J:COM WiMAXを絶対に契約しないほうがいい7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

J:COM(ジェイコム)を使っていて、WiMAXも申し込もうかなと考えていませんか?

ケーブルテレビやネット回線で有名なJ:COMでもWiMAXサービスを提供しています。

「何かしらJ:COMとのセット割引があってお得だろう」と思いますよね?

しかし、J:COMでWiMAXを契約するのは絶対におすすめできません!

理由は、シンプルに大きく損をしてしまうから。実は、J:COMよりもはるかにお得にWiMAXを契約する方法があるんです。

今回は、 そんなJ:COM WiMAXについて解説したうえで、契約しないほうがいい7つの理由を述べていきます。

さいごに、おすすめのWiMAX契約先も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

WiMAXを検討中のあなたへ

手っ取り早くWiMAXを契約するおすすめの方法をお知りになりたい場合、「WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2019年12月版】」を参考にしてください。

また、「ポケットWiFiを比較して分かった1番人気でおすすめはコレだ!【12月最新版】」ではポケットWiFi5サービスからWiMAXのメリット・デメリットを徹底解説しています。

1.J:COM WiMAXとは?

J:COM WiMAXとは、ケーブルテレビで有名なJ:COMが提供するWiMAXのサービス名称です。

WiMAXには、

  • 持ち運び自由で家でも外でも使える
  • 高速データ通信でネットが使える
  • 複数の機器に同時接続OK(PC・タブレット・スマホなど)

というメリットがあります。

提供元のJ:COMは、東京都に本社を置く『株式会社ジュピターテレコム』。

最初は“ケーブルテレビ”として普及し始め、そこから“電話”や“ネット回線”のサービスも加えた形で、今では全国的に利用者が広がる通信事業者となりました。

J:COM WiMAXの基本情報

J:COMが提供するWiMAXの基本情報を、表にまとめてみました。(すべて税抜)

月額料金
ギガ放題プラン 4,379円(J:COM加入者は4,113円)
7GBプラン 3,695円(J:COM加入者は3,429円)
J:COM加入者の特典 毎月266円割引
契約事務手数料 3,000円
初月の月額費用 0円
端末代金 0円
契約期間 2年
契約からの開通日 1週間~10日
auスマホとのセット割 毎月500~1,000円の割引
(auスマートバリューmine)
選べる端末 WX05のみ
最大速度(下り) 440Mbps
通信制限 3日で10GB(ギガ放題の場合)
対応エリア 全国
支払い方法 クレジットカード/口座振替
解約違約金 1~12ヶ月目 19,000円
13~23ヶ月目 14,000円
24~25ヶ月目 0円
26ヶ月目~ 9,500円

WiMAXの料金プランは、

  • 月間のデータ量に制限のない『ギガ放題プラン』
  • 月間7GBまでの制限がある『7GBプラン』

の2種類から選ぶことができます。

なお、月間制限のない『ギガ放題プラン』ですが、3日間の合計データ使用量が10GBを超えると、翌日の18時~26時まで短期の速度制限(最大1Mbpsまで低下)が発生することには注意が必要です。

WiMAXはどこで契約しても通信サービスはほぼ同じ

WiMAXというサービスは、どこから契約しても通信エリア・通信速度・速度制限のルールなどは変わりません。

なぜなら、WiMAXの回線自体は、UQコミュニケーションズという会社が管理しており、J:COMはその回線を借りてサービスを提供するプロバイダの一つに過ぎないからです。

※プロバイダとは、WiMAXの運営元であるUQコミュニケーションズから許可を得て、WiMAXサービスを販売する代理店のようなものです。

「じゃあ、WiMAXのプロバイダによる違いは何なの?」と疑問に思いますよね。

プロバイダによって、キャンペーン特典がぜんぜん違う!

実は、どこでWiMAXを契約するかによって、キャンペーン特典の内容がぜんぜん違うんです。

たとえば、契約時のキャンペーンは、『高額キャッシュバック』や『大幅な月額割引』など、各プロバイダでさまざま。通信サービスがほぼ同じである以上、キャンペーン内容で差を付けないとライバルには勝てませんよね。

つまり、このキャンペーン特典こそが、WiMAXプロバイダを選ぶ上でとても大切なポイントなのです。

残念なことに、肝心のJ:COM WiMAXでは、ライバルに負けないようなお得なキャンペーンを一切実施していません(2019年12月現在)

J:COM WiMAXのキャンペーン特典は?

それでは、J:COM WiMAXのキャンペーン特典を見てみましょう。特典は、2つあります。

特典1.J:COM加入者なら毎月266円割引

何かしらJ:COMのサービスを利用している場合、WiMAXの月額料金から毎月266円の割引が適用されます。

ただし、この266円割引を受けるためには、J:COMが指定するいずれかの1サービス以上に加入していることが条件となります。

J:COM指定のサービス
  • J:COM TVサービス(スタンダードプラス・スタンダード・コンパクト・セレクト)
  • J:COM NETサービス(320M・120M・12M・1M・NET光)
  • J:COM PHONEサービス(J:COM PHONE・J:COM PHONE-i・J:COM PHONEプラス・ケーブルプラス電話)

特典2.初月の利用料が無料

J:COM WiMAXでは、初月(契約した月のこと)の利用料が0円となっています。この初月に関しては、プロバイダごとで『日割り』だったり『無料』だったりの違いがあります。

“初月の利用料が無料”というのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

以上、J:COM WiMAXについて、くわしく見てきました。ここまでの内容だと「お得なキャンペーンはないらしいけど、別にJ:COMでもいいかな~」と思うかもしれません。

でも、通信回線オタクの私としては、J:COMでのWiMAX契約は絶対におすすめできません!

ここからは、J:COM WiMAXを契約しないほうがいい7つの理由を解説していきます。

2.J:COM WiMAXを契約しないほうがいい7つの理由

J:COM WiMAXを契約しないほうがいい理由は、以下の7つがあります。

  1. 料金が高い
  2. 旧端末(WX05)しか選べない
  3. 端末の到着が遅い
  4. 開通設定を自分で行う必要がある
  5. auユーザーの割引は他社でも受けられる
  6. 解約方法が公式サイトにはっきりと明記されていない
  7. サポート体制に不安あり

それでは、順番にくわしく見ていきましょう!

理由1.料金が高い

J:COM WiMAXは月額料金が高いうえに、他社プロバイダのようなお得なキャンペーンを一切実施していません。

J:COM加入者には毎月266円の割引が適用されますが、それを計算に入れたとしても、実際に支払うことになる料金はかなり割高なります。

以下は、J:COM WiMAXと他社プロバイダの各料金を比較したものです。(すべて税抜き)

比較対象として、プロバイダ人気上位の『GMOとくとくBB』と『Broad WiMAX』を選びました。

  J:COM WiMAX GMOとくとくBB Broad WiMAX
月額料金 4,113円
(J:COM加入者)
1~2ヶ月目 3,609円
3~24ヶ月目 4,263円
25ヶ月目以降 4,263円
1~2ヶ月目 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目以降 4,011円
初月費用 0円 日割り 日割り
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円 0円
お得なキャンペーン特典 なし 高額キャッシュバック
34,800円
大幅な月額割引
契約期間 2年 3年 3年
実質月額 4,238円 3,393円 3,694円

※ギガ放題プランの場合で比較しています。※実質月額とは、契約期間内に実際に支払う額(月額料金や事務手数料など)を計算し、それを1ヵ月あたりの額に直したものです。

ご覧のとおり、他社プロバイダと比べ、J:COM WiMAXの“実質月額”はかなり高いですよね。

要は、お得なキャンペーン特典のあるなしで、実際支払うことになる料金にここまで差が出るというわけなんです。

契約後に利用する通信サービスはほぼ同じなのに、こんなにかかるコストが違うなら、一番安いところを選ぶべきです。

理由2.旧端末(WX05)しか選べない

  J:COM WiMAX GMOとくとくBB
取扱端末の数 1種類 4種類
取扱端末の種類 WX05 W06、WX05、L02、 01

2019年12月現在、J:COM WiMAXで選べる端末は、『WX05』の1種類のみ。

一方、GMOとくとくBBなら、最新端末である『W06』をはじめ、最新ホームルーター『L02』など、好きな端末を選ぶことができます。

料金も安いうえに、最新機種も選べるなら、J:COM WiMAXを契約する意味はますます薄れてしまいます。

理由3.端末の到着が遅い

  J:COM WiMAX GMOとくとくBB
発送までの期間 1週間前後 最短即日
到着時期
(住むエリアによって多少の前後あり)
1週間~10日 1~3日

J:COM WiMAXは、申し込んでから端末が自宅に届くまでの期間も、他社に比べ長いんです。

公式サイトにはっきりとした記載がなかったので、実際に電話で問い合わせをしてみたところ、「端末の郵送は1週間前後、遅くとも10日以内にはお届けします」という回答でした。

一方、GMOとくとくBBであれば、最短即日発送なので、早ければ1日後、遅くても3日後にはWiMAXが使えるようになります。間違いなく、早く使えた方がいいですよね。

理由4.開通設定を自分で行う必要がある

J:COM WiMAXは、端末における“ネットの開通設定”を自分で行わなければならず、これがとても面倒なんです。

また、この作業をJ:COM側にやってもらうには、月額500円(税抜き)の『おまかせサポート』に加入しなければなりません。

一方、基本的にどのプロバイダでも、“ネットの開通設定”は済ませた状態で端末を発送してくれるものなので、到着後はSIMカードを端末に挿して電源を入れるだけで、すぐWiMAXが使えるようになります。

