騙されるな!一番安いポケットWiFiはこれだ【2021年3月版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「一番安いポケットWiFiってどれ?」

2021年3月現在ポケットWiFiは30社もあり、料金体系も複雑でわかりにくいので、本当に安いものを見つけるのは困難ですよね。

最安値!」という広告を見て買ったのに、後でよく調べると料金のカラクリに騙されていた・・・なんてこともしばしば。

そこで元ネット回線販売員の私が、ポケットWiFi全30社の「実際にかかる料金」を洗い出し、徹底的に比較しました!

この記事を読めば、本当に安く、自分にぴったりなポケットWiFiがわかるはずです。

ぜひ参考にしてください!

この記事では、ポケットWiFiの料金を最重視して比較しています。

速度・エリアの広さなども含めて総合的に比較したい人は、ポケットWiFi全32サービスを比較した結果…2021年3月おすすめはこれだ!を参考にしてください。

1.料金が安い順にポケットWiFiを並べました【全30社】

まず、2021年3月現在に発売されている全30社のポケットWiFiを比較しました。

広告の料金ではなく、実質月額料金(=実際にかかる1ヶ月あたりの料金)が安い順に並べています。理由は後述しますが、安定性がなく、契約すべきでないポケットWiFiには横線を引いています。

←(スマホの方はスクロールできます)→

順位 ポケットWiFi 実質月額料金   データ容量  
1 FUJI WiFi 2,742円 月間30GB
3,029円 月間50GB
2 どこよりもWiFi 3,236円 月間100GB
3 縛りなしWiFi 3,246円 1日2GB
4 Mugen WiFi 3,275円 月間100GB
5 ギガWiFi 3,305円 月間100GB
6 クイックWiFi 3,331円 月間100GB
7 Ex WiFi 3,331円 月間100GB
8 それがだいじWiFi 3,370円 月間100GB
9 NC WiFi 3,370円 月間100GB
10 限界突破WiFi 3,430円 1日10GB
11 ZEUS WiFi 3,480円 100GB
12 WiMAX GMOとくとくBB 3,431円 実質無制限
(3日10GBまで)
13 nuro mobile 3,550円 月間13GB
14 Broad WiMAX 3,594円 実質無制限
(3日10GBまで)
15 カシモWiMAX 3,631円 実質無制限
(3日10GBまで)
16 THE WiFi 3,849円 1日4GB
17 SAKURA WiFi 3,930円 月間100GB
18 地球WiFi 3,954円 月間100GB
19 365WiFi 4,211円 月間100GB
20 BIGLOBE WiMAX 4,278円 実質無制限
(3日10GBまで)
21 hi-ho Let’s WiFi 4,334円 1日7GB
22 ハッピーWiFi 4,343円 月間100GB
23 UQ WiMAX 4,522円 実質無制限
(3日10GBまで)
24 Chat WiFi 4,812円 月間200GB
25 モナWiFi 5,097円 1日10GB
26 au 5,206円 実質無制限
(3日10GBまで)
27 Y!mobile 5,348円 実質無制限
(3日10GBまで)
28 88mobile 7,450円 月間100GB
29 docomo 7,728円 月間30GB
30 SoftBank 8,290円 月間50GB

全30社のポケットWiFiを安い順にランキングしたところ、以下のような結果になりました。

ポケットWiFiは、データ容量が増えるにつれ料金も高くなるのが一般的です。

迷った場合、とくにコスパがいい(実質無制限で使えるのに料金が安い)WiMAX GMOとくとくBBで間違いありません。

注意!安くても契約してはいけないポケットWiFi

以下の16サービス(上記の表で横線を引いているサービス)は、ネット回線の安定性がないので契約してはいけません。

←(スマホの方はスクロールできます)→

契約をおすすめしないサービス
クラウドWiFi どこよりもWiFi Mugen WiFi ギガWiFi クイックWiFi
Ex-WiFi それがだいじWiFi NC WiFi 限界突破WiFi
ZEUS WiFi THE WiFi 地球WiFi 365WiFi
hi-ho Let’s WiFi ハッピーWiFi モナWiFi
その他 縛りなしWiFi

※クラウドWiFi:3キャリア(docomo・au・SoftBank)の回線を借りて運営しているサービス。その場所での最適な回線に自動で切り替えてくれる。

これらを契約してしまうと、突然使えなくなったり、満足のいくサポートが受けられなかったりといったリスクがあるんです。

それぞれの問題点をくわしく見ていきましょう。

クラウドWiFiは通信障害が起こりやすい

選んではいけないサービス

2019年から続々と発売された「クラウドWiFi」というジャンルのポケットWiFiは、トラブルが多発し、苦情が殺到したサービスです。

たとえば、もっとも有名な「どんなときもWiFi」は通信障害を起こし、すべてのユーザーに対して完全無制限のプランを強制終了してしまいました。

突然ネットが使えなくなったり、勝手にプランが変更されたりしないよう、ずっと安定したサービスを提供し続けているポケットWiFiを選んでください

※現在も、クラウドWiFiのうち限界突破WiFi・どこよりもWiFiなどで頻繁に通信障害が発生しています。

縛りなしWiFiは評判が悪い

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは料金が安く、一見魅力的に思えますが、ユーザーからの評判がかなり悪いです。

  • 過剰請求のトラブルが頻繁に起こっている
  • 過去、勝手にプラン内容が変更された
  • サポートセンターに問い合わせても返信がこない

Twitterにはこういった評判があふれており、「縛りなしWiFiは詐欺だ」という内容で発信しているアカウントも複数あります。

縛りなしWiFi 詐欺

クラウドWiFiと同じく、安定したサービスとは言えないので選んではいけません。

2.本当に安いポケットWiFiは実質月額料金でわかる

本当に安いポケットWiFiを選ぶポイントは、実質月額料金(契約期間内にかかるトータル料金を、月額料金に直したもの)で比較することです。

公式サイトで宣伝されている料金を比較するだけでは、おトクかどうかわからず運営会社の思うツボになってしまいます。

その理由としては、以下の4つです。

  1. 月額料金は定額ではないことが多い
  2. 月額料金だけでなく初期費用がかかる
  3. キャッシュバックや割引キャンペーンで安くなるサービスがある
  4. 各サービスの契約期間がバラバラ

※初期費用:事務手数料+端末代+初月料金

これらを見落として選んでしまうと損する可能性が高いので、しっかりと実質月額料金で比較しましょう。

実質月額料金の計算方法

ポケットWiFiの実質月額料金は、以下のように計算します。

実質月額料金

※初月料金が日割りの場合:15日目から使ったと仮定し、月額料金の半額で計算

このように、実際にかかる料金を漏れなく計算したものが「実質月額料金」となっています。

ポケットWiFiは実質月額料金で比較しないと損をする

ここで「実質月額料金で比較しないと損をする」という例を見てみましょう。

←(スマホの方はスクロールできます)→

   WiMAX GMOとくとくBB  カシモWiMAX
月額料金 1〜2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
1ヶ月目:1,380円
2〜24ヶ月目:3,589円
25ヶ月目以降:4,079円
初月料金 日割り 1,380円
事務手数料   3,000円
端末代 無料 無料
キャンペーン 30,000円
キャッシュバック
なし
契約期間 3年 3年
実質月額料金 3,431円 3,631円
3年間の総額 128,165円 134,340円

たとえばGMOとくとくBBは、高額なキャッシュバックキャンペーンをしていて、実際には広告の料金よりも安く使えます。

一方でカシモWiMAXの広告を見てみると・・・

カシモの広告

初月料金だけを安くして広告にのせているので「思ったより毎月の請求が高い」というトラブルが起こることもあるんです。

他のポケットWiFiもこれらと同様で、ただ「月額料金」見るだけでは不十分です。この記事の冒頭のランキング表では、実質月額料金で比較しています!

3.結論!安いポケットWiFiはこれ

全30社のポケットWiFiを実質月額料金で比較した結果、以下のように選ぶのがおすすめだとわかりました。

とにかく安いものが欲しい人はFUJI WiFiをおすすめしますが、データ容量(月間30GB・50GB)が物足りない人は、WiMAX系サービスを選んでください。

一番安いポケットWiFi|FUJI WiFi

Fuji WiFi

「とにかく一番安いポケットWiFiが欲しい」という人にはFUJI WiFiがおすすめです。

FUJI WiFiの基本情報
データ容量 月間30GB・月間50GB
最大通信速度 150Mbps
実質月額料金 30GBプラン:2,742円
50GBプラン:3,029円
(1位/30社)
契約期間 なし
配送 2営業日以降発送
運営会社 株式会社レグルス

デポコミコースで申し込んだ場合の実質月額料金

FUJI WiFiは、30GB・50GBどちらのプランも業界最安値となっています。料金を重視してポケットWiFiを選びたい人におすすめします。

契約期間がないので、どのタイミングでも解約金0円で解約できるのも魅力です。

メリット

  • 最安値で契約できる
  • 契約期間がない

デメリット

  • データ容量が比較的すくない
  • WiMAXよりも速度が遅い

こんな人におすすめ

  • とにかく安いポケットWiFiが欲しい人
  • 1年未満の短期間で使いたい人
  • 月間30GB・50GBあれば足りる人(目安はこちら

※FUJI WiFiには月間100GB・1日10GBプランもありますが、それだとWiMAXの方がたくさん使えて安いので、30・50GBプランのみを検討してください。

