WiMAXの「クレードル」を買わなくていい3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXを契約するとき、クレードルも一緒に購入するべきか迷っていますね。

WiMAXを契約するのは初めてなので、そもそもクレードルが何かもよくわからない、という人もいるかもしれません。

あとから買えるかどうかもわからないですよね。

結論から言ってしまうと、多くの人にとってクレードルは必要ではありませんし、あとからAmazonで購入することも可能です。

今回は、クレードルを買わなくてもいい3つの理由を説明します。

WiMAXを検討中のあなたへ

この記事ではWiMAXのクレードルについて解説していますが、下記の記事はWiMAXやポケットWiFi全般をくわしく比較しています。ぜひ参考にしてくださいね。

1.クレードルとは

クレードルとは、モバイルルーターを乗せて充電したり、LANケーブルで固定回線と接続したりできる機器です。

WiMAXの場合、多くのプロバイダではクレードルは標準セットに入っておらず、申込み時に必要かどうかを選択する項目がでてきます。

クレードルはルーターごとに形状が違うので、今まで使っていたルーターのクレードルを使い回すことはできません。

2.クレードルが不要な3つの理由

私も初めてWiMAXを契約したときはクレードルを購入したんですが、WiMAXサービスを利用するのに絶対必要なアイテムではありませんでした。

とくに以下3つの理由でクレードルを購入する必要はないと感じます。

  • クレードルがなくても充電できる
  • 有線LANを使う機会がない
  • キャッシュバックが減る

一つずつ解説していきますね。

理由1.クレードルがなくても充電できる

実はクレードルを使わなくても、WiMAX本体と一緒についてくるUSBケーブルで問題なく充電できるんです。

ただし、ケーブルをコンセントに挿すための「ACアダプター」を別に準備する必要があります。

Speed Wi-Fi NEXT W05 はじめてガイド(赤色部分は加筆)

ACアダプターとは、下の写真にあるような部品のことで、あなたがスマホやタブレットをお持ちであればすでにACアダプターもあると思います。

もしなかったとしても数百円でAmazonから購入可能です。

なので、WiMAXを充電するためだけにクレードルを購入するのはおすすめしません。

理由2.有線LANを使う機会がない

WiMAXのクレードルには、充電以外に有線LANが使えるようになるというメリットがあります。

しかし、有線LANを使う必要があるのは以下の場合で、多くの人にとって大きなメリットとはいえません。

家の固定回線(光回線など)とつないで、Wi-Fiの電波を飛ばす

家で固定回線を使っている場合、クレードル経由でWiMAXと有線接続すると、WiMAXルーターを無線LANルーターとして使えるようになります。

ですが、正直なところWiMAXは小型の端末なので家中に電波を届けるには力不足・・・。

無線LANが欲しい場合は専用のルーターを別途購入することをおすすめします。たとえばAmazonで口コミの多い「WHR-1166DHP4」というルーターなら4,000円程度で購入可能です。

Wi-Fiに対応していないパソコンとつないで使う

古いパソコンとクレードをLANケーブルでつなげば、固定回線がなくてもインターネットができます。

ただ、最近のパソコンは大抵Wi-Fiが使えます。古いパソコンをずっと使っている人以外には必要のない機能です。

理由3.キャッシュバックが減る

WiMAXのモバイルルーターを安く契約したいなら、キャッシュバックの多いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

2020年10月現在、GMOとくとくBBが業界最高額の最大30,500円キャッシュバックを実施中です。

しかし、クレードルをつけるとキャッシュバックが減ってしまう場合もあります。

「絶対にクレードルが必要!」というわけではないなら、まず本体だけ契約しておきましょう。

どうしても必要になればAmazonでクレードルだけ買うこともできます。


以上3つの理由から、私の意見としてクレードルをことはおすすめしません。

では最後に、WiMAXを一番お得に契約する方法を紹介します。

3.WiMAXを一番お得に契約する方法

GMOとくとくBB10月度キャンペーン

WiMAXを契約する場合、「どのプロバイダ会社から申し込むか」でキャッシュバックの金額が大きく変わるので、注意してください。

結論から言うと、最大31,500円のキャッシュバックが受けられる、GMOとくとくBBがおすすめです。(2020年10月現在)

どのプロバイダも月額料金がほとんど変わらない中、GMOとくとくBBはキャッシュバックの金額が大きいので、支払いの総額が他より安くなるんです。

GMOとくとくBBは選ぶ端末によって以下のようにキャッシュバック額が変わります。

■今月のキャッシュバック額(2020年10月)
WX06(ポケットWiFi):28,500円
W06(ポケットWiFi):28,500円
L02(ホームルーター):31,500円
HOME02(ホームルーター):31,500円

【最大31,500円キャッシュバック】

https://gmobb.jp/

※キャッシュバックの受け取り方にコツがあるので、「WiMAXでキャッシュバック最高額を得る方法とたった1つの注意点」も合わせて読んでみてください。

月額割引キャンペーンもお得

「キャッシュバックの受け取り手続きが面倒だな…」という方には、月額料金割引キャンペーンがおすすめです。

こちらはキャッシュバックは3,000円と少なくなる代わりに、月額料金が安く抑えられているキャンペーン。それぞれの実質月額は以下の通りで、わずかに月額料金割引キャンペーンの方が高くなってしまいます。

 キャッシュバックキャンペーン月額料金割引キャンペーン
実質月額3,472円3,511円

申し込みページはキャッシュバックキャンペーンとは別ページになっているので注意してください。

【月額料金割引】
https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

まとめ

WiMAXのクレードルが必要ない理由を紹介しました。

クレードルが無くても充電できるし、ほとんどの人にとって有線LANは必要ないかと思います。

どうしてもクレードルの使い心地を試したい人は、まずTry WiMAXを利用すると良いかもしれません。数に限りがありますが、クレードル付きのモバイルルーターを15日間無料でレンタルできます。

クレードルは、一度買ってしまうと邪魔でも返品できませんし、数千円とはいえ無駄にしたくないですよね。まずは無料レンタルで試してみて、本当に必要かどうか、判断してください。

WiMAXを検討中のあなたにオススメ

WiMAXの主要10社比較!契約におすすめプロバイダ4選【2020年10月版】」では、WiMAXのプロバイダについてさらにくわしく解説しています。契約前の参考にしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト