失敗しない!WiMAXのエリア検索から契約までの3つの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WiMAXを契約したいけど、「自分が使いたい場所はエリアに入っているの?」とお悩みではありませんか?

WiMAXは、家でも外でもネットを快適に使えるモバイルルーターですが、エリア外であれば当然全く使い物になりません。

しかも、契約期間である2年以内に解約すると、2万円前後の違約金がかかってしまいます!

契約してから後悔しないために、WiMAXが快適に使えるエリアなのかどうか、契約前に必ず調べておきましょう。

今回は、WiMAXのエリアを確認する方法と、その後の流れについてくわしく解説していきます。

目次

  1. WiMAXのエリア確認方法
  2. エリア判定後の3つの流れ
  3. エリアが広いau4G LTE回線のメリット・デメリット
  4. WiMAXをお得に申し込む方法
  5. まとめ

1.WiMAXのエリア確認方法

WiMAXのエリア確認は、UQコミュニケーションズのエリア確認ページからカンタンにできます。

WiMAXは、GMOとくとくBBやBIGLOBEなど、20社以上のプロバイダがあります。でも、回線はすべて同じなので、回線を管理しているUQコミュニケーションズのサイトでエリア確認できます。

エリア確認の方法には、「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」の2つがあります。

あなたが使いたい場所がエリアに入っているのか正確に確認したい場合は、入力した住所でエリア確認できるピンポイントエリア判定が最適です。

エリア判定の結果によって、次にすべきことが変わってきます。この点は後ほどくわしく解説していきますね。

まずは、ピンポイントエリア判定のやり方をわかりやすく説明していきましょう。

1-1.ピンポイントエリア判定を選択

UQコミュニケーションズのエリア確認ページでは次のような画面が表示されます。

ここではPCのページで説明していますが、スマホの場合も基本的には同じ流れです。スマホで確認すると、GPSで現在地のエリア判定ができるというメリットがあります。

最初は「サービスエリアマップ」になっているので、写真のように「ピンポイントエリア判定」をクリックしてください。青色の背景になっていれば選択できています。

1-2.チェックする回線を選択

次にエリア確認する回線を選びます。これは、WiMAXサービスのメイン回線である「WiMAX2+」を選択しましょう。

1-3.エリア確認したい住所を入力する

住所を入力する

次に、あなたがWiMAXを使いたい住所を入力します。リストから選ぶこともできますが、「住所を入力する」に直接記入した方が早いです。

1-4.判定結果を確認

住所を入力すると診断結果が「○、○~△、△、圏外」で表示されます。

○だったら安心して契約できますね。

でも、「○~△」「△」だと、契約すべきかどうか迷いますよね・・・

そこで、判定結果ごとに、おすすめの流れを説明していきましょう。

2.エリア判定後の3つの流れ

2-1.判定結果が○の場合

判定結果が「○」だった場合は、WiMAXが使えるエリアなので申し込みましょう。

判定結果の画面から申し込むこともできますが、あなたが少しでもお得にWiMAXを使いたいのであれば、別のプロバイダから申し込むことをおすすめします

後ほどくわしく解説しますが、2017年4月現在、最もお得にWiMAXを使えるのは「GMOとくとくBB」というプロバイダです。

GMOとくとくBBなら、最新端末を無料で手に入れることができ、キャッシュバックも最大33,500円です。

UQコミュニケーションズの場合、最新端末は2,800円、キャッシュバックは15,000円です。(2017年4月)

また、GMOとくとくBBは、端末が届いてから20日間以内であれば、違約金いらずでキャンセルできます。万が一、あなたが使う予定の場所でネットがつながらなかったときでも安心です。

2-2.判定結果が○~△、△の場合

判定が○~△または△だった場合、問題なくネットが使えるかどうか微妙なところです。つながったとしても、通信速度がかなり遅い可能性もあります。

GMOとくとくBBなら、20日以内違約金なしで解約できますが、それ以外のプロバイダだと高額な違約金が発生するので、○~△、△の場合、すぐに契約するのは止めたほうが良いです。

この場合におすすめしたいのは、「Try WiMAX」を利用することです。

Try WiMAXとは、現在販売されているWiMAX端末を使って、自分の使いたいエリアでネットが快適に使えるかどうかを15日間無料で試せるサービスです。こんな便利なサービスは、WiMAXしかありません。

登録料、通信料、レンタル料、配送費用など、費用は一切かかりません
Try WiMAXレンタル│UQコミュニケーションズ

15日間実際に使ってみた結果、快適に使えそうならWiMAXを契約しましょう。

もし、ネットが全くつながらなかったり通信速度が遅かったりした場合はWiMAXを契約する必要はありません。Try WiMAXを利用したら必ず契約しなければならないということはないので安心してください。

Try WiMAXに関するくわしい情報は、「WiMAXを無料で15日間お試しする方法と3つ疑問を解決」をごらんください。

ちなみに、Try WiMAXを利用すると、UQコミュニケーションズからセールスの電話がかかってくることがあります。勧誘がしつこかったという口コミもあるので、UQコミュニケーションズで契約しないのであれば、あいまいに返事するのではなく、きっぱりと断りましょう。

2-2.判定結果が圏外の場合

判定結果が圏外だった場合、残念ながらそのエリアでWiMAXを利用することはできません。

もし、あなたがどうしても家でも外でも使えるモバイルルーターを探しているのであれば、次の選択肢があります。

DOCOMOのモバイルルーター

メリット
・エリアが広い
・通信速度が早い

デメリット
・料金が高い(WiMAXの倍以上)
・1カ月で使えるデータ量が決まっている

格安SIM+SIMフリールーター

メリット
・料金が安い
・エリアがDOCOMOと同じく広い
・月間無制限プランがある

デメリット
・速度が不安定
・SIMフリールーターを別途購入する必要がある

正直なところ、WiMAXのように無制限プランがあり、通信速度が速く、しかも費用が安いモバイルルーターはありません

でも、エリア外であればどうしようもないので、その場合は格安SIM+SIMフリールーターがおすすめです。

これなら、WiMAXに近い実質月額費用でネットが使えます。最低利用期間がない格安SIMもあるので、使わない場合はいつでも解約可能です。

くわしくは、「モバイルルーターとは!?初心者でも絶対に失敗しない選び方」を参考にしてください。

もしも、急いでWiMAXを契約する必要がない場合は、エリアの拡大を待つのも1つの方法です。UQコミュニケーションズの公式サイトにある「エリア拡充情報」では、最新の対応エリアを確認することができるので、一度チェックしてみてください。

3.エリアが広いau4G LTE回線のメリット・デメリット

https://www.au.com/mobile/area/4glte/800mhz/

実は、エリア確認で判定が×であっても、WiMAXサービスを「一応」使える可能性があります。

なぜなら、WiMAXの一部端末では、WiMAX2+回線に加えてau 4G LTE回線が使えるからです。

au 4G LTE回線は、auスマホでも使われている回線で、日本全国の人が住んでいる場所を99%カバーしています。

つまり、先ほど説明したエリア確認で「×」となっていたエリアでも、au 4G LTE回線なら使える可能性があるということです。

でも、au 4G LTEを1カ月に1回でも使うと、以下のデメリットが発生します。

  • 月額1,005円の追加料金がかかる
  • ギガ放題プラン(月間無制限)でも月7GBの容量制限がかかってしまう

なので、au 4G LTEが使えるからといって、判定が×のエリアでWiMAXを契約するのはおすすめしません

au 4G LTEは、WiMAXエリア内で普段使っている人が、出張や旅行先でネットを使いたい場合の回線と考えてください。

4.WiMAXをお得に申し込む方法

エリア判定の結果、WiMAXが使えるとわかった場合、プロバイダとプランを決めて契約していきましょう。

さきほど少し説明したように、WiMAXを少しでもお得に契約したいのであれば、エリア確認ページから申し込むのではなく、GMOとくとくBBで申し込むことをおすすめします

WiMAXは、現在20社以上のプロバイダがサービスを提供していますが、常に高額キャッシュバックを行っているのはGMOとくとくBBです。2017年4月は、最大33,500円のキャッシュバック実施中!

しかも、GMOとくとくBBなら20日間違約金無料でキャンセルできます。そのため、契約してからつながらないとわかった場合でも他のプロバイダより安心です。

GMOとくとくBBには、以下2つの契約プランがあります。

・通常プラン(月額):月7GBまで使える
・ギガ放題プラン(月額):月間容量制限がない

ネットをたっぷり使いたい人におすすめはギガ放題プランです。

通常プランでは、月に7GB以上利用すると速度制限がかかり、128Kbpsになってしまいます。この状態では、動画はもちろんのこと、普通のサイトもまともに見られません。

GMOとくとくBBでは、最初の2カ月間は通常プランもギガ放題プランも同じ月額料金です。その間に月7GBも利用しないとわかったら、無料で通常プランに変更できるので、まずはギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

5.まとめ

あなたが住んでいる場所でWiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズのサイトでカンタンに確認できます。

確認後のおすすめパターンは以下のとおりです。

  • ○の場合:契約してOK。プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ
  • ○〜△、△の場合:つながるかどうか微妙。Try WiMAXで要確認
  • ×の場合:サービス内容や費用の点で劣るが、格安SIM+SIMフリールーターがおすすめ

WiMAXに関してネットの口コミを見ていると、「全然つながらない」「最低のサービス」という意見もあります。でも、エリア内であれば、WiMAXより速くて安いサービスはありません

事前にエリアチェックをして、快適にWiMAXを利用してください。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。