コスパ最強のポケットWiFi|WiMAX GMOとくとくBB

GMOとくとくBB3月度キャンペーン

月間30・50GBで足りない人は、データ容量が実質無制限、高速通信が可能で料金も安い「WiMAX GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBの基本情報
データ容量 実質無制限
(3日10GB)
最大通信速度 440Mbps
実質月額料金 3,431円(12位/30社)
※実質2位
契約期間 3年
配送 最短当日発送
運営会社 株式会社GMOインターネット

※クラウドWiFi・縛りなしWiFiは選択肢に入らないので実質2位

GMOとくとくBBは、WiMAXをもっとも安く契約できる窓口です。

運営実績20年以上の東証一部上場企業「GMOインターネット」がサポートしてくれるので、安全性もバッチリだと言っていいでしょう。

どのポケットWiFiを選ぶか迷ったら、はじめて契約する人も、過去に契約したことがある人もGMOとくとくBBを選べば間違いありません

メリット

  • 実質無制限で使える(制限にかかってもYouTubeの標準画質くらいなら再生できる)
  • 高速通信ができる

デメリット

  • FUJI WiFiの30・50GBプランより実質月額料金が約700円・約400円ずつ高い

おすすめする人

  • 月間50GB以上使う人
  • どのサービスにすべきか迷っている人

他社からの乗り換えなら一番安い|Broad WiMAX

Broad WiMAX

「他社から乗り換えたいけど、解約金に悩んでいる」という人はBroad WiMAXがおトク。

Broad WiMAXの基本情報
データ容量 実質無制限
(3日10GB)
最大通信速度 440Mbps
実質月額料金 3,594円(14位/30社)
※実質4位
契約期間 3年
配送 最短当日発送
運営会社 株式会社リンクライフ

Broad WiMAXは、他社からの乗り換え時の解約金を最大19,000円まで負担してくれます

実質月額料金も、GMOとくとくBB(3,472円)より100円高いだけで、大差はありません。

なので、他社からの乗り換えでWiMAXを契約するなら、Broad WiMAXがおすすめです。

メリット

  • 他社からの乗り換え時の解約金を負担してくれる(19,000円まで)
  • 実質無制限で使える
  • 高速通信ができる

デメリット

  • 乗り換えでの契約でなければ最安値にならない

こんな人におすすめ

  • 他社ポケットWiFiから乗り換えたいが、解約金に悩んでいる人

口座振替なら一番安い|BIGLOBE

BIGLOBEキャンペーン

「クレジットカードを持っていない・使いたいくない」という人は、口座振替でも契約できるBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBEの基本情報
データ容量 実質無制限
(3日10GB)
最大通信速度 440Mbps
実質月額料金
(口座振替)
4,278円(20位/30社)
契約期間 1年
配送 最短当日発送
運営会社 ビッグローブ株式会社

クレジットカードでの申し込みが一般的であるなか、BIGLOBEはWiMAXを口座振替で契約できる、数少ないプロバイダの一つです。

実質月額料金は、GMOとくとくBB(3,472円)よりも高くなってしまいますが、どうしても口座振替で契約したいという人はBIGLOBEを選びましょう。

メリット

  • 口座振替できるサービスの中で最安
  • 実質無制限で使える
  • 高速通信ができる

デメリット

  • 実質月額料金が高い

こんな人におすすめ

  • クレジットカードを持っていない・使いたくない人

まとめ

本当に安いポケットWiFiを選ぶためには、広告の料金ではなく実質月額料金を見なくてはなりません。

実質月額料金で30社を比較した結果、以下の4社がおすすめだとわかりました。

あなたにピッタリなポケットWiFiを見つける参考にして頂ければ幸いです。

補足

最後に、この記事の補足情報を解説していきます。興味のある方はご覧ください。

データ使用量の目安

以下の目安を、FUJI WiFiの30GBプランと50GBプラン、WiMAXを選ぶ参考にしてください。

  30GBでどのくらい使えるか 50GBでどのくらい使えるか
YouTube
(標準画質:720p)
45時間 75時間
Amazon Prime
(中画質)
48時間 80時間
LINE通話
(音声)
990時間 1650時間
Zoom 51時間 85時間
メールの送受信 627,00通 104,500通

「自分がどれくらい使っているかわからない」という人は、以下2つの方法でデータ使用量を確認できます。

  • 各携帯キャリアのマイページにログイン
  • スマホのスクリーンタイムを確認する(設定→スクリーンタイム→すべてのアクティビティ)

迷った場合は、WiMAX GMOとくとくBBを選んでおけば間違いありません。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト