必要なデータ容量ってどのくらい?後悔しないポケットWiFiの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分はどのくらいの容量のポケットWiFiを選べばいいんだろう?と困っていませんか。速度制限にかかると快適に使えなくなるので「データ容量」は重視したいですよね。

そして、データ量で悩むくらいならとりあえず無制限のポケットWiFi選べばいいんじゃないの?と思いませんか。

動画も見放題、SNSもやり放題ならわざわざ制限付きのポケットWiFiを選ぶ理由が無いように思えます。

でも、実際に3日10GBの制限があるWiMAXなど他のポケットWiFiを選ぶ人がいるのはなぜでしょう?それは、現在、無制限のポケットWiFiで通信障害などのトラブルが発生していて、不信感があるからです。

そして、自分に最適なポケットWiFiを契約するためには色んなポイントで複雑に判断しなければいけません。

今回は料金や他のポイントで比べる前に、まずは最適な「データ容量の目安」を把握し、あなたにピッタリなポケットWiFiを見つけましょう

1.3日10GBを頻繁に超えるか超えないかで選ぼう!

いきなり結論からいいます。ポケットWiFiのデータ容量で迷ったら「WiMAXか、それ以外か」という選び方がベストです!

つまり、3日で10GB制限に頻繁にかかるかどうかを目安にして判断しよう!ということです。

3日で10GBは、次のような使い方をすると超えてしまいます。

  • 動画を1日3時間以上見る
  • PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ
  • 仕事で大きなファイルのやりとりをする
  • 家も外も1つのポケットWiFiだけで済ませる

そして先ほどの図を見て、「なんでポケットWiFiを選ぶつもりで記事を見たのに、固定回線が出てくるの?」と疑問に思いますよね。

後でくわしく解説しますが、実は使い方によってはそもそもポケットWiFi自体オススメできない場合があるんです

また、「データ容量無制限のポケットWiFiがあるって聞いたけど・・・?」とツッコミたくなると思いますが、2020年5月現在、その無制限ポケットWiFiを自信を持ってオススメすることが難しい現状にあります。

気になることがたくさんありますね。ですがひとつ言えることは、これさえ読めばポケットWiFiの「データ容量」に関するあなたの悩みはもう無くなります!

では、分かりやすく解説していきますね!

2.なぜ3日10GBが目安なの?

一見「3日10GB」って、馴染みのあるスマホの制限ルールとは違って目安として分かりにくい気がしませんか?「今回初めてそんな変なルールがあると知った」という人もいるかもしれません。

それでも、ポケットWiFiを選ぶ際にはこの「3日で10GB」を頻繁に超えるか超えないか、を目安に選ぶのが最適なんです。

理由はシンプルで、3日10GB制限を採用しているWiMAXが一番人気・有名なポケットWiFiだから。

そして、WiMAXがあなたに合うか合わないかを考えて、合うなら一番いいですし、合わないならそれ以外の選択肢から選びましょう!

有名なサービスは目安として分かりやすいですし、WiMAXはただ有名なだけじゃないんです。実際にこれだけのユーザーがWiMAXを契約しています。

UQ WiMAX契約者数を参考に作成

2009年にスタートしたWiMAXのサービスは、2019年には契約者数が3,400万人を突破しています。日本人の4人に1人以上がWiMAXを使っていることになります。

また、ユーザーは10年間増え続けています。これは安定して良いサービスの運営を続けてきているからです。

ポケットWiFiを選ぶ際には「一度は絶対に目にする」といっても過言では無いこのWiMAXの「3日で10GB」制限

これを目安にして、「自分は3日で10GB以上使うからWiMAXじゃだめだな」とか「3日10GBも使わないからWiMAXはアリだな」なんて選び方をすると快適なネット生活を実現できますよ!

2.3日10GB制限に頻繁にひっかかる人は、完全無制限WiFi or 光回線にしよう

重要なのは「頻繁に」3日で10GBを超えるかどうかです。

その理由を実際に弊社が調査したアンケートから読み取ることができます。

実は、WiMAXユーザーの約76%は3日10GB制限にかかっているということがアンケートから分かりました。

3日で10GB制限に かかったことはありますか?

この表を見て「制限にひっかかっているのなら、ユーザーのほとんどはWiMAXに不満を持っているんじゃないの?」と思いませんか。

ネットを使っていて速度制限にかかるとストレスですもんね。

そこで「WiMAXはコスパの良いサービスだと思いますか?」という質問もしてみました。どんな使い方をしている人が満足しているのかを知るためです。

WiMAXはコスパがよいサービスなのか

制限に時々かかる人・全く無い人は、WiMAXのコスパが普通・良いと回答する人が多かったです。

制限に全くかからない人のほとんどはWiMAXに満足していますね。時々かかる程度の人もそこまでストレスは感じていないようです。

WiMAXの速度制限は夜間(18時頃から翌2時頃まで)のみ。日中は制限がないので、夜間の通信速度が時々遅くなる程度なら問題ないと考える人が多いのかもしれませんね。

ただし、頻繁にひっかかっていると回答した人の69%は「WiMAXのコスパは悪い」と感じているようです。

なので、結論を言うと…

  • 頻繁に3日10GB制限がかかる人→完全無制限WiFi or 光回線
  • 時々かかる、または全くかからない人→WiMAXが向いている

ということになります。

WiMAXが向いていないならどんな選択肢があるかについては最後にこちらで解説します!

では次に、具体的にどんな使い方をする人が3日で10GBを超えやすいのかの特徴をお伝えします。

3.3日10GB制限に頻繁にひっかかる4つの使い方

速度制限がかかりやすい人は以下の4つ使い方をします。

  • 動画を1日3時間以上見る
  • PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ
  • 仕事で大きなファイルのやりとりをする
  • 家も外も1つのポケットWiFiだけで済ませる

特に動画が関係していますが、他の要素も速度制限に関係してくるようです。

1つずつ見ていきましょう。

使い方1.動画を1日3時間以上見る

動画視聴時間と速度制限の関係

上の棒グラフは、動画サービスを1日にどのくらい見るのかと、速度制限がかかる頻度の関係をまとめたものです。

動画を見る時間が長くなればなるほど、頻繁に速度制限がかかる可能性が高くなっていますね。

制限が『頻繁にかかっている』と回答した人のデータだけ調べると、その約60%は毎日3時間以上動画を見ていました。

なので、『動画を1日3時間以上見る』というのが、頻繁に速度制限がかかるかどうかの判断基準になりそうです。

スマホだと1日3時間以内は大丈夫

動画を見ると、どのくらいデータが消費されているのかを測ってみました。

YouTubeのデータ量を自力で測定したところ、画質の違いによるデータ量は以下のとおりでした。

画質1時間あたり10GBでどれだけ見られるか
スマホ(480pか720p)1017.6MB9.8時間
PC(1080p)1773.6MB5.6時間
大画面TV(2440p)8832MB1.1時間

スマホで見る画質(480pや720p)の場合、10GBで9.8時間見られる計算になります。

だとすると、1日3時間以内なら制限にかかることはなさそうです。逆に、3時間以上になると、下の囲みで説明している他サービスのデータ量と合わせて3日10GBを超える可能性が高くなります。

動画以外でもデータが消費されている

普段良く使いそうなサービスのデータ消費量をまとめました(各5分間使った場合)。※LINE以外は自分で測定しています。

InstagramやSmartNewsは、画像や動画が多いので、思った以上にデータを消費していますね。

サービス名5分のデータ量
Instagram約120MB
Twitter約15MB
SmartNews
(アプリ)
約46MB
LINE通話(音声)約1.5MB
LINE通話(ビデオ)約26MB

※LINEのデータ利用量に関する参考サイト
https://mobile.line.me/guide/article/30013500.html

使い方2.PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しむ

画質の違い

大画面で動画を見る場合はスマホよりも画質を上げられるので、データ量が3日10GBを大幅に超える可能性があります。

上の画像は、27インチのディスプレイでYouTubeを再生し、スクリーンショットを撮って作りました。スマホではあまり気にならない標準画質(480p)でも、大画面で見るとぼやけた印象です。

画質の良い動画をPCやテレビで見るなら最低でもHD画質(1080p)が必要で、そうなるとデータ量が多くなります。

先ほどの表をもう一度見てみましょう。

画質1時間あたり10GBでどれだけ見られるか
スマホ(480pか720p)1017.6MB9.8時間
PC(1080p)1773.6MB5.6時間
大画面TV(2440p)8832MB1.1時間

1080pの画質だと、10GBで5.6時間。2440pだと1.1時間しか見ることが出来ません

なので、PCやテレビの大画面で動画サービスを楽しみたい場合、3日10GB制限が頻繁にかかってしまう可能性が高いです。

使い方3.仕事で大きなファイルのやりとりをする

仕事で使う場合の制限のかかり具合

上の棒グラフの通り、仕事でネットを使う人は、使わない人と比べて制限が頻繁にかかっています。

ただし、仕事で文書を作成したり、チャットワークやSlackでやり取りする程度ならデータ量はそこまで気にする必要はありません。

問題は、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドストレージを使ったファイル共有や、ZOOMやスカイプでのWEBミーティングです。

ちなみに、私が先日会社からDropboxで共有された画像フォルダのサイズを見てみると、2.97GBでした…。

Dropboxのフォルダ

職種にもよりますが、画像や動画ファイルをクラウドストレージで共有することが多かったり、オンラインミーティングを定期的に行ったりする場合、3日10GBでは足らない可能性が高くなります。

使い方4.家も外も1つのポケットWiFiで済ませる

wimaxだけと、他のネット回線を契約している場合

WiMAXだけを契約している人は、光回線など他のネット回線を併用している人に比べて、3日10GBの制限が頻繁にかかってしまう可能性が高くなります。

もし光回線を契約していれば、家でデータ量の多い動画のダウンロードやファイル共有を済ませておくことが出来ます。数GBもあるiPadやスマホのOSアップデートも家で行なえます。

しかし、家でも外でもWiMAX1台だけだと、動画、SNS、アプリやOSのアップデートなど、すべてをWiMAXだけで行わなければなりません

WiMAXだけでネット環境を済ませようと考えているなら、速度制限にかかる可能性が高くなるので注意してください。

4.ユーザーの口コミから分かった制限時の体感速度

WiMAXは、実は3日で10GBを超えて速度制限にかかっても人によってはそんなに困らないかもしれません。

他のポケットWiFiだと、決められた容量を超えると128kbpsの速度まで落ちてしまいますが、WiMAXは制限時でも約1Mbpsは出ます。

128kbpsというと、Lineやテキストメール以外はほぼ何もできないレベルの通信速度ですが、1Mbpsだと、ウェブサイトの閲覧やSNSはもちろん、YouTubeも画質を落とせば(480pや360p程度)視聴可能です。

  • 動画の視聴
  • SNSの利用
  • ウェブサイトの閲覧
  • ゲームやアプリ

と分けて紹介するので、参考にしてください。

ここでは口コミの一部しか紹介していませんが、他の口コミを見たい方は、こちらのスプレッドシートを参考にしてください。※他サイトでの使用は固くお断りします。

動画の視聴

高画質での動画再生はできませんが、画質を落とせばなんとか見られるという口コミが多かったです。

720p以下にすれば動画が見られる|30代男性

高画質(1080p)の動画を再生すると、時々再生が止まる(10分の動画で2~3回くらい)。シークした際に読み込み時間が長い時がある(20秒くらい)。720p以下に画質を落とせば問題なく再生できる。ウエブサイト閲覧やSNSは通常時とほぼ変わらない。

読み込みに多少時間がかかる|30代女性

高画質の動画は重くて繋がりづらかったので、見れる状態になるまで待てませんでした。画質を落とせば再生できましたが、多少時間がかかりました。

エラーが出る頻度が増える|30代女性

高画質の動画は重くて繋がりづらかったので、見れる状態になるまで待てませんでした。画質を落とせば再生できましたが、多少時間がかかりました。 動画も再生すること自体はできますが、読み込みエラーが出る頻度が高くなり、ひたすらリロードを繰り返すうちにアクセスできるようになります。かかる時間が増えるだけなので、コンテンツが利用できなくなる、ということはないです。

SNSの利用

SNSでもツイッターやLINEは問題ないという人が多く見られました。

ただし、インスタグラムは画像や動画が多いためか、表示されないこともあるようです。

ツイッターやLINEはOK|20代女性

動画を何回も再生するのは難しく、インスタグラムも読み込みが遅く感じる。 ツイッターやLINEは問題なく感じる。

SNSなら問題ない|30代女性

高画質での動画は見れません。常に低画質にしています。ウェブサイトも大手通販サイト等画像の多いサイトは読み込みに時間がかかります。 音楽ゲームも、新しいコンテンツをダウンロードする際は1、2分かかります。 TwitterやInstagramはまだ読み込み量が少ないのか、時間をかければ見られるので、夜は動画などは見ずに主にSNSを見ています。

インスタのストーリーは見れない場合がある|20代女性

高画質だとかなり遅くなりますが画質をある程度落とせばそこまで苦にならない程度には動画を見ることが出来ます。インスタのストーリーなどはあまりスムーズには見れないことが多いです。

ウェブサイトの閲覧

一般的なウェブサイトは問題ありませんが、オンラインショッピングのように画像が多いサイトは読み込みに時間がかかるようです。

画像が多いと重い|20代女性

高画質の動画は見始めはロードに時間がかかりますが、観ている間に少しずつ画質は戻っていきます。ウェブサイトの閲覧はやはりロードが少し遅いです。特に画像が多いサイトなどは遅いです。

文章の表示は問題ない|30代男性

ウェブサイト観覧、動画視聴共に読みこみが遅くなり、なかなか見れない状況になります。Googleで簡易的な調べものをするさいも、文面の表示はわりと問題なく表示されるが画像の読みこみが遅くなります。

アメブロは遅い|40代男性

ウェブ閲覧やInstagramなんかは問題ないのですが、容量が多くなりがちなアメーバブログなんかの閲覧は読み込みが遅くストレスになることが多いです。

ゲームやアプリ

スマホでのゲームは通信量が抑えられているので遊べることが多いようです。

ただし、PS4や動きの多いゲームだとできないことがあるようです。また、ソフトのダウンロードやアップロードにはかなり時間がかかる可能性があります。

たまにラグがある程度|30代女性

画質を落とせば再生できます。 また、MMORPGもたまにラグがある程度で普通にプレイできます。 出来ない事はps4のシェアプレイ・psnowです。

ほぼ何もできなかった|30代男性

オンラインゲームをしたときはほとんど何もできないので諦めました。ネットサーフィンは我慢できる範囲内です。

アプリの起動が遅い|女性

一度かかったら、アプリもなかなか起動せず、Webサイトを普通に閲覧するのも重くてイライラしたので、制限がかからないように気をつけている

「普段よりは快適さは落ちるが、使えない訳でもない」というのが実際のユーザーからの口コミで分かりました。

「WiMAXの制限時の速度が許容できるかどうか?」もあなたに最適なポケットWiFiを選ぶひとつの目安になります。

まとめ

一番人気のポケットWiFi、WiMAXの制限ルールである「3日10GB制限」これに頻繁に引っかかるかどうかで快適さが変わってくることが分かりました。

そして、3日で10GBを超える使い方をする人・しない人でオススメできるポケットWiFiが違うとお伝えしましたが、あなたはどうでしたか?

再度まとめると以下のようになります。

  • 3日で10GBを頻繁に超える使い方をしない人→WiMAX
  • 3日で10GBを頻繁に超える使い方をする人→固定回線/無制限ポケットWiFi
  • 3日で10GBを時々超えるが、制限時の速度を許容できる人→WiMAX

それぞれ具体的にどんなポケットWiFiがオススメなのかを紹介したいと思います!

WiMAX GMOとくとくBB

WiMAXGMOとくとくBBのキャンペーン

あなたの使い方で「3日で10GB」を頻繁に超えないなら「WiMAX GMOとくとくBB」を選びましょう!

WiMAXは、どのプロバイダで契約してもエリアや速度、通信容量などの基本的なスペックは変わりません。

「〜WiMAX」といったサービスがたくさんありますが、性能は変わらないので料金が一番安いプロバイダを選びましょう。

ギガ放題プラン:実質月額料金3,511円
3年契約
くわしくは、こちら
※GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取るのが困難です。契約から11ヶ月後にGMOのアドレス宛に届く大量の広告メールに紛れている「口座情報登録メール」を確認し、翌月の末日までに、振り込み口座を登録する必要があります。もし、この面倒な手続きがない方がいいなら、シンプルな月額割引キャンペーンがおすすめです。

ギガゴリWiFiワールドプラン

ギガゴリwifiワールドプランのイメージ

→本日(5/13)新規受付停止しました。

現在、コロナウイルスの影響のため多くのポケットWiFiは発送が遅れていたり、新規受付を停止しています。

くわしくは、ポケットWiFi業界激変!2020年5月に選ぶべきはこの一択の記事にまとめたので、こちらを読んでください!

ギガゴリWiFiワールドプランは、無制限で使えるポケットWiFiの中で唯一オススメできるポケットWiFiです。

料金も「とくとくBB」とほとんど変わらず、以前までは圧倒的ナンバーワンのポケットWiFiでした。

しかし、ひとつ注意点があります!現在「クラウドSIM」という技術を使って「無制限WiFi」を運営している各会社では通信障害が起こっています。

例えば「どんなときもWiFi」では2020年2月から何度も通信障害が発生したため、4月にサービス停止を発表しました。

今後も無制限で利用できるかどうかが心配されている無制限のポケットWiFiですが、ギガゴリWiFiだけは唯一、比較的安心して使える無制限WiFiです。

運営会社がとくとくBBと同じ「GMOインターネット」なので信頼性が高いという理由ですが、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

・実は最強!?「ギガゴリWiFi」を契約して分かったメリット・デメリット

ワールドプラン:実質月額料金3,511円(以下、全て税抜き)
2年契約
公式サイト:くわしくは、こちら

固定回線(光回線)

そもそも、人によってはポケットWiFi自体向いていない場合があるとお伝えしました。

WiMAXには3日10GB制限があるので「頻繁に制限にかかる+制限時の速度が耐えられない」という人には固定回線をオススメします。

先述しましたが、現在は完全無制限のポケットWiFiには懸念点があります。どんなときもWiFiが通信障害を起こして以来、他の無制限WiFiでもいつ同じような事態が起こるのか分からないからです。

そんな不安があるから無制限のポケットWiFiは選べない!という人は固定回線が向いているでしょう。

固定回線についてくわしく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【2020年5月】迷ったらこう選べ!元販売員が使うインターネット回線とは

ギガゴリWiFiと光回線どっちがいいの?

 ギガゴリWiFiワールドプラン固定回線
実質月額料金
3,511円

3,800円〜5,200円
工事
不要
×
必要
通信速度
無線なので不安定

高速で安定している
使える場所
どこでも使える

家でのみ使える
データ容量
完全無制限

完全無制限

ギガゴリWiFiと固定回線にはメリットとデメリットがありますが、それぞれオススメはこんな人です。

  • 固定回線→安心・快適に「無制限」でネットをしたい
  • ギガゴリWiFiワールドプラン→外出先でも「無制限」でネットをしたい。通信障害がおこるリスクがあってもいい。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト