注意!auのポケットWiFiをおすすめしない3つの理由

auのポケットWiFiについて、「auユーザーならではの割引はある?」「料金はいくらかかるの?」などと、気になっていませんか?

公式サイトやauショップで説明を聞いても、本当におトクなのかどうかはよくわかりませんよね。

そこで、毎日ネット回線を比較している私が、徹底的に調べたところ・・・

何も知らずにauのポケットWiFiを契約してしまうと、他のサービスに比べて、最大5万円も損してしまう可能性があるとわかったのです。

ですがこの記事を読めば、たとえあなたが初心者でも、本当におトクなポケットWiFiが契約できるはずです。ぜひ参考にしてください!(当記事は税込価格です)

1.auのポケットWiFiはおすすめしない!

auのポケットWiFi

まず結論からいうと、auのポケットWiFiはおすすめできません。

その理由は次の3つです。

  • 料金が高い(実質月額料金:5,639円)
  • 解約しにくい
  • スマホ割は他のプロバイダ(販売代理店)でも受けられる

※実質月額料金:契約期間内にかかる総額÷契約月数

これらの理由より、auのポケットWiFiは、たとえあなたがauユーザーであってもおすすめしません

ただauのポケットWiFiはWiMAXを利用しているので、性能(通信速度の速さ・速度制限のルールのゆるさ・通信エリアの広さ)は評価できます。

GMO WiMAXの方がおすすめ

GMOとくとくBB6月度キャンペーン

2021年6月現在、auのポケットWiFiよりもおすすめなサービスは「GMOとくとくBB WiMAX」です!

GMO WiMAXは、auとまったく同じ性能にも関わらず、auよりもかなり安く利用できます

 auGMO WiMAX
実質月額料金5,639円3,852円
3年間の総額203,438円147,203円

表のとおり、3年間の総額に5万円以上の差がありますね。性能が同じなら、より料金の安いGMO WiMAXをおすすめします!

運営会社もGMOインターネットという東証一部上場企業なので、信頼できるサービスです。故障時も全国のauショップで対応してもらえます。

2021年6月現在、GMO WiMAXはauより優れているどころか、すべてのポケットWiFiの中で一番おすすめのサービスです。

くわしくは、ポケットWiFi全33サービスを比較した結果…2021年6月おすすめはこれだ!を参考にしてください。

2.auのポケットWiFiのサービス内容はWiMAXと同じ

UQからau、他のWiMAXプロバイダへ

そもそもauが販売しているポケットWiFiは、WiMAXというサービスです。auショップで「ポケットWiFiをください」と言えばWiMAXを渡されます。

WiMAXは、UQコミュニケーションズという会社が回線を管理するポケットWiFiであり、20社以上ものプロバイダ(販売代理店)が、さまざまな料金 ・契約条件で代理販売をおこなっています。

どのプロバイダも、WiMAXという同じサービスを扱っているため、性能は変わりません。auも数あるプロバイダのうちの一つとして、WiMAXを販売しているにすぎません。

違うのは料金・解約のしやすさだけなので、それらの条件がもっともいいプロバイダを選ぶことがおすすめです。(後ほどくわしく比較します)

まずは、WiMAX(auのポケットWiFi)の特徴について見ていきましょう。

実質無制限で使える

WiMAXの一番の魅力は、データ容量が月間無制限で使えることです。どれだけ利用しても料金は変わりません。

ただ一つ注意したいのは、「3日で10GBまでの直近制限」があること。 

ルール直近3日間で合計10GBを超えると制限がかかる
制限がかかる時間翌日の夜間18時〜26時まで
制限中の通信速度約1Mbps(YouTubeの標準画質レベルが視聴可能な速度)

