ズバリ解説!JP WiMAXの契約前に知っておくべき3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JP WiMAXについてお調べですね?

ネット広告で『最安セール開催中!』『月額料金、業界最安級などと宣伝しているので、JP WiMAXがお得そうだなと気になっているかもしれません。

ポケットWiFiの仕事に関わっている私がリサーチした結果、JP WiMAXがお得なプロバイダの1つであることは間違いなさそうです。

でも、調べていくうちに”3つの注意点”も見つけました…

とくに、あなたが普段Amazonで買い物をするかどうかが、JP WiMAXを選ぶ大きな決め手になります。

この記事では、あなたにとってJP WiMAXがお得かどうかを判断できるよう、メリット・デメリットをくわしく解説していきます。

WiMAXを検討中ならぜひ参考にしてください!

1.JP WiMAXとは?

JP WiMAXは、2018年4月からWiMAXサービスを提供し始めたプロバイダ(販売代理店)です。

運営元の『フォン・ジャパン』は、世界中でWiFiサービスを提供しているFONというグルーバル企業の日本法人。

他のWiMAXプロバイダは日本企業なので、JP WiMAXはWiMAX界にやってきた黒船のような存在ですね。

JP WiMAXの基本情報を表にまとめました。(すべて税抜)

月額料金 2,800円(~3ヶ月目)
3,500円(~24ヶ月目)
4,100円(~36ヶ月目)
契約事務手数料 3,000円
キャンペーン特典 10,000円分のAmazonギフト券
端末代金 0円
取り扱い端末 W06、W05、L02
契約期間 3年
支払方法 クレジットカードのみ
サポート制度(有料) 端末安心サポート(月額550円)
JPサポート(月額907円)
オプション付属品 充電器 3,000円
クレードル 3,500円

契約期間が3年で、端末は無料、支払いはクレジットカードのみという部分は他のプロバイダと変わりません。

大きな違いはキャンペーンで、現在10,000円分のAmazonギフト券がもらえます(2019年8月)。

それらをふまえ、次にJP WiMAXのメリットを解説していきましょう。

WiMAXはどのプロバイダから申し込んでも使っている回線はすべて同じなので、通信速度やエリア、速度制限に違いはありません。

2.JP WiMAXのメリット

JP WiMAXのメリットは次の2つ。

  • 月額料金が安い
  • キャッシュバックが受け取りやすい

ひとつずつ、くわしく解説していきますね。

メリット1.月額料金が安い

ネット広告等で宣伝されてる通り、JP WiMAXの月額料金は『業界最安級』です。

人気WiMAXプロバイダとの比較表を作ったので、ご覧ください。(※すべて最新端末W06で比較)

JP wimaxと他プロバイダの料金比較表

ほとんどのWiMAXプロバイダは月額料金が途中で変わります。

なので、比較しやすいように実質月額を計算しました。※初期費用は事務手数料と半月分の初月料金で計算しています。

実質月額=(初期費用+(月額料金×36)−キャッシュバック)÷36

すると、JP WiMAXは安さで人気のGMOとくとくBBよりも安くなりました。

ただし、GMOとくとくBBは現金でキャッシュバックされるのに対し、JP WiMAXはAmazonギフト券というAmazonでしか使えない商品券でのキャッシュバック。

