WiMAXの機種変更についてくわしく解説!最もお得になる方法は?

WiMAXで機種変更をお考えですね?

ルーター端末を長い間使っていると、「古くなってきたからそろそろ新しいものに変えたい!」「電池の持ちが悪くなってきた!」などの理由で機種変更したくなるもの。

しかし、WiMAXの機種変更は、契約中のプロバイダによって対応が違ったり、契約期間の時期によって費用が変わったり、と少しややこしい部分があります。

そこで今回は、WiMAXの機種変更するやり方をくわしく解説した上で、それぞれの契約状態に合わせた最もお得な方法をご紹介していきます。

あなたに合った1番良い方法で機種変更して、希望の端末を手に入れて下さいね!

1.WiMAXの機種変更を考える4つのタイミング

WiMAXのルーター端末を長い間使っていると、性能が落ちてきたり、バッテリーが弱くなってきたりするもの。特にヘビーユーザーの場合、『不安定な通信速度』や『稼働時間の減少』はストレスになりますよね?

また、端末は毎年新製品が発売され、新しければ新しいほど性能がアップします。つまり、単純に「より快適にインターネットがしたい!」という場合にも機種変更はおすすめです。

そこでまずは、WiMAXを機種変更を考えるタイミングを見ていきましょう。

タイミング1.ネットの調子が悪かったり、不具合がよく起きたりする時

長年使っていると、パソコンやスマートフォンと同じようにルーター端末も劣化していきます。

これは機械である以上、当然といえば当然のこと。

たとえば、パソコンやスマホに問題がないにもかかわらず、ネットの調子が悪かったり、よく不具合が起きたりするのであれば、機種変更を検討してみてもいいかもしれません。

タイミング2.電池の持ちが悪くなってきた時

以前に比べ、電池の持ちが悪くなってきた場合も機種変更する目安です。

これはスマホのバッテリーが弱くなってきて買い替えるのと全く同じこと。

特に外出先でよくWiMAXを利用するなら、機種変更を考えた方がいいでしょう。

タイミング3.今より通信環境を良くしたい時

今よりも通信環境を良くしたいのであれば、機種変更を検討してみてもいいかもしれません。

端末は最新のものであればあるほど性能がアップするので、機種変更することでより快適にネットできる可能性があります。

もちろん通信環境というのは、あらゆる条件で変化するため、確実に良くなるとは言い切れませんが、「端末を新しいものに変えたら、前よりネットが速くなった!」というのはよくある話です。

タイミング4.解約金のかからない契約更新月

解約金のかからない契約更新月も、機種変更を考えるべき大きなタイミングです。

WiMAXには2~3年の契約期間があって、その期間内に解約すると高額な違約金が発生しますが、満期となる契約更新月のみ0円で解約することが可能。

つまり、「0円で解約して、新しいプロバイダからWiMAXを再契約して最新端末をGETしちゃおう!」というわけです。

もしこの契約更新月を逃してしまうと、現在使用中の端末のまま自動更新されてしまうので、いっそう新しい端末に買い替えた方がお得ですよね?

補足|利用開始1年以内の故障はメーカー保証

もし端末の故障が原因で機種変更をお考えの場合は、メーカー保証の期間内かどうか確認してみましょう。

利用開始から1年以内であれば、契約先(プロバイダ)関係なく、お持ちの端末のメーカーが保証してくれます。

また、WiMAXの利用期間がまだまだ短い場合、機種変更するのは金額的に損なので、まずはメーカー保証による修理や交換を検討すべきです。

WiMAX端末のメーカー保証は、auショップで受け付けています。近くのauショップへ端末を持参のうえ相談してみましょう。

メーカー保証が適用されるのは“自然故障”のみ

ただし、メーカー保証は“自然故障”のみが対象なので、その以外の場合は修理もしくは機種変更が必要です。

自然故障とは、通常の範囲で使用中に発生した故障のこと

つまり、『水没』『落下による損傷』『盗難』といったトラブルに関しては、メーカー保証の対象外になります。

2.最新機種のW06を選ぼう

WiMAXおすすめルーターの性能比較表

WiMAXを機種変更するなら、2019年11月現在の最新端末『W06』を選びましょう。単純に新しければ新しいほど性能が良いので、迷ったらコレにすべきです!

速度スペックは“下り最度867Mbps”、USB接続なら“下り最大1,237Mbps”を実現しています。また、この『W06』から追加された新たな2つの機能にも注目!

