2019年最新インターネット料金ランキングを、元販売員が解説【最安値BEST3はコレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インターネットの料金で悩んでいませんか?

毎日の生活に欠かせないネットは、「もう少し速くなったらな〜」「もっと安かったらいいのに…」と考えてしまう人は多いです。

私がお店でネットを販売していたときも、「料金が高い」というお悩みは、ほぼすべてのお客様にありました。

なのでこの記事では、前半でネットの料金が高くなるしくみや平均値後半に料金の安いネットランキングBEST3を発表します。

元販売員の私がぜったいに伝えたいこと、知っておきたい裏話もあわせてお伝えします!

ぜひ、参考にしてください。【2019年8月25日更新】

とにかくすぐにランキング結果を知りたい!という人は、『結論!スマホ別の料金ランキング』からみてくださいね。

1.インターネット料金の相場は?

そもそも、インターネットの料金って、どれくらいが相場なのでしょうか。

「なんでこんなに高いの?」と思っていても、意外と平均のこともあるし、また、逆にじつは安かった!というケースもあります。

なので、まずはネット料金の相場ってどれくらいなのかを見ていきましょう。

月額料金の相場

料金のなかでも、やっぱりいちばん気になるのは月額料金ですよね。

ネット代は電気やガスとちがって固定の金額ですが、だからこそ、最初にしっかり安いものを選びたくなりますね。

インターネットの月額料金10社比較

なので、まずは月額料金に注目して、よく聞く全国で使える10社をピックアップしてみました。

光回線 戸建て マンション
エキサイト光 4,360円 3,360円
hi-ho光 4,450円 3,250円
NURO光 4,743円 2,500円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
OCN光 5,100円 3,600円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
So-net光 5,580円 4,480円
auひかり 5,600円 3,800円
フレッツ光 5,700円 3,350円

(※戸建ての月額料金が安い順)

相場は戸建てで約5,000円、マンションで3,600円

上記もあわせて全35社の月額ネット料金を比較したところ、平均は戸建てで約5,000円、マンションで3,600円でした

ですが、実際にその料金で使えている人は少ないのではないでしょうか?

私も、今でこそ平均より安く使えてますが、昔はめっちゃ高いな〜と思いながら、仕方なく使ってました…。

なので、まずは「ネットの料金が平均よりも高くなってしまう理由」をざっくり解説します。

※WiMAXなどのモバイルルーターの場合、平均は4,300円ほどです。

平均より高いのはなんで?ネットの料金の仕組み

本来5,000円ほどのネット料金ですが、なかには、毎月7~8,000円以上も払っている人もいます。

月額がもっとも高いフレッツ光でも5,700円なのに、なぜ、そんなにも料金が高くなってしまうのでしょうか?

そのヒミツは、つぎの3つが上乗せされているからです。

  • プロバイダ料
  • 電話などのオプション料金
  • 工事費

とくに、家電量販店やスマホショップで契約したひとは、余計なオプションがわんさか付いている可能性があります!!

それでは、高くなる理由を、それぞれ見ていきましょう。

理由1.プロバイダ料金のせいで高くなっている

フレッツ光・ドコモ光など一部の光回線では、選んだプロバイダによって、料金が高くなることがあります。

たとえばフレッツ光では、もっとも安いBBexcite を選んだ人と、もっとも高い@niftyを選んだ人では、なんと月額で450円も差がでます。

内訳 BBexcite @nifty
基本料金 5,700円 5,700円
プロバイダ料金 500円 950円
月額の合計 6,200円 6,650円

1年使えば、なんとその差は5,400円に。月額が高い人は、このように、料金の高いプロバイダを選んでいる可能性があります。

※フレッツ光・ドコモ光以外のインターネットでは、この心配はしなくて大丈夫です。

理由2.電話などのオプション料金がかかっている

ひかり電話や光テレビ、セキュリティパックなどのオプションを契約していると、それだけ月額料金は高くなります。

相場は、ひかり電話で+300~500円、光テレビで+1,500~3,000円ほどかかります。

とくに家電量販店やスマホショップ、訪問販売などで契約したひとは、この余計なオプションがたくさん付いている可能性があるので、マイページなどで確認してみましょう。

理由3.工事費を分割して払っている

また、初期工事費を分割して、毎月の料金とあわせて払っているケースも多いです。工事費は、だいたい15,000〜4万円ほどが相場。

たとえばOCN光なら、18,000円の工事費を31回に分けて払っていくので、初月は工事費で+3,000円、2ヶ月目からは+500円かかります

工事費の分割払いは、地味に何年もつづくので、気づかず払っている人も多いんです…。こちらも、マイページなどで残りを確認できるので、気になる人は見てみてくださいね。

※ちなみに数あるネット回線のなかには、毎月、この工事費と同じ金額を割引して、実質無料にしてくれるキャンペーンをしているところもあります。

2.ネット料金は月額だけでみると損をする!?

このように、インターネットの料金は、月額のほかにもいろいろかかってきます。

いくら月額が安くても、あわせていろいろな支払いをしていたら、結果的に高くなってしまいますよね

3〜4社のインターネットを乗りかえてきた私が、これから契約する人にいちばん伝えたいのは、月額が安いからといって、トータルで安く使えるとは限らないということ。

どういうことか、まずはその例をみてみましょう。

2年間の支払額で、エキサイト光とauひかりを比較

戸建ての光回線のなかで月額料金がもっとも安いのは、4,360円/月のエキサイト光です。

それだけ見ると「もうこれでいいじゃん!」って思いがちなんですが、ちょっと待ってください。

このエキサイト光と、月額5,600円のauひかりを2年間使った場合の料金を、比べてみました。

内訳 エキサイト光 auひかり
月額料金(戸建て) 4,360円×24 5,600円×24
事務手数料 1,000円 3,000円
工事費 18,000円 0円
キャッシュバック 0円 55,000円
2年間の支払い額 123,640円 82,400円

上記のように、じつは月額の高いauひかりのほうが、トータルの料金では4万円以上も安く使えます

なぜなら、auひかりは工事費が無料で、さらに契約キャッシュバックがたくさんもらえるから。

こんなにも違うと、月額だけで見るのがいかに損か、わかりますよね…。ちょっとした旅行に行ったり、家電を一つ買い替えられちゃうくらいの金額の差です。

これを知ってるか知らないかは大きいので、ぜひ覚えておいてくださいね。

※はやくランキング結果を知りたい人は、『結論!スマホ別の料金ランキング』の章をみてください。

3.さらにスマホ割でもっとお得にできる!

さて、「ネットは月額だけで見てはいけない」とわかったところで、もう一つ、知っておきたい大切なことをお伝えします。

実はインターネットは、下記のように、使っているスマホから選ぶとお得に使えます。

お得になる理由は、スマホとネットのセット割がうけられて、毎月500~2,000円もスマホ代が安くなるから。

たとえば私の家では、auのスマホ割で毎月1,500円の割引があるので、年間18,000円もお得に使えます。もう7年目なので、なんとすでに126,000円も得しています(笑)

この割引を使っているのは、じつはまだネット利用者の4割ほど。せっかくお得になる制度があるのに、使わないのはもったいないと思いませんか?

ドコモ・au・ソフトバンクの順に、くわしく見ていきましょう。

ドコモの割引は「ドコモ光セット割」

ドコモユーザーがドコモ光を使うと、「ドコモ光セット割」でつぎの金額が割引になります。

2019年6月1日からの新料金プラン、「ギガホ」と「ギガライト」で紹介していきますね。

対象のプラン 毎月の割引額
ギガホ ~30GB 1,000円
ギガライト ~7GB 1,000円
~5GB 1,000円
~3GB 500円

たとえば、ギガライトで毎月5GBを使う人なら、スマホの料金から毎月1,000円、割引がうけられます。

この割引はスマホ・携帯一台ごとにうけられるので、家族3人がドコモのスマホで5GBのプランを使っている場合、毎月3,000円の割引が受けられます。2年間だと、72,000円もスマホ代が安くなります。

これまで家族でシェアパックを使っていた人も、こちらの新料金プランに変えたほうが、よりお得に使えます!

※旧プランのままの人は、従来のシェアパックの割引額が適用されます。どちらがお得になるかの比較はこちら

auの割引は「auスマートバリュー」

auユーザーがauひかりを使うと、「auスマートバリュー」でつぎの金額が割引になります。

対象のプラン 毎月の割引額
auピタットプラン シンプル (1GB超~2GBまで) 500円
スーパーカケホ/カケホ(2GBまで) 500円
スーパーカケホ/カケホ/シンプル(2GB~20GBまで) 1000円
データ定額1~3、ジュニアスマートフォンプラン 934円
auフラットプラン20/30 1000円
データ定額5/20、LTEフラット/ISフラット 1410円
※3年目以降は934円
データ定額30 2000円

たとえば、ピタットプランで5GBを使う人なら、スマホの料金から毎月1,000円、割引がうけられます。

この割引はスマホ・携帯一台ごとにうけられるので、家族3人がauスマホで5GBを使っていれば、毎月3,000円の割引が受けられます。2年間だと、72,000円もスマホ代が安くなります。

この2つの光回線なら割引はずっと続くので、長くauを使うつもりの人には間違いなくお得です!

※スマートバリューについてさらにくわしくはこちら

ソフトバンクの割引は「おうち割」

ソフトバンクユーザーがNURO光・ソフトバンク光を使うと、「おうち割」でつぎの金額が割引になります。

対象のプラン 毎月の割引額
ウルトラギガモンスター/ミニモンスター 1,000円
データ定額50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額2GB/1GB、ガラケー 500円

たとえば、1人でデータ定額5GBを使っている場合、スマホの料金から毎月1,000円、割引がうけられます。

この割引はスマホ・携帯一台ごとにうけられるので、家族3人がソフトバンクのスマホで2GBのプランを使っていれば、毎月1,500円の割引が受けられます。2年間だと、36,000円もスマホ代が安くなります。

この2つの光回線なら割引はずっと続くので、長くソフトバンクを使うつもりの人には間違いなくお得です!

※おうち割についてさらに知りたい人はこちら

4.最新!スマホ別のインターネット料金ランキング

ここまでで、「月額だけで見るとかえって損」「スマホ割を使わないのはもったいない!」とお話してきました。

実際、私も7年で12万円以上お得に使えているので、早めにスマホ割のあるネットに乗りかえたほうが、よりたくさん恩恵を受けられます

それをふまえて、いよいよ、各スマホ別のインターネット料金ランキングBEST3を発表します。

ドコモ
au
ソフトバンク
格安スマホ

上記のリンクから、それぞれのおすすめランキングに移動できます。【2019年8月更新】

※ちなみに、マンションの人は、選び方にコツがいるので、補足を参考にしてください。35社のインターネット料金比較一覧も、補足で確認できます。

ドコモユーザー:最安値インターネットBEST3

ドコモのスマホを使っている人は、ドコモ光が一番お得です。

順位 最安値インターネット 月額(戸建) スマホ割 お得な窓口
1. 5,200円 500~1,000円 GMOとくとくBB
2. 4,753円 公式サイト(特設ページ)
3. 5,600円 アイネットサポート

一見、月額料金だけ見るとNURO光のほうが安そうですが、スマホ割「ドコモ光セット割」があるドコモ光のほうがダントツでお得です。

とくに家族でシェアしていたり、一人でも5GBをこえる人は、ドコモ光を使うことで毎月1,000円以上も通信費(スマホ・ネット代)を節約できます。

auユーザー:最安値インターネットBEST3

auユーザーは、auひかりが一番お得です。

順位 最安値インターネット 月額(戸建) スマホ割 お得な窓口
1. 5,600円 500~2,000円 アイネットサポート
2. 4,953円~ 500~2,000円 下記参照
3. 4,980円 500~2,000円 ネクスト

上記のネットならいずれも、auのスマホ割「auスマートバリュー」があるのでお得に使えます。

とくに家族でキャリアをauでそろえていたり、一人でも20GBをこえる人は、毎月2,000円近く通信費(スマホ・ネット代)を節約できます。

近畿・東海・沖縄の人は電力系インターネットを使おう!

近畿・東海・沖縄に住んでいる人は、auひかりはエリア外です。なので、同じくスマートバリューの割引がうけられる、eo光(関西電力)、コミュファ光(東海電力)など各地の電力会社が提供するインターネットがおすすめです。ビッグローブ光(全国)も、auスマートバリューの対象です。

ソフトバンクユーザー:最安値インターネットBEST3

ソフトバンクユーザーなら、NURO光が一番お得です。

順位 最安値インターネット 月額(戸建) スマホ割 お得な窓口
1. 4,753円 500~1,000円 公式サイト(特設ページ)
2. 5,200円 500~1,000円 アイネットサポート
3. 5,600円 アイネットサポート

なぜなら「おうち割」で、携帯・スマホ一台につき500~1000円が割引になるからです。

NURO光は使えるエリアが限られていますが(関東・近畿・東海・九州)、すべての光回線のなかで、もっとも安く使えるインターネットです。

なので、まずはNURO光を検討してみて、エリア外だった場合は、その次を検討していくと良いでしょう。

格安スマホユーザー:最安値インターネットBEST3

格安スマホを使っている人は、つぎのインターネットがお得です。

順位 最安値インターネット 月額(戸建) スマホ割 お得な窓口
1. 4,753円 公式サイト(特設ページ)
2. 5,600円 アイネットサポート
3. 4,953円~ 下記参照

格安スマホにもセット割はありますが、割引額は月々200~600円と、2年間で合計しても2万円ほどの割引にしかなりません。

そのうえ、工事費が無料にならないうえにキャッシュバックも少ないので、トータルで高くなってしまいます

なので、無理にセット割を受けるのでなく、上記の光回線を利用したほうが結果的にお得といえます。

電力系インターネットって?

電力系インターネットとは、auひかり(KDDI)、eo光(関西電力)、コミュファ光(東海電力)など、電力会社が提供するインターネットのこと。いずれもエリア外の人は、ビッグローブ光(全国)がおすすめです。

3.料金はキャッシュバックも合わせて決めよう!1番お得な窓口はここだ

さて、あなたにとって、いちばんお得なインターネットはどれかわかりましたか?

さいごにもう一つ、もっとも大事なことをお伝えします。それは、「ネットはwebサイトから申しこもう!」ということ。

インターネットはスマホショップや家電量販店などさまざまなところから申し込めますが、結論をいえば、webサイトで込むのが一番お得です。

※実際私も売ってましたけど、店頭ではなく、ネットの方が待ち時間もかからずカンタンです。さらにネットからの販売に特化した窓口なら、店舗費や人件費などがかからないため、その分キャッシュバックがふえる傾向にあるんです!

つぎに紹介するネットの窓口から申し込めば、一番お得に契約できます。

利用スマホ 状況 お得に使える光回線
全国 ドコモ光
近畿に住んでいる eo光
東海に住んでいる コミュファ光
沖縄に住んでいる ビッグローブ光
上記以外に住んでいる auひかり
関東,近畿,東海に住んでいる NURO光
上記以外に住んでいる ソフトバンク光
格安スマホ 全国 実質費用の安い光回線

上記のリンクから、各サービスの詳細に移動できます。

※これら8社ならどの光回線も公表されている通信速度は、下り最大1Gbps以上と同じNTTやKDDIなど大手の光回線設備を使っているので、通信速度の心配をする必要がありません。万が一、通信速度が遅くても速度改善のためのサポートが受けられます。

ドコモ光はdocomoユーザーにおすすめ

ドコモのスマホを使っているなら、間違いなくドコモ光が一番お得です。

ドコモ光の月額料金は5,200円。

ほかのネットの方が安いんじゃ?と思いますが、スマホ・携帯1台あたり毎月500円〜1,000円もスマホ代が割引になるので、トータルではこちらが安くなります

この割引はずっとつづくので、家族で2人以上ドコモユーザーがいるなら、間違いなくドコモ光がお得です!

ドコモ光のお得な申し込み窓口

ドコモ光は、GMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャンペーン特典
GMOとくとくBB dポイント10,000円+キャッシュバック15,000円+Wi-Fiルーター
ぷらら dポイント10,000円+セキュリティが1年無料
So-net dポイント10,000円+セキュリティが1年無料
ドコモショップ dポイント10,000円 or dtvターミナル
公式サイト dポイント10,000円
ヤマダ電機 dポイント10,000円
ヨドバシカメラ dポイント10,000円
ジョーシン dポイント10,000円

このように、GMOとくとくBBから申し込むと、一番高額な特典がもらえます。

また、ドコモを使っている人は、dポイントを貯めている人が多いと思います。

スマホとネットを両方ドコモにすることで、dポイントをより効率的に貯められてお得です

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】GMOとくとくBB
【2年間の実質費用】102,800円
 月額料金:5,200円
 初期費用:3,000円
 事務手数料:0円
 キャッシュバック:▽25,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜1,000円(またはシェアパック割引)
※全て税抜
【キャンペーンページ】https://gmo/docomohikari/

eo光は近畿のauユーザーにおすすめ

auユーザーで近畿(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)に住んでいる人は、eo光がいちばんお得です。

eo光の月額料金は4,980円。すでに平均よりも安いですが、さらにスマホ・携帯1台あたり毎月500円〜2,000円も料金が割引になるので、本当にお得に使えます

ガスやでんきなどもeoで揃えて、割引を最大限に活用できるのがメリットです。

eo光のお得な申し込み窓口

eo光を申し込める窓口で一番お得なのは、代理店ライフイノベーションからです。

申し込み窓口 特典 受け取り時期
代理店ライフイノベーション 商品券13,000円+乗り換え費用最大50,000円
開通4ヶ月後
価格.com 商品券11,000円 開通4ヶ月後
公式サイト 商品券10,000円 開通4ヶ月後
ヤマダ電機 現金10,000円 開通4ヶ月後
ヨドバシカメラ クーポン10,000円 開通6ヶ月後
ジョーシン ポイント10,000円 開通6ヶ月後
エディオン ポイント10,000円 開通4ヶ月後

ライフイノベーションの場合、当サイトからの特典でもっとも高い13,000円のキャッシュバックがもらえます。

eo光はどの窓口から申し込んでも、速度や料金などサービスに違いはありません。せっかく申し込むなら、もっとも特典の多い代理店ライフイノベーションから申し込みましょう!

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】eo光
【2年間の実質費用】85,520円
 月額料金:4,980円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャンペーン割引:▽24,000円
 キャッシュバック:▽13,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜2,000円
※全て税抜
【キャンペーンページ】https://start-eo.jp/

コミュファ光は東海のauユーザーにおすすめ

auユーザーで東海(愛知・岐阜・三重・静岡)に住んでいる人は、コミュファ光がおすすめです。

コミュファ光の月額料金は、ネットと電話をあわせて5,550円。

一見高いですが、スマホ・携帯1台あたり毎月500円〜2,000円が割引になるので、家族にauユーザーが2人以上いる場合は、間違いなくお得になります

コミュファ光のお得な申し込み窓口

コミュファ光は、キャッシュバック額が1番高いネクストからの申し込みがおすすめです。

申し込み窓口 特典・キャッシュバック額
ネクスト(代理店) 現金30,000円(乗り換えの場合は80,000円)
公式サイト 現金10,000円(乗り換えの場合は55,000円)
価格ドットコム 現金10,000円
ヤマダ電機 現金18,000円
ビックカメラ 現金5,000円+商品券10,000円
エディオン エディオンポイント20,000円

ネクストなら、公式サイトよりもお得に契約できます。乗り換えの人は他社の違約金もキャッシュバックしてもらえるので、更新時期を気にせずに使い始めることができます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】So-net
【2年間の実質費用】90,428円
 月額料金:5,072円
 事務手数料:700円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:▽30,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜2,000円
※全て税抜
【キャンペーンページ】https://cmyufa-net.jp/

ビッグローブ光は沖縄・全国のauユーザーにおすすめ

auユーザーで沖縄に住んでいる人は、ビッグローブ光が一番お得に使えます。

ビッグローブ光の月額料金は4,980円。すでに平均よりも安いですが、さらにスマホ・携帯1台あたり毎月500円〜2,000円も料金が割引になるので、本当にお得に使えます

ちなみにauひかりちゅらより、年間1万円以上も安いです。沖縄に住んでいるauユーザーなら、もっともお得に使えるネット回線です!

ビッグローブ光のお得な申し込み窓口

ビッグローブ光を申し込むなら、もっともお得な申し込み窓口は代理店ネクストです。

ネクストから申し込むと、キャッシュバック25,000円が開通2ヵ月でもらうことができます。(公式でも金額は一緒ですが、開通12ヵ月後の受け取りと遅いです)

どちらの窓口から申し込んでも、ビッグローブ光の料金・速度・サポートは同じです。せっかく光回線を申し込むなら、よりお得な代理店ネクストから申し込みましょう!

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】BIGLOBE
【2年間の実質費用】97,520円
 月額料金:4,980円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:▽25,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜2,000円
※全て税抜
【キャンペーンページ】http://biglobe-net.jp

auひかりは近畿・東海・沖縄以外のauユーザーにおすすめ

近畿・東海・沖縄以外に住んでいるauユーザーは、auひかりが一番お得に使えます。

auひかりの月額料金は、ネットと電話をあわせて5,600円。

一見高いですが、スマホ・携帯1台あたり毎月500円〜2,000円が割引になるので、家族にauユーザーが2人以上いる場合は、間違いなくお得になります

auひかりのお得な申し込み窓口

auひかりの申し込み窓口で一番お得なのは、代理店アイネットサポートです。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期
アイネットサポート(代理店) 55,000円 開通翌月
NNコミュニケーションズ(代理店) 50,000円 開通翌月
アウンカンパニー(代理店) 43,000円 開通翌月
公式サイト 10,000円 開通から2ヶ月後
auショップ 10,000円 開通から2ヶ月後
ヤマダ電機 30,000円 開通から2ヶ月後

アイネットサポートから申し込むと、55,000円のキャッシュバックがもらえます。

auスマートバリューを受けるにはネットと電話両方の申し込みが必要なので、一番キャッシュバックの多いところから申し込むことで負担を減らせます。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】So-net
【2年間の実質費用】88,200円
 月額料金:5,600円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:▽55,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜2,000円
※全て税抜
【キャンペーンページ】https://www.auhikari.net/

NURO光は関東・近畿・東海・九州のソフトバンクユーザーにおすすめ

ソフトバンクユーザーで関東・近畿・東海に住んでいる人は、NURO光が一番お得に使えます。

NURO光の月額料金は4,753円。

すでに平均よりも安いですが、さらに「おうち割」が受けられるので、ソフトバンクのスマホ・携帯1台につき月々500~1,000円安くなります!

また、NURO光は下り最大速度2Gbpsと、ほかのインターネットよりも速いのが特徴。安くて速いので、エリアが合えばすべての人におすすめしたい光回線です。

NURO光のお得な申し込み窓口

結論から言うと、NURO光は公式サイトから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期 受け取り手続き
インソムニア(代理店) 32,000円 開通から5ヶ月後 2回
公式サイト 35,000円 開通から4ヶ月後 1回
Amazon 30,000円 開通から12ヶ月後 1回
アシタエクリエイト(代理店) 30,000円 開通の翌月 2回
ノジマ(家電量販店) 20,000円 開通から6ヶ月後 1回

代理店からの申し込みは、高額ですが受け取り手続きが複雑です。手続きを失敗してしまうとキャッシュバックをもらえない可能性もあるため、おすすめしません

ですので、キャッシュバックが必ずもらえる公式サイトから申し込みましょう。

サービス詳細
【通信速度】下り最大2Gbps
【プロバイダ】NURO光
【2年間の実質費用】81,620円
 月額料金:4,753円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:0円
 キャッシュバック:▽35,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜1,000円
※全て税抜
【公式サイトのキャンペーンページ】https://www.nuro.jp/hikari/

ソフトバンク光|関東・近畿・東海・九州以外に住んでいるソフトバンクユーザー

関東・関西・東海以外に住んでいるソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光の月額料金は5,200円。

ほかのネットの方が安いんじゃ?と思いますが、スマホ・携帯1台あたり毎月500円〜1,000円もスマホ代が割引になるので、トータルではこちらが安くなります

この割引はずっとつづくので、家族で2人以上ソフトバンクユーザーがいるなら、間違いなくドコモ光がお得です!

ソフトバンク光のお得な申し込み窓口

ソフトバンク光は、代理店アイネットサポートから申し込むのが一番お得です。

申し込み窓口 キャッシュバック 受け取り時期 受け取り方法
アイネットサポート(代理店)   35,000円  開通から2ヶ月後  口座振込
エンジン(代理店)    32,000円  開通から3ヶ月後 口座振込
NEXT(代理店) 28,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
アウンカンパニー(代理店) 28,000円 開通から2ヶ月後 口座振込
ヤマダ電機 24,000円 開通から6ヶ月後 店頭受取
公式サイト 0円 なし なし
ソフトバンクショップ 0円 なし なし

アイネットサポートからの申し込みは、高額キャッシュバックを簡単に早くもらうことができます。

ソフトバンク公式からも表彰されている申し込み窓口なので、代理店での契約が初めてという人も代理店アイネットサポートからの申し込みがおすすめです。

サービス詳細
【通信速度】下り最大1Gbps
【プロバイダ】Yahoo!BB
【2年間の実質費用】95,800円
 月額料金:5,200円
 事務手数料:3,000円
 工事費用:24,000円(フレッツ光からの転用は不要)
 キャッシュバック:▽33,000円
【セット割】スマホ1台につき月々500円〜1,000円
※全て税抜
【キャンペーンページ】https://softbankhikari.jp/

実質費用の安いインターネットはここから選ぼう

格安スマホを使っている人は、住んでいる地域で実質費用の一番安いインターネットを使うのがおすすめです。

実質費用の安い光回線

それぞれの地域で、もっとも実質費用の安いインターネットは次のとおりです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)の人は、NURO光
  • 近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)の人は、NURO光
  • 和歌山・福井の人は、eo光
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の人は、NURO光
  • 九州で福岡・佐賀の人はNURO光
  • 沖縄の人は、ビッグローブ光
  • それ以外の人は、auひかり

まとめ

インターネットは、月額料金だけで選ぶと損をしてしまいます。

使っているスマホの割引があって、キャッシュバックの多い窓口から申し込むと、もっともお得に使えます!

かしこく選んで、お得なインターネットライフを楽しんでくださいね!

補足

さいごに、マンションの人がインターネット料金を安くする方法と、35社のインターネット料金の比較表をお伝えします。

マンションに住む人のインターネットの選び方

マンションの人は、まず、「住んでいる(住む予定の)建物がどのインターネットに対応しているか」確認しましょう。マンションの管理会社に電話をすると、すぐに教えてもらえます。

なぜなら、2019年現在、マンションにはすでに無料の光回線が入っている場合や、マンション専用の安いプランをもっているケースが多いから。

それを知らずにちがうインターネットを契約してしまうと、そのマンションの中で自分だけ料金が高かったり、よけいに工事費がかかってしまったりします。

もっとくわしく知りたい人は、『絶対に後悔しない!マンションのインターネット契約方法』の記事を参照してください。

インターネット料金35社比較ランキング

戸建て・マンションそれぞれのインターネットにかかる料金をすべて比較して、ランキングにしました。

月額料金・事務手数料・工事費から、キャッシュバックを引いた金額で計算しています。

戸建ての料金ランキング

まずは、戸建てのランキングから。

スマホ割がいらないという人は、この順に選んでいけば安く使えます。

マンションの料金ランキング

マンションの場合、建物によってはこれよりも安く使える独自のプランがあったり、利用者が少ない場合は、逆により高くなるケースもあります。

また、小規模な建物では戸建てプランでの契約になるケースもあるため、すべての人には当てはまりません。

なので、下記の表はあくまで目安としてお考えください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*