【2021年】auひかりプロバイダ全8社を比較!料金が安いおすすめを紹介

「auひかりのプロバイダはどれを選べばいいの?」

auひかりで利用できるプロバイダは全8種類。どれを選んでも同じようにネットにつなげられて、月額料金にも違いはありません。

しかし、キャッシュバックの金額やサービス内容には大きな違いがあり、選んだプロバイダが違うだけで、なんと約6万円も損する場合も!

この記事では、光回線の元販売員が、auひかりのプロバイダを選ぶ3つのポイントと、おすすめのプロバイダを紹介します。ぜひ参考にしてください。

先に結論をいうと、auひかりでおすすめのプロバイダは、So-netGMOとくとくBBです。理由をすぐに知りたい人はこちらから読み進めてください(ページ内を移動します)。

1.auひかりのプロバイダを選ぶ3つのポイント

プロバイダとは、自宅とインターネット回線をつなぐ会社のこと。インターネット回線であるauひかりを使うためには、プロバイダの契約が必要です。

auひかりで利用できるプロバイダは、以下の8種類。

auひかり プロバイダ

  1. So-net
  2. GMOとくとくBB
  3. BIGLOBE
  4. au one net
  5. @nifty
  6. @tcom
  7. AsahiNet
  8. DTI

それぞれキャッシュバックやサービスに違いがあります

納得したプロバイダ選びをするためには、次の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • キャッシュバック額と受け取り月
  • 実際の速度は速いか
  • セキュリティサービスの充実度

一つずつ、説明します。

提供エリア・月額料金・契約期間などは、どのプロバイダから契約しても変わりません。

ポイント1.キャッシュバック額と受け取りやすさ

プロバイダ選びでもっとも重要なポイントは、キャッシュバック額と受け取りやすさです

プロバイダによってキャッシュバック額は大きく違います。まったくキャッシュバックをもらえないプロバイダがあれば、高額キャッシュバック61,000円をもらえるプロバイダも。

どのプロバイダを選んでも、同じ月額料金・同じ速度で使えます。したがって、auひかりを申し込むなら、キャッシュバックが多くもらえて受け取りやすいプロバイダを申し込みましょう。

ポイント2.実際の速度は速いか

実際の速度がどれくらい出ているのかも確認しましょう。auひかりの最大速度は1Gbpsですが、プロバイダによって実際の速度が違います

もちろんauひかりの回線自体が速いので、どのプロバイダから契約しても「遅すぎて使い物にならない」ことにはなりません。それでも、なるべく速いプロバイダを選んだ方が、日々のストレスが減ります。

ポイント3.セキュリティサービスの充実度

次に注目すべきポイントは、セキュリティサービスの充実度

安心してネットを使うためには、セキュリティサービスが必須です。ウイルス対策をしていないと、クレジットカード情報などの大切な個人情報が流出してしまうことがあります。

各プロバイダのセキュリティサービスが、月々いくらで利用できるのかしっかり確認しておきましょう。

2.8社比較!auひかりのおすすめプロバイダはこれだ

auひかり プロバイダ

ここからは上記のポイントをもとに、auひかりのプロバイダ8社を比べます。

auひかりのプロバイダ8社を比較

auひかりのプロバイダ8社を比較して表にまとめました。

  • キャッシュバック額と受け取り月
  • 実際の速度
  • セキュリティサービスの充実度

これらの違いに注目してみてください。

プロバイダキャッシュバック額受け取り月実際の速度 セキュリティーサービス
55,000円翌月395.14Mbps550円/月
24ヶ月無料
61,000円11ヶ月後
23ヶ月後
516.02Mbps550円/月
50,000円11ヶ月後
24ヶ月後
385.45Mbps418円/月
10,000円4ヶ月後395.14Mbps330円/月
30,000円23ヶ月後358.74Mbps550円/月
361.34Mbps539円/月
347.54Mbps550円/月
38,000円14ヶ月485.29Mbps

※すべて税込
※実際の速度は「みんなのネット回線速度」を参考

結論からいうと、おすすめできるプロバイダはSo-netとGMOとくとくBBの2つです。

それぞれ理由を説明します。

So-net|一番バランスがいいおすすめのプロバイダ

auひかり So-net

ソニーネットワークコニュニケーションズが運営しているSo-net。最大55,000円のキャッシュバックがもらえる人気のプロバイダで、最短翌月にキャッシュバックがもらえます。(正規代理店アイネットサポートの場合)

さらに、セキュリティサービスが2年間無料で使える期間があるのもうれしいポイント。実際の速度も400Mbpsほど出ているので問題はありません。So-netは、auひかりのプロバイダの中で一番バランスがいいです。

GMOとくとくBB|最高額のキャッシュバックを行っているプロバイダ

auひかり GMOとくとくBB

プロバイダとして20年以上の実績を誇る東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が「GMOとくとくBB」を運営しています。

最高額である61,000円のキャッシュバックが一番の魅力です!しかし、キャッシュバックの受け取りには少し注意が必要。11ヶ月後と23ヶ月後に届く「キャッシュバック特典の案内メール」を、1ヶ月以内に返信しなければキャッシュバックは振り込まれません。振り込みは30,500円ずつになります。

それでも最高額のキャッシュバックを受けたい人にはおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの速度はauひかりのプロバイダ内で最速

GMOとくとくBBの実際の速度は、516.02Mbpsです。他のプロバイダに比べても圧倒的な速さを誇ります。速度を重視している人にもGMOとくとくBBはおすすめです。

よりくわしくGMOとくとくBBについて知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。
auひかり×GMOとくとくBBってどうなの?4つのメリットと2つの注意点

その他の6つのプロバイダはおすすめしない

その他の6つのプロバイダはおすすめしません。その理由を簡単に説明します。

1.BIGLOBE

BIGLOBEはもともとNECが運営していて、現在は独立したプロバイダ。キャッシュバックの金額は最大50,000円と高額です。

しかしBIGLOBEには、セキュリティサービスを無料で使える期間はありません。高額なキャッシュバックをもらえて、セキュリティサービスが無料のSo-netの方がおすすめです。

2.au one net

au one netは、KDDIが運営しているプロバイダです。

auひかり」と「au one net」、どちらもKDDIが行っているサービスです。お得に申し込めそうですが、キャッシュバック金額は10,000円しかもらえません。

キャッシュバックが少ない理由
au one netからのキャッシュバックが少ない理由は、他社プロバイダにauひかりのサービス拡大を協力してもらうためです。au one netのキャッシュバックを減らすことにより、他社プロバイダはauひかりを販売しやすくなります。

3.@nifty

@niftyは、電機メーカーの富士通が運営しているプロバイダ。

キャッシュバック金額が30,000円と低いのでおすすめできません。

4.@Tcom

@tcomは、TOKAIコミュニケーションズが運営しているプロバイダ。

キャッシュバックがないのでおすすめできません。

5.AsahiNet

AsahiNetは、朝日ネットの運営するプロバイダです。@niftyや@tcomと同じでキャッシュバックはありませんのでおすすめしません。

6.DTI

DTIは、東京電力の孫会社ドリーム・トレイン・インターネットのプロバイダ。リモートサポートが無料で使える特徴があります。

キャッシュバックは38,000円をもらえますが、受け取り時期が14ヶ月後と遅いのであまりおすすめしません。

3.auひかりの申し込み手順

auひかりのプロバイダ8社の比較を見てきました。

せっかくauひかりを使うのなら、高額キャッシュバックをもらえて、セキュリティサービスが無料で使えるSo-netか、キャッシュバックが最高額のGMOとくとくBBを選びましょう。

最後に、auひかりの申し込み手順を解説します。

So-netから申し込む場合

手順1.auひかりを申し込み

申し込みはこちらのリンクをクリック。

auひかり キャンペーン

上記のページに移動するので「WEBお申し込み」をクリックします。

サイトの案内にしたがって、郵便番号・住所などを打ち込んでいけば申し込み完了です。

申し込み窓口に注意!

以下のキャンペーンページからでは55,000円のキャッシュバックがもらえます(2021年9月現在)。他の窓口から申し込むと、キャッシュバック金額が減る可能性もあります。必ず以下のキャンペーンページから申し込みましょう。

「auひかりキャンペーンページ」:https://auhikari-campaign.biz/

手順2.工事日の調整

申し込みから2日ほどで電話連絡があるので、工事日を調整してください。

この電話で利用したいプロバイダも聞かれるので、So-netを選ぶようにしましょう。

手順3.工事の立ち会いと利用開始

工事日の2日前までに、光回線開通に必要な機器が送られてきます。

工事日当日は、約2時間の立ち会いが必要。工事が終わるとインターネット開通です。

GMOとくとくBBから申し込む場合

手順1.auひかりを申し込み

まずはこちらをクリックして、GMOとくとくBBのキャンペーンページを開きます。

auひかり GMOとくとくBB

ページ右上にある「エリア検索・料金診断」をクリックして、手続き画面を開きます。

手順2.申し込み情報を入力

次のページへ進むと、あなたの情報を入力していく画面が開きます。

手順3.確認の電話を受ける

必要な情報を入力したら、申し込みフォームを送信します。

すると、1~3週間でKDDIから確認と工事の日程を調整するための電話がかかってきます。

この電話を受けて、工事のスケジュールを決めましょう。

手順4.工事を完了させて、ネット開通!

工事が完了すると、ネットが開通します。

4.auひかりのプロバイダに関するよくある質問

Q&A

最後に、auひかりのプロバイダに関するよくある質問をまとめました。

  1. auひかりのプロバイダは乗り換えられる?
  2. auひかりの解約金はどれくらい?
  3. 自分が契約しているauひかりのプロバイダがわからない場合は?

1.auひかりのプロバイダは乗り換えられる?

auひかりのプロバイダだけを乗り換えられません。

回線とプロバイダはセットでの契約になるので、プロバイダを解約する際は、auひかり自体の解約になります。どうしても乗り換えたい人は、一度auひかりを解約して、新規で別のプロバイダと契約するしかありません。

2.auひかりの解約金はどれくらい?

auひかりの解約金は以下の通りです。

戸建てマンション
ずっとギガ得プラン(3年契約):16,500円
ギガ得プラン(2年契約):10,450円
お得プラン(2年契約):7,700円
標準プラン(縛りなし):0円

どのプロバイダから契約しても、上記の解約金がかかります。

解約方法や解約金についてくわしく知りたい人は「auひかりの解約方法と解約金0円で済む方法3つ」の記事を参考にしてください。

3.自分が契約しているauひかりのプロバイダがわからない場合は?

auひかりのプロバイダは、My auから確認できます。

もしMy auに登録していない場合は、クレジットカードや銀行口座の明細書からも調べられます。

まとめ

auひかりのプロバイダについて解説しました。今回の内容をまとめます。

auひかりのプロバイダについて

So-net
→高額キャッシュバック55,000円がもらえて、セキュリティが2年間無料で使えるSo-net
GMOとくとくBB
→最高額のキャッシュバック61,000円がもらえる

参考記事一覧

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト