【価格別】2018年春におすすめのSIMフリースマホ端末6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分に合ったSIMフリースマホ(格安スマホ)をお探し中ですか?

SIMフリースマホの魅力は、ドコモやauといった携帯キャリアよりも電話代が安くなる格安SIMが使えることですよね。でも、いざ乗り換えるとなると、種類が多くてどれが良いのかわかりにくいものです。

SIMフリースマホは、性能が良くなればなるほど値段も高くなります。なので、自分がスマホで何をしたいかを考えておけば、性能と値段のバランスが取れたスマホを選べます。

この記事では、価格別におすすめのスマホをご紹介します。

1.SIMフリースマホとは

DSC00230

SIMフリースマホは、自由にSIMカード(契約情報が記録されたカード)を差し替えて、自分の使い方に合わせたプランを選択することができます。

これまでのスマホは、各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とセットになっており、各キャリアのプランしか選べませんでした。一番安いプランでも月5,000円ほどかかっていました。

SIMフリースマホなら、「格安SIM」とも呼ばれる複数の会社(MVNO)が提供するプランから自分に合ったものを選べます。

・メールやLINEしかしない人なら1,000円以下の「最安値プラン
・通話が多い人なら「5分かけ放題プラン
・動画をたっぷり見たい人は「通信容量無制限プラン

このように、それぞれの用途に合わせた格安SIMを選べるのがSIMフリースマホの魅力です。

デメリットはサポート対応が弱いこと

SIMフリースマホや格安SIMは、ショッピングセンターや家電量販店でも契約できますが、それらの店舗ではサポートはほとんど受け付けていません。

もし、契約後にプランを変更したくなったり、何か相談したいことあったりした場合は、インターネットや電話でのサポートになります。

これまで、ドコモショップやauショップで何でも相談することに慣れている人だと、少し対応が物足りないと感じるかもしれません。

2.SIMフリースマホはこんな人におすすめ

携帯料金を安くしたい人

SIMフリースマホで使える格安SIMは、前述のように各キャリアより圧倒的に安く、料金プランがとても豊富です。同じようなプランでも、格安SIMなら大手キャリアの半額以下の値段で利用できます。

あまり外でネットを使わない人なら通信量が1GBや低速プランを選べますし、ガンガン使いたい人ならデータ無制限プランがあります。自分の使い方に最適のプランを選べるので、ムダがありません。

海外で現地SIMを使いたい人

airportsim

旅行や仕事で海外にでかけたときに、通信料の安い現地のSIMを使って通話やデータ通信ができるのも、SIMフリースマホのメリットです。

最近は、ほとんどの国の空港で、旅行者向けのSIMカウンターが設けられています。片言の英語でも簡単に契約できます。

設定が難しそうと思う人は、SIMフリースマホの表示を英語にしておきましょう。スタッフが設定までしてくれますよ。

携帯会社が提供する国際電話サービスは高額になるので、海外にでかける場合はSIMフリースマホがおすすめです。

3.SIMフリースマホの性能は値段に比例する

SIMフリースマホのラインナップはとても豊富なので、一体どれを選んだら良いのか迷っているのではないでしょうか。SIMフリースマホは、性能が良ければそれだけ値段も高くなります

選び方のポイントは、自分がスマホで何をしたいかを考えることです。今回は、以下の3パターンに分けてみました。

  • 電話とメールがメイン:1万円代
  • 動画・写真・ゲームなど、いろいろ楽しみたい:3万円前後
  • 最新の3Dゲームをバリバリ楽しみたい:5万円以上

4.価格別おすすめSIMフリースマホ端末7選

現在販売されているスマホの中でおすすめの端末を、「1万円台」「3万円前後」「5万円以上」という3つに分けてご紹介しましょう。

最近流行りの「ポケモンGO」を楽しむなら、「3万円前後」〜のスマホをおすすめします。

【1万円台】電話やメールなど最低限の機能で良いならこの2機種

とにかく安くて軽い「ASUS Liquid Z330」

Liquid Z330Liquid Z330は、SIMフリースマホの中でも低価格な端末ですが、この価格帯のスマホの中では電池の持ちが良くて軽いと評判です。スマホを買っても電話とメールしかしないので、端末はとにかく安く買いたいという人におすすめします。

この端末は単体購入できないので、格安SIMである「楽天モバイル」と同時購入する必要があります。楽天モバイルは、格安SIMの中でも満足度の高いプロバイダなので、携帯キャリアからの乗り換えにはピッタリです。

ASUS Liquid Z330
価格:12,960円
OS:Android 5.1
メモリ:1GB
ストレージ:8GB
CPU:クアッドコア
解像度:854×480
画面サイズ:4.5インチ
カメラ:メイン500万画素/フロントカメラ500万画素
重さ:約145g
SIM:micro-SIM
カラー:ブラック、ホワイト

バッテリーが長持ち「FREETEL Priori5」

FREETEL Priori5は、7色のきせかえカバーが付いており、その日の気分でガラッと雰囲気を変えられるスマホです。

この価格帯ながら、大容量のバッテリーでゲームをしたり動画を見るなどして過ごしても朝から夕方まで持ちます。

楽天モバイルではなく、別の格安SIMを使いたいという人におすすめです。

FREETEL Priori5
価格:18,133円
発売日:2018年2月
OS:Android 7.1
メモリ:2GB
ストレージ: 16GB
CPU:クアッドコア
解像度:1280×720
画面サイズ:5インチ
カメラ:メイン800万画素 / サブ500万画素
重さ:約135 g
SIM:nano-SIM
カラー:ブラック
満足度(価格.com):3.00(採点者2人)

【3万円前後】コストパフォーマンスが高い3機種

落としても壊れにくい国産スマホ「arrows M04」

国産のスマホらしく、防水や壊れにくさを重視したスマホです。汚れても石鹸で洗えるのは手軽でいいですね。

外国製のスマホの場合、スマホ内部の性能を重視したものが多いですが、このスマホは日常で安心して使えることをコンセプトにしています。そんなに頻繁に機種変しない人へ特におすすめします。

富士通 arrows M04
価格:27,980円~
発売日:2017年7月
OS:Android 7.1
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
CPU:クアッドコア
解像度:1280×720
画面サイズ:5 インチ
カメラ:メイン:1,310万画素 サブ:500万画素
SIM:nano-SIM
カラー:ホワイト、ブラック
満足度(価格.com):3.91(採点者11人)

2つのレンズで高画質な写真が撮れる「FREETEL REI2」

このスマホは、メインのカメラの部分にレンズが2つ並んでいます。この2つのレンズをうまく利用し、一眼レフのような背景をぼかした写真を撮ることができます。

こうした機能はそもそもiPhoneが始めたものですが、REI2はiPhoneの半額近い値段で買えるので、気軽にキレイな写真を撮りたい人におすすめです。

FREETEL REI 2
価格:39,733円~
発売日:2018年 2月
OS:Android 7.1
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
CPU:オクタコア
解像度:1920×1080
画面サイズ:5.5 インチ
カメラ:メイン1300万画素/サブ1600万画素
重さ:158g
SIM:nano-SIM
カラー:ホワイト、ブルー、ブラック
満足度(価格.com):3.45(採点者2人)

有名メーカーのレンズを使ったカメラ機能が魅力「HUAWEI P10 lite」

HUAWEI P10 liteは、高級感のあるデザインと、値段以上の高性能さが魅力のスマホです。特にカメラに力を入れており、ライカというカメラ業界では古くから評価の高いメーカーと共同制作したレンズを使っています。インスタグラムやツイッターですぐにきれいな写真をシェアしたい人にぴったりです。

この端末には、背面に指紋認証センサーが搭載されています。センサーに触れるだけで瞬時にロック解除できるのでとても便利です。この便利さに慣れてしまうと、もう他の機種には戻れないでしょう。

HUAWEI P10 lite
価格:27,800円〜
発売日:2017年 6月9日
OS:Android 7.0
メモリ:3GB
ストレージ:32GB
CPU:オクタコア
解像度:1920×1080
画面サイズ:5.2インチ
カメラ:メイン1200万画素/サブ800万画素
重さ:146g
SIM:nano-SIM
カラー:サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラック
満足度(価格.com):4.31(採点者184人)

【5万円以上】最新ゲーム・動画などスマホをフルに使いたいならこの2機種

ついに登場!4型ディスプレイの最高峰「iPhone SE」

iPhone SEこれまでiPhone5sや5cを使っており、そのサイズ感(4型)が好きでiPhone6や6sに魅力を感じなかった人におすすめなのがこの端末。パッと見た感じではiPhone5sに近いのですが、性能は6sとほとんど変わりません。

カラーバリエーションもシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドと4色展開。自分好みの1台を選べます。値段が6sより安いのもうれしいところです。

apple iphone SE
価格:64,584円~
発売日:2016年3月31日
OS:iOS9
メモリ:2GB
ストレージ:64GB
CPU:A9
解像度:1,136 x640
画面サイズ:4インチ
カメラ:メイン1200万画素/サブ120万画素
重さ:113g
SIM:nano-SIM
カラー:シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールド
満足度(価格.com):4.59(採点者86人)

価格以外のデメリットが見当たらない「iPhone8」
k0000906766

高級なSIMフリースマホとして決して外せないのがiPhone8。新商品が出るたびにワクワクさせられます。iPhone8では、防水仕様でおサイフケータイ対応など、使い勝手も良くなっています。値段は高いですが、中古で高く売れるので、新機種のたびに買い換えるというのもアリですね。

しかし、全モデルであるiPhone7と比較して目新しいところが少ないのが難点です。なので、あえて安くなったiPhone7を購入するのもありかと思います。

apple iPhone8
価格:85,000円~
発売日:2017年9月
OS:iOS11
メモリ:2GB
ストレージ:64GB
CPU:A11
解像度:1334×750
画面サイズ:4.7インチ
カメラ:メイン1200万画素/サブ700万画素
重さ:148 g
SIM:nano-SIM
カラー:ゴールド、シルバー、スペースグレイ
満足度(価格.com):4.31(採点者16人)

5.SIMフリースマホは格安SIMとセットで買うとお得

SIMフリースマホは、価格.comやヤフオク、通販サイトなどから購入することができます。しかし、初めてSIMフリー端末を購入するのであれば、以下の理由で格安SIMとのセット購入がおすすめです。

設定不要ですぐ使える

SIMフリースマホで格安SIMを使う場合、ネットに接続するための「APN設定」が必要です。むずかしい設定ではありませんが、格安SIMとのセット購入なら、店側で設定してくれているので、SIMカードをセットするだけで使えるという手軽さがあります。

端末を分割購入できる

格安SIMとセット購入すれば、月額料に上乗せという形で分割購入ができます。低価格の端末ならともかく、高額な端末を一括払いするのは大変。月々の負担も少なくなる格安SIMとのセット購入がおすすめです。

セット購入におすすめな格安SIMは「楽天モバイル」

楽天モバイル

楽天モバイルは、格安SIMと同時に購入できる端末が22機種(2018年3月時点)と多くラインナップされています。さきほど紹介した激安スマホの「ASUS Liquid Z330」も楽天モバイルでのみ購入できるものです。

とにかくスマホは安いものが良いという人から、動画やゲームを楽しみたいので性能の良いスマホを選びたいという人まで幅広く対応しています。キャンペーン中のスマホなら、お得な値段で購入できます。

さらに、格安SIMの中で唯一「5分かけ放題オプション」が用意されているというのも、楽天モバイルのおすすめポイントです。5分以内の国内通話が何度でもかけ放題なので、通話が多いという人でも料金を抑えることができます。

ちなみに、携帯キャリアからMNPで楽天モバイルに乗り換える場合、ネットで申し込むと、SIMが郵送されてくるまで(最短2日間)電話が使えなくなってしまいます。もし即日乗り換えたい場合は、家電量販店やイオンモールに出店している楽天モバイルの店頭カウンターで申し込むと良いでしょう。

楽天モバイルの申込みはこちらから

6.今、持っているスマホを使う場合

現在、ドコモ、au、ソフトバンクと契約しており、もうすぐ2年になるので乗り換えを検討しているなら、現在の端末で格安SIMを利用するという方法もあります。その場合、次の点に注意してください。

ドコモ・auはそのままで日本の格安SIMが入れられる

格安SIMのほとんどは、ドコモの通信回線を利用しています。現在ドコモを利用しているのであれば、同じ端末で格安SIMを使うことができます。

auの場合、同じ回線を使っている「mineo」と「UQ mobile」という2社から選ぶと、auで使っていた端末をそのまま利用できます。

ソフトバンクはロック解除が必要

現時点でソフトバンクの回線を利用した格安SIMはありません。そこで、ソフトバンクの端末を利用する場合はロック解除が必要になります。

2015年5月以降に発売された端末であれば、どの端末でもロック解除可能ですが、それ以前の端末は限られています。詳しくは公式サイトの「ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除」をごらんください。

7.中古スマホを使う場合

ドコモやauのスマホなら、格安SIMがそのまま使えるといいましたが、とにかく安くスマホを買いたいという場合は、過去に使っていた端末や中古スマホを購入するという方法もあります。

例えば、IOSYSという中古パソコン・ケータイショップの通販サイトでは、格安SIMが利用できる端末を販売しています。

スクリーンショット 2016-02-11 18.01.28

中古で買う場合、格安SIMの選択肢が多いドコモの端末から選ぶことをおすすめします。

ただし、ドコモの端末ならすべて格安SIMが使えるというわけではなく、あまりに発売日が古いものは使えない可能性があります。このサイトでは、端末の発売日で絞り込むことができるので、おすすめの目安として2015年以降で検索してみると良いでしょう。

利用したい端末が利用できるか気になる人は、動作確認端末一覧へのリンクから、スマホの型番をそれぞれの会社のページで検索して、使えるかどうかをチェックしてみてください

8.まとめ

SIMフリースマホなら、自分の使い方に合わせてお得な通信プランを選択できます。さまざまな種類がありますが、値段と性能は比例しているので、スマホの使い方に合わせて選ぶのがお得な方法です。

通話とメールができれば何でも良いのであれば1万円台の端末、ある程度の性能でコスパの高いものなら3万円前後、スマホで色々と楽しみたい人は5万円以上という目安で、ぜひ選んでみてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。