今さら聞けない!「SIM」とはいったい何なのかこっそり教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ最近「格安SIM」に乗り換える人がたくさんいますが、そもそも「SIM」とは何なのでしょうか?

「名前は聞いたことあるけど、実際にどんな役割があるのかよく知らない」という人も多いはず。

そこで今回は、今さら人には聞けない「SIM」について徹底解説!この記事さえ見れば、「SIM」ついてのすべてがわかります!

1.そもそもSIMってなに?

SIMとは、スマホなどの端末に差し込んで使うICカードのこと。

スマホにSIMを差し込むことで、電話をかけたりインターネットに接続できます。

SIM

国内で3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)格安SIMを使っている人は、SIMを借りていて、必ずスマホの中にSIMが入っています。

そんなSIMは、どんな役割をしているのか見ていきましょう。

役割1.ユーザー固有の情報を記録している

SIMには、スマホを利用している契約者の情報や、電話番号などの情報がわかるように、固有のID番号が記録されています。

実は、スマホ本体には写真やアプリやメールなどのデータは保存されていますが、契約者の情報や電話番号は記録されていません。

つまり、SIMには本当に大事な情報だけが記録されています。

そのため、機種変更するときはSIMを挿し替えるだけでカンタンに使えるようになるのです。

役割2.電話回線が使える

電話回線(3G/4G/LTE)が使えているのは、SIMに入っている契約者の情報と電話番号を通しているからです。

もし、スマホにSIMが入っていないと、電話をかけたり外でインターネットに接続したりすることはできません

SIM

ただ、SIMが入っていなくても、家のWi-Fiなどにつないで、LINEInstagramなどのアプリは使えます

スマホはどこにでも持ち歩くものなので、SIMはスマホにとって欠かせないのです。

2.機能とサイズについて

SIMには「機能」と「サイズ」がそれぞれ3種類ずつあり、用途やスマホによって必要になるSIMが異なります。

SIMについて知っておかないと、格安SIMを使うときにトラブルになることがあるので、ここでしっかり理解しておきましょう。

1.3つの機能

格安SIMには、「音声SIM」「データSIM」「データSIM+SMS」の異なった機能をもつSIMが3種類あります

格安SIMを申し込むときは、この3種類のSIMの中から選ぶことになります。

 音声SIMデータSIM+SMSデータSIM
電話××
SMS× 
データ通信

大手キャリアから乗り換える場合は、基本的には大手キャリアが提供しているSIMと同じである音声SIMを選びます

もし、電話番号がいらない人は、他の機能のSIMもチェックしておきましょう。

音声SIM

音声SIMは、大手キャリアが提供しているSIMと同じもので、電話・SMS・データ通信のすべてのサービスが利用できます

電話ができるSIMは「音声SIM」だけなので、電話を使う人はこのSIMを選びましょう

データSIM+SMS

データSIM+SMSは、データ通信に加えてSMSのサービスを利用できます

電話はしないけど、SMSが必要なアプリやWebサービスを利用したい場合はこのSIMがおすすめです。

※SMSとは、電話番号を利用してメッセージを送受信するサービスで、会員制のサービスやアプリを利用するときに本人確認のため、SMSが必要になる場合があります。

データSIM

データSIMは、データ通信のみ利用できます

Wi-Fi環境がないところでも、インターネットに繋いでLINEやゲームなどのアプリを使えますが、SMSが必要なアプリやWebサービスは利用できません。

他のSIMと比べて、できることが限られていて料金が安く設定されているので、サブのスマホにはこのSIMがおすすめです。

2.3つのサイズ

SIMにはサイズの異なった「標準SIM(miniSIM)」「microSIM」「nanoSIM」があります。

もし、使いたいスマホに合わないサイズのSIMを選んでしまうと、使うことはできません。

どれがスマホに合うサイズのSIMなのか、しっかり確認してからSIMを用意しましょう。

使いたいスマホにあったSIMの調べ方

使いたいスマホを扱っているメーカーのWebサイトから調べることが可能です。

iPhoneを販売しているApple社では、iPhone5以降nanoSIMになっています。

iPhoneだけに関わらず、現在販売されているスマホのほとんどが「nanoSIM」なのですが、念のために調べておきましょう。

まとめ

以上で、SIMについてくわしく解説してきました。

  • ユーザー固有の情報を記録している
  • 電話回線が使える

SIMには上記のような大事な役割があることがわかったかと思います。

じつは格安SIMに変えるだけで、1年間で数万円も節約できるので、補足の「格安SIMについて」も一緒に見てくださいね。

補足.格安SIMについて

格安SIMとは、「格安の料金で電話回線を使えるSIM」のこと。

つまり、格安SIMを使うことで月々のスマホの料金を安くできます。

※「SIM」は提供している会社から借りているだけなので、SIMが安いわけではありません。

今までは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からしかSIMを借られなかったことに加え、お手頃な料金ではありませんでした。

しかし、格安SIMが使えるようになったので、今では携帯代を大幅に安くできるようになりました。

格安にSIMが使える理由

サクッとまとめると、格安SIMを提供している会社(MVNO)が3大キャリアから一部の回線を借りてきて、たくさんの人に提供しているから安く使えるんです。

格安SIM システム

安くスマホを使えるようになったのは、私たち消費者にとってものすごくありがたいですよね。

ITリテラシーが高い人ほど速い段階に、キャリアから格安SIMに乗り換えています

※格安SIMについてもっと知りたい!という人はこちら

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト