【実体験】フレッツ光のエリア検索をする前に、知っておきたい注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本全国で使えると言われている、フレッツ光。

しかし、家の周りに電柱がなかったり、山間部などでは、今でもフレッツ光が使えないことが多々あります。

実は先日、私も引っ越したのですが、その時にフレッツ光のエリア外で困ってしまいました。

山の中の住居で、ほんとうに何にもないとこだったんですよね…。

この記事では、そんな私の経験を元に、フレッツ光のエリア検索方法と注意点、そしてエリア外だったときの対処法をまとめました!

エリア検索は、電話またはWebからしよう

まず結論として、フレッツ光のエリア検索は、電話、もしくはWebサイトからできます。

個人的には、Webサイトからのほうがおすすめです。

※ちなみに光コラボ(ドコモ光,ソフトバンク光,ビッグローブ光など)を使いたい人も、同じ検索方法でエリア内かどうかわかります。

電話で確認する方法【東日本・西日本共通】

まず、電話で確認する場合は、NTTのサポートセンターに電話をしましょう。東日本・西日本どちらも同じ番号です。

サポートセンター:0120−116−116(受付:9時〜17時)

「この住所がフレッツ光に対応しているか知りたいんですが」と伝えると、オペレーターがエリア検索をしてくれます。

ただし、注意点も!この電話、少し頼りないんです…

理由は、昼休みなど混みやすい時間には、つながりにくいこともあるから。私が実際に電話をした時も、20分くらいたっても電話が繋がりませんでした。

Webサイトから確認する方法【東日本・西日本で別】

そこで、結局、Webサイトからエリア検索しました。

Webサイトからエリア検索をする場合は、東日本と西日本でサイトが分かれています。

ブルーの地域がNTT東日本エリア、グリーンの地域がNTT西日本エリアです。

それぞれ、次のリンクをクリックして、郵便番号や番地などを入力していくと、提供エリアかどうかがわかります。

NTT東日本・エリア検索ページはこちら
NTT西日本・エリア検索ページはこちら

エリア内なら次のような画面がでる!

めでたくエリア内だった場合、下のような画面が出ます。

Webサイトだと24時間いつでもエリア検索できるので、基本的にエリア検索はこちらがおすすめです。

※そのまま進むと申し込み画面になりますが、エリア検索だけでやめれば契約にはならないので、安心してくださいね。

エリア内だったらチェックしたいこと

自分の家は、フレッツ光のエリアかどうか、わかりましたか?

じつはフレッツ光は、エリア検索のあとに、もう一つだけチェックしておきたいことがあるんです

※残念ながらエリア外だった人は、こちらの『エリア外だったときの3つの代替案』の章にいきましょう。

ちょっと待って!フレッツ光で本当にいいの?

フレッツ光が提供エリアだとわかったら、そのまま早速、申し込みたくなりますよね。

ですが、ちょっと待ってください!

じつはフレッツ光のほかに、2019年現在、今ではもっと良いインターネットがあるのを知っていますか?

このままフレッツ光を契約してしまうと、あなたは確実に損してしまいます

光コラボのエリア検索が目的だった人も、その理由を根拠と共にお伝えしますので、あと1分だけお付き合いください。

フレッツ光で損する根拠1.じつは月額料金が高い

フレッツ光の月額料金は、じつは他の光回線よりも高いんです。

下記の表で、フレッツ光と全く同じエリアで使えるインターネット3社と、毎月の料金を比べてみました。(全て税抜)

光回線
月額料金5,700円 ※5,200円5,200円4,980円

※ギガ推し!割引、にねん割、プロバイダBIGLOBEの場合

このように、フレッツ光は他社よりも毎月500円ほど高いです。月額が500円高いということは、その差は年間6,000円の損に。

5年使えば3万円の差になるので、「それなら、安い光回線のほうがいいかな…」と思いませんか?

最大速度は、どの光回線も同じ

しかも、これらのネットは、フレッツ光と同じ地域で使え、最大速度もフレッツ光と同じ1Gbps

条件が同じなら、安いネットにしてそのぶん好きなものを買ったり、ちょっといいものを食べたりしたほうが、『幸せ度』は上がるんじゃないかな〜と私は思います。

フレッツ光で損する根拠2.さらにスマホ割がない

さらにフレッツ光は、お得なスマホ割がありません。

スマホ割とは、スマホと特定のネット回線をまとめて契約すると、毎月500〜2,000円の割引が受けられるサービス

各キャリアの割引の内容をまとめると、次のようになります。()

光回線
月額料金5,700円 ※5,200円5,200円4,980円
スマホ割ドコモソフトバンクau
割引額-500〜1,000円/月-500〜1,000円/月-500〜2,000円/月

※ギガ推し!割引、にねん割、プロバイダBIGLOBEの場合

割引額はお使いのプランによって違いますが、スマホ・携帯1台ごとに、それぞれのスマホ代が安くなります。

同じキャリアのスマホを使っているのに、割引のある光回線を使うか使わないかで、じつは支払う料金に10万円ちかく差がついてしまうんです。

結論:フレッツ光は使うと大損!

結論として、あなたがドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使っているなら、スマホ割のある光回線を使ったほうが、フレッツ光よりもお得に使えます

とくにネット代は、多くの人にとっては使っている意識もないのに消えていってしまうものですよね。なので、ここを節約しないのは、本当にもったいないです。

申し込みの窓口はwebサイト一択!

そしてさらに、これらの光コラボは、契約する申し込み窓口によって、受けられる特典が違います。

たとえばソフトバンク光なら、ショップや家電量販店などで申し込むと10,000円前後の特典しかもらえません。

ですが、もっともお得な代理店アイネットサポートから申し込むと、35,000円のキャッシュバックがもらえます。

ネットの窓口がお得な理由は、店舗より人件費や光熱費がかからず、そのぶん浮いたお金をユーザーに還元できるから。

どこから申し込んでも光回線の内容や料金は同じなので、申し込むときはお得なネットの窓口から申し込みましょう!

もし、スマホ割のことを知ったうえで、それでもフレッツ光にしたい!という人は、少しでも安く使えるように、『フレッツ光のプロバイダ19社を本気で比較!おすすめなのは3社だけ』の記事も読んでみてくださいね。

エリア外だったときの3つの代替案

フレッツ光がエリア外だった場合は、残念ですがほかのインターネットを検討しましょう。

ですが、人口カバー率90%をこえるフレッツ光が使えないとなると、選択肢は限られてきます。

そこで、次の順番で検討していきましょう。

なぜかというと、この順に、速くてお得に使えるからです。

それぞれどういうもので、料金はいくらなのか、一つずつ紹介していきます!

※ちなみに、いまフレッツ光がエリア外でも、今後、対応エリアになる可能性はあります。西日本の人は対応予定を地図から調べられますので、気になる人は補足をご覧ください。

まずはauひかりが使えるか確認しよう

フレッツ光が使えなかった場合、まずはauひかりを検討してみましょう。

auひかりは、月額5,100円で使え、最大速度はフレッツ光と同じ1Gbpsの光回線。携帯のauでおなじみのKDDI株式会社が運営するインターネットで、信頼感もあります。

auひかりが使えるのは、上記のオレンジ色で示した地域。地図でグレーになっている、近畿・東海・沖縄では利用できません。

フレッツ光が使えなくても、auひかりが使えれば、ネットについては安心です。

※マンションタイプに限り、近畿や東海でも利用できます。

次に、電力会社が運営しているインターネットを確認

auひかりが使えなかった場合は、その地域限定のインターネットがないか探してみましょう。

これらは、関西電力や中部電力など、地元の電力会社が運営するインターネット。

使えるエリアが限られているぶん、山間部などまで広い地域をカバーしてくれている可能性があります。

光回線使える地域月額料金
近畿4,953円
東海5,550円
中国地方4,200円
四国4,500円
九州5,000円
沖縄5,490円

上記のロゴをクリックすると、それぞれの詳細ページにとびます。

これらは全て、フレッツ光と同じ最大速度1Gbpsの光回線。料金も、フレッツ光より安いのでお得です。

※参考までに、フレッツ光の月額料金は、プロバイダ料金とあわせて5,700円です。

最後の手段はケーブルテレビ

上記の2つを試してもダメだった場合は、さいごの手段として、J:COMなどケーブルテレビのインターネットを頼りましょう。値段は月額6,000円ほどです。

ただし、ケーブルテレビのネット回線は、ハッキリ言って遅いです。

どれくらい遅いかは、ざっくりと光回線の3分の1くらいだと思ってください。くわしくはこちらの記事で比較しています。

ケーブルテレビ(CATV)のインターネットは遅い?!おすすめできない2つの理由

※たまに、ケーブルテレビでも1Gbpsの速度をうたっている回線がありますが、実際に使うのはフレッツ光と同じ回線なので、フレッツ光がエリア外の場合はそもそも使えません。あきらめるか、それぞれの光回線に対応してもらえるよう要望を出して、開通を待ちましょう。

まとめ

フレッツ光のエリア検索は、電話またはネットからできます。

エリア内だった人は、割引があって安い光コラボを検討してみて、お得な窓口から申し込みましょう。

エリア外の人は、auひかり→電力系インターネット→ケーブルテレビの順に検討すると、満足のネットに出会える確率が上がります。

あなたが、快適なインターネットを楽しめることを願っています!

補足:西日本の人は「サービス提供予定」かどうか確認できる

ちなみに今回、検索してフレッツ光がエリア外だった場合でも、これから対象エリアになる可能性はあります。

西日本の人は、フレッツ光のサービス提供予定があるかどうか、こちらから確認できます。

NTT西日本・サービス提供エリア

ページをひらいて住んでいる県を選ぶと、どこがフレッツ光に対応しているかを地図で見ることができます。

たとえば下の地図でいうと、緑・赤の部分がフレッツ光の提供地域、オレンジの部分が未提供です。

この地図で青になっているところがあれば、そこは「サービス提供予定エリア」です。

こうやってみると、まだまだ対応していない地域も意外とありますよね…。

もし、どうしてもフレッツ光を使いたい人は、電話やお問い合わせなどで要望をだしておきましょう。

※この地図で「サービス提供中」でも、建物や電柱の位置などによって、利用できないケースもあります。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*