直近3日間で10GBを超えると、翌日の夜間だけスピードが遅くなってしまいます。

とはいえ、以下2つの理由から、制限時でも快適に使えるサービスだと言えます。

WiMAXが快適な理由

このような理由から、WiMAXは「ほぼ無制限」「実質無制限」のポケットWiFiとされています。

※もっとくわしく知りたい人は、3日10GBって実際どのくらい使えるの?制限にかかりやすい3つの使い方を参考にしてください。

2021年6月現在、完全に無制限で使えるポケットWiFiはないので、WiMAXがもっともたくさん使えるポケットWiFiで間違いありません。

速度が速い

WiMAXは、通信速度がかなり速いポケットWiFiです。

 WiMAX
(auのポケットWiFi)
その他のポケットWiFi
最大通信速度(下り)440Mbps限界突破WiFi:150Mbps
Mugen WiFi:150Mbps
THE WiFi:150Mbps

その他の代表的なポケットWiFiと比較すると、8倍以上もの速度がでるので、WebサイトやYouTubeなどは、高画質でも快適に利用できます

エリアが広い

WiMAXのエリア 関東

WiMAXでよく利用するのは、au回線ではなく「WiMAX2+回線」です。WiMAX2+のエリアは広いので、なんの問題もありません。

東京や大阪などの都市圏はもちろん、基本的にはスマホがつながるエリアならどこでも使えます

郊外・山間部はすこし不安

ただし、都市部から離れた郊外・山間部などではつながらないケースがあります。

WiMAXを契約する際は、自分が使いたいエリアが対応エリア内かどうかを確認してください。

※くわしくは、3分でわかる!WiMAXのエリア判定法と、その後に取るべき行動を参考にしてください。

auのエリアも利用可能

WiMAXには、エリアの広い「au 4G LTE回線」を利用できるハイスピードプラスエリアモードという機能があります。

タッチパネルからのカンタン操作で「au 4G LTE回線」に切り替え可能です。

ただし、速度制限のルールが変わったり、追加料金がかかるなどのデメリットもあるので、基本的にはWiMAX回線のみの使用をおすすめします。

3.auのポケットWiFiをおすすめしない3つの理由

auのポケットWiFiとはWiMAXのことなので、性能はいいのですが、次の3つの理由でおすすめしません。

  • 理由1.料金が高い
  • 理由2.解約しにくい
  • 理由3.スマホ割は他のプロバイダでも受けられる

それぞれ解説していきます。

理由1.料金が高い

auと他プロバイダ特徴比較:6月度

WiMAXをauから契約してしまうと、料金がかなり高額になります。

上の表では、WiMAXを契約できる代表的なプロバイダ(販売代理店)と比較しました。

※実質月額料金:契約期間内にかかる総額(キャッシュバック込み)÷契約月数

表からまず分かるのは、WiMAXは、auではなく他のプロバイダから契約した方が安くなるということ。

繰り返しになりますが、どのプロバイダも同じWiMAXサービスを利用しているので性能は変わりません。

なので、プロバイダの中で最安値のGMOとくとくBBから契約した方が、月々実質約2,000円も安くなっておトクです。

理由2.解約しにくい

契約時にはあまり気にしないかもしれませんが、auからWiMAXを契約してしまうと、解約のハードルがかなり高くなってしまいます。

GMOとくとくBBとauを、解約金を支払って解約した場合のトータル費用をまとめました。

サービス名GMOとくとくBBau
契約期間3年2年
更新月以外の解約金1~12ヶ月目20,900円
13~24ヶ月目15,400円
25ヶ月目以降10,450円
1,100円
トータル費用
(解約金込み)
半年52,875円57,087円
1年50,091円90,134円
2年101,397円145,686円
3年147,203円203,438円
キャッシュバック30,100円
(12ヶ月目に受け取れる)
なし

表を見るとわかるように、GMOとくとくBBは、半年から3年間のどのタイミングで解約しても、auより損することはありません。

とくに高額なキャッシュバック(30,100円)が受け取れる1年目以降は、解約金を支払ってもお釣りがくるので、かなり解約しやすいサービスとなっています。

理由3.スマホ割は他のプロバイダでも受けられる

スマートバリュー

auのスマホを契約している方は、auのポケットWiFi(=WiMAX)を契約すると、毎月1,100円の割引きが受けられます。

ただその割引きは、WiMAXをauで契約せず、他のプロバイダから契約しても適用されます

なので、たとえあなたがauユーザーであっても、わざわざauのポケットWiFi(=WiMAX)を選ぶ理由はありません。

auよりも料金が安いプロバイダからWiMAXを契約した方がおトクなので、最安値のGMOとくとくBBから契約するのをおすすめします。

割引きを受けられるのは一部の人だけ

そもそも、auスマホ+WiMAXのセット割である「auスマートバリュー mine」が適用されるのは、一部の人だけです。

たとえば2021年6月現在に契約できる、ただ一つのプラン「データMAXプラン」は、auスマートバリューmineの割引き対象ではありません。

ほとんどの人は、割引きを受けられないと思っておいてください。くわしくはこちら

4.auユーザーがポケットWiFiをおトクに契約する手順

auのポケットWiFiはWiMAXなので、性能はいいということがわかりました。

  • 無制限で使える
  • 速度が速い
  • エリアが広い

これらの点で、WiMAXはかなり快適なポケットWiFiだといえますが、auから申し込むと「料金が高い・解約しにくい」などの条件がつくので、おすすめできません

なのであなたがauユーザーだとしても、WiMAXの契約は、auではなくGMOとくとくBB(最安値のプロバイダ)からおこないましょう。

手順1.GMOとくとくBB WiMAXから契約する

まずは、以下の申し込みサイトにアクセスしてください。

上記の公式サイト以外で申し込むと、キャッシュバックキャンペーンが受け取れない可能性があるので注意してください。

手順2.端末はWX06がおすすめ

wimax端末(wx06,w06)の比較

「お申し込み」ボタンを押すと、端末を選択する画面に切り替わります。おすすめはWX06です。

WX06は、1つ前の世代の端末「W06」から以下の4つの機能が追加されているからです。

バッテリー容量が9時間→14時間に
2.4GHz・5GHzの同時利用で快適通信
QRコードを詠みこむだけでWi-Fiに接続
データ量が画面に表示されるため、一目でわかる

バッテリーの持ち時間が長ければ長いほど、日中に充電するストレスを味わう必要がありません。

手順3.ギガ放題プランを選ぶ

プランはギガ放題がおすすめ

プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

ギガ放題プランが、月間データ容量無制限のプランとなっていて、実際に90%以上のユーザーがギガ放題プランを選んでいます。

「通常プラン」は、月間7GBまでしか使えないのでおすすめしません。

手順4.オプションサービスを選ぶ

オプションの選択

保証サービスは、申し込み時には加入必須となっていますが、必要ないなら契約した翌月に解約しましょう

オプションがなくても、1年間のメーカー保証はありますし、スマホと違って充電する時くらいしかカバンから出さないので、壊れたりする可能性は少ないです。

どうしても故障が不安という人を除き、基本的には解約しても良いかと思います。

手順5.お客様情報を入力

次に、お申し込みフォームへ移動し、下記のお客様情報を入力します。


  • お名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード情報

すべて入力したら申し込み完了です。

端末は申し込み後1日〜3日ほどで到着し、電源をオンにするだけで利用を開始できます

端末は1〜2日で届く

WiMAXの開封

GMOとくとくBBの端末は、最短当日発送です。ただしそれが可能なのは、平日なら15時30分まで、土・日・祝日は14時までに申し込んだ場合のみとなっています。

設定はカンタン!すぐに使える

WiMAXの設定

付属のSIMカードを差し込んで電源をつけ、端末に表示されるパスワードを入れるだけで使えるようになります。

引越しシーズンなどの需要が多い時期は遅くなることがあるので、できるだけ早めに申し込みましょう。

まとめ

auが販売しているポケットWiFiは、実はWiMAXなので、サービス内容はかなりおすすめできます。

  • 無制限で使える
  • 速度が速い
  • エリアが広い

ただしWiMAXは、auからではなく他のプロバイダから契約した方がおトクです。

もっとも安く契約できて解約の条件もいいプロバイダ「GMOとくとくBB」からWiMAXを申し込みましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。

つなが〜るネット – インターネットがもっとお得に快適になる情報サイト