つなが〜るネットの理念

つなが〜るネットは、最適なインターネット回線と、インターネットの楽しみ方が分かるメディアです。

通信サービスをもっと分かりやすく

インターネット回線をはじめとする通信サービスを分かりやすくし、選びやすくする

そんな信念を持ちながら取り組んでいます。

インターネットは、日本人口の80%以上が何らかのかたちで使用していると言われているほど非常に身近な存在です。

しかし、その一方でネットリテラシー(インターネットに関する情報能力)の高くない女性や高齢者が、携帯ショップや家電量販店、訪問販売などで契約をする際、説明が不十分なままニーズに合わない高額なサービスを推し進められたりといったトラブルが頻発

かといって、自分で調べると何をどこから買うべきかを理解するのに膨大な時間とストレスがかかってしまいますよね・・・。

実際にインターネット回線を比較・検証しました。

つなが〜るネットでは、長年のインターネット回線販売の専門知識に加えて、ユーザーにとって何がベストかを考えて検証・比較し、これは間違いなく優秀だ!と言えるサービスだけをおすすめしています

この理念にたどり着いた背景と、これから

なぜ運営責任者の私(e&s代表取締役、藤井良太)が、このような理念にたどり着いたのかという背景をお伝えします。

利益至上主義の営業で感じた違和感

私は、大学在学中から5年間、ヤマダ電機の全国派遣員として毎週全国を飛び回り、NTTの代理店として訪問販売をしていました。

毎日、売上の目標を達成できなかったら死ぬんだ!くらいの気持ちで、手段を選ばず数字だけを追い求めていたんです。

確かに、営業成績は常にトップでしたが、もっと安くて良いサービスがあると知っておきながら、それを勧めず利益率の高い自社サービスを売らなくてはならないという葛藤と、契約後のクレーム対応に頭を悩ましていました。

そんなある日、仲が良かった祖母に頼んで、光回線を契約してもらったことがあるんです。祖母は孫のためにとやってくれたんですが、もともとインターネットを使わないから、毎月の支払いが割高になってしまいました。

そのとき、心底「悪いことをしたな」と思ったんです。「自分の利益のために、信用してくれたお客を損させるのはだめだ」と、強く実感しました。祖母に限らずですが、情報弱者が損をする営業に、はっきりと疑問を抱くようになったんです。

ユーザー第一主義を貫く

そこで、お客も自分ごとのように捉える『ユーザー第一主義』になろうと決意し、考え方を180度変えました

ちなみに、運営会社であるe&sという社名は、essence(エッセンス=本質) + support(サポート)の略。ビジネスの本質は、ユーザーを笑顔にすること。それをサポートするための会社です。

この社名にしたのは、自身への戒めでもあります。過去の、ユーザーに損をさせてまで利益のために動く自分に戻らないために。「前の自分に戻ったら会社をたたもう」という、覚悟がこもっています。

会社のHPはこちら

累計ユーザー2,300万人以上

つながーるネット利用者

つなが〜るネットを立ち上げから4年半たった今では、累計2,300万人以上が閲覧、月間200万人以上が訪れている業界トップクラスのメディアに。その内、光回線の契約者の60%が、40歳~70歳。理念が形になっているのを感じています。

かつての自分のような悪質な営業マンを淘汰し、業界を健全化し、よりお得で楽しいインターネット生活のための情報提供ができれば幸いです。