騙されるな!どんなときもWiFiをおすすめしない4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「どんなときもWiFiって実際のところ使い勝手や評判は良いの?」と、気になっていませんか?

完全無制限で使えて、エリアも広いってかなり良い!そう思うかもしれません。

しかし実際は、知名度は高いですが、良いサービスとは言えないんです!

その理由はいたってシンプルで、完全無制限WiFiでどんなときもWiFiよりも優れたポケットWiFiが発売されたからです。

結論から言うと、ポケットWiFiを後悔せずに選びたいなら「どんなときもWiFi」ではなくギガゴリWiFiを契約することをおすすめします。→現在、新規受付を停止しています。

現在、コロナウイルスの影響により多くのポケットWiFiで発送が遅れていたり新規受付が停止される事態が起こっています。

くわしくは、ポケットWiFi業界激変!2020年9月に選ぶべきはこの一択の記事にまとめたので、こちらを読んでください!

【速報】どんなときもWiFiは実質サービス停止中

2020年4月24日現在、どんなときもWiFiはすべての新規申込みの受付を停止しています。

2月から4月にかけて通信障害が多発したことが原因です。

現どんなときもWiFiユーザーは、こちらの補足部分で補償の受け取り方についても解説しているのでご覧下さい。

今回は、実際にどんなときもWiFiユーザーだった私の実体験と、他のユーザーの評判から分かったどんなときもWiFiをおすすめしない4つの理由を次の流れで解説していきます。

1.どんなときもWiFiとは

どんなときもWiFiは「いちいち残りギガ数を気にするのが面倒だ」「WiMAXがつながらないエリアでも使いたい」という人にとっては一度は検討するべきサービスです。

どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックが運営する、業界初の容量無制限で使えるポケットWiFiです。WiMAXのように3日10GBといった制限もありません。

また、3大キャリア(SoftBank、docomo、au)全ての回線を利用できるクラウドSIMという技術を利用しているので、スマホがつながる場所ならどこでも使うことができます。

どんなときもWiFi

こう聞くととても良いサービスだと思いますよね。以前までWiMAXを使っていた私も、完全無制限で使えるのに「料金もほとんど変わらない」という理由でどんなときもWiFiを契約しました。

しかし!使っていると様々な問題が起きたり、より良い無制限ポケットWiFiが出てきて、現時点では最高のサービスだと言えなくなったので、どんなときもWiFiをおすすめしない全理由をまとめました。

2.どんなときもWiFiをおすすめしない4つの理由

どんなときもWiFiをおすすめしない理由として、以下の4つが挙げられます。

  • 理由1.通信障害が多い
  • 理由2.解約時に端末の返却が必要
  • 理由3.解約金が高い
  • 理由4.海外の利用料金が高い

実体験と、他社の無制限ポケットWiFiとも比較しながら解説していきます。

理由1.通信障害が多い(ポケットWiFiとして致命的)

「LINEが送れないと待ち合わせ出来ない」「すぐに会議で必要な書類を送らなければいけない」など、必要な場面で通信障害が起きることはポケットWiFiにとって致命的です。

どんなときもWiFiでは2月の後半から通信障害が頻発し、3月18日に公式サイト上で不具合に対する謝罪がありました。

3/19(木)現在、当社回線に通信障害が発生しており既にご利用頂いている一部のお客様に通信不具合が発生しております。早期解消に向けて尽力しておりますので、何卒ご理解・ご認識の程宜しくお願い致します。
どんなときもWiFi公式サイトより

私も通信障害の被害をモロに受け、YouTubeの視聴どころかLINEすら使えなくなりました。(LINEの使用には最低200Kbps必要)

このように、日常生活でいつなんどき通信障害が起こるのか分からないのでは、良いサービスとは言えないでしょう。

理由2.解約時に端末の返却が必要

どんなときもWiFiはレンタル端末です。ただでさえ返却の手続きに手間がかかるのに、以下の場合には機器損害金として18,000円(税抜)を支払う必要さえあります。

  • 返却期限までに返却がない場合
  • 返却時に故障が見られる場合

レンタル端末のポケットWiFiを契約するメリットは、初期費用(端末代+事務手数料)が安いことですが、以下の表をご覧ください。

 どんなときもWiFiギガゴリWiFi
端末の返却必要不要
端末代無料無料
事務手数料3,000円3,000円

後発サービスであるギガゴリWiFiは、レンタル端末ではないうえ端末代が無料で、事務手数料もどんなときもWiFiと同じ料金です。

解約後も端末を利用でき初期費用も変わらないポケットWiFiがあるので、レンタル端末であることはどんなときもWiFiのデメリットであるといえます。

理由3.解約違約金が高い

どのポケットWiFiでも注意すべきは、解約月以外で解約した場合に違約金がかかってしまうことです。

ただ、どんなときもWiFiの解約違約金はその中でもかなり高いです。「容量完全無制限」「クラウドSIMのWiFi」という条件で比較した以下の表をご覧ください。

 どんなときもWiFiギガゴリWiFiMugen WiFihi-ho GOGO WiFiめっちゃWiFi
解約違約金19,000円9,000円9,000円18,000円9,800円
契約年数2年2年2年2年2年

