WiMAXの初心者ガイド!設定方法から便利な使い方を解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXの使い方について、お調べですね。

ルーター端末が届いても、設定方法が分からないと、スマホやパソコンにつなぐことができずに困ってしまいます。

また通信速度を上げたり、バッテリーを長持ちさせるような、WiMAXを便利に使う方法も知っておきたいですよね。

そこで今回は、はじめてWiMAXを使うという方のために、ルーター端末が届いてからWiFiに接続するまでの手順と、便利な使い方についても解説していきます。ぜひ参考にしてください。

これからWiMAXを契約したい人は、WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2019年10月版】を確認してください。

1.ルーター端末が届いたらまず行う3ステップ

WiMAXのルーター端末が届いたらまず行う3つのステップを、順に説明してきます。

ステップ1.ルーター端末や付属品の確認

WiMAXが届いたら箱からルーター端末を取り出し、破損がないか、契約したルーター端末に間違いないかを確認しましょう。

つづいて、説明書と充電ケーブルが付属されているのも、忘れず確認してくださいね。

ステップ2.ルーター端末にSIMカードを挿入する

次に、WiMAXのルーター端末にSIMカードを挿入しましょう。

SIMカードを挿すときは、かならず電源を切っておいてください。電源を入れてSIMカードを挿すと、ルーター端末が壊れてしまうことがあるので注意が必要です。

ステップ3.端末の電源をオンにする

SIMカードを挿したら、ルーター端末の電源を入れましょう。

ルーター端末の電源ボタンを長押しすることで、WiMAXの電源がオンになります。

2.WiMAXの接続方法

WiMAXの電源が入ったことを確認できたら、次はいよいよスマホやパソコンにWiMAXを接続しましょう。

2-1.WiMAXを無線で接続する方法

まずはWiMAXを、スマホやパソコンに無線で接続する方法をご説明します。設定時間は1分もかからず、スグに終わります。

まず、スマホやパソコンのWiFi設定を有効にしてください。すると、WiMAXのSSIDがスマホやパソコンに表示されます。

SSIDとパスワードは、『情報』→『SSID情報』から確認できます。

スマホやパソコンに表示されたSSIDをタップすると、パスワードを聞かれます。

最後に、『SSID情報』に記載されているパスワードを入力すれば、無線の接続は完了です。

2-2.WiMAXを有線で接続する方法

WiMAXを有線で接続するためには、家電量販店などで販売しているUSB3.0以上のType-Cケーブル購入しないと接続できません。

ケーブルは、パソコンやゲーム機に差し込むだけなので、簡単に接続できます

3.WiMAXの画面の見方

WiMAXの設定が完了したら、次にWiMAX画面の見方を確認していきましょう。

WiMAXの設定が終わると、「もう大丈夫」と思ってしまうかもしれませんが、画面の見方を知っておくことで、より便利にWiMAXを使いこなすことができます。

よく使う3つの項目についてまとめたので、1つずつ見ていきましょう。

3-1.通信モード設定

WiMAXには、『ハイスピード』と『ハイスピードプラスエリア(au4G LTE)』という、2つの通信モードが使えます。それぞれどんな特徴があるか説明していきますね。

ハイスピード|基本的にはこのモードを使おう

『ハイスピード』とは、WiMAX2+の回線エリアを利用した通信モードです。

WiMAXのギガ放題プランを契約している方は、このモードだと月間の制限がないので、基本的にはこのハイスピードにしておきましょう

ハイスピードプラスエリア(au4G LTE)|山岳部でも使える

『ハイスピードプラスエリア(au4G LTE)』とは、田舎や山岳部などのWiMAXの電波がつながらないエリアでも使えるのでかなり便利です。

しかし、月に7GB以上のデータ量を使ってしまうと、当月の通信速度は128kbps(写真の多いサイトや動画サービスは利用できない速度)に制限され、当月中は『ハイスピード』に戻しても、制限の解除はされません。

旅行先などで使う分には良いですが、速度制限のルールがきびしいので、『ハイスピードプラスエリア』を使った場合は必ず『ハイスピード』へ戻すことを忘れないでください

3-2.通信量カウンター

通信量カウンターとは、利用している端末で使ったデータ量を、3日もしくは月間単位で計測できるカウンターです。

通信量カウンターを使うことで、3日で10GBの制限に気をつけて使うことができるので、かなり便利ですよね。

データ量を3日、もしくは月間のどちらで計測をするかは、『通信量カウンター』→『ホーム画面表示設定』から変更してください。

3-3.パフォーマンス設定

パフォーマンス設定とは、利用状況に応じてパフォーマンスを変えることができる設定のことです。3つのモードがあるので、1つずつご説明します。

スマートモード|初期設定にされている

端末の初期設定で選択されているのは、スマートモードです。

他のモードと比べ、速度とバッテリー消費のバランスが取れているのがこのモードの特徴。

基本的にはこのスマートモードに設定しておけば、バッテリー持ちも悪くなく、十分快適に使うことができるでしょう。

ハイパフォーマンスモード|通信速度が上がる

ハイパフォーマンスモードは、WiMAXの通信速度をグンとアップさせるモードです。

変更は、『パフォーマンス設定』からできます。この設定にすることで、他のモードよりも通信速度は上がります。

ただし、充電の減りが早くなってしまうので、「気づいたら電源がきれてた…」ということが無いように気をつけてください。

バッテリーセーブモード|バッテリー持ちが良い

バッテリーセーブモードは名前の通り、バッテリー持ちをかなり良くするモードです。

こちらも変更は、『パフォーマンス設定』からできます。スマートモードに比べ、約2時間もバッテリーの持ち時間が変わります。

ただし、通信速度はかなり落ちるので、重いファイルをダウンロードするときや、高画質の動画を見るときは他のモードに切り替えてください

4.通信速度をアップさせる2つ方法

次に、「なんか遅い…」ということがないように、WiMAXの通信速度をアップさせる使い方を2つご紹介します。

これらの方法を行うだけで、速度がグンと上がる場合があるので、ぜひ試してみてください。

方法1.WiMAXを窓際に置く

まずは、ルーターを窓側に置いて、電波の感度が良くなるか確かめてみましょう。

↑部屋の中で、通信速度は29Mbpsでしたが、

↑ルーターを窓際におくだけで、通信速度が2倍以上になりました!

WiMAXの置く場所をすこし変えるだけでも、速度は大きく変わることがあるんです。

方法2.周波数を5GHzに変更する

WiMAXの周波数を、2.4GHzから5GHzに変更しましょう。

変更は、『設定』→『通信設定』→『Wi-Fi設定』からできます。

周波数を5GHzに変更することで、他のWi-FiやBluetooth、電子レンジなどの電波の干渉がされにくくなるので、通信速度が上がりやすくなります。

ただし、5GHzは遮蔽物に弱いため、変更したときは必ずルーター端末の近くでスマホやパソコンを使うようにしましょう。

5.バッテリーを長く持たせる2つの方法

WiMAXを外出先でよく使う人は、バッテリーを長く持たせる使い方も知っておきたいですよね。

そこで、バッテリーを長持ちさせる使い方を2つご紹介します。

方法1.パフォーマンス設定をバッテリーセーブにする

上記にも書きましたが、パフォーマンス設定をバッテリーセーブにすることで、バッテリー持ちが良くなります。

他のモードに比べ、約2〜4時間もバッテリーの持ち時間が変わるので、ぜひ試してください。

方法2.使わないときは電源を切っておく

バッテリーセーブモードを使ってもバッテリー持ちが悪い場合は、WiMAXを使わないときは電源を切るようにしましょう。

WiMAXが1番バッテリーを消費するのは、スマホなどの端末と接続することです。ネット通信をしてなくても、接続しているだけでバッテリーは消費されます。

そのため、あまりにもバッテリー持ちが悪いときは、使わないときに電源を切っておくようにしましょう。

まとめ

今回はWiMAXの使い方について、お伝えしてきました。WiFiの接続はできましたか?

WiMAXには便利な使い方があるので、利用状況に応じた使い方をしましょう。ぜひ、快適なネットライフを過ごしてくださいね。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。