GMOのWiMAXの口コミ・評判から分かった4つのデメリットと対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GMOのWiMAXを検討するにあたって、実際に使っている人の声が気になりますよね?

GMOのWiMAXは、すごくお得なキャンペーンをしているので、20社以上あるプロバイダの中で『もっとも安く使える!』と、人気があります。

でも、口コミや評判を調べていくと、契約前に知っておくべき4つのデメリットがあることが分かりました

ここではWiMAXマニアの私が、GMOのWiMAXの口コミや評判から分かった、メリット・デメリットをまとめました。

また、デメリットごとの対策もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

目次

1.GMO WiMAXとは
2.口コミ・評判からわかった5つのメリット
3.口コミ・評判からわかった4つのデメリット
4.口コミ・評判をまとめた結果
5.申し込み手順

1.GMO WiMAXとは

GMOとくとくBBの9月度キャンペーン

GMO WiMAXとは、GMOインターネット株式会社が運営しているGMOとくとくBBというプロバイダです。プロバイダとは、回線を管理している会社からサービスの販売を委託されている代理店のこと。

GMOとくとくBBには、以下5つのメリットがあります。

  1. 業界最安でWiMAXを使える
  2. 通信速度はまぁまぁ速い
  3. 速度制限がゆるいからたっぷり使える
  4. 契約20日以内は違約金がかからず解約できる
  5. 月々のauスマホ代が割引される

それぞれ実際に使っている人の口コミ・評判を元に説明していきますね。

GMOとくとくBBについて、詳しく知りたいという人は、”最安値?私がGMOのWiMAXを選んだ理由と、2つの注意点【2019年9月】“をご確認ください。

2.口コミ・評判からわかった5つのメリット

まずは、GMOとくとくBBのメリットを口コミと一緒に見ていきましょう。

メリット1.業界最安でWiMAXを使える

ツイートのように、「料金が安い」「キャッシュバック額が多い」という口コミは多く見られました。

実際にGMOとくとくBBは、業界最安値でWiMAXを使うことができます。主要13社のプロバイダの料金を見てみましょう。

主要WiMAXプロバイダ13社の実質月額比較表

主要13社のプロバイダの実質月額を計算したところ、上の画像のとおりGMOとくとくBBがもっとも安く使えるプロバイダでした。

WiMAXは、どのプロバイダでも同じ品質なので、最安値で使えるGMOとくとくBBから申し込むことをおすすめします。

メリット2.通信速度はまぁまぁ速い

速度については、「全然使える」「困ったことはない」というツイートが多く見られました。

私も大阪(梅田)で実際にWiMAXを使っていますが、平均で30Mbpsは出ており、NetflixやYouTubeをたっぷり楽しんでいます。

↑条件が良いときは50Mbps以上出ることもあります!

ただし、3日で10GBを超えると速度制限にかかってしまうので注意してください。制限については、次にくわしく説明します。

メリット3.速度制限がゆるいからたっぷり使える

GMOとくとくBBのギガ放題プランなら月間の制限がないので、インターネットをたっぷり利用できます。

しかし、3日で10GBを超すと、速度が1Mbpsまで制限されます。

WiMAXの速度制限
直近3日間で10GBを超えると、翌日の夜間(18時〜深夜2時頃まで)だけ約1Mbpsに減速するまた、直近3日間で10GBを下回れば解除される。

3日で10GBというと、YouTube(高画質:HD)が約13時間分。1日に、約4時間も動画をサクサク見られます。

もし、この基準を超えてしまっても日中は制限がかかりませんし、制限がかかってもツイートのように、YouTube(標準画質:SD)が見られるレベルで使い続けられます。

メリット4.契約20日以内は違約金がかからず解約できる

どのプロバイダでも契約期間(2、3年)以内に解約すると、数万円の違約金がかかります。

GMOとくとくBBなら、申込みから20日以内なら違約金無料でキャンセルできます

ただし、事務手数料の3,000円はかかってしまうんですが、リスクが少なく解約できる安心感があるのは嬉しいですよね。

メリット5.月々のauスマホ代が割引される

GMOとくとくBBを使うと、月々のスマホ料金を月額最大1,000円も割引してくれるauスマートバリューmineが適応できます加入をしていれば、2年間で最大24,000円の割引を受けられます。

今、auのスマホを利用している人や、これからauのスマホを利用したいと考えている人は、GMOとくとくBBを利用するとお得になります。

3.口コミ・評判からわかった4つのデメリット

ここまで聞くとメリットが多く、GMOとくとくBBを使ってみたくなりますよね。

でもちょっと待ってください。GMOとくとくBBには悪い評判、気になる口コミもあるんです。

デメリット1.電話サポートにつながりにくいときがある

GMOとくとくBBの電話サポートは、なかなか繋がらないときがあります。

対策

GMOとくとくBBの公式サイトでは、

【電話窓口について】
※毎日10時~12時、16時~18時は、お電話が非常に混み合うことがございます。
※月曜日はお電話が混み合うことがございます。火曜日~金曜日は比較的お電話がつながりやすいです。
GMOとくとくBB会員サポート|GMOお客さま窓口

と混み合う時間帯が明記されているので、この時間帯を避ければつながりやすいです。

実際に、「すぐにつながった!」という口コミもあります。

そもそも電話をかける機会がほとんどありません。なぜなら、WiMAXはスマホなどと違い、ほとんどオンオフ以外で操作しないですし、カバンに入れっぱなしのため故障などといったトラブルが少ないから。私は、3年以上WiMAXを契約していますが、電話をかけたことは一度もありません。

さらに会員のサポートページに、解約などのくわしい情報が載っているため、電話をしなくても解決できるようになっています。

デメリット2.有料オプションに入らないといけない

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取るためには、契約の際に、有料オプションに加入しなければなりません。

しかし、多くの人にとっては必要性のないオプションです。解約をしなければ月々662円(税抜き)高くなってしまいます。

対策

有料オプションは2ヶ月以内にサクッと解約するようにしましょう。最初の2ヶ月は無料なので解約をすれば料金はかかってきません。

もし忘れそうという方は手帳に書き込むか、カレンダーなどのリマインダーを設定してください。

公式サイトでは、「最低利用期間が1ヶ月」という記載がありますが、ルーターが到着した月の翌月1日には解約が可能です。

デメリット3.最大キャッシュバック額を受け取るには、旧端末を選ばないといけない

2019年8月現在、GMOとくとくBBの35,000円キャッシュバックを受け取れる条件は、1つ前の機種であるW05を利用することになるんです。

これも悪くない端末ではあるのですが、せっかくなら最新のものを使いたいですよね。

対策

最新のW06だと、キャッシュバック額が32,100円と少し低くなりますが、それでも業界最安値で使うことができます

W06の方が通信速度が速く、WiMAXで苦手とされていた、室内での通信を改善しています。

GMOとくとくBBであれば、他社より安く契約できるので、最新端末のW06を使いましょう。

デメリット4.キャッシュバックが受け取りづらい

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを受け取りづらいという口コミがあります。

安さのヒミツは高額なキャッシュバックなので、受け取り損ねたら意味がありません…。

対策

キャッシュバックの対策は2つあり、

・スマホのカレンダーや手帳などにリマインダーしておく
・月額割引キャンペーンを選ぶ

という2つがあります。リマインダーについては、申し込みが完了したら、キャッシュバックのことをスケジュール帳に入れましょう。

紙の手帳でも良いですが、Googleカレンダーならアラート通知を設定できるので忘れにくいです。端末を受け取ってから11ヶ月半後くらいを目安に設定しておきましょう。

また、GMOとくとくBBでは月額割引キャンペーンも実施しています。キャッシュバックキャンペーンのほうが実質月額は安いですが、どうしても受けとり手続きが面倒という方には、こちらをおすすめします

キャッシュバックの受け取りについては、知らないと損!WiMAXで最大のキャシュバックを得る方法をご覧ください。

4.口コミや評判をまとめた結果

まとめると、GMOとくとくBBはデメリットはあるものの対策さえすれば、最安値で安心して使えるのでWiMAXを使ってみたい全ての人におすすめできるプロバイダと言えます。

GMOとくとくBBを運営しているのは、どんな会社?

実は、GMOとくとくBBを運営するGMOインターネット株式会社の歴史は古く、インターネットが日本で普及し始めた1995年には「インターキュー株式会社」としてインターネット接続サービスを提供し始めています。

同じ時期にインターネット関連事業を始めたBIGLOBEやSo-net、niftyと比べて、GMOとくとくBBが信頼できないということはないかと思います。

安さのヒミツ

GMOとくとくBBでは、広告タレントを使ったり、実店舗で販売したりという多額の費用がかかることを行っていません。インターネット上の広告でユーザーを増やし、WiMAXの回線元からインセンティブ(報奨金)も得ているので、安くサービスを提供できるという背景があります。

5.GMOとくとくBBで申し込む手順

それでは、 WiMAXをGMOから申し込み、使えるようになるまでの手順を見ていきましょう。

 WiMAXを初めて契約する人でも、この通りにやれば損することなく契約できます。

ステップ1.公式サイトから申し込む

GMOとくとくBBの9月度キャンペーン

申し込みはGMOとくとくBB公式サイトから申し込みましょう。他から契約すると特典内容が変わってしまう場合もあるので注意してください。

キャンペーンごとにサイトが違うので注意してくださいね。

【キャッシュバックキャンペーン】
https://gmobb.jp/

【月額割引キャンペーン】
https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

各キャンペーンの料金について

 キャッシュバック月額割引
事務手数料3,000円3,000円
キャッシュバック額▲34,000円
2ヶ月目までの料金3,609円2,170円
3〜36ヶ月目までの料金4,263円3,480円
実質月額3,416円3,521円

※実質月額は下記のように計算しています。
実質月額 =(初期費用+(毎月かかる費用×36)− キャッシュバック)÷36
※端末はW06、契約期間が3年(36ヵ月)の場合

基本的には、キャッシュバックキャンペーンのほうが実質月額は安いですが、どうしても受けとり手続きが面倒という方は、月額割引を選びましょう。

ステップ2.対応エリアを確認する

WiMAXを申し込んだ後に「つながらなかった…」ということがないよう、契約前にエリアチェックをしておきましょう。

自宅はもちろんのこと、職場など利用する地域エリアも確認しておいてください。

エリアチェックは、先ほど選択したGMOとくとくBBの公式サイトの中ほどにあります

スマホの場合は、画面右上のメニュー>対応エリアの確認(別タブで開く)からチェックできます。

ステップ3.データ端末を選択する

端末はW06をおすすめします。

W06」をおすすめする理由は以下の3つ

  • WiMAX最新ルーター
  • 最大通信速度が速い
  • 室内でもつながりやすい

W06は、2019年1月に発売された最新ルーター。WiMAXは新機種が1年に1度ペースと、スマホよりも更新頻度が低いので、最新ルーターを選んでおくのがおすすめです。

通信速度が速く、しかもWiMAXで苦手とされていた室内での通信を改善したルーターです。

2019年9月現在、W06を選んでおけば間違いありません。

ステップ4.ギガ放題を選ぶ

ネットをたっぷりと使いたい人は「ギガ放題(月額4,263円)を選びましょう。

もうひとつのプランである「通常プラン(月額3,609円)」は、月に7GBの容量制限があります。それ以上利用すると、通信速度が128kbpsに制限され、ホームページの閲覧もまともにできません。

7GBでどれくらいネットが使えるのかというと、大体以下の通りです。

メールの送受信:約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴:約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題を選択しても最初の2カ月間は通常プランと同じ料金(3,609円)です。

その間に7GBも使わないと判断した場合は、無料で通常プランに変更できるので、迷ったときは「ギガ放題」を選びましょう。

申込みはこれだけです。あとは端末が届くの待ちましょう。

端末の到着時期

toutyaku

GMOとくとくBBでは、WiMAX端末が「最短翌日発送」となっています。ただし、即日発送は以下の時間までの申込みに限ります。

即日発送の受付時間
平日:15時30分まで
土・日・祝日:14時まで

引越しシーズンのように契約が多い時期は遅くなる可能性もあります。

端末の設定はかんたんですぐに終わる

WiMAX 2+端末に設定マニュアルが同梱されているので、それを参考に5分もかからずインターネットに接続できます。

auスマホを利用している人は月934円お得に

auスマホを利用している人は、auスマートバリューで月々のスマホ代が最大934円安くなります。

手続きは、GMOとくとくBBの会員サポートページから申請をして、近くのauショップで申し込めます。年間2万円以上もお得になるのでぜひ利用してくださいね。
くわしくは、auスマートバリューmineをご覧ください。

解約は更新月にしよう

GMOとくとくBBの契約は、3年の自動更新です。契約期間内に解約すると、下記の契約解除料がかかります。

なお、端末代やキャンペーン違約金などは一切請求されないので安心してください。

1〜12ヶ月目までの解約:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目までの解約:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降:9,500円(税抜)
契約更新月(37ヵ月目):0円

なるべく更新月で解約できるように、Googleカレンダーなどで忘れないように管理しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、GMO WiMAXの評判や口コミについて、お伝えしてきました。

まとめると、GMOとくとくBBは、デメリットさえ注意して対策すれば、メリットの方が多いので、WiMAXを使ってみたい全ての人におすすめのプロバイダと言えます。

ぜひ、自分に合ったポケットWiFiを使って、快適なネットライフを過ごしてください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。