(※各社、1年目に解約した場合の違約金です)

そもそも解約月まで持っていれば違約金に関する心配は無いですが、最近は新しいポケットWiFiがどんどん発売されています。

より良いサービスが出て欲しくなった時に違約金が高額だと、解約のハードルが高いですよね。

私は2020年3月2日に解約の手続きを行いましたが、その時は通信障害のまっただ中だったので特別補償として違約金0円で解約することができました。3月15日以降の解約では通常通り違約金がかかるシステムに戻っているので注意してください。

理由4.海外の利用料金が高い

どんなときもWiFiは、クラウドSIMの技術を活かして海外でも利用できるポケットWiFiです。

海外に行く時には海外用のWiFiをレンタルしたり、海外用のSIMカードを購入したりと、手続きが面倒ですよね。なので、そのまま海外に持って行って電源をオンするだけで使えることはメリットだといえます。

ただ、最近では同じく容量完全無制限で、どんなときもWiFiよりも安く海外利用できるポケットWiFiがいくつか出てきました

 どんなときもWiFiギガゴリWiFiMugen WiFihi-ho GOGO WiFi
海外利用料/1日1,280円~1,880円850円~1,250円1,200円~1,600円970円~1,600円
利用可能国131ヶ国132ヶ国134ヶ国133ヶ国

利用可能な国の数は各社変わりませんが、その中でもどんなときもWiFiは比較的高いです。

仮に3泊4日で海外旅行に行った場合、ギガゴリWiFiとどんなときもWiFiでは最大2000円以上の差額が出ます。

海外でもお得に使いたいなら「どんなときもWiFi」では無く「ギガゴリWiFi」をおすすめします。

3.ユーザーからの評判・口コミまとめ

ここでは、どんなときもWiFiユーザーからの評判・口コミについて紹介します。

先にまとめると、どんなときもWiFiの評判・口コミから分かることは、サービス自体は悪くないが、運営会社によるサービスの運営が良くないということです。

2019年3月のサービス開始直後は「革新的なポケットWiFi」「速度も十分」といったポジティブな口コミが多数でした。

しかし1年後、通信障害が多発している現在ではTwitter上で悪い口コミが溢れかえっています。

サービス状況の推移と共にそれぞれ紹介していきます。

良い口コミ

通信障害発生以前にどんなときもWiFiについて呟かれていたものを集めました。

容量無制限について

当初は、業界初の完全無制限WiFiが快適に使えて凄いという内容の口コミが多かったです。

実際に私も、1日に40GB使ってみても問題が無かったので、3日10GB制限のあるWiMAXから乗り換えてどんなときもWiFiの凄さに感動していました。

どんなときもwifiでNetflix視聴

通信速度について

速度も正常に出ているという声が多かったです。当初は、私と同じように快適に使えているユーザーばかりでした。

悪い口コミ

続いて、通信制限発生後の口コミについて紹介します。正直、Twitterは悪い口コミで溢れかえっていました・・・。障害を起こした運営会社の対応にもユーザーの不満が見えます。

通信障害について

どんなときもWiFiの通信障害を受け、解約する人が相次いでいるようです。運営会社の対応の悪さについても触れられています。

私も解約したので、スムーズにどんなときもWiFiを解約する手順をこちらで紹介します。

どんなときもWiFiを解約した

やはり同じく「容量無制限」ということもあり、どんなときもWiFiの乗り換え先としてギガゴリWiFiを選ぶ人は多いようです。

口コミと共にサービスの推移を紹介しましたが、通信障害が起こる前と後ではユーザーからの評判は全然違いますね。

業界初の完全容量無制限WiFiというサービスを開発したのはすごいことですが、その後の運営が良くありませんでした。

そもそも通信障害は、運営会社によって引き起こされるものです。なので本当に良いポケットWiFiを選ぶには、信頼できる会社が運営していることも重要な要素の1つであることが、今回のどんなときもWiFiの失敗から分かります。

4.ギガゴリWiFiの方がおすすめ

何度も名前を挙げていますが、どんなときもWiFiよりもおすすめなのは、ギガゴリWiFiです。

ここまでの解説をまとめると、ギガゴリWiFiは以下の点でどんなときもWiFiよりも優れています。

  • 端末がレンタルではない
  • 解約金が安い
  • 海外料金が安い

さらに、ギガゴリWiFiは以下の点でもどんなときもWiFiよりおすすめできます。

  • 運営会社が信頼出来る
  • 月額料金が安い

ギガゴリwifiワールドプランのイメージ

運営会社が信頼できる

ギガゴリWiFiの運営会社である株式会社GMOインターネットは、業界最大手プロバイダとしての実績や過去の膨大なデータを持つため、サポート体制が充実していて安心出来ます。

 どんなときもWiFiギガゴリWiFi
運営会社株式会社グッドラック
(非上場)
株式会社GMOインターネット
(東証一部上場)
設立2010年1991年
他の主な提供サービス・ネクストモバイル・WiMAXとくとくBB
・ドコモ光
・フレッツ光
・au光
従業員数657人5,454人

表をみると、ギガゴリWiFiを運営するGMOの規模の大きさとその実績が分かると思います

どんなときもWiFiの運営会社グッドラックはまだ新しく、電話がつながらなかったり、今回のように通信障害を引き起こしてしまうケースがあるので、信頼できる運営会社の方が安心できます。

月額料金がシンプルかつ安い

ポケットWiFiは、2年目から料金がアップしたりするケースが多く「聞いてた値段よりも多く請求がきた」など、正直分かりづらいですよね。

ギガゴリWiFiはシンプルな料金プランであり、同じく2年の契約期間ですがどんなときもWiFiよりも安くておすすめです。

月額料金どんなときもWiFiギガゴリWiFi
1~2年目3,480円3,460円
3年目以降3,980円3,460円

3年目以降も同じ値段で使えるのは分かりやすいうえ、おトクで良いですね。

同じ完全無制限WiFiでも、どんなときもWiFiよりも月額料金が安いギガゴリWiFiを選びましょう。

まとめ

ここまでをまとめると、どんなときもWiFiは以下の理由からおすすめ出来ません。

  • 通信障害が多い
  • 解約時に端末の返却が必要
  • 海外の利用料金が高い
  • 解約金が高い

どんなときもWiFiと同じく「完全無制限」のポケットWiFiで、総合的に優れているギガゴリWiFiを以下の公式サイトから契約しましょう!

現どんなときもWiFiユーザーの人も、すぐに乗り換えることをオススメします!

【ギガゴリWiFi公式サイト】 https://gmobb.jp/service/gigagori/

補足

最後に、どんなときもWiFiの補足情報をお伝えします。

「現どんなときもWiFiユーザー」はすぐに乗り換えよう!

どんなときもWiFiは2020年4月現在、通信障害が起きていて、新規受付を停止しています。

運営会社としてはサービス受付の再開を予定していて、今後もサービス運営を停止するつもりは無いといった現状です。

しかし、この記事内で解説しましたが、どんなときもWiFiを継続して利用するよりも、ギガゴリWiFiに乗り換えることをおすすめします。

現どんなときもWiFiユーザーは、以下の「返金・無償解約対応」を受けることができるので、受け取り手続きをしっかり済ませ、すぐにでも快適なネット生活に切り替えてしまいましょう。

  • 解約違約金を免除:更新月以外の解約でも違約金免除
  • 基本料金の返金:3月・4月の基本料金2ヶ月分を返金

「返金口座登録フォーム」:受付終了

上記ページでそれぞれの手続きが可能です。期限は6月30日までとなっていることに注意してください。

その他についても詳しくは「公式ページ」に記載されているので、必ず事前に確認しましょう。

どんなときもWiFiの解約手順

解約手順は以下の通りです。

  • 手順1.契約解除の受付をする
  • 手順2.端末一式を揃える
  • 手順3.返送する

それぞれ順番に解説します。

手順1.契約解除の受付をする

解除の受付には「申請フォーム」「電話」の2つの方法があります。

申請フォームでの解約の場合は、どんなときもWiFiお客様ページにログインし必要事項を記入します。

電話での解約の場合は、担当オペレーターに「解約を希望である旨」と「ユーザー情報」を伝えると、解約の処理が完了します。連絡先の情報は、以下のとおりです。

グッドラックサポートセンター:0120-048-277
受付:11:00~18:00
受付日:月~土曜日(年末年始は除く)

手順2.端末一式を揃える

どんなときもwifi配達

どんなときもWiFiはレンタル端末なので、解約の受付後には返却の手続きが必要です。返却しなければならないのは以下の5点です。

  • 端末本体
  • 個装箱
  • ストラップ
  • USBケーブル
  • 取扱い説明書

端末・個装箱の2点は返却に義務があり、どちらかの欠品や破損があった場合には機器損害代として18,000円(税抜き)が請求されてしまいます。

付属品(ストラップ/USBケーブル/取扱い説明書)に返却義務はなく、不要であれば返却してほしいとのことです。

手順3.返送する

端末一式を揃えたら、以下の住所に返送します。返却には「解約月の翌月5日まで」という期限があるので発送は早めに済ませておきましょう。

グッドラックサポートセンター:〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト