注意!ドコモのポケットWiFiをおすすめしない2つの理由

ドコモのポケットWiFiについて、「ドコモユーザーならではの割引はあるの?」「そもそもおすすめなの?」と、気になっていませんか?

公式サイトやドコモショップで説明を聞いても、本当におトクなのかどうかはよくわかりませんよね。

そこで、毎日ネット回線を比較している私が、徹底的に調べたところ・・・

ドコモのポケットWiFiを契約してしまうと、他のサービスと比べて毎月4千円も損してしまう可能性があるとわかったのです。

この記事を読めば、たとえあなたが初心者でも、本当におトクなポケットWiFiが契約できるはずです。ぜひ参考にしてください!(当記事は税込価格です)

1.ドコモのポケットWiFiはおすすめしない

ドコモのポケットWiFi

まず結論からいうと、あなたがドコモのスマホを使っていたとしても、ドコモのポケットWiFiはおすすめできません

その理由を以下にまとめました。

・料金が高い(実質月額料金:8,410円)
・無制限で使えない(月間30GB)
・サポートは必要ない

※実質月額料金:契約期間内にかかる総額÷契約月数

料金が高くても、大手企業ならではのサポート目当ての人がいるかもしれませんが、まったくおすすめできないのです。(くわしくは後述します)

GMO WiMAXの方がおすすめ

WX06

2021年4月現在、ドコモユーザーだけでなく、すべての人におすすめできるポケットWiFiはWiMAXです。

ドコモのポケットWiFiとWiMAX、それぞれの特徴を以下にまとめました。

 ドコモWiMAX
(GMOとくとくBB)
データ容量月間30GB月間無制限
(3日10GB制限あり)
最大通信速度
(下り)
988Mbps440Mbps
エリアdocomoWiMAX2+/au
実質月額料金8,410円3,849円
契約期間2年3年

※ドコモは、もっともスタンダードなプラン「ギガホ」で比較しています。

WiMAXは速度が速く、データ容量も無制限で使えるので、ポケットWiFiとしての性能はバッチリです。

ドコモと同じく東証一部上場企業の、GMOインターネットが運営するプロバイダ(販売代理店)「GMOとくとくBB」から契約すると、最安で手に入れられます。

GMO WiMAXは、間違いなくもっともおすすめのサービスです。

他のポケットWiFiとも比較したい人は、ポケットWiFi全33サービスを比較した結果…2021年4月おすすめはこれだ!を参考にしてください。

2.ドコモのポケットWiFiとは?

まずは、ドコモのポケットWiFiの基本的な情報から解説していきます。

料金プランは2種類

2021年4月現在、ドコモは、大きくわけて以下2種類の料金プランで、ポケットWiFiを販売しています。

  • スマホのデータ容量とシェアする料金プラン
  • データ容量を追加で契約する料金プラン

それぞれ解説していきます。

スマホのデータ容量とシェアする料金プラン

こちらは、ドコモのスマホを利用している人だけが契約できる「データプラス」というプランですが、はっきり言って契約する意味がありません。

データプラスは、現在使っているスマホのデータ容量をポケットWiFiに分け与え、そのポケットWiFiで他の通信端末と接続するオプションのこと。

データプラスを契約する意味がない理由は、以下の2つです。

  • 使えるデータ容量は増えない
  • 端末代が27,720円もかかる

スマホのデータ容量を分け与えるだけなので、ポケットWiFiを追加して使えるデータ容量は増えないうえ、そのポケットWiFiには月額料金・端末代がかかります。

スマホのデータ容量が足りていない人だけでなく、データが足りている人もテザリング(無料)を使えばいいだけなので、騙されて契約しないようにしてください!

※端末代
SH-52A:68,904円
SH-05L:27,720円
※テザリング:スマホのデータ量を使って、他の機器をネットに接続できるオプション(設定方法は、こちら

データ容量を追加で契約する料金プラン

こちらの料金プランは、以下のような人向けのプランです。

  • データプラスではデータ容量が足りない人
  • ドコモ以外のスマホを使っている人

月々のデータ容量ごとに、以下のような料金体系になっています。

←(スマホの人はスクロールできます)→

 ギガライトギガホ5Gギガホ
データ容量月間7GB月間無制限月間無制限
月額料金 〜1GB:2,718円 
〜3GB:2,728円
〜5GB:3,278円
〜7GB:4,378円
7,315円7,315円
事務手数料3,300円
端末代 SH-05L:27,720円  SH-05L:27,720円 SH-52A:68,904円
契約期間2年2年なし

話題の5G回線が使える「5Gギガホ」など、計3つの容量プランがありますが、はっきり言ってどのプランも月額料金・端末代金が高すぎます。

WiMAXならデータ無制限で使えるうえ、これらの半額程度で使えます。後ほどくわしく比較していきましょう。

速度が速い

ドコモのポケットWiFiは料金が高いものの、通信速度はかなり速いです。

←(スマホの人はスクロールできます)→

 ドコモWiMAXその他のサービス
最大通信速度
(下り)
1,288Mbps1,237Mbps限界突破WiFi:150Mbps
Mugen WiFi:150Mbps
THE WiFi:150Mbps

※SH-52Aは、5G通信時は4,100Mbpsですが、4G通信時には1,700Mbpsとなります。

表から、ドコモのポケットWiFiやWiMAXは、限界突破WiFiなどのその他サービスの、約4倍以上の速度がでることがわかります。

ドコモのポケットWiFiやWiMAXなら、WebサイトやYouTubeなどは、高画質でもサクサク利用できます

5G対応端末はおすすめしない!

ドコモの端末SH-52Aは、5G通信時の最大通信速度が4,100Mbpsというとんでもない速さで利用できますが、以下の理由で契約はおすすめしません。

  • 5G対応エリアが狭すぎる
  • 端末のバッテリー持ちが悪い(5G:約4.8時間
/4G :約4.6時間
)
  • 実質月額料金が高すぎる(10,057円)
2021年4月現在、5Gにはこういった課題があり、まだ快適に利用することはできないので、SH-52A(5Gギガホ)は選択肢に入らないと言っていいでしょう。

くわしくは、騙されるな!5G対応のポケットWiFiはおすすめしない!を参考にしてください。

エリアが広い

通信エリアの違い

ドコモのポケットWiFiの対応エリアは広く、山間部や郊外でも比較的つながりやすいのが特徴となっています。

ただし、どのポケットWiFiも基本的にスマホが使える場所であれば使えるので、エリアに関してはそこまで気にする必要はありません。

3.ドコモのポケットWiFiをおすすめしない2つの理由

ここからは、ドコモのポケットWiFiをおすすめしない以下2つの理由について解説していきます。

  • 理由1.料金が高い
  • 理由2.店舗のサポートは必要ない

一つずつ見ていきましょう。

理由1.料金が高い

ドコモのポケットWiFiは、他のサービスに比べて料金が高すぎます。

こちらで先述したように、データプラスは契約する意味がないので、データ容量を追加で契約する料金プランで比較しました。

 ドコモ
(ギガホ)
GMO WiMAX
(ギガ放題)
事務手数料3,000円
端末代27,720円無料
初月料金日割り
月額料金     7,315円      3,969円
   3ヶ月目〜:4,688円   
キャッシュバックなし30,200円
実質月額料金8,410円3,849円

それぞれの実質月額料金を見るとわかるように、ドコモのポケットWiFiは、GMO WiMAXの倍以上の値段となっています。

これほど料金が高いなら、性能がいいのでは?と思いますが、そんなことはありません!

理由2.店舗のサポートは必要はない

ドコモは、全国に店舗を持っているので「店舗で直接サポートを受けたい」という人もいるかもしれませんが、それだけの理由でドコモのポケットWiFiを契約するのはおすすめしません。

なぜなら、ポケットWiFiの利用時には複雑な設定もなく、充電時くらいしか操作機会がないので、故障することはあまりないからです。

「とはいえ店舗があった方が安心・信頼できる」と考えている人がいるかもしれませんが、仮にWiMAXを選んでも、auショップで対応してくれるので心配ありません。

※WiMAX端末を販売しているUQコミュニケーションズは、auを運営するKDDIの子会社なので、WiMAXはauショップでサポートを受けることができます。

4.ドコモユーザーがポケットWiFiをおトクに契約する手順

まとめると、ドコモのポケットWiFiは、以下3つの理由よりおすすめしません。

  • 理由1.料金が高い
  • 理由2.無制限で使えない
  • 理由3.店舗のサポートは必要ない

なのでドコモユーザーは、ドコモのポケットWiFiではなく、これから解説する手順でポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

手順1.GMO  WiMAXを契約する

GMOとくとくBB4月度キャンペーン

選ぶサービスは「GMO  WiMAX」で間違いありません。

2021年4月現在のキャッシュバック額は30,200円となっていて、実質月額3,849円で契約できます。

以下の公式サイト特設ページから申し込むのが、もっともおトクです。

【公式サイト特設ページ】https://gmobb.jp/

手順2.最新端末「WX06」を選ぶ

wimax端末(wx06,w06)の比較

「お申し込み」ボタンを押すと、端末を選択する画面に切り替わるので、ここでは最新端末の「WX06」を選んでください。

WX06はバッテリー容量が多く、最新端末ということもあって、操作性がいいのでおすすめです。

手順3.ギガ放題プランを選ぶ

プランはギガ放題がおすすめ

プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

このギガ放題プランが、月間データ容量無制限のプランとなっていて、実際に90%以上のユーザーがギガ放題プランを選んでいます。

手順4.オプションサービスを選ぶ

オプションの選択

保証サービスは、申し込み時には加入必須となっていますが、必要なければ契約した翌月に解約しましょう

なぜならオプションがなくても、1年間のメーカー保証はありますし、スマホと違って充電する時くらいしか操作機会がなく、壊れる可能性がすくないからです。

注意点として、契約した月には解約できません。忘れないようにカレンダーに解約の予定をいれておくことをおすすめします。

手順5.お客様情報を入力

次に、お申し込みフォームへ移動し、下記のお客様情報を入力して申し込み完了です。


  • お名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード情報

端末は申し込み後1日〜3日ほどで到着し、電源をオンにするだけで利用を開始できます

端末は1〜2日で届く

到着

GMOとくとくBBの端末は、最短当日発送です。ただしそれが可能なのは、平日なら15時30分まで、土・日・祝日は14時までに申し込んだ場合のみとなっています。

設定はカンタン!すぐに使える

WiMAXの設定

付属のSIMカードを差し込んで電源をつけ、端末に表示されるパスワードを入れるだけで使えるようになります。

引越しシーズンなどの需要が多い時期は遅くなることがあるので、できるだけ早めに申し込みましょう。

まとめ

何度もお伝えしてきましたが、ドコモのポケットWiFiはおすすめしません。

2021年4月現在は、あなたがドコモスマホを契約していたとしても、ドコモではなくWiMAXを契約するのがおすすめです。

  • 料金が安い(ドコモの半額)
  • 無制限で使える(ドコモは30GBしか使えない)
  • auショップでサポートが受けられる

上記3つの理由で、選ぶべきポケットWiFiはWiMAX(GMOとくとくBB)で間違いありません!

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト