要注意!3WiMAXの契約前に知るべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「3WiMAXってどうなんだろう」と考えているところですか?

公式サイトを見ると、「28,000円キャッシュバック」とか「最大440Mbps」と書かれてるので、3WiMAXならお得にWiMAXを契約できそうと思えるかもしれません。

しかし、さまざまなWiMAXプロバイダのプランを調べてきた私としては、以下3つの理由から3WiMAXをオススメしません

  • 実質費用が最安値ではない
  • 公式サイトにだまされやすい
  • 強制加入オプションが高額

WiMAXをお得に利用したいなら3WiMAXよりもGMOとくとくBBをオススメします。

今回は、3WiMAXがオススメできない3つの理由と、私がGMOとくとくBBをオススメする理由について、くわしく説明しましょう。

1.3WiMAXとは

3WiMAXは、株式会社リンクライフが提供しているWiMAXのサービスのことです。

実はこの会社、Broad WiMAXという別のWiMAXサービスも提供しています。そのため、3WiMAXとBroad WiMAXは、電話サポートや会員ページなどで共通のものを使っています。

3WiMAXの公式サイトを見ると、ロゴの下部分に「powered by KDDI」と書かれていたり、サイト全体がオレンジをベースにしていたりと、auを思わせるデザインが印象的です。

でも、3WiMAXとauはあまり関係がありません

WiMAXというサービス自体を、auと同じKDDIグループであるUQコミュニケーションズが管理しているというだけです。

特徴1.28,000円の高額キャッシュバック(2017年10月)

3WiMAXのキャッシュバックは、28,000円(2017年10月)と高額です。

これは、数あるWiMAXプロバイダの中でもかなり高額なので、お得なプロバイダの1つであることは間違いありません。

でも、決してWiMAXを最安値で利用できるプロバイダではありません。

あとでくわしく比較していきますが、WiMAXのプロバイダの中で本当に安いのは、最大32,000円キャッシュバックのGMOとくとくBBです。

特徴2.最短で翌日からサービスを利用できる

3WiMAXなら、平日16時まで、土日祝日は13時までに申し込むと、最短翌日に端末が届き、WiMAXが使えるようになります。

多くのWiMAXプロバイダは、申し込みから端末の到着まで3、4日程度かかります。なので、すぐにWiMAXを使い始めたい人にとっては、最短即日発送という特徴は魅力的かもしれません。

2.3WiMAXをオススメしない3つの理由

3WiMAXは、高額キャッシュバックや最短即日発送という魅力的な特徴があります。

決して悪くはないサービスですが、長年通信業界に携わる私としては、以下3つの理由でオススメしません。

  • 実質費用が最安値ではない
  • 公式サイトにだまされやすい
  • 強制加入オプションが高額

ひとつずつ、くわしく説明していきましょう。

理由1.実質費用が最安値ではない

3WiMAXは、2017年10月、28,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。しかし、WiMAX業界で最高額なのは、GMOとくとくBBの最大32,000円キャッシュバックです。

緊急告知

現在GMOとくとくBBでは、端末「W04」を選ぶとキャンペーン額が3,000円アップする特別キャンペーンを実施しています。
つまり、総額33,900円の高額キャッシュバックをゲットするチャンス!
10月31日までの限定企画なのでお見逃しなく! くわしくはこちら

キャッシュバックが多いということは、それだけ実際に支払う費用(実質費用)を抑えられるということです。2年間の実質費用で比較すると、3WiMAXよりもGMOとくとくBBの方が明らかに安くなります。

実質費用に関しては、後ほどくわしく比較していきます。

理由2.公式サイトの表示が誤解しやすい

3WiMAXの公式サイトがauによく似たデザインであることは先ほどお話しした通りです。その他にも、3WiMAXの公式サイトには、ネットにくわしくない人が誤解しやすい表示がありました。

会員費が別途必要になる

月額3495円〜

3WiMAXは、月額料金の他に3WiMAX会員費200円が請求されます

3WiMAX会員って何だろうと、公式サイトをじっくりみてみると、次のように記載されていました。(下線は加筆)

回線契約時にご入会が必須となります。3WiMAX会員様には、特典として無料で、ビジネスユースにも使えるセキュリティ万全のメールサービスが付帯されます
3WiMAX会員とは?

メールサービスは、他のWiMAXなら標準でついてくるものです。しかも、多くの人はすでに自分のメールアドレスを持っているので、新しいメールアドレスなんて不要かもしれません。

そんな、どうでもよいものを会員特典として別料金にするのは、月額料金を安く見せるためと私は個人的に感じました。

トップページには、「月額3,495円〜」と大きく書かれていますが、この額に会員費200円は含まれていません。でも会員加入は必須なので、実際には「月額3,695円〜」になるはずです。

会員費として別途請求することにより、他のプロバイダよりも月額料金を安く見せるやり方はユーザーに誤解を与えますね。

理由3.強制加入オプションが高額

強制加入オプション

3WiMAXで28,000円キャッシュバックを受け取るためには、以下2つのオプションに加入する必要があります。

  • 端末安心サポート(月額300円):端末が故障したときに無料で修理してもらえる
  • My SSサポート(月額800円):パソコン関連の電話サポートと、セキュリティソフトが無料で使える

これらのオプション自体は決して悪いものではありませんし、必要な人もいるかと思います。契約時にオプション加入させられるのも、通信業界では良くあることです。

でも、2つのオプションに実質強制加入させられるのは、3WiMAXとBroad WiMAXだけです。しかも、端末安心サポートは初月から料金が発生します(My SSサポートは2カ月無料)。

他のWiMAXプロバイダの強制加入オプションで、初月から料金が発生するものはありません。

もし解約するのを忘れると、オプション代として毎月合計1,100円の余分な支払いが発生してしまいます。

ここまで、3WiMAXをオススメできない3つの理由について説明しました。

間違いのないように言っておきますが、WiMAXというサービス自体はとても良いもので、家でも外でもネットを使いたい人にはオススメです。

問題は、どのプロバイダを選ぶかということ。お得なプロバイダを選びたいというあなたにオススメなのは、GMOとくとくBBです。

3.GMOとくとくBBと3WiMAXを徹底比較

ここからは、GMOとくとくBBと3WiMAXでどんな違いがあるのか、次の3ポイントで比較していきましょう。※参考までに、3WiMAXと同じ会社が提供するBroadWiMAXと、回線元のUQWiMAXも一緒に記載しています。

  • 実質料金
  • 電話サポート
  • 運営会社

実質料金

WiMAXの安さを比較するときは、WiMAXの契約期間である2年間の実質費用で比較しましょう。

なぜかというと、WiMAXの月額料金自体は、各社そこまで大きな違いはありませんが、キャッシュバック額や端末代の有無によって、2年間の実質費用がかなり違ってくるからです。

GMOとくとくBBは、2017年10月現在、最大32,000円キャッシュバックを行っています。しかも、端末代も無料です。

3WiMAXは28,000円キャッシュバックと、WiMAXプロバイダの中ではかなり頑張っています。

この2社は、月額料金でもわずかですが差があるので、2年間の実質費用を比べてみると、GMOとくとくBBの方が3WiMAXより、約4,000円安くなります

電話サポート

GMOとくとくBBは、端末の故障などの技術サポートを年中無休で受け付けています。ただし、解約などの事務手続きは平日のみです。

3WiMAXは、月曜日~土曜日で11:00~18:00の間、電話サポートを受け付けています。実際に電話をかけてみたところ、3WiMAXの電話サポートは非常につながりにくく、10分以上待たされました。

WiMAXの端末は、オンオフくらいしか操作する機会のないものなので、壊れることもほとんどありません。なので、電話サポートを使うことはおそらくないでしょう。ですが、万が一のとき、年中無休で対応してもらえるGMOとくとくBBの方がありがたいですね。

運営会社

3WiMAXを運営する株式会社リンクライフは、2008年に設立された新しい会社。3WiMAXの他にBroad WiMAXや、ワイモバイル通信網を利用したBroad LTEというサービスも提供しています。

一方、GMOとくとくBBは、GMOインターネットグループがサービスを提供しています。この会社は、1991年に設立以来、インターネットプロバイダ、インターネット証券、モバイルゲームなど、さまざま分野で事業を展開している大企業です。

運営会社の設立年は古ければ良いというわけではありませんが、インターネット事業の規模を考えると、GMOとくとくBBの方が信頼できるかと思います。

4.本当にオススメなWiMAXプロバイダはGMOとくとくBB

3WiMAXは、比較的高額なキャッシュバックのあるプロバイダですが、決して業界最安値ではありません。しかも、公式サイトの情報にだまされやすいので、オススメできません。

最も実質費用が安く、安心できるプロバイダは、GMOとくとくBBです。

2017年10月は、最大32,000円キャッシュバックを行っており、実質月額約3,000円でWiMAXを利用することができます。

1つだけ注意しておきたいのは、GMOとくとくBBは次のような理由でキャッシュバックの受取方法がむずかしいこと。

  • キャッシュバックの案内メールが端末受取月から11カ月目に届く
  • 案内メールはGMOから与えられるメールアドレス宛
  • メールが届いてから1カ月以内に申請しなければキャッシュバックが失効する

おそらく、ほとんどの人はすでにメールアドレスを持っているので、GMOのメールを利用することはないかと思います。すると、11カ月後に届くメールにも気づかない可能性が高くなるんです。

確実に受け取るためには、端末が到着したらすぐに11カ月後のカレンダーに「キャッシュバック受け取り」と記入しておきましょう。また、GMOから送られてくる書類にメールに関する情報が書いてあるので、決して捨てないでください。

なんだか面倒だな・・・」と思うなら、次の月額料金割引キャンペーンがオススメです。

月額料金割引キャンペーン

このキャンペーンでは、キャッシュバックの代わりに月額料金が安くなります。キャッシュバック額に換算すると約21,000円の割引なので、少しでも安くWiMAXを利用したい人には向いていません。

でも、キャッシュバックの受け取り手続きをする必要がなく、確実に毎月の料金を安く抑えられるので、最近はこちらのプランを選ぶ人が多くなっています。

まとめ

今回は、3WiMAXがオススメできない理由について、くわしく取り上げました。

3WiMAXは、高額キャッシュバックでWiMAXを安く利用できるプロバイダです。しかし、決して最安値で利用できるわけではありません。また、公式サイトの誤解しやすい表現にも注意が必要です。

GMOとくとくBBは、業界最高額のキャッシュバックでお得にサービスを利用できます。

WiMAXは、どのプロバイダを選んでも、通信速度や契約期間は同じです。なので、最も料金面でお得で安心できるプロバイダを選びましょう。

5つの質問で、ぴったりのインターネット回線がわかる!

こういったことで困っていませんか?

スマホの速度制限によくひっかかる
引っ越しでネット回線を引きたい
ネット回線を1番安く契約したい
通信費をもっと安くしたい

これらの悩みは、以下の診断で解決できます!!

SNSでもご購読できます。