新機能内容
1)高性能ハイモードアンテナ搭載高性能なアンテナで受信感度を高め、屋内などの場所でもつながりやすさが向上。
旧型モデルより受信速度20%アップ。
2)TXビームフォーミング機能搭載WiFi接続する機器を自動検知し、そこへ電波を集中させる機能。
旧型モデルより通信速度20%アップ。

上の機能追加により、これまでの端末に比べて、室内でのネットの速さとつながりやすさが大幅にパワーアップしています。

どの端末に機種変更するか決まっていない場合は、『W06』を選んでおけば間違いはありません。

3.WiMAXの機種変更する2つのやり方

WiMAXで機種変更する方法は、大きく分けて2通りあります。

  1. 現在契約中のプロバイダで機種変更する
  2. 新しいプロバイダに乗り換えて機種変更する

現在契約中のプロバイダで機種変更する

まず、現在契約中のプロバイダで機種だけ変更するやり方です。

ただプロバイダによって、機種変更にかかる費用が違ったり、契約期間中の機種変更が無理だったり、独自の機種変更キャンペーンを展開していたり、その対応はさまざま。

また、機種変更後の月額料金が変化したり、契約期間がそのまま継続するタイプ1度リセットされるタイプがあったりと、各プロバイダによって違う点があまりに多いので、まずは自分の契約先ではどうなのか確認してみましょう。

メリット

  • 契約先はそのままなので手続きが楽

デメリット

  • プロバイダによっては機種変更にかかる費用が高い
  • プロバイダを乗り換える場合に比べるとお得感はない
  • プロバイダによっては契約期間中の機種変更ができない

新しいプロバイダに乗り換えて機種変更する

現在契約中のプロバイダを解約して、新たにどこか別のプロバイダから申し込んで機種を変更するやり方です。

解約金のかからない契約更新月に解約して、新しいプロバイダから再びWiMAXを申し込みます。WiMAXは新規契約時のキャンペーンが1番お得なので、このやり方は金額的に最もおすすめです。

ただし乗り換える以上、手続きは増えるため、面倒な作業が嫌な方は向いていないかもしれません。

メリット

  • 1番お得な新規契約キャンペーンを利用できる

デメリット

  • 解約して別途新規契約するため、通常の機種変更に比べると手間が増える

4.現在契約中のプロバイダで機種変更する方法

それでは、まずは各プロバイダでの機種変更の対応から紹介していきます。

UQ WiMAXの場合

WiMAXの本家本元である『UQ WiMAX』での機種変更は、公式サイトの機種変更受け付けページから手続きします。

契約期間中であれば、いつでも機種変更できる点はUQ WiMAXのメリットです。

また、機種変更しても契約期間がリセットされることはありません。そのままの契約状態で予定通りの更新月を迎えます。

なお、機種の購入価格は、現在利用中の端末の利用期間で変動します。

機種変更の対象端末と利用期間で変動する購入価格

現在のWiMAX端末の利用期間
(3年契約プランの場合)
購入価格
0~12ヶ月20,000円
13~18ヶ月12,000円
19~33ヶ月6,000円
34ヶ月以上0円
(※最新端末のW06やL02は2,000円)

2019年11月現在、モバイルタイプのW06・WX05・W05、固定タイプのHOME 01・L02の5製品が機種変更の対象端末です。

また、利用期間で変動する端末の購入価格ですが、契約中のプランによっては利用開始から22ヶ月以上経過すると、無料で変更できるものもあります。

※UQ WiMAXを法人契約されている場合は、ネット上から手続きすることはできません。※利用中の端末をauショップへ修理に出していたり、『端末補償サービス』で交換手続き中の場合もネット上での機種変更はできません。

家電量販店やBIGLOBE、So-netなどの場合

上画像にある5社に加えて、家電量販店エディオンの合計6社での機種変更は、『UQコミュニケーションズの専用ページ』から手続きします。

WiMAXの運営元であるUQコミュニケーションズからの手続きなので、先ほどの『UQ WiMAX』での機種変更と内容はほぼ変わりありません。

契約期間中の機種変更はいつでもOKですし、契約期間がリセットされることもありません

なお、機種変更にかかる費用の支払い先はUQコミュニケーションズですが、機種変更後も現在のプロバイダ契約が継続するので、月額料金の支払いはこれまでと同じです。

auショップやau公式サイトの場合

au

au経由でWiMAXを申し込まれた場合の機種変更は、auショップでの手続きになります。

au公式サイトからの機種変更には対応しておらず、直接店舗まで行かなきゃならないのはデメリットと言えるでしょう。

また、手続きの際には、

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 利用中のWiMAX端末

が必要です。

契約期間中であればいつでも機種変更できることと、契約期間がリセットされないことは、これまで紹介したケースと同じ。

ただし、機種変更の対象端末や端末購入価格については、店舗ごとの在庫状況で違う場合があるため、事前にお近くのauショップへ行って確認するのが確実です。

なお、機種変更にかかる費用をauポイントで支払える点は、ならではのメリットです。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXなどの場合

WiMAXの人気プロバイダ『GMOとくとくBB』や『Broad WiMAX』、老舗プロバイダの『DTI WiMAX』では、独自の機種変更無料キャンペーンを展開しています。

この機種変更無料キャンペーンが他社と大きく違うのは、利用開始から20ヶ月以上経過していれば、0円で最新端末へ変更できる点です。(※契約中のプランにもよる)

また、契約0~20ヶ月未満だと機種変更できないことや、契約期間が一旦リセットされ更新月がそこから3年後になることも他社と違うポイントです。

さらに、機種変更とはいえ、契約が自動的に新規に切り替わるため、解約金は発生しないものの契約事務手数料3,000円がかかります。(選ぶ端末によって事務手数料が0円になる場合あり)

例えば、手続きが面倒だからプロバイダを乗り換える気もなく、金額的に損してもいいからシンプルに最新端末へ変更したい場合に適したキャンペーンといった感じでしょうか。

金額的には大きく損!

機種変更無料キャンペーンはお得に見えますが、実際は金額的に大きく損してしまうため勿体ないです。

例えばGMOとくとくBBの場合、新規契約時のキャッシュバックキャンペーンは1度目しか適用されませんが、もう一方の月額割引キャンペーンであれば何度でも適用されます。

そして、この月額割引キャンペーンを適用させた場合の3年間のトータル費用は、機種変更キャンペーン後の3年間のトータル費用よりも大幅に安くなります。

機種変更を受け付けていないプロバイダの場合

さいごは、現在契約中のプロバイダが機種変更を受け付けていないケースです。

WiMAXを提供しているプロバイダは全部で20社以上ありますが、中には機種変更できないプロバイダもあります。

例えばカシモWiMAXの場合、公式サイトのどこを探しても機種変更に関する記載はいっさい見当たりません。

このように、自分が契約中のプロバイダの公式サイトへ飛んで、機種変更に関する文言が見られない場合は、機種変更を受け付けていないプロバイダだと思ってください。

なので、このケースに該当する場合は、更新月を待ってWiMAXプロバイダを乗り換えるか、『Broad WiMAXのお乗換え』を活用することが機種変更の方法になります。

5.新しいプロバイダに乗り換えて機種変更する方法

次は、新しいプロバイダに乗り換えて機種変更する方法を解説していきます。

この方法は、違約金のかからない更新月に解約して乗り換えるのがベストなのですが、「どうしても更新月まで待てない!」といった場合のための方法もご紹介します。

解約してから新たに契約するため、申し込み手続きなど面倒な作業こそ増えますが、WiMAXの機種変更で最もお得になる方法なので是非ご覧ください!

更新月に解約する人にはGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBのキャンペーン

2019年11月現在、最もお得なWiMAXプロバイダは『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBBは、WiMAXサービスが提供された長い歴史の中で、ずっと業界最安値を維持している大人気プロバイダです。

提供しているのは、GMOインターネットグループという会社。1991年に設立以来、ネットの広告業や金融業など、幅広い分野を手掛けながら成長してきた実績ある会社なので安心感も十分。

ひとつ注意点をあげるなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックは、利用開始から約1年後の受け取り手続きが必要なので、それを忘れやすいという点でしょうか。

とはいえ正しく申請さえすれば、必ず高額なキャッシュバックを貰えるので、1番お得な方法で最新端末を手に入れちゃいましょう!

GMOのキャッシュバックキャンペーンを経験済みの場合

GMOとくとくBBのキャッシュバックを過去に1度でも経験済みの場合、このキャンペーンの対象外になってしまいます。

なので、これに該当する場合、更新月で解約してからどのプロバイダで新規契約しようか迷ってしまいますよね?

でも大丈夫です!

実はGMOとくとくBBでは、もう1つお得なキャンペーンが実施されているんです。

GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーン

これがGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

このキャンペーンは何度でも適用させて申し込むことができ、3年間のトータル費用でみても、先ほどのキャッシュバックと遜色ないほどお得なんです。

また、キャッシュバックの注意点である受け取り手続きも一切なし

なので、面倒な作業が苦手な場合は、例えキャッシュバックキャンペーンの対象者でも、こちらの月額割引キャンペーンから申し込んだほうがいいかもしれません。

更新月まで待てない人にはBroad WiMAXがおすすめ

更新月まで機種変更が待てない人には、『Broad WiMAXのお乗換え』がおすすめ!

これは、他社との契約期間中にBroad WiMAXに乗り換えることで、その際にかかる解約金(契約解除料)を最大19,000円まで負担してくれるサービスです。

このサービスを活用すれば、余計なコストをかけずに最新端末へ機種変更することが可能。

また、今のところBroad WiMAX以外に、このような乗り換えサービスを提供しているプロバイダはないので、機種変更を受け付けていないプロバイダを契約中で更新月まで待てない場合は、これが唯一の方法になります。

まとめ

WiMAXの機種変更についてくわしく見てきました。

ルーター端末も機械なので、ずっと使っているとその分だけ劣化していきます。なので、いずれは新しい端末へ変えるタイミングが必ずやってくるもの。

その際、WiMAXの機種変更する2つのやり方

  1. 現在契約中のプロバイダで機種変更する
  2. 新しいプロバイダに乗り換えて機種変更する

を確認して、自分に1番合った方法で機種変更することが大切です。新しい端末へ切り替えて、より快適なネットライフを実現してくださいね!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。