解約金なし!「乗り換えやすい」ポケットWiFiはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ポケットWiFiを選ぶ際には料金やデータ量にばかり目がいきますが、実は「解約のしやすさ」もチェックするべきなんです。

よくあるポケットWiFiの比較サイトでは、契約期間まるまる使う前提で料金の比較をし、「これが一番安い」「これがおすすめ」と主張しています。

でも、契約期間ずっと使い続けるかどうかは分からないですよね。

もし「欲しいものが発売されたから変えたい」「もう必要ないから解約したい」と思っても、解約金が高かったり端末の返却が必要だったらストレスを感じるかもしれません

だから「解約しやすい(=乗り換えやすい)」ポケットWiFiが何かを契約前に知っておくと、よりあなたにピッタリなポケットWiFiを見つける手助けになるんです!

この記事では、ただ解約金が安い・解約金なしのポケットWiFiを紹介するだけではなく、解約金を含む使用期間内のトータルコストという視点から「解約しやすいポケットWiFi」を忖度なしで比較していきます!

1.結論!解約のしやすいポケットWiFiはこれ

まず結論からいうと、「解約のしやすいポケットWiFi」とは、以下のものが当てはまります!

  • 縛りなしWiFi解約金0円、使用期間3ヶ月〜3年間いつ解約しても全ポケットWiFiの中でトップクラスの安さ
  • WiMAX GMOとくとくBB:解約金は高い(最大19,000円)が、13ヶ月目に解約すると実はとってもおトク。総合的におすすめできる

これを見て「縛りなしWiFiは名前からもなんとなくオススメな理由が分かるけど、解約金があるWiMAXは何でなの?」と思いませんか?

実はあまり注目されていませんが、解約金がない=必ずしも「解約しやすい」とは言えないんです。

こう言い切れるのには理由があるので、しっかり解説していきますね。

2.解約しやすいポケットWiFiは「トータルコスト」が安い

ポケットWiFiの「解約のしやすさ」をチェックしてから契約すべきだと先述しました。

具体的に、解約のしやすいポケットWiFiとは、解約までのトータルコストが安いポケットWiFiのことです。

解約のしやすさを正しくチェックするためにはまず、「縛りがあるポケットWiFiは解約しにくい」と決めつけてはいけません。

縛りがあっても解約金さえ払えばいつでも解約できますよね?

具体的な例をひとつ挙げて見てみましょう。

 WiMAX
GMOとくとくBB 
クラウドWiFi東京
端末の返却不要必要
契約縛り3年なし
解約金19,000円なし
1年目までのトータルコスト45,316円51,300円

「WiMAX GMOとくとくBB」は解約金19,000円、クラウドWiFiは解約金のないポケットWiFiであり、一般的には解約金のないクラウドWiFi東京の方が「解約しやすい」と説明されています。

しかし1年間使って解約した場合は、解約金を含めたトータルコストで「WiMAX GMOとくとくBB」の方がおトクなんです。

つまり解約金を払って解約したとしても、トータルコストがおトクなポケットWiFiなら「解約しやすいポケットWiFi」だと言えます!

なので以下2つの料金を、使用期間ごとに比較していけば真に解約しやすいポケットWiFiが見えてきます。

  • 縛りなしのポケットWiFiのトータルコスト
  • 縛りありのポケットWiFiの解約金を含むトータルコスト

まず、ポケットWiFi32種のトータルコストを忖度なしで比較しました!

※トータルコスト:初期費用(初月の月額料金+事務手数料+端末代)+月額料金×使用期間+解約金
※初月の月額料金:月額料金÷2(日割りの場合がほとんどだから一律で÷2に設定)
※キャシュバックもトータルコストに含む

その結果から、使用期間ごとでトータルコストが安い=「解約しやすいポケットWiFi」を上位から順にランキング形式で紹介していきます!

2020年10月現在の受付状況

現在、クラウドSIMを使ったデータ容量が完全無制限のポケットWiFiで様々なトラブルが起こっています。

大規模な通信障害を起こした「どんなときもWiFi」をはじめ、以下のポケットWiFiでは新規受付を停止しています。くわしくはポケットWiFi業界激変!2020年10月に選ぶべきはこの一択を参考にしてください。

・どんなときもWiFi
・ギガゴリWiFiワールドプラン
・めっちゃWiFi
・クラウドWiFi東京
・hy-fy
・よくばりWiFi
・STAR WiFi
・J WiFi
・510WiFi
・ウィービーWiFi
・大容量WiFi
・NEXT mobile

3ヶ月で解約する場合

順位 契約縛りトータルコスト
1位縛りなしWiFiなし9,250円
2位ウィービーWiFi3ヶ月9,840円
3位ハッピーWiFiなし11,940円
4位FUJI WiFiなし12,950円
5位クラウドWiFi東京なし14,120円

契約から3ヶ月で「もうポケットWiFiは必要ない」「新しく出たものに乗り換えたい」などの理由で解約する場合、上記の5つをチェックしましょう。

半年(6ヶ月)で解約する場合

順位 契約縛りトータルコスト
1位縛りなしWiFiなし19,150円
2位ウィービーWiFi3ヶ月22,680円
3位ハッピーWiFiなし23,880円
4位クラウドWiFi東京なし24,260円
5位STAR WiFiなし24,860円

半年で解約する場合も3ヶ月のランキングとほとんど変わりません。半年以内に解約する可能性がある人には縛りなしWiFiが一番安くオススメできます

1年で解約する場合

順位 契約縛りトータルコスト
1位ギガゴリWiFi(30GB)1年33,475円
2位WiMAX
GMOとくとくBB
3年41,806円
3位510WiFi1年35,340円
4位縛りなしWiFiなし38,950円
5位どこよりもWiFi1年40,720円

1年使ってから解約する場合は、解約しやすいポケットWiFiが大きく変わってきます。

特に注目すべきは「WiMAX GMOとくとくBB」。キャンペーンによりキャッシュバックを契約から12ヶ月目に受け取ることができます。

そして、GMOとくとくBBは契約縛り(3年)があるポケットWiFiです。解約金(19,000円)を支払ってもキャッシュバック(34,700円)があるため、縛りがあっても解約のしやすいポケットWiFiの一例です。

2年で解約する場合

順位 契約縛りトータルコスト
1位NEXT mobile2年66,450円
2位ギガゴリWiFi(30GBプラン)1年70,675円
3位510WiFi1年77,100円
4位ZEUS WiFi2年78,430円
5位縛りなしWiFi1年78,550円

2年使った場合のランキングは上記の表のようになります。そしてこの5つ全てが契約縛りのあるポケットWiFiです。

ただ「解約金がない=解約しやすい」と判断してはいけない理由がここにあります。

あとで詳しく解説しますが、一定の期間以上使う可能性があるなら縛りがあるポケットWiFiの方がトータルコストは安くなる場合があるんです。

3年で解約する場合

順位 契約縛りトータルコスト
1位ギガゴリWiFi(30GBプラン)1年107,875円
2位NEXT mobile2年114,350円
3位それがだいじWiFi3年117,480円
4位縛りなしWiFiなし118,150円
5位WiMAX
GMOとくとくBB
3年126,155円
最下位docomo2年267,615円

3年間使い続けて解約した場合はこのような結果となりました。1年以上使う場合はギガゴリWiFiの30GBプランがかなり解約しやすいポケットWiFiであることが分かります。

そして最下位(=トータルコストが一番高い)docomoのポケットWiFiとギガゴリWiFiとの差額は約15万円です。

「解約のしやすさ」をしっかりと比較してから選ばないと、思い通りのタイミングで解約しづらく、後悔することになるかもしれないということを覚えておいて下さい

3.縛りのないポケットWiFiの3つのデメリット

先ほどのトータルコストランキングでは、契約期間縛りのないポケットWiFiが上位に入っていましたね。

たしかに、契約期間の縛りがないということはメリットであり「解約のしやすさ」にも大きく関係します。

ですが、縛りのないポケットWiFiは「解約のしやすさ」以外の要素で、無視できない以下の3つのデメリットがあるんです

  • データ容量が物足りない場合がある
  • 端末はレンタル
  • 契約期間次第では、あまりお得にならない

ひとつずつ解説していきますね。

デメリット1.データ容量が物足りない場合がある

せっかくポケットWiFiを契約したなら動画もいっぱい観たいですし、SNSもし放題がいいですよね。ポケットWiFiを快適に使うためには「データ容量が多い」ことが重要です。

契約縛りのないポケットWiFiそれぞれのデータ容量をチェックしてみましょう。

 データ容量
縛りなしWiFi1日2GBまで
クラウドWiFi東京無制限
ハッピーWiFi300GB
FUJI WiFi無制限
STAR WiFi無制限
Y!mobile3日で10GBまで
J WiFi1日3GBまで
Chat WiFi無制限

例えば、先ほどのトータルコストランキングで上位にランクインしていた(=解約のしやすいポケットWiFi)「縛りなしWiFi」は1日で2GBしか使うことができません。

2GBというと、YouTubeなら720p画質で2時間、Amazon Primeなら高画質で1時間が目安となっています。これではすぐに速度制限がかかってしまう人が多いんではないでしょうか?

なので、「解約のしやすさ」を重視する人にはかなりオススメできる「縛りなしWiFi」ですが「快適さ」というポイントで見るとあまりオススメ出来ないんです。

デメリット2.端末はレンタル

縛りのないポケットWiFiのうち「Y!mobile」以外は全て端末がレンタルとなっているため、解約時には返却が必要です。

さらにレンタル品なので、壊してしまうと「機器損害代」として高額な料金を請求されてしまいます

※Y!mobileはレンタル端末ではない代わりに、端末代として10,800円の初期費用がかかります。トータルコストで見てもかなり高額なのでおトクとは言えません。

例えば「縛りなしWiFi」だと、端末を破損・水没してしまうと39,800円の機器損害代が発生してしまいます。

安心サポートプラン(500円/月)という補償プランに加入していれば損害代が10,000円に減額されますが、このプランを利用するには厳しい条件があります。

  • 契約時にのみ加入できる
  • 契約から半年以上たっていないと補償されない
  • 半年に一度しか適用されない
  • プランの途中解約ができない

サポートプランに入ったとして年間で6,000円がトータルコストにプラスされる上、この厳しい条件があるのはデメリットでしょう。

他のレンタルWiFiも同じように「機器損害代とサポートプラン」によるサービスを取っています。

壊さないように慎重に使い、解約時には決められた住所に端末を返却しなければならないのはストレスだと言えます。

デメリット3.契約期間次第では、あまりお得にならない

3ヶ月、半年ほどしか使わないのなら縛りのないポケットWiFiはかなりおトクで解約がしやすいということは分かったと思います。

ですが、1年以上使う場合は縛りのあるポケットWiFiがこちらのトータルコストランキングで上位に上がってきていました。

これは、「契約期間縛りのあるポケットWiFi」が、解約金を高く設定している代わりに月額料金を安く設定していたり、長期利用者にはキャッシュバックをしているからなんです。

そもそも契約更新のタイミングに解約すると解約金はかからないので、トータルコストで見ると1年・2年と決められた契約期間ずっと使い続けた場合には安く済むんですね。

ポケットWiFiの運営会社としてはユーザーに長く使ってもらった方が単純に儲かるので当たり前とも言えますね。

こういった理由で、逆に「契約縛りのないポケットWiFi」は長く使い続ければ続けるほどおトクじゃなくなっていくんです。

4.オススメはこの2つだけ!

「ポケットWiFiを選ぶ際には解約のしやすさも見るべき」「トータルコストが解約のしやすさの重要なポイント」「トータルコストのランキング上位は契約縛りのないポケットWiFi」「だけど縛りのないポケットWiFiにはデメリットがある」

「じゃあ結局何がオススメなの?」という疑問に答えると、結論としては以下のようになります!

「解約のしやすさ」を最重視するなら:縛りなしWiFi

なんども名前が出てきた「縛りなしWiFi」ですが、あくまでも「解約のしやすさ」を重視したい人には一番オススメのポケットWiFiとなっています。

3ヶ月〜3年使ってから解約してもトータルコストが圧倒的に安いというのが特徴です。

縛りなしWiFi3ヶ月半年1年2年3年
トータルコスト9,250円19,150円38,950円78,550円118,150円

ですが、「1日2GBのデータ容量」「端末がレンタル」などのデメリットがあるので、総合的にオススメできるという訳ではないんです。

半年・3ヶ月しか使うつもりがないという人は、これらのデメリットに目をつむって解約のしやすい「縛りなしWiFi」を使うという選択はアリだと言えるでしょう!

総合的にいいものが欲しいなら:WiMAX GMOとくとくBB

GMOとくとくBB10月度キャンペーン

GMOとくとくBBは、解約金があっても、元々の料金が安く、かつ高額なキャッシュバックがあるため比較的解約しやすいポケットWiFiです。

さすがに「解約のしやすさ」だけで言えば「縛りなしWiFi」には劣りますが、端末は無料でプレゼントですし3年間使った場合だと実はそんなに変わらないんです。

 3年目までのトータルコスト
縛りなしWiFi118,150円
WiMAX GMOとくとくBB126,155円

GMOとくとくBBは3年契約です。3年目で解約した場合には解約金が発生しないので縛りなしWiFiとは約8千円しか変わりません

かんたんに他の特徴も紹介します。

 WiMAX
GMOとくとくBB
データ容量無制限
(3日で10GBの制限あり)
最大通信速度440Mbps
実質月額料金3,472円(WX06の場合)
発送最短当日配送
契約期間3年
運営会社株式会社GMOインターネット
(東証一部上場)

データ容量が無制限で使えるWiMAXを、一番おトクに使えるプロバイダ「GMOとくとくBB」から契約するのが2020年10月現在、もっともおすすめです。

 

※WiMAXについてもっと知りたい場合、WiMAXの主要10社比較!契約におすすめプロバイダ4選【2020年10月版】を参考にしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト