気をつけて!auユーザーがWiMAX契約前に知るべき全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
auショップ

auショップでWiMAXを契約しようと考えていますか?

スマホでネットしていると、月末近くに速度制限がかかってイライラしますよね。

WiMAXがあれば、速度制限を気にせずたっぷりネットを使えます。しかも、月々のauスマホ代の割引も受けられるので、通信費も安くなって一石二鳥!

でも、auショップから申し込むと、プロバイダ(WiMAX回線の販売代理店)から申し込むより3万円以上高くなってしまいます。通信速度や提供エリアなどのサービス内容は全く「同じ」なのにです。

今回は、auショップとプロバイダ、それぞれからWiMAXを申し込んだ場合の料金や、サポート内容を比較してみました。

最後まで読めば、WiMAXをお得に快適に利用できるようになります。ぜひ参考にしてください!

1.auのWiMAXサービスとは

キャリアアグリゲーション
photo by:http://www.au.kddi.com/mobile/product/data/w01/

auのWiMAXとは、auショップで契約できるデータ通信プランのことで、ポケットに入るほど小型の持ち運べる端末を使ってネットに接続します。

※WiMAXは、モバイルルーターやポケットwifiと呼ばれることもあります。

端末を1台契約しておけば、スマホはもちろんのこと、パソコンやタブレットなど複数の通信機器で同時にネットが使えるという便利なサービスです。

月末になるとスマホの表示速度が急に遅くなる・・・といった通信制限のストレスを気にせずたっぷり動画や音楽を楽しめます

1-1.通信速度

WiMAXの通信速度は、口コミ情報を平均すると約20Mbpsくらいです。私も大阪で定期的に計測していますが、平均30Mbps以上でています。

WiMAXの速度

YouTubeの高画質動画を見る場合、3〜5Mbps以上あれば快適に見られるとされているので、WiMAXなら十分な速さです。

ちなみに、公式サイトでは通信速度が受信最大440Mbpsとなっています。しかし、この数値は理論上の最大値なので、実際にこのスピードが出ることはありません。参考程度に考えておきましょう。

1-2.料金プラン

WiMAXのプランは月7GBの容量制限があるプランと、無制限のプランに分かれています。それぞれ2年間の最低利用期間があり、2年以内に解約すると9,500円(税別)の違約金が必要です。

月間7GBの容量制限のあるプラン:月額3,696円(税別)

WiMAX 2+フラットfor DATAは、月間7GBの容量制限があります。7GBを超えると通信速度が128kbpsに落ちてしまい、動画はもちろんのこと、ウェブサイトもまともに見ることができません。

月間容量制限のないプラン:月額4,380円(税別)

WiMAX 2+フラットfor DATA EXは、月間容量制限のないプランで、ネットをたっぷり使うことができます。しかし、3日間で3GB以上使用すると、次の日にかけて通信速度が制限される可能性があります。

WiMAXは、速度制限を受けた状態でも、YouTubeなどの動画を通常通り見られる通信速度がでます。ですので、実質使い放題のプランです。

※月額料金は、どちらも「誰でも割シングル」「WiMAX2+おトク割」を適用後の金額です。

1-3.サービス提供エリア

WiMAXの通信エリアは、都市部に関しては広い範囲でカバーしています。しかし、郊外や山岳部になると圏外になってしまう場合があります。

自宅や会社へのルートなど、WiMAXを利用したい場所が提供エリアになっているかどうかは下記のサイトを使って調べてみましょう。

UQコミュニケーションのエリア確認ページ

もし、WiMAXの電波が届かない場所でも、端末によってはさらに広い範囲で使えるauのLTE電波も使えます。※端末はW02、W03

2.auユーザーがWiMAXを契約すべき2つのメリット

そもそもWiMAXは、速度制限を気にせずネットをたっぷり使いたい人に使ってほしいサービスです。

たとえば、YouTubeやHuluなどの動画を見たり、大容量のアプリのダウンロード、テザリングなどをすると、契約しているデータ通信量の上限を超えてしまいます。

すると、通信速度が制限されて、ありえないほど遅くなります。「WEBサイトすらまともに見られない・・・」という経験をしたことがあるのではないでしょうか?

速度制限photo by:http://appllio.com/career-mobile-network-speed-limit

auユーザーがWiMAXを契約するメリットとしては、次の2点があります。

2-1.約3,000円で30GB以上使える

約3000円で30GB以上使える

スマホのデータ容量を使い果たした場合、「データチャージ(1GB 1,000円)」という方法で容量を追加できます。

しかし1GB追加しても、好きな動画を見たりテザリングをしたりしていると、あっという間に使い切ってしまうので何度もチャージしなければなりません

WiMAXなら、データチャージ約3回分(※)の値段で無制限プランを契約できます。容量を気にすることなくネットを楽しめるので、WiMAXの方がお得です。

※WiMAXの料金は「GMOとくとくBB」の実質月額で計算しています。実質月額に関しては後でくわしく説明します。

2-2.さらにスマホ代が月々最大934円割引

スマートバリューmineを適用するとさらに安くなる

auスマホを使っている人がWiMAXを契約すると、「auスマートバリュー mine」を適用できます。これは、スマホ代を月額最大934円割引してくれるサービスです。

加えて、WiMAXの無制限プランを契約すれば、スマホのデータプランは安いプランで十分です。たとえば、上のグラフでは次のようにプラン変更してみました。

変更前 : スマホ基本料+LTEフラット(7GB):6,934円
変更後 : 電話カケ放題プランS+データ定額(3GB):5,457円

このように変更すると、月額料金は1,000円以上安くなるのにネットは使い放題。しかも、5分までの通話が何度でも無料(電話カケ放題プランS)になります。

auスマートバリュー mineの申し込みは、auショップ、もしくは電話で行えます。2年間で最大2万円以上の節約になるのでauスマホをお使いなら申し込んでおきましょう。詳しくはauのサイトで確認してください。

3.auショップで契約すべきでない4つの理由

auユーザーにWiMAXサービスはおすすめですが、以下4つの理由からauショップで契約することはオススメしません。

理由1.料金が高い

auは、WiMAXの販売に力を入れていないように感じます。なぜかというと、スマホの販売でよく見かける「高額キャッシュバック」や「端末代0円」などのキャンペーンが、WiMAXでは行われていないからです。なので、トータルで支払う料金が高くなります。

あとでくわしく説明しますが、WiMAXは、販売に力を入れているプロバイダから契約した方が3万円以上お得になります

理由2.端末の種類が少ない

2016年12月現在、auの公式サイトで紹介されているWiMAX端末は「Speed Wi-Fi NEXT W01」と「Speed Wi-Fi NEXT W03」の2機種です。

ラインナップ

「W03」は最新機種で魅力的ですが、WiMAXには室内でも安定してつながる据え置き型の「novas Home+CA」という端末もあります。また、2016年12月には最新端末の「WX03」が販売されました。

他社のWiMAXサービスでは、novas Home+CAを含めて3機種以上の端末から選ぶことができます。

理由3.店頭で契約する必要がある

auのオンラインショップはWiMAXを取り扱っていないので、契約するためにはauショップに行かなければなりません。

休日のauショップはかなり混み合っているので、契約するために1時間以上待たされる可能性があります。

理由4.スタッフがWiMAXにくわしくない

実は、auショップの店員でも、WiMAXに関する知識があまりない人が多いようです。

ですから、「通信エリア内と店員に言われたのに実際は圏外で使えなかった」「言われた金額と実際の請求額が違う」といったトラブルが起こっています。

「auショップなら、わからないことをスタッフに相談できるから安心」ということにはならないので注意してください。

4.お得なキャンペーンを実施しているプロバイダから契約しよう

WiMAXというサービスは、auと同じKDDI系列の会社「UQコミュニケーションズ」が回線を管理しています。

なので、auショップ以外にも、UQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)・プロバイダと呼ばれる代理店・大手家電量販店でWiMAXサービスを申し込むことができます。

WiMAXの回線自体はすべて同じなので、提供エリアや通信速度の違いはありません。何が違うのかというと、キャンペーン内容です。

たとえばGMOとくとくBBなら、現金最大33,000円キャッシュバックされます。戻ってくるお金が多いということは、それだけ安くWiMAXを利用できるということです。

ですから、WiMAXを契約するならキャッシュバックの多いプロバイダで申し込みましょう

5.auとプロバイダのWiMAXサービスプランを徹底比較

auとプロバイダのWiMAXでは、どれくらい料金やサービスが違うんでしょうか。

人気の高い3社のプロバイダとauを比較してみました。

  • GMOとくとくBB:(常に業界最高額のキャッシュバックを行っている)
  • BIGLOBE:(サポートに定評がある)
  • UQ WiMAX:(本家UQコミュニケーションズのサービス)

auと他社比較12月

この表に基づき、下記の3ポイントを比較してみましょう。

  • 実質費用
  • 申し込み方法
  • サポート内容

5-1.実質費用で比較

WiMAXを利用するのに必要な費用は「事務手数料・月額料金」「端末代」です。そこからキャッシュバックを差し引いた額が、実質費用となります。

事務手数料・月額料金

事務手数料は各社とも同一金額です。月額料金もほとんど同じですが、GMOとくとくBBがauと比べて月額171円安くなります。

端末代

auショップで契約すると、基本的に端末代が月額料金に加算されます。(店舗によっては端末無料キャンペーンを行っている場合あり)

一方、GMOとくとくBBとBIGLOBEは端末代が無料です。UQ WiMAXは、契約する端末によって料金が800円〜4,800円と差があります。

キャッシュバック

auはキャッシュバックを行っていません。

それに対し、GMOとくとくBBでは最大33,000円(端末によって異なる)、BIGLOBEは20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。(2016年12月現在)

2年間の実質費用

WiMAXの契約期間である2年間で実際に支払う費用を比較すると、auとGMOとくとくBBでは、同じWiMAXを契約するのに3万円以上の違いになります。

通信速度や速度制限が全く同じWiMAXなのに、これだけの料金差があるんですね。

というわけなので、auショップでWiMAXを契約するのはおすすめしません。

5-2.申し込み方法で比較

auのWiMAXは、現在オンラインショップでは取り扱っていません。実店舗に行って契約する必要があります。

一方、各プロバイダのWiMAXは、公式サイトで申し込めば端末が郵送で送られてきます。時間を取って店へと出かける必要もなく、長時間待たされる心配もありません。端末が届いたらすぐにネットが使えるようになるので便利です。

GMOとくとくBBだと、申し込みから4日目以降に端末が届きます。

5-3.サポート内容で比較

auでWiMAXを契約した場合、サポートは全国のauショップで受け付けてくれます。一方、実店舗を持たないGMOとくとくBBは、それぞれのサポートセンターに電話で連絡しなければなりません。

実は、au以外のプロバイダでも、故障の場合はauショップで受け付けてくれます。GMOとくとくBBのサイトにはこのように記載されていました。

まずは弊社サポート窓口へご連絡ください。弊社お申し込みから一年未満の場合は、メーカー保証期間内のため最寄りのauショップよりメーカーにお送りいただき、修理の対応となる場合がございます。
WiMAX2+端末が故障しました

一度GMOとくとくBBのサポート窓口に連絡するという手間がかかりますが、端末が故障したときの対応は、auでもGMOとくとくBBでもほとんど違いはありません。

また、WiMAXの端末は、基本的にON/OFFくらいしか操作する機会がないので、スマホに比べると故障する確率は低いです。

6.WiMAXは業界最安値のGMOとくとくBBがおすすめ

gmo%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%8fbb12%e6%9c%88

auのWiMAXと、プロバイダのWiMAXを比較した結果、料金面で最もお得なGMOとくとくBBをおすすめします。2016年12月現在、最大33,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができます。

ひとつ注意点として、GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りを忘れやすいです。

まず、GMOとくとくBBから与えられるメールアドレスあてに、11カ月目にメールが送られてきます。そのメールから手続きをするのですが、1カ月以内に申請しなければ失効してしまうのです。

なので、受け取り忘れにはくれぐれも注意してください。正しく申請すれば必ずキャッシュバックを受け取ることができます。この点に関しては、知らないと損!WiMAXで最もキャシュバックを得る1つの方法を参考にしてください。

なんだか面倒だな・・・」と思うなら、次の月額料金割引キャンペーンがオススメです。

月額料金割引キャンペーン

GMOとくとくBBの月額料金が安いプラン

こちらのキャンペーンは、キャッシュバックの代わりに月額料金が安くなります。キャッシュバック額に換算すると約21,000円の割引なので、少しでも安くWiMAXを利用したい人には向いていません。

でも、キャッシュバックの受け取り手続きをする必要がなく、確実に毎月の料金を安く抑えられるので、最近はこちらのプランを選ぶ人が多くなっています。

プランはギガ放題がオススメ

ネットをたっぷりと使いたい人は「ギガ放題」を選びましょう。

もうひとつのプランである「通常プラン」は、月に7GBの容量制限があります。それ以上利用すると、通信速度が128kbpsに制限され、ホームページの閲覧もまともにできません。

7GBでどれくらいネットが使えるのかというと、大体以下の通りです。

7GBの目安

メールの送受信:約268万通
ホームページ閲覧:約7,200ページ
動画視聴:約4.5時間
音楽ダウンロード:約255曲

GMOとくとくBBでは、ギガ放題を選択しても最初の2カ月間は通常プランと同じ料金です。

その間に7GBも使わないと判断した場合は、無料で通常プランに変更できるので、迷ったときは「ギガ放題」を選びましょう。

ルーターはW03がベスト

ルーター比較表比較表を大きくしてみる場合はこちら(新しいタブ)

WiMAXのルーターは、W03をおすすめします。キャッシュバック額は、5,000円安い28,000円になりますが、W03は現時点で最も満足度の高いルーターです。

W03でとくに良い点は、バッテリーが長持ちすること。最もバッテリーが減りやすいハイパフォーマンスモードで利用しても約9時間30分使えます。これなら、こまめにON/OFFしなくても、外出先で安心して利用できますね。

2016年12月、最新端末である「WX03」が登場しました。最大通信速度が440Mbpsと他のルーターよりも速くて魅力的ですね。しかし、制限時の速度は他のルーターと変わらない、バッテリーの持ちが良くないなどの注意点があるので、現時点ではWX03よりW03の方が満足度が高いかと思います。

クレードルは基本不要

IMG_0092クレードルとは、ルーター本体をのせて置くだけで充電ができる充電器のことです。かんたんに接続できて便利ですが、クレードルがなくても充電できるので、基本的には必要ありません。

もし、PS4やXBOXなどの据え置きゲーム機を持っていれば、クレードルとゲーム機をLANケーブルでつなぐことができます(有線接続)。こうすると、無線よりも通信速度が安定するので、オンラインゲームをよくする人ならクレードルがあったほうが良いかもしれません。

まとめ

WiMAXは、外出先でもネットを利用する手段として安定感のあるデータ通信プランです。auユーザーなら、スマートバリューmineでスマホ代も安くなります。

しかし、auショップで契約するのは、キャッシュバックがない、端末代がかかるなどのデメリットがあるのでおすすめしません。

WiMAXはプロバイダで契約したほうが、3万円以上お得です!GMOとくとくBBなら業界最高額のキャッシュバックでWiMAXを安く利用できます

最安値をめざすならGMOとくとくBB、サポートも重視するならBIGLOBEで契約し、ネットを思う存分楽しんでください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5つの質問で、あなたにぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことでお困りではないですか?

・スマホの速度制限によくひっかかる
・引っ越しなどでインターネット回線を引きたい
・どうせなら1番安くインターネット回線を契約したい
・通信費を今よりもっと安くしたい

これらのお悩みは、あなたの状況・用途に合わせたインターネット回線を選ぶことで解決できます。
以下の診断で、あなたにとって最も安くて、満足できるインターネット回線を見つけましょう!

SNSでもご購読できます。