なので、JP WiMAXが一番安くなるかどうかは、あなたがAmazonでよく買い物をするかで変わります。

メリット2.キャッシュバックが受け取りやすい

JP WiMAXのキャッシュバックは、契約後すぐ、かんたんな手続きをするだけで受け取ることができます。

WiMAXのプロバイダでキャッシュバックキャンペーンがあるものは、基本的に受け取りの手続きをしなければならず、以下の手順が必要です。

  1. 数カ月後にプロバイダから手続きメールが届く
  2. そのメールから手続きを期間内に済ませる

これは、各プロバイダによってそれぞれ条件が定められており、受け取る金額が高くなるほど条件が厳しくなる傾向にあります。

たとえば、高額キャッシュバックのGMOとくとくBBBIGLOBEは、約1年後に受け取り手続きの方法が書かれたメールが届きます。

しかも一定期間内に手続きをしなければ失効してしまうんです。

なので、受け取りがむずかしいという口コミが多いんですね。

JP WiMAXの場合、WiMAXを申し込んですぐに申請メールが届き、そこから手続きをすれば最短契約日にAmazonギフト券が発行されます

契約期間中ならいつでも受け取り可能なので、仮に手続きを忘れていたとしても、解約していない限りはいつでも特典を受け取れます。

3.JP WiMAX3つの注意点

JP WiMAXは月額料金が安く、キャッシュバックの手続きも他社よりかんたんというメリットがありますが、以下のポイントに注意が必要です。

  1. キャッシュバックがAmazonギフト券
  2. 解約金が高い
  3. auスマートバリューmineに対応していない

注意点1.キャッシュバックがAmazonギフト券

JP WiMAXはAmazonギフト券でキャッシュバックされるので、あなたがふだんAmazonを使っていなければ全く意味がありません。

私はネットで何かを買うときにAmazonを一番使っていますが、私の妻は楽天でいつも買ってポイントを貯めています。

人によってはヨドバシ.comを使ったり、価格.comで安い店を見つけて商品を買っている人もいるかと思います。

Amazonを使わない人にとって、Amazonでしか使えないギフト券はほとんど意味がなく、特に必要でもないものを買うためにAmazonをわざわざ使う羽目になってしまいます。

GMOとくとくBBやBIGLOBEは現金

GMOとくとくBBやBIGLOBEのキャッシュバック特典は現金が振り込まれます

現金なら、いろいろな目的で使えますよね?

ちなみに、もしAmazonギフト券を使わなかった場合の実質月額は以下の通り。

JP WiMAX:3,686円
GMOとくとくBB:3,468円

GMOとくとくBBの方が安くなりました。

なので、AmazonユーザーにはJP WiMAX、そうでない人は現金がキャッシュバックされるGMOとくとくBBをおすすめします。

注意点2.解約金が高い

JP WiMAXを3年以内に解約した場合、他のプロバイダよりも1万円以上高い解約金を支払わなければなりません

解約金は、解約するタイミングで金額が違うのですが、JP WiMAXはどの時期でも他のプロバイダより高い違約金が発生します。

くわしくは、下記の表をご覧ください。(※すべて税抜)

解約時期 JP WiMAX GMO
とくとくBB
UQ
WiMAX
~12ヶ月 30,000円 19,000円 19,000円
~24ヶ月 25,000円 14,000円 14,000円
~36ヶ月 25,000円 9,500円 9,500円
更新月 0円 0円 0円
37ヶ月以降 9,500円 9,500円 9,500円

比較対象としてGMOとくとくBB・UQ WiMAXを例に出しましたが、他のWiMAXプロバイダの解約金もこのパターンが最も多いです。

契約期間である3年以内に解約する場合は、どのタイミングでもJP WiMAXの解約金はかなり割高ですよね。

特に2年経過してからの解約に関しては、他社が1万未満で済むのに対し、JP WiMAXは25,000円もの違約金が発生します。

”契約更新月の0円”、”それ以降の9,500円”というのは、どのプロバイダでも一緒なので、3年以上必ず利用する方であればJP WiMAXを契約して問題ないでしょう

しかし、途中解約する可能性がある場合は、他のWiMAXプロバイダを検討した方がよいでしょう。

2年以内の解約だと、端末を返さなければならない

JP WiMAXの端末代金は0円ですが、契約後24ヶ月間は端末がレンタル扱いになります。

そのため、2年以内に解約する場合は端末を返却しなければなりません。

もし端末の返却ができない場合、「契約の残り月数×1,600円」の端末違約金が発生するので、この点にも注意してください。

注意点3.auスマートバリューmineに対応していない

JP WiMAXは、auスマホを使っている人が割引を受けられる『auスマートバリューmine』に対応していません。

『auスマートバリューmine』が適用されると、auのスマホ・携帯の月額から毎月500~1,000円の割引を受けられるので、auユーザーにとっては非常に重要です。

同じWiMAXであっても、この割引サービスが適用されるかどうかは契約するプロバイダによって違うので、auユーザーはこれも判断材料に入れて考えなければなりません。

GMOとくとくBBは『auスマートバリューmine』の対応プロバイダなので、auユーザーの方にはこちらがおすすめです。

この情報はJP WiMAXの公式サイトに記載されていませんが、私がJP WiMAXに直接問い合わせて確認した情報です。

auユーザーは注意してください。

4.JP WiMAXの評判

JP WiMAXは、販売が開始されてまだまだ日が浅いので、そこまでネット上に口コミがあるわけではありませんが、その一部をご紹介します。

良い評判

やはりJP WiMAXが『業界最安級』と自信を持って宣伝しているだけあって、コスト面に関しては良い口コミが見られます。

悪い評判

やはりJP WiMAXの解約金の高さが気になって、他のプロバイダへ申し込む方がおられるようです。

絶対に3年間使うという方以外は、他のWiMAXプロバイダを検討した方が良いでしょう。

 

「端末が届くのが遅い」といった内容の口コミがちらほら見受けられました。

気になって調査したところ、どうやら最新端末のW06を申し込んだ場合に配送が遅れるケースがあるようです

もう少し時間が経てば徐々に解決していくかもしれませんが、今W06を申し込む方にとっては死活問題ですね。

GMOとくとくBBでは在庫があるようなので、端末の在庫状況は老舗プロバイダの方が有利なのかもしれません。

5.JP WiMAXを契約する手順

JP WiMAXのメリットから注意点・評判と見てきましたが、ふだんからAmazonを使っている人であれば、JP WiMAXがお得なプロバイダの1社であることは間違いありません。

なので、ここからは契約の流れを解説していきます。

STEP1.対応エリアの確認

まずは、対応エリアの確認です。

自分がネットをよく使う場所(自宅・職場・学校など)で利用できるか、WiMAX回線を管理するUQ WiMAXのサイトから調べましょう。

もしネットがつながる環境であればWEB上から申し込み、ちょっと不安な結果が表示された場合は『0円レンタル』を検討してみましょう。

STEP2.申し込み

JP WiMAXはオンラインでのみ申し込みを受け付けているので、公式サイトから申し込みましょう。

公式サイト:https://jpwimax.jp/

STEP3.端末の選択

JP WiMAXでは、W06、W05、家庭専用のL02が選べます。

どの端末を選んでも代金は0円なので、最新端末のW06がおすすめ!

3つの中で最も通信速度が速く、家でも外でも使いやすい端末です。

ただ今現在、W06は人気で品薄状態のため、W06を選ぶと端末が送られてくる時期が遅くなる可能性があります。

業界最安値のGMOとくとくBBであれば、今でもW06の端末を選べますので、すぐにW06を手に入れたい人はGMOとくとくBBの方が良いですね。

GMOとくとくBBに関するくわしい情報は、「最安値?私がGMOのWiMAXを選んだ理由と、2つの注意点【2019年8月】」で解説しています。

STEP4.端末の到着

端末はネットで申し込んでから、翌日~1週間くらいで届きます。

設定のマニュアルが同梱されており、これを読みながら進めればすぐに完了します。

設定が終わったら、WiMAXの利用スタートです。

6.JP WiMAXの解約方法

いずれJP WiMAXを解約する時のために、その手順をご紹介しておきます。

JP WiMAXの解約は、電話もしくは公式サイトの問い合わせフォームより受け付けています。

解約する手順は、以下の通りです。

  1. 解約の申し込みを電話または公式サイトの問い合わせフォームから行う
  2. 解約金を支払う(※契約更新月は必要なし)
  3. 24ヶ月以内の解約なら端末を返却する
  4. 解約手続き完了

電話で解約を行う際は、下記の番号からになります。

JP WiMAXの電話窓口

0120-545-618

受付時間:10:00〜19:00(土日祝・年末年始を除く)

まとめ

JP WiMAXは、WiMAX業界初の外資系プロバイダということもあり、今までとは違うお得なキャンペーンを実施しています。

WiMAXを毎日研究している私の結論としては、

  • AmazonユーザーならJP WiMAX
  • それ以外の人にはGMOとくとくBB

がおすすめです。

WiMAXはポケットWiFiの中でも通信速度が早く、料金が安いサービスです。

あなたにとってお得なプロバイダで申し込んでくださいね。

WiMAXを検討中のあなたへ

WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2019年8月版】』では、マニアの私が厳選したおすすめのWiMAXプロバイダを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*