証一部上場企業(=株式会社GMOインターネット)によってサービスが提供されています。

実はこれが重要なポイントなんです。

クラウドSIMを利用している無制限WiFiは、どんなときもWiFiの通信障害以降は「安心して使えない」という声が多いですが、ギガゴリWiFiだけは運営会社に信頼性があるので、まだ比較的オススメできます。

しかし、運営会社が同じだからといって「無制限WiFi」と「WiMAX」の安心さで比べると、自信を持ってオススメできるのはWiMAXです。

簡単に言うと「クラウドSIM」という仕組み自体に問題があり、いくら運営会社が信頼できるといっても絶対に障害が起こらないとは言えないからです。

※ギガゴリWiFiについて、特徴やどんなときもWiFiとの違いをくわしく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
実は最強!?「ギガゴリWiFi」を契約して分かったメリット・デメリット

そしてハッピーWiFiですが、こちらは300GBのデータ容量となっていて一見良いサービスに見えますよね。

ただ、「SIMカードだけの販売なので端末を自分で用意しなければならない」というデメリットがあります。月額料金に端末代も上乗せされると実質月額料金は4,000円を超えてしまいます。

WiMAXなら端末代が無料である上に月額料金も安いので特にハッピーWiFiをオススメする理由はありません。

〜3,500円

最後に、WiMAXよりも実質月額料金が安いポケットWiFiを紹介します。

 実質月額料金
ギガゴリWiFi30GBプラン3,173円
縛りなしWiFi3,246円
510WiFi3,254円
それがだいじWiFi3,261円

この中には、目的によってはWiMAXよりもオススメできるポケットWiFiがあります!

それが「縛りなしWiFi」です。縛りなしWiFiは、解約金0円でトップクラスに「解約のしやすい」ポケットWiFiなんです。

3ヶ月〜3年間、どのタイミングで解約しても圧倒的に安いというのが特徴です。

縛りなしWiFi3ヶ月半年1年2年3年
トータルコスト9,250円19,150円38,950円78,550円118,150円

ですが、「1日2GBのデータ容量」「端末がレンタル」などのデメリットがあるので、総合的にオススメできるという訳ではないんです。

半年・3ヶ月しか使うつもりがないという人は、これらのデメリットに目をつむって解約のしやすい「縛りなしWiFi」を使うという選択はアリだと言えるでしょう!

※「解約のしやすさ」や縛りなしWiFiについてくわしく知りたい人は以下の記事をチェックしてみてください。
・解約金なし!「乗り換えやすい」ポケットWiFiはこれだ!

3.実質月額料金3500円台のポケットWiFiを選ぼう

ユーザー数が多く一番定番のサービスであるWiMAXを目安に比較してきました。

まとめると、総合的にオススメできるポケットWiFiは「WiMAX GMOとくとくBB」でした!

3,500円という料金を目安に他のポケットWiFiと比較してきましたが、かなりコスパの高いポケットWiFiであることが分かったと思います!

他のポケットWiFiでも、目的別ならオススメできるものがありましたね。実質月額で全ポケットWiFiを比較した場合、以下のものがオススメです!

実質月額 3,513円:WiMAX GMOとくとくBB

WiMAXGMOとくとくBBのキャンペーン

流行にかかわりなく安定しているサービスWiMAXが一番おすすめ!契約者は3,400万人を超えている人気のポケットWiFiです。

WiMAXは、どのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、最安値のGMOとくとくBBから申し込みましょう。

 GMOとくとくBB
実質月額料金3,513円
データ容量無制限(3日10GB制限あり)

WiMAXより料金が高いものを買っても、WiMAXより性能は上がりません。2020年5月現在、料金が安く総合的にもオススメできるのはGMOとくとくBBです!

公式サイトはこちら
※GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取るのが困難です。契約から11ヶ月後にGMOのアドレス宛に届く大量の広告メールに紛れている「口座情報登録メール」を確認し、翌月の末日までに、振り込み口座を登録する必要があります。もし、この面倒な手続きがない方がいいなら、シンプルな月額割引キャンペーンがおすすめです。

こちらは現在、新型コロナウイルスの影響で遅延が発生しており最大3週間後の発送になるので、申し込みはお早めに

実質月額 3,511円:ギガゴリWiFiワールドプラン

ギガゴリwifiワールドプランのイメージ

ギガゴリWiFiワールドプランは、無制限で使えるポケットWiFiの中で唯一オススメできるポケットWiFiです。

料金も「とくとくBB」とほぼ一緒で、以前までは圧倒的ナンバーワンのポケットWiFiでした。

しかし、ひとつ注意点があります!現在「クラウドSIM」という技術を使って「無制限WiFi」を運営している各会社では通信障害が起こっています。

例えば「どんなときもWiFi」では2020年2月から何度も通信障害が発生したため、4月にサービス停止を発表しました。

今後も無制限で利用できるかどうかが心配されている無制限のポケットWiFiですが、ギガゴリWiFiだけは唯一、比較的安心して使える無制限WiFiです。

運営会社がとくとくBBと同じ「GMOインターネット」なので信頼性が高いという理由ですが、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

・実は最強!?「ギガゴリWiFi」を契約して分かったメリット・デメリット

ワールドプラン:実質月額料金3,511円(以下、全て税抜き)
2年契約
公式サイト:くわしくは、こちら

実質月額料金 3,200円:縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、あくまでも「解約のしやすさ」を重視したい人には一番オススメのポケットWiFiとなっています。

再度紹介すると、3ヶ月〜3年使ってから解約してもトータルコストが圧倒的に安いというのが特徴です。

縛りなしWiFi3ヶ月半年1年2年3年
トータルコスト9,250円19,150円38,950円78,550円118,150円

ですが、「1日2GBのデータ容量」「端末がレンタル」などのデメリットがあるので、総合的にオススメできるという訳ではないんです。

半年・3ヶ月しか使うつもりがないという人は、これらのデメリットに目をつむって解約のしやすい「縛りなしWiFi」を使うという選択はアリだと言えるでしょう!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト