ドコモ光の評判って?口コミから分かるメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドコモ光にするとお得になるのだろうか?

ドコモのスマホを持っていると、1回は気になることではないでしょうか。でも実際どうなのでしょう。

ドコモ光とドコモのスマホをセットで利用すると、「月々のスマホ代の割引が受けらる」「請求書が1つにまとめられて支払いが楽に」なります。

ですが一方で、ホントにお得になるのかな。今のネット環境が悪くなると嫌だなあ。と思う人もいると思います。

そこで今回は、ドコモ光を実際に使っている人の評判や口コミをもとにして、ドコモ光のメリット・デメリットのポイントをまとめました。

ドコモ光の導入を考えている人はぜひ参考にしてください。

ドコモ光にする大きなメリット3つ

ドコモ光には3つの大きなメリットが存在します。それぞれ1つずつに分けて、口コミと共に解説をしていきます。

フレッツ光と比べて安い!

メジャーな光回線といえばフレッツ光。そのフレッツ光と比べてドコモ光は安くお得です。

理由はフレッツ光の場合だと、基本料金にプラスしてプロバイダ料金がかかってきますが、ドコモ光の場合だとプロバイダ料金込の値段設定になるからです。

 サービス  フレッツ光
(プロバイダ料金を含む)
 ドコモ光
 月額料金
(税込)
 6,800円  5,200円

※フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプOCN(NTT東日本)/ドコモ光Aプラン

具体的には、戸建ての場合、フレッツ光では月5,700円に加えてプロバイダ料金がかかってくるので月6,800円ぐらいになりますが、ドコモ光ではプロバイダ料込で月5,200円です。

約1,600円ドコモ光の方が毎月お得ですね。通信費は毎月かかってくる費用なので、この違いは大きいです。

さらに、フレッツ光からドコモ光へ切り替える場合は手続きがとてもカンタン。解約金や切り替えに必要な工事もありません。また、プロバイダもフレッツ光で使用していたものをそのまま使うことができます。

切り替えが簡単で、料金がお得になるのはとても魅力的ですね。

スマホの料金とセットにすることでお得になる!

ドコモのスマホを使っていれば、ネットの回線をドコモ光にすることにより、セット割を受けることができます。

別々で払っていたスマホの料金とネットの料金をドコモでまとめることで、一緒に払うことができ、なおかつ割引が受けられるのです。セット割の割引率は以下の通りです。

加入パックコース 割引額
家族でシェア 50GB 2,500円
15GB 1,800円
10GB 1,200円
1人で使用 20GB 900円
5GB 800円
2GB 500円

またドコモを使っている年数が長いと、セット割にプラスしてずっとドコモ割の割引も一緒に受けることができます。

たとえば、ドコモの端末を10年使っている人がドコモ光に加入する場合、データMパック(5GB)を使っていると、セット割で月800円の割引がつきますが、さらにずっとドコモ割で月600円の割引が受けられ、合計で月1400円の割引が受けられるのです。

これは1台の契約の場合ですが、家族みんなでシェアパックで使っている場合はもっと安くなります。

ドコモの端末を使っている人は、ドコモ光に切り替えるとセット割で月の通信費を安くでき、ドコモを長く使っている人はさらにお得な割引を受けることができます。

ドコモ光ならdポイントが貯まる!

ドコモ光とドコモのスマホを使う場合、ネットの通信費でもdポイントが貯まるようになります。

別々の場合でしたら、ドコモのスマホの料金しかdポイントの対象になりませんが、ネット回線をドコモ光に切り替えてドコモのスマホを使うとネットの料金とスマホの料金がdポイントの対象となるのです。

この貯まったポイントはドコモのケータイの料金にも使うことができます。

また、新規でドコモ光を導入した方へのキャッシュバックキャンペーンなどで、dポイントの付与が行われたりもします。

契約して、ドコモ光のネット回線を使い始めただけでポイントが付与されるのはお得です。

気になる口コミから見る、ドコモ光のデメリット

ここまで聞くとドコモユーザーの方にはメリットが多く、ドコモ光に切り替えた方が良い気がしてきますね。

でもちょっと待ってください。実はドコモ光の悪い評判、気になる口コミというのも存在します。今度はそれを見ていきましょう。

ドコモ光のネット回線は遅い?

ドコモ光の口コミの中で、いくつも出てきた悪い口コミは「光回線なのに速度が遅い」ということでした。NTTの回線を使っているので、フレッツ光と同じ速度で使えるはずですが、実際は違うようです。

安くてポイントも貯まりお得に使えるのはいいですが、通信速度が遅くなっては意味がありませんね。これは気になります。

プロバイダーの選択が重要!

インターネットの速度は、光回線自体の他に、ケーブルやルーターなどの周辺機器や、PC・スマホといった受信側のスペックなどによっても変わってくるので、これが理由だと言うことはできません。

しかしドコモ光の速度に関する口コミを見ていると、どうやら使用するプロバイダーによって、速度の速い遅いが生じているようです。

ドコモ光では、OCN、ぷらら、BIGLOBE、@nifty、So-netなど20以上のプロバイダーから契約時に選択することができます。この時の選択をまちがえると、通信速度が遅くなるということがおこるようです。

それも有名なプロバイダーを選べば良い、というわけではありません。有名なプロバイダーでも速度が遅くなっているようです。

その原因として考えられるのは、プロバイダーでの混雑です。ドコモ光に加入する人が増え過ぎて、プロバイダーによって混雑を起こしてしまい、速度が出ずに遅くなってしまっているということです。

IPv6が使用できるプロバイダーを使おう

「じゃあドコモ光にする場合、どのプロバイダーを選択すれば良いの?」となりますよね。そんな時は、各プロバイダーのインターネットの接続方法を見比べてみましょう。

インターネットの接続方法のところを見てみて、IPv6が対応可能と書かれていたら、そのプロバイダーを使用すれば期待通りの速さでインターネットを使うことができます

IPv6とは

ここで、IPv6とは何かということになると思います。今までのインターネット接続で使われていたIPv4と違い、IPv6では膨大な数のアドレスの付与が可能となり、IPv6は数的に地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになりました。

つまり、どんなにアクセスが集中したとしても、混雑することが無くなったのです。ぜひ、速度に心配のないIPv6を使用することができるプロバイダーを選びましょう。

ドコモnetとGMOとくとくBBがIPv6対応みたいですね。

ドコモnetだとドコモがワントップでサービスを提供しているので、ドコモとプロパイダー会社を分けたくない方におすすめです。

ただしドコモnetだと、IPv6に適応した受信機までは提供してくれません。自分がいま使用していたり、もしくは新たに購入したルーターがIPv6に未対応だと通信速度の低下の恐れがあります。

プロバイダーはGMOとくとくBBがおすすめ

ではどうするか。ここでおすすめするのが、口コミに出てきたGMOとくとくBB。IPv6に対応した高速無線LANルーターを無料レンタルすることができるからです。

これなら自分でIPv6に対応したルーターを購入する必要はありません。また、自宅のWi-Fi速度も加入と同時に上げることができるのでお得です。

そうは言っても、GMOとくとくBB変えた時の通信速度が気になるという方もいるのではないでしょうか。ですがGMOとくとくBB通信速度を公開しています。

こちらの画像は実際にGMOとくとくBB実測の全国平均をホームページで公開したものです。他社のプロバイダーではここまでの速度は出ていなかったようなので、GMOとくとくBBはかなり速いようです。

GMOとくとくBBでは、通信速度が110Mbpsを下回ってしまった時はGMOとくとくポイント100pキャッシュバックされるという保証も付いてきます。速度は速度測定サイトで計測出来ます。

このように同じプロバイダーでも、GMOとくとくBBは通信速度に対してここまでの対応をしてくれるので嬉しいですね。

まとめ

以上がドコモ光の口コミから見た評判のまとめです。

ドコモユーザーでネット回線を違う会社のものを使っている方は、ドコモ光に切り替えることにより割引やポイントが貯まるためお得ですね。

ただし、ドコモ光に切り替える時はプロバイダー選びに注意しなければなりません。それさえ気をつけることができれば、今よりもお得にネットを使えるようになるでしょう。

今までドコモユーザーだった人には、ドコモ光はおすすめの光回線であると言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。