つまり、この面倒な作業は、J:COM WiMAXならではのデメリットなんです。

理由5.auユーザーの割引は他社でも受けられる

J:COM WiMAXを契約すると、auユーザーのスマホ料金が割引される『auスマートバリューmine』が適用されます。

ただこの割引サービスは、J:COMに限ったものではなく、他社プロバイダでも同じ条件で適用してもらうことができるんです。

「J:COM WiMAXじゃないと割引されないと思ってた!」という人もおられるかもしれませんが、他社でも適用されるので安心してください。

※『auスマートバリューmine』が適用外のWiMAXプロバイダも一部あります。ちなみに、この記事で例に挙げた『GMOとくとくBB』や『Broad WiMAX』は、どちらも割引が適用されるプロバイダです。

理由6.解約方法が公式サイトにはっきりと明記されていない

J:COMの公式サイトでは、WiMAXの具体的な解約方法についての記載が明記されていません。

実際に電話で問い合わせてみたところ、「電話で解約する旨を伝えてもらえればOKです」という回答でした。

しかし、電話でいちいち問い合わせしないと解約の流れが分からない、というのはちょっと不親切ですよね?

基本的に、多くのプロバイダでは、公式サイトのどこかにWiMAXの解約における内容が明記されているもの。そう考えると、これもJ:COM WiMAXのデメリットと言えるでしょう。

理由7.サポート体制に不安あり

J:COMには、WiMAX専用のサポートセンターが整備されていないことにも不安が残ります。

私が実際に問い合わせをした際も、「ここは担当部署ではない」と、いろいろな部署をたらい回しにされ、少しびっくりしてしまいました。途中から「結局、どこの部署の誰だったらWiMAXの質問に答えてもらえるんだろう…」と不安になったくらいです。

さらに、電話が込み合っていたり、担当者の引き継ぎがあったりで、多くの時間を取られてしまうのもデメリット。ひとつの質問をするだけでこんなに疲れてしまうなら、サポート体制が良いプロバイダとは言えないでしょう。

3.J:COM WiMAXの評判

続いて、J:COM WiMAXを実際に使っている利用者の口コミをご紹介します。

良い評判

良い評判では、J:COMの“ネット回線”より、“WiMAX”のほうが使い勝手がいいという口コミが多かったです。

ただ、これはJ:COM WiMAXと、他でWiMAXを契約する場合を比べる上で参考になる情報ではありません。

J:COMの固定回線と、WiMAXを比較した場合の評価になります。

そのため、あまり意味ある情報ではないのですが、J:COM WiMAX利用者の良い評判はこれくらいしか見当たらなかったので、一応紹介といった感じです。

悪い評判

特に、『サポート体制への不安』に関する悪い評判が目立っていました。

私も実際に問い合わせしてみて、J:COMのサポートには不安を感じていましたが、同じように感じている人も多いようですね。

4.WiMAXを契約するならGMOとくとくBB

上でも解説したように、WiMAXはどこで契約しても通信サービスによる違いはほぼありません。

なので、単純に1番料金の安いプロバイダでWiMAXを申し込めばいいんです。

2019年12月現在、数あるプロバイダの中で、WiMAXを最も安く使えるのは『GMOとくとくBB』!

【キャンペーンサイト】https://gmobb.jp/

GMOとくとくBBのキャンペーン

最新端末『W06』でも3万円を超えるキャッシュバックがあり、業界最安値でWiMAXを利用できます。

ちなみに、GMOとくとくBBが1番安いと断言できる理由は、以下のとおり。

主要WiMAXプロバイダ13社の実質月額比較表

ご覧の通り、『GMOとくとくBB』の実質月額が1番安いですよね?

まとめ

J:COMで申し込める『J:COM WiMAX』について、詳しく見てきました。

J:COM加入者の方にとって、月額266円割引や初月費用0円など、『J:COM WiMAX』を契約する一定の価値はあるように見えます。

しかし、J:COM WiMAXは以下7つの理由により、全くもっておすすめはできません。

  1. 料金が高い
  2. 旧端末(WX05)しか選べない
  3. 端末の到着が遅い
  4. 開通設定を自分で行う必要がある
  5. auユーザーの割引は他社でも受けられる
  6. 解約方法が公式サイトにはっきりと明記されていない
  7. サポート体制にあり

せっかく、同じ通信サービスを利用することになるなら、業界最安値のプロバイダ『GMOとくとくBB』がおすすめです!

ぜひ、最高の条件でWiMAXを手に入れて、快適なネットライフを楽しんでくださいね。

WiMAXを検討中なら

WiMAX契約におすすめプロバイダ4選【2019年12月版】では、WiMAXプロバイダの中でも人気の高い4社の特徴を解説しています。ぜひ参考にしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。