要注意!私がWiMAXのWX04をオススメしない2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年末に発売されたWiMAXルーター「WX04」ってどうなんだろう?と気になっていますね。

実際、私はWX04を契約して使ってみましたが、バッテリーの持ち時間が長く、操作性にも問題がないので機能面は満足できるものでした。

でも、契約期間が3年しか選べないのと、ユーザー満足度も低いので、総合的に判断すると残念ながらおすすめできない・・・と言うのが結論です。

ここでは、私がWX04をおすすめしない理由を解説します。ぜひ参考にしてください。

1.徹底比較!WX04はバッテリー持ちが良い

まずは、WX04の特徴がわかるように、現在契約できるWiMAX端末との比較表を作りました。※ユーザー満足度は価格.com参考

これらの基本スペックと実際に使ってみた感触をまとめると、「WX04」のメリットとデメリットは以下のようになります。

メリット

  • バッテリー持ちが良い

デメリット

  • 最低利用期間が3年になる(他の機種は2年契約できる)
  • ユーザー満足度が低い

WX04の唯一のメリットはバッテリーの持ち時間が長いということです。

しかし、契約期間の長さやユーザー満足度から判断すると、おすすめはできません!

ここからは、なぜおすすめできないと言えるのか理由について解説していきます。

2.WX04をおすすめできない2つの理由

私がWX04をおすすめできないと考えるのは、次の2つのデメリットがあるからです。

・最低利用期間が3年になる
・ユーザーの満足度が低い

それぞれ、具体的にみていきましょう。

デメリット1.最低利用期間が3年になる

WX04は3年契約でしか申し込むことができません。

WiMAX端末はケータイと同じ精密機械なので、3年も使っているとバッテリーが消耗してしまいます。

一般的に、バッテリーは500回くらい充電と放電を繰り返すと、使用可能時間は新品時の50~70%低下すると言われています。つまり、毎日充電していると、1〜2年でバッテリーの持ち時間は半減してしまいます。

一世代前のモデルで起きたバッテリーの膨張も心配

また、同じメーカーの一世代前のモデルWX03では、バッテリーが膨張したという問題が多々ありました。

WX04にも同じような問題が発生するかはわかりませんが、3年契約は始まったばかりなので安心して使い続けられるか不安が残ります。

このように、唯一のメリットであるバッテリーの持ちの良さがあっても、それが半減してしまったり、故障の心配があるため3年契約はおすすめできません!

また、WiMAXの端末は半年から1年ごとにスペックがより良くなった新モデルが登場しているので、同じ端末を使い続けるよりも、2年契約できる機種を選び、2年毎に新しい端末に乗り換えた方が良いでしょう。

デメリット2.ユーザーの満足度が低い

価格.comの口コミ参照

価格.comの口コミでは、WX04の評価は5点満点中の1.98。それと比較して、最新機種W05の評価は3.82なので満足度はとても低いことがわかります。

WX04でとくに評価を下げている原因は、「受信感度」と「機能性」の2つ。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

受信感度=電波がつながりにくい

受信感度とは、電波の繋がりやすさのこと。

実際、口コミでは「電波が繋がりにくい」という意見が目立ちました。

受信感度は、WiMAX端末を選ぶ上でもっとも重要なポイントの1つ。せっかくWiMAXを契約しても繋がらなければ意味がありません。

機能性=不具合が多い

機能性とは、WX04が使いやすいかどうかです。

バッテリーの持ち時間が良いにも関わらず機能性の評価が低くなっているのは、「不具合が多い」のが原因として考えられます。

契約してから、再起動や返品の繰り返しになったら、最悪ですよね‥。

このように、WX04は電波がつながりにくく不具合が多いので、満足できていない人が多いです。

3. WX04の口コミ・評判まとめ

ここでは、念のためTwitterで「WX04」と検索して利用者の口コミを調査し、とくに多かった意見を良い口コミ・悪い口コミに分けて紹介していきます。

良い口コミ

「バッテリーの持ち時間が長い」「au 4G LTEモードが嬉しい」という意見がありました。

バッテリー持ちが良い

au 4G LTEモードが嬉しい

au 4G LTEモードとは、山間部などのWiMAX回線が通っていないエリアでも使えるau 4G LTE回線。地方への出張や旅行が頻繁にある人には、心強い機能です。

ただし、au 4G LTEモードを月1回でも使うと、当月7GB以上の利用で速度制限が発生してしまいます。

悪い口コミ

悪い口コミには、やはり「3年契約しか選べない」「ネットが不安定」と言う声が見られました。

3年契約になる

ネットが頻繁に途切れる

ネットが繋がりにくい

修理後も端末が繋がらない

とにかく、「繋がりにくい!」と言う意見が多くみられました。

結論!WX04はおすすめできない!

