WiMAXとは?初心者にもスッキリ分かる10の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「WiMAXとは一体どんなサービスなんだろう・・・」ってお悩みでしょうか?

かんたんに説明すると、WiMAX(ワイマックス)は「家でも外でもインターネットが使えるサービス」です。

特にネットで動画や音楽を楽しみたい人は、WiMAXを契約すればスマホのデータプランよりも安く、そしてたっぷりと使えます。

この記事では、WiMAXに関する10の特徴と、安く契約する方法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.WiMAXとは

そもそもWiMAXとは、”モバイルインターネット通信”と呼ばれるサービスのひとつです。

手のひらサイズの小さなルーター(端末)で電波を受信し、スマホやノートパソコン、タブレットなどと無線でインターネット接続します。

WiMAX回線を管理しているのはUQコミュニケーションズで、「UQ WiMAX」という名前のサービスを提供しています。

さらに、UQコミュニケーションズはWiMAXの回線を20社以上のプロバイダに貸し出しているので、各プロバイダを通して契約することも可能です。(実はこちらのルートを使ったほうがお得に契約できます)

いずれにしても、回線やルーターの種類はすべて同じなので、どのプロバイダを選んでも以下の特徴に違いはありません。

1.どこでもインターネットができる
2.複数の機器と同時に接続ができる
3.通信料が安くなる
4.auのスマホ代が安くなる
5.バッテリーが長持ち
6.配線工事なしで即日使える
7.宅内専用のルーターもある
8.通信速度が速い!動画もサクサク
9.通信量を気にせずガンガン使える
10.無料で試せるサービスがある

※WiMAXは「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」の略称。

2.WiMAXの10個の特徴

特徴1.どこでもインターネットができる

カフェでインターネット

WiMAXのルーターはスマホくらいの大きさで、ポケットやカバンに入れても気にならない重さです。これを1台持ち運べば、WiMAXの電波の届く範囲ならどこでもパソコンやスマホ、タブレットでインターネットが利用できます。

特徴2.複数の機器と同時にネット接続ができる

WiMAXのルーターが1台あれば、複数台のパソコン、タブレット、ゲーム機器と最大約10台まで接続できます。複数人で同時にネットができるので、外だけでなく、家のネット回線として家族で使うこともできます。

スマホでもテザリング機能を使って他の機器でインターネットが使えるようにできます。でもバッテリーが減りやすいので、いざというときに電池切れで電話ができなくなってしまうおそれがあります。

WiMAXは通信専用ルーターなので、スマホでテザリングするよりもバッテリーが長持ちです。

特徴3.通信料が安くなる

スマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機などそれぞれの端末でインターネット契約している人も多いハズ。ネット利用はすべてWiMAXでまとめれば月々の通信費を安くすることができます。

すべて税抜き価格。ドコモのウルトラデータLパック、WiMAXはGMOとくとくBBのギガ放題プランで月額料金の平均値を使って算出

たとえば、ドコモのパケットパックであるウルトラデータLパックは、月に20GBまで使えて月額6,000円です。

しかし、データプランを解除して、WiMAXでネットを使うようにすれば、料金が月約2,000円安くなるうえ、月に100GB以上使えるようになります。

外にスマホとWiMAXのモバイルWi-Fiルーターを2台持ち歩くのが面倒な人は、スマホのパケット量を1GB(月額2,900円)に減らして極力WiMAXを用いて通信するだけでも大きな節約になります。

WiMAXの通信料金はどれだけ利用しても、月々の料金は約4,000円程度(ギガ放題の場合)。しかも、キャッシュバックキャンペーンを行なっているプロバイダを選べば、実質費用は月々約3,000円程度に抑えられます。

キャンペーンに関するくわしい情報は、「初心者はここをチェック!WiMAXキャンペーンの比較ポイント解説」を参考にしてください。

特徴4.auユーザーに朗報!スマホ代が月々最大934円安くなる

auスマホとWiMAXルーターを組み合わせると、「auスマートバリューmine」に加入することができ、スマホ代が毎月最大934円安くなります。

特徴5.バッテリーが長持ち

スマホのテザリングでは、すぐバッテリーが減ってしまいます。でも、WiMAXのルーターなら、つなぎっぱなしでも約8時間以上使うことができ携帯性も十分です。

特に、WiMAXの最新端末である「Speed Wi-Fi NEXT W05」なら、朝持ち出して夜に帰ってくるまで利用可能です。こまめにオンオフする必要はありません。

特徴6.配線工事なし!買ったその日から使える

開通までがスムーズ

光回線だと、スグに使いたくても配線工事をしてもらうまで1ヶ月待たされる事もしばしば。工事の立会いも必要です。

WiMAXは配線工事が一切必要なく、端末が届いてから簡単な設定さえすれば、その日からインターネット接続することができます。

特徴7.宅内専用のルーターもある

WiMAXというと、外で使えるモバイルルーターというイメージを持つ人もいるかも知れません。

実は、L01sという宅内専用のルーターもラインナップされています。

こちらのルーターは、コンセントで接続するのでバッテリー切れの心配いらず。おしゃれなアロマポットのようなデザインでインテリアにもなります。

家でしかネットを使わないのであれば、電波の強いL01sをおすすめします。

特徴8.通信速度が速い!動画もサクサク再生

WiMAX2+の通信速度は下り最大440Mbpsで、ホームページや動画を見たり、データのダウンロードがサクサクとできます。ただ、あくまで電波なので光回線と比べると通信速度、安定性は劣ります。

実際の通信速度は、私が大阪の中心部で検証したところ約30Mbpsでした。

440Mbpsと比べるとかなり違いがありますが、これは一番速度を必要とするYoutubeのフルHD動画(1080p)をスムーズに見るのに十分すぎる速度です。

特徴9.通信量を気にせずガンガン使える

他社のモバイルネットサービスは「3日間で3GB」もしくは「1ヶ月で7GB」以上ネットをすると、月末まで128kbpsと使い物にならないほどスピードが遅くなります。

WiMAXの「ギガ放題プラン」だと、月にどれだけ使っても128kbpsまで制限されることはありません。

3日で10GBを超えると翌日の18時頃から約8時間の速度制限がかかりますが、これは他社モバイルルーターに比べてかなりゆるい制限です。

しかも制限後でも約1Mbpsは出るので、通常のサイト閲覧なら問題ないレベルです。

つまり速度制限のストレスを感じることなくガンガン利用できます

特徴10.無料で試せるサービスがある

WiMAXには、「Try WiMAX」という公式の無料お試しサービスがあります。

これは、WiMAXルーターをレンタルして、あなたがWiMAXを使いたい場所で実際に試せるというサービス。

一般的に通信サービスには契約期間が決められており、その期間内に解約すると契約解除料(違約金)を支払わなければなりません。たとえ契約後に電波のつながりにくいことがわかったとしてもです・・・。

WiMAXなら契約前に無料で試せるので、他のモバイルルーターサービスよりも有利かと思います。

WiMAXのサービスエリアは全国の政令指定都市の人口カバー率99%超。全国の主要都市では問題なく使え、エリア拡充情報も随時更新されています。

しかし、まだ地方や山岳部に行くとつながりにくいエリアがあるので、不安な場合は無料で15日間レンタルできるTry WiMAXを試してみてください。

もしエリア外で利用したい場合、日本全国どこでもつながるauのLTEを利用することができます。※月7GBの通信量を超えると月末まで下り速度128kbpsになる速度制限と別途オプション料(1,005円/月)かかります。

3.WiMAXを安心&最安値で契約する方法

ここまで、WiMAXの特徴を10点取り上げました。

最初にお話したように、WiMAXは回線元が提供する「UQ WiMAX」の他に、20社以上のプロバイダが提供するサービスがあります。

それで、この中から最も安く、さらに安心してWiMAXを契約する方法を解説していきます。

ステップ1.通信エリアを確認する

エリア確認

WiMAXがおすすめとはいえ、エリア外だとどうしようもありません。そこで、あなたがネットを利用する予定の自宅や会社が通信エリア内かどうかを最初に調べておきましょう。

エリアの確認はWiMAXの回線元であるUQ WiMAXのエリア確認ページから簡単にできます。「ピンポイントエリア判定」で「○」と表示されれば大丈夫です。

もし判定が「△〜◯」で、つながるかどうか不安な場合は、実際にWiMAX端末を借りて調べられる「Try WiMAXレンタル」というサービスもあります。くわしくは、WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決をごらんください。

エリア外の場合は、docomoやauなどの携帯キャリアよりも「格安SIM」をモバイルルーターに挿して使った方が安く利用できます。くわしくは、モバイルルーターとは!?初心者でも絶対に失敗しない選び方を参考にしてください。

ステップ2.料金最安値でおすすめのプロバイダ(申し込み窓口)

2018年12月現在、キャッシュバックが最も多くて月額料金が最安値になるのはGMOとくとくBBで、キャッシュバック額はなんと最大42,200円

11カ月後に送られてくるメールから1カ月以内に受け取り手続きをしなければ失効してしまうという注意点がありますが、それさえ忘れなければ一番お得なプロバイダです。

しかもGMOとくとくBBなら、端末が到着してから20日間、違約金なしでキャンセルすることができます。なので、先ほど紹介した「Try WiMAXレンタル」を申し込む必要もありません

「エリア内と判定されたけど、室内でつながるか不安・・・」という場合でも、こうした制度があれば安心ですね!

20日以内なら返品できる

申し込みは、このページからGMOとくとくBBの公式サイトに行って申し込みましょう。直接公式サイトで申し込んだり、比較サイトを利用したりすると、キャッシュバック額や違約金の条件が変わるので注意してください。

ステップ3.おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT WX05

端末はWX05をおすすめします。その理由は以下の3つ

・最新機種である
・バッテリーの持ち時間が長い
・安心の国産NEC製

WX05は、今年11月にWX05が発売されたばかり。私も使ってみましたが、通信速度も十分、コンパクトなのにバッテリーが長持ちで使い勝手が良いです。

2018年12月現在、WX05を選んでおけば間違いありません。

ステップ4.おすすめのプラン

プランは、月7GBの容量制限がある「通常プラン(月額3,609円)」、容量無制限の「ギガ放題プラン(月額4,263円)」から選べます。

インターネットをたっぷり使いたいのであれば「ギガ放題プラン」にしましょう。月額約650円くらいしか変わりませんし、実際に利用して月に7GBも使わなかった場合は、プラン変更も無料でできます。

まとめ

WiMAXのことはご理解いただけましたか?

WiMAXは持ち運びできて通信量を気にせずガンガン使えます。スマホのパケット代の節約にもなるのでぜひ活用してみましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。