気をつけて!インターネットは引越し先で新しく契約した方がいい3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

引越しをする時って、手続きや届出がたくさんあって大変ですよね。

私も、最近引越しをしたのですが、ネットの契約はどうしようかな、とかなり悩んだことを覚えています。

引越し費用が高くなったので、ネットはできるだけ安く済ませるために徹底的に調べました。

すると、分かったことは、ネット回線は「今使っているものをそのまま使う手続きをする」か「新しく契約し直す」かのどちらかでかかる費用が全く違うということ。

今回は、インターネットの引越し手続きは何が正解か、について3つの理由からバッチリ解説していきます!

結論:インターネットは新規契約した方がいい

結局のところ、引越しの時、ネットは「そのまま使う」か「新しく契約し直す」か、どちらがいいのでしょうか?

はじめに結論を言うと、引越しをするならインターネットは引っ越し先で新しく契約するのがおすすめです

もちろん、今使っているネット回線を、そのまま引越し先でも使うことはできます。

それでも、比較・検証しているうちに、引越すならインターネットは「新しく乗り換えた方がいい」という結論が出ました。

インターネットは乗り換えをした方がいい3つの理由

とはいっても、ネットを新しく契約しなおすのって「手間も時間もお金もかかりそう…」と思いますよね。

私もずっと、ネット回線はそのまま使い続けた方が楽だし、おトクになると思っていました

しかし、その考えは大きな間違いだったのです。新しく契約することを絶対オススメする3つの理由をお伝えします。

理由1.新規申し込みで、キャッシュバックがもらえる

まず1つ目の理由は、ほとんどの光回線で新規乗り換えキャンペーンをしていて、高額のキャッシュバック(30,000円以上)を受け取れるから。

このキャッシュバックをもらえることが、新規契約をオススメする最大の理由です。

今使っている回線をそのまま使っても、特典やキャンペーンは何もないので、新規申し込みの方が断然おトクになります。

もし、今のネットの違約金を払うことになっても、キャッシュバック金額よりも高くなることはないので、損することはありません。

理由2.乗り換えなら、工事費も無料になることが多い

今使っている回線をそのまま使う場合でも、新しく申し込んでも、引越し先での工事は必要になります。

実は、今のネットを引越し先でも利用するのであれば、その工事費を払わなければいけません。

乗り換えをオススメする理由の2つ目は、工事費がタダになるキャンペーンをしている光回線が多いからなんです

このキャンペーンを使うだけで、最低でも15,000円はかかる工事費を無料にすることができます。

どうしてもかかってしまうお金を、払わなくていいのは大きなメリットになりますね。

理由3.使いたかったインターネットへ申し込むことができる

3つ目の理由として、これは個人的な話になるのですが、引っ越しと同時にネット回線を選べるのはちょっとラッキーかなと思います。

なぜなら、今まで使いたくても使えなかったネットが、引越し先では使えるかもしれないからです。

実際に、引越したことで、私は国内人気No.1の光回線である「NURO光」へ乗り換えることができました。

以前住んでいたところでは提供エリア外だったので、使いたくても諦めていました。

今では、NURO光を使って、快適に動画やオンラインゲームを楽しんでいるので、引越しの時にネット回線を考え直してよかったと思います。

※「実際に、NURO光に乗り換えてみた!」で私がNURO光に乗り換えた時のお話をまとめていますのでぜひ参考にしてください。

新規契約をした方が30,000円以上おトク!

インターネットの引越しは、全体でかかる費用を考えると、新しく乗り換えるのがオススメです。

違約金はかかってしまいますが、キャッシュバックがもらえるのと工事費が無料になるキャンペーンがあるので結果的におトクになります。

新規契約と継続使用の場合でそれぞれ比較

次の表で、引越しの時にネットにかかる費用についてざっくり比較しています。

 キャッシュバック工事費違約金合計
新規契約30,000円0円-9,500円20,500円
継続使用0円-15,000円0円-15,000円

これはあくまで一例ですが、新規で申し込みをすれば、20,500円おトクになりますが、継続使用では15,000円の損になります。

そのまま同じネット回線を使っても、工事費がかかるだけなので、引っ越すならインターネットは新規で乗り換える方が圧倒的におすすめです。

※それでもやっぱり、家族や親戚など諸々の事情で今使っている回線を使う必要がある!という人は補足で回線の移転手続きの方法を解説しています。

あなたにおすすめのネット回線を3秒で診断!

新しくネットを申し込んだ方がお得なことはわかったけど、じゃあ「どの回線に申し込んだらいいの?」と気になりますよね。

オススメの光回線を選ぶには、スマホのセット割を活用できる回線を確認しましょう。

下の表はおすすめ光回線の診断ツールです。使っているスマホに対してお得な回線がパパッとわかります。(2019年9月23日更新)

住居タイプ戸建てマンション
ドコモを使っている人はこちらこちら
au・格安スマホを使っている人はこちらこちら
ソフトバンクを使っている人はこちらこちら

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(戸建タイプ)

携帯の所持台数
~2台までの方

住んでいるエリア
関東

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

ドコモ光がエリア外の場合、

NURO光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

ドコモ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
3台以上の方

住んでいるエリア
関東
住んでいるエリア
関西
住んでいるエリア
東海
住んでいるエリア
沖縄
住んでいるエリア
その他
全国

携帯の所持台数
1台以上の方

住んでいるエリア
関東

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

eo光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

コミュファ光がエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

ビッグローブ光
がおすすめです

携帯の所持台数
1台の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、

auひかり ちゅら
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

携帯の所持台数
2台以上の方

住んでいるエリア
関東

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
関西

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
東海

NURO光がエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

住んでいるエリア
その他

auひかりがエリア外の場合、

SoftBank光
がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2019年9月更新)

 

ユーザーが選ぶべき光回線はこれ!(マンションタイプ)

携帯の所持台数 ~2台までの方

住んでいるエリア関東

ドコモ光がエリア外の場合、 NURO光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

ドコモ光がエリア外の場合、 eo光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

ドコモ光がエリア外の場合、 コミュファ光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

ドコモ光がエリア外の場合、 ビックローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 3台以上の方

住んでいるエリア関東
住んでいるエリア関西
住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他
全国

携帯の所持台数 1台以上の方

住んでいるエリア関東

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

eo光がエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

住んでいるエリア東海
住んでいるエリア沖縄
住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 ビッグローブ光 がおすすめです

携帯の所持台数 1台の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

SoftBank光がエリア外の場合、 auひかり ちゅら がおすすめです

住んでいるエリアその他

携帯の所持台数 2台以上の方

住んでいるエリア関東

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア関西

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア東海

NURO光がエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリア沖縄

auひかり ちゅらがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

住んでいるエリアその他

auひかりがエリア外の場合、 SoftBank光 がおすすめです

各社のロゴマークをクリックすると、もっともお得な申し込み窓口に移動します(2019年9月更新)

 

それぞれのロゴをクリックすると、おすすめの窓口が開きます。

工事費が無料になったり、キャッシュバックが多くもらえたりと、光回線をお得に申し込むことができるので、ぜひ活用してみてください。

※もっと詳しくオススメの光回線を知りたい人は「元販売員が光回線150社を比較!」で解説しています。

インターネット乗り換えの流れ

でも、よく考えてみたら、ネットを解約して新規契約ってやっぱり手間がかかりそう…とめんどうに感じてしまいますよね。

実は、そこまでややこしいことをする必要はなく、連絡と書類の提出だけで乗り換えができちゃいます。

ここからは、今使っているネット回線を解約して、新しく申し込みをするまでの流れをサクッと解説します。

手続きは1ヶ月前を目安に

まずはじめに確認しておきたいのが、引越しが決まったら、いつまでに手続きをしておけばいいのか、ということです。

インターネットの乗り換え手続きは、引越しをする1ヶ月前を目安に終わらせておくようにしましょう。

新規の契約も、今使っている回線の解約にも時間がかかるので、引越しが決まった場合には早めに手続きをしておくといいです。

手続きが遅れてしまうと、引越し先でネットが使えるようになるのが遅れてしまったり、余分に料金を支払うことになるので注意しましょう。

1.新しい回線を申し込む

まずは今使っている回線を解約!する前に、引越し先で使いたい回線の利用申し込みをします。

引越し先でインターネットが使えない期間を作らないためにも、早めに申し込みをしましょう。

まずはそれぞれの回線のウェブサイトで、引越し先の住所で使えるかどうかを確認します。

エリア確認をしてOKであれば、申し込みへ進み、工事をする日程を調整すれば引越し先のネットは完了です。

2.今使っている回線を解約する

新居での工事日を決められたら、今使っている回線の解約のための手続きをします。

引越し先でインターネットが使えることが確認できれば、安心して解約ができますね。

解約の連絡をする時には、引越しの日程、回線の撤去をする日にちを聞かれるので、あらかじめスケジュールを確認しておきましょう。

ネットの周辺機器をレンタルしている場合は、返却しないといけないので、返し方なども合わせて確認しておくとスムーズに用意できます。

手続きの方法

次に解約手続きの流れをまとめました。

引越しをすることが決まったら、早めに回線とプロバイダの会社へ解約の連絡をするようにしましょう。

3月から4月の引越しシーズンには業者も混み合うので、できるだけ早めの行動をとるか、可能であれば時期をずらすとスムーズに手続きができます。

3.引越し先で開通工事を完了させる

ここまで来れば、あとは引越し先での工事を残すだけです。

待ちに待った新しいお家への引越しが終われば、インターネットの開通工事を完了させます。

注意点は、マンションの場合は管理人(会社)へあらかじめ工事の連絡を入れておくことです。

工事が完了すれば、インターネットが使えるようになります!

※光回線の工事ついてもっと詳しく知りたい人は「光回線の工事でよくある、5つの心配ごとをサクッと解決!」を参考にしてください。

まとめ

引越しの際は、インターネットは新しく契約するのがおトクです。

光回線はあなたにとって1番おすすめなものを選び、キャンペーンを使ってできるだけお得に申し込みましょう。

引越しの1ヶ月前には手続きをしてしまい、余裕をもって新生活を始めたいですね!

補足

引越し先でも続けて使う「移転」

引越しの時、インターネットは新しく乗り換えた方がお得なのでおすすめです。

それでも、いろいろな事情があって今使っている回線をそのまま使う必要がある、使いたい、という人もいると思います。

ここからは、今使っている回線を引越し先でも使う「移転」について見ていきましょう。

引越し先でもエリア内であることが条件

移転をする前に、まずは今使っている回線が引越し先の住所でも使えるかを確認しましょう。

インターネット回線の中には、地域限定で提供されているものもあるので、今住んでいるところでは使えても、引越し先は対応していない場合があります

私の場合も、引越し前に使っていた回線は、引越し先で使えなかったので、注意しなければいけないと感じました。

今使っているネットの会社のエリア検索ページから、引越し先の住所でも使えるか確認しましょう。

移転には工事費がかかるので注意

下記に、主要な光回線の工事費をまとめてみました

光回線戸建ての工事費マンションの工事費
40,000円40,000円
37,500円30,000円
24,000円24,000円
19,440円16,200円
18,000円15,000円

このように、光回線の移転にかかる工事費の相場は、15,000〜40,000円ほどです。

さらに土日・祝日や夜21時以降の工事は、追加料金がかかります。ほとんどの光回線では、土日に工事をすると料金に+3,000円されます。

移転の手続き

次に移転をするための手続きをまとめました。

移転先での工事は、通常の工事と同じで、早いもの勝ちで予約が埋まっていくので、引越しが決まったら早めにネット会社かプロバイダへ連絡をしましょう。

実際の工事にかかる時間はおよそ30分~1時間です。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*