口コミから、契約期間が3年になってしまう・ネットが不安定と言う不満の声が多くみられました。

そのため、総合的に判断すると快適に利用したい人はWX04は選ぶべきではありません。

3.快適に使いたい人におすすめの端末はコレ!

では、どの端末ならWiMAXを快適に利用できるのでしょうか。結論を言うと、W05が現在1番おすすめできる端末だと言えます。

au 4G LTEも使える「W05」がおすすめ!

WXよりW05をおすすめする理由は、次の3つです。

・最低利用期間が2年(GMOとくとくBBの場合)
・ユーザーの満足度が高い
・au 4G LTEモードが使える

2018年7月現在、W05を選び2年後に新しい機種に乗り換えてキャッシュバックをもらった方がお得です。

W05について詳しく知りたい人は「WiMAX徹底比較!失敗しないルーターの選び方と契約方法」の記事をご覧ください。

4.最もお得にWiMAXを契約するための申し込み方

ここからは、WiMAX端末を最も安く手に入れられる契約方法を解説していきましょう。

以下の流れで契約していけば、WiMAXを安心して利用できます。

ステップ1.エリアを確認

ステップ2.プロバイダを選ぶ

ステップ3.プランを選ぶ

それぞれ、詳しくみていきましょう。

ステップ1.エリアを確認

エリア確認

WiMAXは、家でも外でも使える便利なネット回線ですが、エリア外だと利用できません。

なので、自分が使いたい場所がエリア対応しているかを確認しておきましょう。

エリアチェックはこちら

まず、「ピンポイントエリアチェック」で、あなたがWiMAXを使いたい住所を入力してください。

「○」と表示されたら、使えるエリアに入っているので安心して契約を進めていきましょう。

「△」が出た人は、15日間無料で試せるサービスもあるので、実際に試してから契約すると良いでしょう。

ステップ2.プロバイダを選ぶ

WiMAXは、現在20社以上のプロバイダがサービスを提供しています。

どこを選んでも変わるのは料金だけ。通信速度やエリアなどのサービスは変わりません。

なので、最安値でWiMAXを申し込めるGMOとくとくBBの公式サイトから申し込みましょう!

ちなみに、価格.comから申し込めばお得になると思えるかもしれませんが、WiMAXに関してはプロバイダーの公式サイト経由がもっともお得です。

くわしくは、価格comからWiMAX申込みは損だった!?3つの注意点を参考にしてください。

ステップ3.プランを選ぶ

プランは「通常プラン3,609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,263円(税抜)」で選べますが、ギガ放題プランがおすすめです。

通常プランは、データ量が月間7GBを超えると速度が128kbpsまでに制限されます。

ギガ放題プランは、データ量の月間制限がないためガンガン動画などを観ることができます。

ギガ放題プランで申し込むと、初めの2ヶ月は通常プランの料金で使えます。さらに、後から無料で、通常プランに変更もできるので、どのくらい使うか分からない人はとにかく「ギガ放題プラン」に申し込みましょう。

契約期間は2年にしよう

WiMAXの契約期間は2年と3年があり、端末やプロバイダによって異なります。3年の方がキャッシュバックは高いものの、2年毎に見直したほうがトータル費用が安いです。GMOとくとくBBなら、最新端末W05が2年契約できます。

クレードルは必要ない

ちなみに、クレードルをつけるとキャッシュバックが減額してしまいます。

クレードルがなくても端末の充電できますし、無線LANに対応していないパソコンに有線で接続したい人でなければ、クレードルはとくに必要ありません。

まとめ

WX04について解説しました。

WX04はバッテリーの持ち時間以外にメリットがありません。むしろ、契約期間が長くなったり、口コミの評判を踏まえるとおすすめできない端末です。

WiMAXを快適に利用したい人には、W05を選ぶ方が満足して利用できますよ。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*